in ,

🛋|高齢者が自宅に住み続けられるために


写真 提言を受け取る淡野博久・国土交通省住宅局長(右)と、(一社)高齢者住宅協会の竹中宣雄会長(左)

高齢者が自宅に住み続けられるために

 
内容をざっくり書くと
例えば、LDKの一画に子ども用のオープン棚を設け、棚やハンガーパイプは可動式とすることで、子どもが自分で考えて最適な収納環境を整えられるようにした。
 

(一社)高齢者住宅協会(竹中宣雄会長)が、「最期まで自分らしい生活を送ることができる住生活の実現を目… →このまま続きを読む

 ハウジング トリビューン

1986年の創刊以来、30年間以上に渡り、行政、住宅・不動産、設備・建材、関連サービス…など、幅広い取材領域を、月2回刊の発行スピードを活かしながら、タイムリーに深く、時には生活者の視点に立って解説しています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。