ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🛋|部屋が癒やしの空間に早変わり。花と香りで楽しむディフューザー発売


写真 

部屋が癒やしの空間に早変わり。花と香りで楽しむディフューザー発売

 
内容をざっくり書くと
高級感漂うローズとローズゼラニウムをメインにブレンドした、フローラルで上品な香り。
 

リーモ・トロージェンから、新しいリードディフューザー「Eternal Flower」が2021年12… →このまま続きを読む

 マイナビウーマン

「マイナビウーマン」は、株式会社マイナビが運営する、女性総合サイトです。働く女性の恋愛やトレンド情報、また女性ならではの、結婚・妊娠・出産など、人生の節目の悩みを解決するヒントをお届けしています。今の働く女性たちに色々な幸せのカタチを提供し、一歩前へ踏み出す変化をナビゲートする媒体です。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

ニオイテンジクアオイ

ニオイテンジクアオイ(匂天竺葵、学名: Pelargonium graveolens)は、フウロソウ科テンジクアオイ属の常緑性低木。南アフリカ原産で、茎葉にバラのような芳香をもつ。水蒸気蒸留して得られる精油は「ゼラニウム油」と呼ばれ、香料などとして利用される。別名 ローズゼラニウム(英: Rose geranium)[1]

学名の由来

学名のうち属名ペラルゴニウム Pelargoniumギリシャ語の pelargos(コウノトリ)に由来するが、これは種子の形がコウノトリのくちばしのように長細いためである[2]。種小名グラヴェオレンス graveolens には「重い香り」という意味がある[3]

特徴

成長すると高さ1.3メートルほどに達する常緑性低木[4]。葉には深い切れ込みがあり、繊毛があるため手触りが柔らかく、強いバラ様の香りがある[4]

17世紀後半に南アフリカからヨーロッパに導入され、その後レユニオン島やモロッコで栽培された[3][5]

精油の利用

ローズゼラニウムは元々香料用に栽培されていたが、精油を用いた補完・代替医療であるアロマセラピーで、初期のアロマセラピストが古いイギリスの本草書にある ヒメフウロ(姫風露、学名:Geranium robertianum L.)の情報を誤って転用したため、不正確な情報で広く利用されている[6]

精油の香りには鎮静と刺激、両方の効果があり、香りを嗅いでリラックスする場合と、逆の効果が現れる場合がある[6]

比較的安全な精油であり、食品業界・化粧品業界で多用されているが、近年EUによって、非常に強い感作性を有するという評価がされた[6]

ローズゼラニウム油やその成分は、偽物のローズ油やローズ油の増量剤として用いられている。

脚注

  1. ^ 育て方図鑑 センテッドゼラニウムとは ローズ・ゼラニウム”. みんなの趣味の園芸. NHK出版. 2017年12月12日閲覧。
  2. ^ 井上 (2009), p.190
  3. ^ a b 井上 (2009), p.191
  4. ^ a b Peterson et al., p.167
  5. ^ Jade Shutes. “Pelargonium graveolens or Pelargonium x asperum”. The School for Aromatic Studie. 2017年12月12日閲覧。
  6. ^ a b c マリア・リス・バルチン 『アロマセラピーサイエンス』 田邉和子・松村康生監訳、フレグランスジャーナル社、2011年。ISBN 978-4894792005

参考文献

高級感


 

Back to Top
Close