ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

👩‍🎓|共同印刷、記述式問題の「記述デジタル採点システム」を大学入試・試験団体向けに開発


写真 

共同印刷、記述式問題の「記述デジタル採点システム」を大学入試・試験団体向けに開発

 
内容をざっくり書くと
こうした状況を受け、共同印刷は「記述デジタル採点システム」の開発に着手。
 

共同印刷株式会社は、各種試験における答案用紙のスキャンデータを採点者がWebブラウザ上で採点する「記… →このまま続きを読む

 大学ジャーナルオンライン

日本の大学・教育関連専門のニュースサイトです。研究成果や産学連携の取組みなど大学に関わるニュースや、各大学キーマンへのインタビュー、学生募集状況やブランド力などについての専門家によるコラムを発信しています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

記述デジタル採点システム

共同印刷

共同印刷株式会社(きょうどういんさつ)は、東京都文京区に本社を置く、日本の総合印刷会社。東京証券取引所1部上場企業。 2018年1月よりコーポレートブランドとして「TOMOWEL」(トモウェル)を使用している[2]

企業概要

1897年(明治30年)、博文館主の大橋佐平が自社の書籍・雑誌を印刷するために創設した博文館印刷工場が前身。1925年(大正14年)、美術印刷中心の精美堂との合併により共同印刷株式会社となった。

出版印刷・商業印刷を主軸に、紙器やチューブなどのパッケージ、ビジネスフォーム、ICカードなども手掛けている、従来から総合印刷業としては1位大日本印刷、2位凸版印刷に次ぐ第3位と長らく言われていたが、現在はトッパン・フォームズNISSHAに次いで業界5位。近年は、デジタルコンテンツの制作や、データプリントサービスを核にしたBPO業務、医薬・産業資材など、印刷技術を応用して新しい製品・サービスを生み出し、各種分野に進出している。

かつては労働運動も盛んで、徳永直太陽のない街』のモデルとなったことでも有名。また『週刊少年ジャンプ』(集英社)など多くの漫画雑誌の印刷を手がけており、その関係から2003年にはコミック向け電子組版システムとして『ComicPacker』を自社開発している[3]

主な事業部門と製品

  • 出版商印部門 - 雑誌、書籍、コミックス、辞典、電子書籍、カタログ、パンフレット、POP、ノベルティ、撮影・映像制作、デジタルコンテンツ、各種プロモーション企画
  • ビジネスメディア部門 - データプリントサービス、BPOサービス、通帳、各種カード、抽せん券、乗車券、各種帳票、デジタルソリューション
  • 生活・産業資材部門 - 各種パッケージ、ラベル、チューブ、機能性材料、建材用品、包装システム

インターネットコンテンツ事業

  • 自己ガク(リンク先 http://jikogaku.jp/ )- 共同印刷が運営する、"学び"に特化した電子書店。医療・看護、ビジネス、法律、趣味・教養、資格・検定の5分野で、電子書籍販売や関連セミナー・試験情報などを総合的に提供している。
  • ソク読み(リンク先 https://sokuyomi.jp/ )- デジタルカタパルトが運営する、電子コミックの販売サイト。現在50以上の出版社をはじめとするコンテンツホルダーが作品を提供している。

高機能フィルム

独自技術を生かした高機能フィルムを、医薬品や半導体、電子機器向けに提供している。

  • モイストキャッチ- 吸湿・吸着機能材料
  • オキシキャッチ- 酸素吸収フィルム
  • オージーキャッチ- アウトガス吸着機能フィルム
  • パッケージと高機能材料(リンク先 http://www.kyodoprinting.co.jp/products/list/landi/

沿革

  • 1897年 - 博文館印刷工場、創設。
  • 1898年 - 小石川へ移転、合資会社博進社工場と改称。
  • 1905年 - 合資会社博文館印刷所と改称。
  • 1918年 - 博文館印刷所を株式会社に改組。
  • 1925年 - 株式会社精美堂と合併し、共同印刷株式会社を設立。
  • 1926年 - 共同印刷争議が発生。
  • 1948年 - 企業内高校として、文京区内に印刷工芸高等学校を開校させる。
  • 1963年 - 東京証券取引所1部に上場。
  • 1980年 - 印刷工芸高等学校を閉校させる。
  • 1982年 - 資本金を45億1千万円に増資。
  • 1997年 - 創業 100周年を迎える。
  • 2007年 - 本社に隣接したデジタル撮影スタジオ「播磨坂スタジオ」オープン。
  • 2012年 - 中華人民共和国に共印商貿(上海)有限公司を設立。
  • 2014年 - ベトナム社会主義共和国に KYODO PRINTING (VIETNAM) CO.LTD. を設立。
  • 2018年 - 新コーポレートブランド「TOMOWEL」およびコーポレートメッセージ「共にある、未来へ」の使用を開始[2]
  • 2020年 - 本社屋建て替えに着手。2022年3月竣工予定[4]

主な工場

関係会社

連結子会社

  • 株式会社コスモグラフィック - プリプレス、デジタルソリューション
  • 共同印刷メディアプロダクト株式会社 - 刷版、印刷、製本・加工
  • デジタルカタパルト株式会社 - デジタルデバイス向けデジタルコンテンツの制作ほか
  • 共同印刷マーケティングソリューションズ株式会社 - 製版、印刷、製本加工、写真・動画撮影およびその製品の販売ほか
  • TOMOWEL Promotion株式会社 - 会員プラットフォームビジネスほか
  • 共同印刷西日本株式会社 - 印刷、データプリント・BPO業務
  • 共同エフテック株式会社 - BPO業務
  • TOMOWEL Payment Service株式会社 - 決済ソリューション
  • 常磐共同印刷株式会社 - 印刷、チューブ容器の製造
  • 共同NPIパッケージ株式会社 - 紙器製品の製造
  • 共同クレハブローボトル株式会社 - ブローボトルの製造
  • 共同物流株式会社 - 梱包、輸送、保管
  • 共同総業株式会社 - 不動産賃貸および管理、損害保険など代理業
  • 共同印刷ビジネスソリューションズ株式会社 - システム開発・運営、ソリューションビジネス、コールセンター、BPO受託
  • 共印商貿(上海)有限公司-機 能性包装材料を中心とした販売および輸出入
  • KYODO PRINTING (VIETNAM) CO. LTD. - チューブ容器の製造
  • PT. Arisu Graphic Prima - チューブ容器の製造

出典

[脚注の使い方]

外部リンク


 

Back to Top
Close