ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

💳|キャッシュレス決済を「導入したいと思わない」店は55% – その理由とは?


写真 

キャッシュレス決済を「導入したいと思わない」店は55% – その理由とは?

 
内容をざっくり書くと
一方、キャッシュレス決済を「導入したいと思わない」という個人事業主の割合は55.2%。
 

三井住友カードとSMBC GMO PAYMENTは10月15日、「レジとキャッシュレス決済に関する調… →このまま続きを読む

 マイナビニュース

マイナビニュースは100以上のカテゴリが毎日更新される総合情報ニュースサイトです。 ビジネス、デジタル、ライフスタイル、エンタメなど幅広いジャンルから経営やテクノロジー・鉄道・車などニッチなカテゴリまで、最新ニュースと分析レポート・コラムで構成しています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

電子決済

電子決済(でんしけっさい、: Electronic billing)とは、商品またはサービスの代金の決済を、硬貨や紙幣などの現金で支払うのではなく、電子的貨幣価値のデータの送受信によって行う仕組みである[1]

概要

総務省による分類

2015年(平成27年)の総務省の分類によれば、電子決済はアクセス型、ストアドバリュー型とに分類される。[2]

アクセス型は、クレジットカードのような取引の度に決済情報をやり取りするものを言う。

  • オンラインバンキング型
  • クレジットカード型
  • 電子小切手型

ストアドバリュー型は、いわゆる「電子マネー」で、あらかじめ現金や預金と引換えに電子的貨幣価値を引き落としておき、経済活動の際に同貨幣価値のやりとりを通じて代価を支払う。

  • ICカード型
  • ネットワーク型

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済は、決済情報の伝達手段により、磁気ストライプカード、接触ICカード、非接触ICカード(非接触型決済)、QRコードバーコード、その他のビーコン(赤外線、光学、音響ほか)などの種別がある。中でも、非接触型決済は決済速度などが優れている[3]

モバイル決済

モバイル決済(もばいるけっさい)とは、携帯機器を使用した現場における電子決済システムを一般に言う[4]。使用する携帯機器のクラスにより、スマートフォン決済(スマホ決済)とも呼ばれる[4]

電子決済の普及

前述のように決済面の電子化(小切手、クレジットカードなど)は、決済自体のオンライン化と不可分であり、これに金融機関のオンライン化が先行していた。電子技術、通信技術や近距離無線通信技術の発達により、電子決済や電子マネーなどの高度化が図られて今日に至っている。

今日では、全世界で急速に電子決済が普及しており、通貨の「キャッシュレス化」が進む事により「キャッシュレス社会」となるとの見方が強い。世界で最も「キャッシュレス化」が進んでいるスウェーデンでは、スウェーデン・クローナ通貨使用率が2%となっている[5]

冬季の現金輸送が困難を極めるスウェーデン、高額紙幣は存在するが利用しにくいアメリカ合衆国偽札が多く現金そのものに信用のない中華人民共和国大韓民国など、店舗側に利点のある国家において普及率が高い。一方、日本では、ATMが街中にあり、通貨が何不自由なく使えるため、店舗側に手数料に見合うだけの利点がそれほどないこともあり、普及速度は上記の国家に比べて緩慢である。

ただ、日本でも2009年の資金決済に関する法律により、小口為替取引(100万円以下)の規制が緩和され、資金移動業者の登録を行えば銀行等の金融機関以外の者も決済市場に参入できるようになった[1]。2012年の時点で、電子マネー主要6規格での決済総額が3年間で2倍になるなど、急速に普及が進んでいる[6]

スマホ決済別シェア
2018年 資料:スマート・ソリューション・テクノロジーズ調査[7]
順位サービス名名シェア
1位モバイルSuica32.1%
2位Apple Pay24.5%
3位Edy22.6%
3位nanaco22.6%
5位LINE Pay18.9%

なお、携帯機器ではない各種カード(プリペイドカード、クレジットカード、会員カードなど。磁気カード、接触型・非接触型ICカード双方。)を利用した決済はモバイル決済ではない。

決済情報の伝達手段により以下の種別がある。

種別

  • 非接触型IC方式
    非接触式ICカードNFCFelicaRFIDなど)と同様のICチップを携帯機器に内蔵し、店舗等の端末等と近距離無線通信により通信し決済を行う方式である。非接触型決済とも言う。通常、モバイル機器類をリーダーにかざすだけで決済を完了させることができる[8][9]
    一般的には携帯機器の通信機能がオフラインでも動作するように設計されている。ただし、非接触ICカード型と異なり携帯機器の電源がONでないといけない場合が多い。
  • QRコード、バーコード
    携帯機器のカメラで、店側に設置・提示されたQRコードやバーコード(コード類)を読み取り、決済を行う方式である。コード決済とも言う。また、携帯機器側の画面にコード類を表示し、それを店側のPOSで読み取り決済を行う方式もある[8]。常時かつ即時に通信処理可能なICカード型と比較すると、携帯機器の操作(決済専用アプリの起動など)が必要で、読み取りの手間がかかるという欠点もある[8]。また、非接触型と異なり、携帯機器の通信機能がオフライン(圏外など)の場合は決済不能である。北欧、中国、米国の一部などで普及している[8]
  • ビーコン
    店側が設置した専用の機器と携帯機器との間で符号化したビーコン(赤外線、光学、音響ほか)をやり取りする事により本人確認をして決済する方式[8]。決済専用アプリが必要。携帯機器を取り出す必要が無い場合もある[8]

脚注

[脚注の使い方]

関連項目

外部リンク

個人事業主

個人事業主(こじんじぎょうぬし)は、株式会社等の法人を設立せずに自ら独立して事業を行っている自然人をいう。法人事業主と対になる概念である。

事業主一人のみ、家族のみ、あるいは少数の従業員を抱える小規模の経営が一般的だが、制限はなく、大規模な企業体を経営することも出来ないわけではない。雇用されている者(サラリーマンのこと)は個人事業主ではないが、継続的な下請(業務契約)や納入をする業者、代理店など、雇用でない契約(請負委任等)によって他者の事業に従属する者はあくまで独立した事業であり、個人事業主に分類される。[1]

消費税法基本通達1-1-1では、事業者とは自己の計算において独立して事業を行う者、と定義していて[2]消費税法第2条1項3号で個人事業者を事業を行う個人と定義している。個人事業主ではなく個人事業者という表現を用いている。

慣習的な言い方としては自営業者ともいう。もっとも自営業者は法人成りをしていても慣習的にそう呼ばれうるのに対し、個人事業主はあくまで個人の立場で(法人成りをせずに)事業を営む場合に限られる[3]

職業が個人事業主

個人で事業を行えば個人事業主になる。副業でも個人事業主である。例えば、一個100円で仕入れた商品を200円で売る商売をはじめ、継続的・反復的に商売を行えば、個人事業主となる。また、ブログでのアフィリエイト収入、オークションサイト等を利用した収入などがあれば個人事業主になる。事業所得に該当する場合は、個人事業の開業届出書を提出する必要があるが[4]、副業の個人事業主は雑所得に該当し[5]、開業届出書の対象外である。このように個人事業主となるためのハードルはかなり低い。

また、世間一般的に個人事業主は株式会社の経営者と間違ってイメージされていることもあるため、職業詐称に使われることが非常に多い。知人や交際相手の職業が自営業という場合は、具体的にどのような仕事なのかを確認する必要がある。また、年収の場合は、年商(売上高)のことなのか所得(利益、課税所得)のことなのかも確認する必要がある(薄利多売や利益率の悪い業界の場合、実際的に個人事業主に入ってくる利益が売上高に比べて極端に少ないことがよくある)。 なお、タレント等の芸能人が「個人事務所」を有することあるが、個人と称しながら会社組織であることが多い[6]。この場合は、個人事業主ではなく、法人経営者である。

個人事業主と法人経営者の違い

個人事業主のことを株式会社の社長と混同して理解している者が多いが、強ち間違いではない。個人事業主は会社を設立していないため、本来会社の社長ではないが、肩書としてなら社長と呼ぶことがある(代表取締役と呼ぶことは違法)[7]。会社の社長(法人経営者)は個人事業主ではなく、そのまま社長もしくは会社役員や会社経営者などと呼ぶのが普通である。

税金

  • 法人経営者とは違い、個人事業主に対する給与は存在しない。事業上の純利益が個人事業主の取り分(報酬)となる。
  • 日本の税法上、個人事業主は12月31日を決算日として収支決算をまとめ、翌年3月15日までに所得税確定申告を行ったうえで、同3月末までに消費税の確定申告(課税事業者に限る)を行う。

社会保険

副業ではない給料のもらっていない個人事業主の場合。

法人成り

個人事業主が株式会社合名会社合同会社合資会社を設立して事業を法人化すること。実態は個人事業と変わらないが、個人の資産・家計と事業を分別するほか、対外的なイメージや信用感、「株式会社」「取締役」といった肩書き、体面を得るために法人化することがある。

税法上のメリットを求めて法人化することも少なくない。個人事業主の利益には所得税が課せられるのに対し、法人は法人税が課せられる。 所得税は超過累進課税で計算されるため、利益を得れば得るほど税金をひかれる一方、法人税の税率はほぼ一定なので、所得がある水準を超える場合、法人の方が有利となる。法人の維持費(登記・税金・社会保険の費用等)が個人事業より多く必要となるが、法人税が有利になる水準を大きく超える収入があれば、維持費を負担してもなお余りあるメリットを享受できる。

日本における個人事業主の例

例えば銀行業のように法人でなければ認められない事業もあるが、法令の制限がない限り、あらゆる事業を行える。主なものとしては以下がある(もちろん、個人事業主ではなく被雇用者としてその業についている者もいるが、各種士業医師やスポーツ選手や芸能人などの場合、個人事業主とは呼ばず、それらの職業で呼ぶのが普通である)。

個人事業主は、仕事をしている者の中で、会社経営者でもサラリーマンでも公務員でもアルバイトでもない者のことであるため、職種や年収には非常に大きな開きがあると言われている。 一般的に、個人事業主には福利厚生は用意されず、確定申告の作業や取引先との詐欺訴訟のリスクも1人で抱えるため、非常にリスクの高い働き方となる。 但し、収益はすべて自身に帰属するため成功した際のリターンの大きい働き方でもある。

なお、大相撲力士日本相撲協会の協会員であって(日本相撲協会定款第49条)、福利厚生等の面ではむしろ労働者に近く、個人事業主には該当しない。

第一次産業

第二次産業

第三次産業

名ばかり事業主

名ばかり事業主とは、会社側と委任契約請負契約などを結び、自らの裁量で働く個人事業主として扱われながらも、実際には勤務場所、時間、仕事の進め方などを会社側によって管理された働き手をいう。

労働基準法最低賃金法の対象外であると主張されることもあるが、形式の如何を問わず、実態として雇用関係が存在すれば、労働災害など各種保険の適用、長時間労働の規制、残業代の支給など、労働者としての法的保護を受けることができる。

脚注

  1. ^ 個人事業主とは?スモビバ!(弥生、2018年10月12日付)
  2. ^ 第1節 個人事業者の納税義務|国税庁
  3. ^ 個人事業主と自営業の定義の違いBiZPARK
  4. ^ [手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等手続|国税庁
  5. ^ No.1500 雑所得(国税庁)
  6. ^ 個人事務所を設立するタレントや、そのメリットも一挙紹介!ModelNAVI(2016年5月5日配信)
  7. ^ 個人事業主の名刺の肩書き(役職)にルールはあるのかアントレ STYLE MAGAZINE(2018年11月5日配信)

関連項目


 

Back to Top
Close