ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🎁|「キレートレモン」や「お~いお茶」無料ゲット!今週セブンでお得なのはこの2つ


写真 

「キレートレモン」や「お~いお茶」無料ゲット!今週セブンでお得なのはこの2つ

 
内容をざっくり書くと
「ポッカ ザ・クラフトコーラ」は、 10種類のスパイスを絶妙なバランスでブレンドした、個性際立つスパイシーな刺激とコクが手軽に楽しめるクラフトコーラ です。
 

セブン-イレブン各店では2021年9月7日から13日まで、「飲料1本買うともう1本もらえる」キャンペ… →このまま続きを読む

 東京バーゲンマニア


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

クラフトコーラ

クラフトコーラ英語:Craft Cola)とは、「職人が作るコーラ」、「手作りのコーラ」を表したもので「独立性」「伝統的」「地域性」などがキーワードとなっている、大手飲料メーカーが大量に生産するコーラと対比して使われる表現である。明確な定義はまだない。

シロップで販売しているものが多く、炭酸飲料で割って飲んだり、牛乳やお酒などいろいろな飲み方が楽しめるのも特徴である。お店で飲めるタイプのものでも牛乳で割ったものや、焼酎で割ったもの、さらには牛乳と炭酸で割ったものなどを提供しているお店もある。

それ以前からクラフトコーラというものは存在していたものの、2018年夏に伊良コーラ、ともコーラが誕生して以来、全国で多様なクラフトコーラが誕生している。

2021年6月半ばにカルディコーヒーファームが「ドライクラフトコーラ」を売り出したのを皮切りに、20日には高級スーパーの成城石井から「成城石井クラフトコーラ」、21日にはポッカサッポロフード&ビバレッジから「THE CRAFT COLA」[1]が、そして22日にはペプシコも「ペプシ〈生〉」という、クラフトコーラに寄せた商品を販売している[2]。 そして、2021年夏には、モスバーガーが、期間限定でクラフトコーラの提供を開始した[1]

また、コロナ禍で健康志向の高まりや自宅で過ごす時間が増えたことで、一手間かかる料理の手作りにチャレンジする傾向が強まり、クラフトコーラのレシピ検索頻度は2020年以降も右肩上がりで伸長している[3]。 同様の理由から、酒類の提供自粛が呼びかけられた結果、一時的にクラフトコーラを酒の代わりに提供する店もあり、期間限定のつもりが定番商品となったケースもある[4]。 コーラ専門情報メディア「Cola-Fan」編集長を務める空水りょーすけは、「デイリー新潮」に寄せた記事の中で、このような酒類の提供規制によって清涼飲料水が発展したのは禁酒法時代のアメリカの状況と似ていると指摘している[4]

クラフトコーラの成分

一般的に砂糖などの甘味料と、コーラの実などのスパイスやハーブ、オレンジやレモンなどの柑橘類を煮込んで作られている。

甘味料

使用される甘味料は製品によってそれぞれだが果糖ブドウ糖液糖などは使用されず、砂糖サトウキビ糖、甜菜糖などが使用される。甘酒を甘味料として使用したものもある。[5]

スパイス、ハーブ

製品の特色を色濃く表す構成要素である。コーラの実を始め、シナモンクローブ、バニラビーンズなど多種多様なスパイス、ハーブが10種類程度で構成されるのが一般的である。種類が多ければ良いと言うわけではない。

柑橘類

主にオレンジレモンライムが使用される。地域の特産を使いキンカンみかんゆずシークヮーサーなどが使用される場合もある。柑橘類を特徴におくクラフトコーラも多い。

添加物

基本的には着色料や保存料をなどの添加物を使用しない、無添加のものが多い。

コラボ

クラフトコーラは自由度が高く、クラフトコーラブームの火付け役の伊良コーラによるものが中心だが、コーヒーや焼酎、カレー、ラーメンなど沢山のコラボ商品がある。[6]

主なクラフトコーラ

店頭のみで販売しているものや、一度きりの製造販売のものも多く常時購入できるものはまだ少ない。

脚注

[脚注の使い方]

関連項目

クラフトコーラ

クラフトコーラ英語:Craft Cola)とは、「職人が作るコーラ」、「手作りのコーラ」を表したもので「独立性」「伝統的」「地域性」などがキーワードとなっている、大手飲料メーカーが大量に生産するコーラと対比して使われる表現である。明確な定義はまだない。

シロップで販売しているものが多く、炭酸飲料で割って飲んだり、牛乳やお酒などいろいろな飲み方が楽しめるのも特徴である。お店で飲めるタイプのものでも牛乳で割ったものや、焼酎で割ったもの、さらには牛乳と炭酸で割ったものなどを提供しているお店もある。

それ以前からクラフトコーラというものは存在していたものの、2018年夏に伊良コーラ、ともコーラが誕生して以来、全国で多様なクラフトコーラが誕生している。

2021年6月半ばにカルディコーヒーファームが「ドライクラフトコーラ」を売り出したのを皮切りに、20日には高級スーパーの成城石井から「成城石井クラフトコーラ」、21日にはポッカサッポロフード&ビバレッジから「THE CRAFT COLA」[1]が、そして22日にはペプシコも「ペプシ〈生〉」という、クラフトコーラに寄せた商品を販売している[2]。 そして、2021年夏には、モスバーガーが、期間限定でクラフトコーラの提供を開始した[1]

また、コロナ禍で健康志向の高まりや自宅で過ごす時間が増えたことで、一手間かかる料理の手作りにチャレンジする傾向が強まり、クラフトコーラのレシピ検索頻度は2020年以降も右肩上がりで伸長している[3]。 同様の理由から、酒類の提供自粛が呼びかけられた結果、一時的にクラフトコーラを酒の代わりに提供する店もあり、期間限定のつもりが定番商品となったケースもある[4]。 コーラ専門情報メディア「Cola-Fan」編集長を務める空水りょーすけは、「デイリー新潮」に寄せた記事の中で、このような酒類の提供規制によって清涼飲料水が発展したのは禁酒法時代のアメリカの状況と似ていると指摘している[4]

クラフトコーラの成分

一般的に砂糖などの甘味料と、コーラの実などのスパイスやハーブ、オレンジやレモンなどの柑橘類を煮込んで作られている。

甘味料

使用される甘味料は製品によってそれぞれだが果糖ブドウ糖液糖などは使用されず、砂糖サトウキビ糖、甜菜糖などが使用される。甘酒を甘味料として使用したものもある。[5]

スパイス、ハーブ

製品の特色を色濃く表す構成要素である。コーラの実を始め、シナモンクローブ、バニラビーンズなど多種多様なスパイス、ハーブが10種類程度で構成されるのが一般的である。種類が多ければ良いと言うわけではない。

柑橘類

主にオレンジレモンライムが使用される。地域の特産を使いキンカンみかんゆずシークヮーサーなどが使用される場合もある。柑橘類を特徴におくクラフトコーラも多い。

添加物

基本的には着色料や保存料をなどの添加物を使用しない、無添加のものが多い。

コラボ

クラフトコーラは自由度が高く、クラフトコーラブームの火付け役の伊良コーラによるものが中心だが、コーヒーや焼酎、カレー、ラーメンなど沢山のコラボ商品がある。[6]

主なクラフトコーラ

店頭のみで販売しているものや、一度きりの製造販売のものも多く常時購入できるものはまだ少ない。

脚注

[脚注の使い方]

関連項目


 

Back to Top
Close