ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

👩‍🎓|埼玉県川島町総合振興計画、明治大学の学生らの意見を反映


写真 

埼玉県川島町総合振興計画、明治大学の学生らの意見を反映

 
内容をざっくり書くと
これを受け、川島町は計画の進行管理について改善に入っている。
 

埼玉県川島町が策定した第6次川島町総合振興計画に明治大学政治経済学部の西村弥ゼミナールの学生が協力し… →このまま続きを読む

 大学ジャーナルオンライン

日本の大学・教育関連専門のニュースサイトです。研究成果や産学連携の取組みなど大学に関わるニュースや、各大学キーマンへのインタビュー、学生募集状況やブランド力などについての専門家によるコラムを発信しています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

進行管理

川島町

川島町(かわじままち)は、埼玉県の中部に位置し、比企郡に属する

人口は約2万人。

地理

地形

町内は荒川や荒川系河川の流域でとなっており、立地を生かした農業が盛んで田園地帯が広がっている。旧街道沿いの国道254号旧道沿いを中心に住宅が多くなっているほか、近年では隣接自治体の川越駅若葉駅などを最寄りとする新興住宅団地や工場も開発されている。

河川・湖沼

歴史

行政

  • 町長:飯島和夫(2015年1月31日就任、2期目)

広域行政

一部事務組合
過去に設置されていた一部事務組合
  • :東松山市、桶川市、比企郡の6町(滑川町、嵐山町、小川町、ときがわ町、鳩山町、吉見町、当町(当町は平成27年12月1日に加入))及び秩父郡東秩父村により平成27年4月1日に設立。及び粗大ごみの新施設を建設する計画を立てていた。しかし、処理施設の付帯設備(温浴施設等)の建設及び建設後の管理費用負担について協議が纏まらなかったことなどもあって計画が頓挫し、令和2年(2020年)3月31日をもって組合は解散した[5]
協議会
  • (通称「レインボー協議会」):川越市坂戸市鶴ヶ島市日高市入間郡毛呂山町越生町)とともに、各市町がそれぞれ進めている地域特性を生かしたまちづくりを広域的視点から互いに連携・協力しながら一つの都市圏として発展していくことを目指している。例として図書館などの公共施設の相互利用、の相互掲載、参加市町の観光スポットを紹介した「広域観光ガイド」の発行等を行っている。

合併構想

2016年時点、川島町では、隣接する川越市との合併の計画が持ち上がっている[6]

人口

Population distribution of Kawajima, Saitama, Japan.svg
川島町と全国の年齢別人口分布(2005年)川島町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 川島町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

川島町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


経済

産業の中心は農業であるが、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)のインターチェンジが開通し、企業誘致が進んだ。

企業

商業

地域

教育

保育園
  • さくら保育園[2]
  • けやき保育園
幼稚園
  • とねがわ幼稚園
小学校
中学校
特別支援学校

公共施設

  • コミュニティセンター
  • 町民体育館
  • 武道館
  • 総合運動場
  • 弓道場
  • 町民会館
  • 町立図書館
  • 保健センター
  • 学校給食センター
  • 環境センター
  • 老人福祉センター
  • ふれあいセンターフラットピア川島
  • ワーク&ライクのびっこ
  • シルバー人材センター
  • 平成の森公園
  • 学童保育「かっぱくらぶ」
  • 学童保育「どりいむくらぶ」
  • 中央公民館
  • 中山公民館
  • 伊草公民館
  • 三保谷公民館
  • 出丸公民館
  • 八ッ保公民館
  • 小見野公民館

県の施設

消防

警察

電話番号

市外局番は町内全域が「049」。市内局番が「2XX」の地域との通話は市内通話料金で利用可能(川越MA)。収容局は川越川島局のみ。

郵政

郵便番号は、町内全域が「350-01xx」(川島郵便局)である。また、町内には以下の郵便局が所在する。

  • 川島郵便局(旧・中山郵便局)
  • 川島三保谷郵便局(旧・三保谷郵便局)

交通

鉄道

町内を運行する鉄道路線は無く、川越駅若葉駅東松山駅桶川駅鴻巣駅と当町を経由する路線バスが運行されている。

道路

高速道路
一般国道
県道
その他主要道路

路線バス

タクシー

タクシーの営業区域県南西部交通圏で、川越市所沢市東松山市飯能市和光市などと同じエリアとなっている。

ヘリコプター

イベント・名所・旧跡・観光

著名な出身者

マスコットキャラクター

  • かわべえ - 2010年11月23日制定[8]
  • かわみん(かわべえの孫) - 2012年町政施行40周年を記念して制定された。

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 川島村を川島町とすることについて (日本語) - 川島町、2016年7月3日閲覧。
  2. ^ a b 川島町はこんな町 (日本語) - 川島町、2016年7月3日閲覧。
  3. ^ [file:///C:/Users/maki2/AppData/Local/Microsoft/Windows/INetCache/IE/KXLIZPL9/000680374.pdf 荒川上流河川事務所 川島排水機場]
  4. ^ 平成27年12月 川島町新庁舎竣工記念式典及び内覧会が開催されました (日本語) - 川島町、2016年7月2日閲覧。
  5. ^ 『埼玉中部資源循環組合 新ごみ施設だより』第11号(最終号)令和2年3月10日発行、2020年7月5日閲覧
  6. ^ 川島町新庁舎建設検討委員会 第一回会議 会議録 (PDF) (日本語) - 川島町 .(2012年5月8日)、2016年7月3日閲覧。
  7. ^ 【麺食い 列島味便り】すったて(埼玉県川島町)香り華やか ゴマと夏野菜毎日新聞』2020年9月10日(地方版)2020年12月1日閲覧
  8. ^ かわべえ&かわみん誕生秘話 (日本語) - 川島町、2016年7月3]閲覧。

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close