ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

👶|母は、興奮し宇宙までぶっ飛んだよ!うちの息子を愛してくれてありがとぉぉぉーーー!!!|ぽぽママ…


写真 

母は、興奮し宇宙までぶっ飛んだよ!うちの息子を愛してくれてありがとぉぉぉーーー!!!|ぽぽママ…

 
内容をざっくり書くと
ぽぽママ 少しクセがあり、クスッと笑える育児漫画を配信します。
 

ぽぽママ(@po_po_ch_an)さんは、育児漫画や育児絵日記を描いて、Instagramやブログ… →このまま続きを読む

 ママ広場

「ママ広場」は現在育児中のママやパパが困ったこと・悩んでいること・楽しいこと・ほっこりしたこと・うちではこの方法で解決したよなど日々思うことがつづられています。
読んでくれている皆さんへ困っていることの解決の糸口や育児への共感やヒントとなれば幸いに思います


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

育児コミック

育児コミック(いくじコミック)とは、日本における漫画のジャンルの一つ。育児に関する題材を扱い、子供を持つ女性を主な対象として想定したもの。主として妊婦乳幼児を抱えた母親向けの育児雑誌に連載されて、限定された読者層を対象としたコミック。「育児漫画」ともいう。

概要

田島みるくあたし天使あなた悪魔」(1992年)、青沼貴子ママはぽよぽよザウルスがお好き」(1993年)、高橋陽子「陽子ママの子育てアタフタ日記」(1993年)といった、1990年代前半に婦人生活社の育児雑誌「プチ・タンファン」に連載された漫画が、このジャンル誕生の先駆けとされている。また、石坂啓の「赤ちゃんが来た[1](1993年)は朝日新聞に連載され、育児コミックというジャンルを世間に大きく広めた。たかはまこ(夫は貞本義行)の「たたかえ!お母さん」(1997年)も、このジャンルのものとしてはよく知られている。育児についての助言や情報を含んだものもあり、図書館ではそのためのコーナーを設けていることもある。愛知県高浜市かわら美術館では、2001年 12月6日-1月20日「たかはまこ&青沼貴子、マンガ原画展、たたかえっ!!おかあさん~子育てマンガで応援します、ママと子どものタ・ノ・シ・イ毎日~」と題して、育児コミックの展覧会が開催されたこともある。

作者は女性である場合が多く、自身の育児体験を漫画化するエッセイ漫画のスタイルが一般的。しかし中には、育児体験というテーマを核に据えたホームドラマとして完成させたもの(羅川真里茂赤ちゃんと僕」など)や、SFファンタジーの要素を導入したもの(川村美香だぁ!だぁ!だぁ!」、田村隆平べるぜバブ」など)といったフィクションもみられる。

代表的な育児漫画

育児漫画家

主に育児雑誌などに作品が掲載されている漫画家。 50音順

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

A~Z

脚注

  1. ^ 正確にいえばコマ割りのある漫画ではなく、文章にイラストを添えたイラスト・エッセイの形式である。

ぽぽママ


 

Back to Top
Close