ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🛋|トヨタホームなど、次世代の郊外スマートタウン構想


写真 南栗橋駅前エリアでスマートタウン「BRIDGE LIFE Platform(ブリッジライフプラットフォーム)構想」のイメージ

トヨタホームなど、次世代の郊外スマートタウン構想

 
内容をざっくり書くと
今回のブリッジライフプラットフォーム構想は 5G や自動宅配ロボ、自動運転ゴミ収集車、ドライブピックアップといった先進デジタル技術に加え、全戸ZEH標準化、災害対応、コミュニティ醸成など、あらゆる取り組みを総動員し、コロナ禍で顕在化した暮らしニーズに対応する取り組みと言えよう。
 

トヨタホームなど5者は、次世代スマートタウンを埼玉県久喜市で開発する。5Gや自動宅配などの次世代デジ… →このまま続きを読む

 ハウジング トリビューン

1986年の創刊以来、30年間以上に渡り、行政、住宅・不動産、設備・建材、関連サービス…など、幅広い取材領域を、月2回刊の発行スピードを活かしながら、タイムリーに深く、時には生活者の視点に立って解説しています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

全戸ZEH標準

自動運転ゴミ収集


 

Back to Top
Close