ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

👶|槙野智章が明かす「一番いい子供の習い事」に反響 すべての基礎となり…


写真 

槙野智章が明かす「一番いい子供の習い事」に反響 すべての基礎となり…

 
内容をざっくり書くと
関連記事:槙野智章、鋭い刀さばき披露するも「神戸の印象は?
 

[『人志松本の酒のツマミになる話』に出演の槙野。「体操」を必ず習わせたほうがいい納得の理由とは…。 … →このまま続きを読む

 Sirabee

「『伝える』を、もっとわかりやすく」 ニュースサイト『Sirabee』は、調査データをニュースと組み合わせ、情報をわかりやすく伝えるメディアです。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

槙野智章

槙野 智章(まきの ともあき、1987年5月11日 - )は、広島県広島市西区出身[2]サッカー選手。元日本代表。ポジションはディフェンダーフォワードヴィッセル神戸所属。

経歴

プロ入り前

サッカーファンで実際にサッカーをやっていた父[3] と、既にサッカーを始めていた2人の兄[注 1]の影響で小学1年生からサッカーを始めた[4]。地元草津の草津小学校のサッカー少年団は4年生からしか入団できなかったため、隣町井口の井口明神小学校のサッカークラブに入団し[4]、小学6年次にはFWとしてフジパンカップ広島県大会で3位入賞した。

2000年にサンフレッチェ広島ジュニアユースに入団。同期には森重真人左山晋平などがいる。当初はFWのポジションでプレーし、森重や平繁龍一と2トップを組んでいたが、トップ下、サイド、ボランチなど様々なポジションを経て、中学3年次にコーチの月岡利明によりセンターバックにコンバートされた[4]

2003年にユースチームに昇格。ユース時代からの同期には、木原正和福本尚純らがいる。2年次からセンターバックとしてレギュラーを獲得し、ユースレベルでの3大大会の全てで決勝に進出し2冠達成に貢献した。一学年上の藤井大輔と組んだセンターバックは森山佳郎監督から「同世代には絶対に破れない」と賞賛された。3年次には広島ユースおよびおかやま国体における広島県選抜の主将を務めた。各年代別代表にも招集されここでも主将を務め中心選手として活躍した[4][5]

サンフレッチェ広島時代

2006年、橋内優也趙佑鎮らと共にサンフレッチェ広島トップチームに昇格。

2007年8月にダリオ・ダバツおよび盛田剛平が負傷したため先発メンバーに抜擢された。以降は、レギュラーとして定着した[6]。J2降格が決まった際、元日本代表FW佐藤寿人と広島残留を表明する。

流動的に動いた2008年は、元日本代表SB駒野友一の移籍で空いた背番号5をつけて、出場停止1試合を除く全試合に出場する。その結果、悲願のJ1昇格に貢献した。

2009年は初めてJ1で一年間レギュラーとして出場し続け、センターバックではリーグ最多の8得点を挙げた。

2010年はリーグ全34試合に出場、うち33試合ではフル出場し、初のJリーグベストイレブンに選出。また、全試合に出場しながら警告、退場が1つもなく、フェアプレー個人賞を受賞した。

ケルン時代

2010年12月、ドイツへ渡った。欧州挑戦を目指し、ボルシア・ドルトムントホッフェンハイムの練習に参加した。しかし、独誌キッカーの回答としては、「1対1の弱さがあり、右サイドバック向きとして獲得は現実的ではない」と評された。欧州レベルでは、センターバックとしては評価されなかった。結局、正式契約には至らず、槙野は日本帰国する。同年12月30日、当時ケルンのスポーツディレクターを務めていたフォルカー・フィンケの誘いでドイツ・ブンデスリーガ1.FCケルンへ完全移籍[7][8]。契約期間は2013年6月30日まで。元代理人は長谷部誠香川真司らと同じトーマス・クロートであった。

2011年1月29日、FCザンクトパウリ戦でブンデスリーガデビュー。ケルンは敗れたが、センターバックとしてフル出場。その後は、出場機会に恵まれず、移籍1年目の出場は5試合にとどまった。翌2011-12シーズンも3試合の出場のみとなり、レギオナルリーガのケルンIIの試合にも出場した。

浦和レッズ時代

2012年1月11日、復活を目指して、ミハイロ・ペトロヴィッチが監督に就任した浦和レッズへの1年間の期限付き移籍が決定した[9][注 2]。浦和加入後、ペトロヴィッチ監督の愛弟子としてチームを牽引。6得点を記録し、チームの2008年以来のACL出場に貢献。また、自らが音頭を取り、浦和サポーターが勝利の凱歌として歌う『We are Diamonds』をホーム開催試合に限り、メンバー入り選手全員もサポーターと共に歌うなど、持ち前の明るいキャラクターでチームとサポーターの距離を縮める施策を実行した。12月4日、2013年シーズンより浦和への完全移籍加入が発表された[12]。また背番号を5番に変更し、この年はリーグ戦34試合全試合に出場した。

2015年9月8日、サウジアラビア1部の強豪・アル・ナスルから約5億円の年俸での獲得オファーを受けたが、断り浦和に残留した[13]

2016年は29試合3ゴールでチームの年間勝ち点1位に貢献した。12月3日の鹿島アントラーズとのチャンピオンシップ第2戦の後半34分、自陣ペナルティーエリア内で鈴木優磨に対してファールを犯し、その後PKを決められた[14]。12月4日、中国1部の強豪・広州恒大から年俸は言い値という破格のオファーを受けたが、浦和の一員としてリーグやACLで悲願のタイトルを目指すため断った[15]

2017年3月19日、J1第4節のガンバ大阪戦でJ1通算250試合出場を果たした。

2018年8月19日、J1第23節の清水エスパルス戦で史上100人目となるJ1通算300試合出場を果たした[16]。この年、2010年以来2度目の警告・退場0を記録した。

2019年11月16日、AFC年間最優秀選手賞の候補に選ばれた[17]

2020年10月10日、J1第21節のサガン鳥栖戦でJリーグ通算400試合出場(J1通算359試合、J2通算41試合)を果たした。シーズン終了後、国内外の複数クラブが槙野の獲得に動いたが、浦和の延長オファーに合意した[18]

2021年11月、シーズン終了後に浦和レッズを退団することをクラブが発表した[19]。12月19日、国立競技場で開かれた天皇杯決勝、後半ATに劇的な決勝ゴールを決め浦和を8度目の優勝に導き、来季のACL出場獲得へ貢献した[20]

ヴィッセル神戸時代

2021年12月24日、ヴィッセル神戸に完全移籍することが決定[21]。2022年2月19日、開幕戦でスタメン出場し、J1通算400試合出場を果たした[22]

日本代表

2006年11月に開催されたAFCユース選手権2006および翌2007年7月に開催された2007 FIFA U-20ワールドカップでは福元洋平とセンターバックでコンビを組み、守備の要として、またムードメーカーとしても活躍した。カナダで開催されたU-20ワールドカップ本大会では髪を赤に染めていたが、これは当時広島でチームメイトだった戸田和幸FIFAワールドカップ・日韓大会でのヘアースタイルを真似たものである。現地では「ジャパニーズ・ベッカム」と評され注目を集めた。2009年にA代表に初招集されたときにも同様の髪型にしている[23][24]

2009年5月にはキリンカップおよび2010 FIFAワールドカップ・アジア予選に臨む日本代表合宿に初招集されたものの出場はなかった。

2010年1月、既に予選突破を決め、若手が起用されたアジアカップ最終予選イエメン戦で代表初出場を果たし、ゲームキャプテンも務めた[25]。5月に発表されたFIFAワールドカップ・南アフリカ大会本大会の日本代表メンバーからは落選したが、予備登録選手に選出された。同年末にはAFCアジアカップ2011に臨む日本代表に選出されたものの、怪我により大会直前に途中離脱した。

2012年2月24日のキリンチャレンジカップアイスランド戦で代表初得点を挙げた。

2017年11月10日、国際親善試合ブラジル戦で得点を決めた。なお、日本代表がブラジル代表相手に得点したのは、2006年ドイツW杯で決めた玉田圭司から11年ぶりであり、DFで得点した初めての選手となった[26]

2018年6月、ロシアワールドカップメンバーに選出された。2017年後半以降、欧州遠征で全試合にレギュラーとして出場するなどW杯でもスタメンとして出場すると思われたが、第1戦のコロンビア戦では事前合宿のテストマッチ最後の試合で活躍した昌子源にレギュラーの座を奪われ、ロシアW杯本番でスタメン落ちとなる[27]。しかしながら、ベテランとして本田圭佑と共に控え選手として裏側で日本代表チームを支え[28]、第3戦のポーランド戦でW杯初出場を果たした[29]。前評判の低かった日本代表チームはGL突破し、ベスト16進出を2大会振りに果たした。

プレースタイル

森山佳郎曰く「一言で言うとファイター」[30]ミハイロ・ペトロヴィッチ曰く「DFらしいDF」。コーチングに優れ、高い身体能力と闘争心を持ち、1対1の局面での強さに定評がある。[5][6]

また、得点への意欲が非常に高いのも特徴[注 3]。広島では3バックの一角を務めていたが、試合中もセットプレーのみならず、流れの中で自由に前線へ上がり、強引なドリブル突破からシュートを放つシーンもしばしば見られ、自らのポジションを「DFW(DFながらFWの役割も果たす)」と称する[6]。フリーキック、ペナルティキックなどのプレースキッカーも務めており、特にFKは高い精度を持つ。PKにおいては、後ろ向きの状態から反転してキックを放つという独特の蹴り方を行う。

人物

心が広く、誰とでも仲良くなれる。日本人的には、ポジティブで物怖じしない性格のムードメーカーである。また、数々のエピソードも持つ[6]。サッカー関係者以外にも幅広い交友関係を持つが、槙野曰く佐藤寿人から「いろんな職種の人と接すること」の大切さを教わったことが大きいという[31]

好きな言葉は木村孝洋元サンフレッチェ監督が語った、アーセナルFCの下部組織に所属する選手が教わるという『Big heart』と、広島ユースの監督森山佳郎の『気持ちには引力がある』であるとインタビューで語っている[32]

2011年3月24日に大手芸能プロダクションのホリプロとマネージメント契約[33]スカパー!「URAWAチャンネル」内のコーナー「槙野の部屋 〜俺たちの休日〜」MC担当。

2016年9月発売のサッカーゲーム「FIFA 17」日本版のパッケージになった。

2016年6月に共通の知人を交えた食事会にて知り合った女優高梨臨と、約1年6か月の交際期間を経て翌2017年12月17日にプロポーズし、翌2018年1月20日、高梨との結婚を正式発表[34]。同年2月9日に婚姻届を提出した[35]

2013年頃から2018年頃にかけてスパイクを左右非対称で履く「槙野スタイル」が注目された。本人曰く「サッカーを好きになる人を増やすため、悪いプレーをしたら注目されるためそうならないためにプレッシャーをかけている」とのこと。なお、スパイクはプレデター、ナイトロチャージ、アディゼロ、エース、X、ネメシスを使った。

また、2021年のJリーグ最終節、名古屋グランパス戦での勇退を表明していた村上伸次への感謝のメッセージを自身のアンダーシャツに書き込み、両チーム選手によって作られた花道を村上が通る際に見せ、村上からイエローカードを貰うという場面もあった。なお、このイエローカードは公式記録には記載されていない。村上自身も「槙野さんにイエローカードは出しましたが公式記録には載せないでくださいとお願いしました」と語っている[36]

5月11日生まれであり、2022年時点ではチームメイトに同じ誕生日にアンドレス・イニエスタ、日高光揮がいる。槙野が35才となった2022年の誕生日では三人一緒に顔中にクリームを塗られて祝福された[37]

パフォーマンス

「プレー以外の面でも観客にサッカーを楽しんで欲しい」という考えから、ピッチ内外において様々なパフォーマンスを行なっている。

トリックPKが後に反則行為と判断されたり[38]、遅延行為だとして主審にゴールパフォーマンスを制止されたり[39] と、その派手なパフォーマンスは時に物議を醸している。槙野はパフォーマンスを巡る意見について、「サッカーファン以外の人、これからサッカーを好きになっていく子供たちにも、もっとサッカーを好きになってほしいという一心でやっている」とコメントしている[40]

2011年3月11日、ブンデスリーガ第26節ハノーファー96戦終了後、ユニフォームを脱ぎ、「被災者のみんなへ、ガンバレ!! 一人でも多くの命が救われますように!!」と書かれたアンダーシャツを披露し、同日に日本で起きた東北地方太平洋沖地震の被災者に向けメッセージを送った[41]

所属クラブ

個人成績

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグリーグ戦リーグ杯オープン杯期間通算
出場得点出場得点出場得点出場得点
日本リーグ戦リーグ杯天皇杯期間通算
2006広島28J110100020
20071814050271
20085J2417-41458
2009J13382020378
20103444111396
ドイツリーグ戦リーグ杯DFBポカール期間通算
2010-11ケルン43ブンデス1部50--50
2011-121830-0030
日本リーグ戦リーグ杯天皇杯期間通算
2012浦和20J13364030406
201353464010396
20143147210396
20153330030363
20162931000303
20173220010332
20183244041405
20193202100341
202026200-262
202131211151474
2022神戸14
通算日本J13994544526346953
日本J2417-41458
ドイツブンデス1部80-0080
総通算4485244530452261
その他の公式戦
国際大会個人成績 FIFA
年度クラブ背番号出場得点出場得点
AFCACLクラブW杯
2010広島541-
2013浦和60-
201551-
201670-
201714120
2019142-
2022神戸14
通算AFC50520
その他の国際公式戦

出場歴

タイトル

クラブ

サンフレッチェ広島ユース
サンフレッチェ広島
浦和レッズ

代表

日本代表

個人

代表歴

出場大会

試合数

  • 国際Aマッチ 38試合 4得点(2009年 - 2019年)


日本代表国際Aマッチ
出場得点
200900
201040
201140
201231
201330
201581
201620
201741
201881
201920
通算384

出場

No.開催日開催都市スタジアム対戦国結果監督大会
1.2010年1月5日イエメンの旗サナアイエメンの旗 イエメン○3-2岡田武史AFCアジアカップ2011予選
2.2010年4月7日日本の旗大阪大阪長居スタジアムセルビアの旗 セルビア●0-3岡田武史キリンチャレンジカップ2010
3.2010年9月4日日本の旗横浜日産スタジアムパラグアイの旗 パラグアイ○1-0原博実キリンチャレンジカップ2010
4.2010年9月7日日本の旗大阪大阪長居スタジアムグアテマラの旗 グアテマラ○2-1原博実キリンチャレンジカップ2010
5.2011年6月7日日本の旗横浜横浜国際総合競技場チェコの旗 チェコ△0-0ザッケローニキリンカップサッカー2011
6.2011年8月10日日本の旗札幌札幌ドーム大韓民国の旗 韓国○3-0ザッケローニキリンチャレンジカップ2011
7.2011年9月6日ウズベキスタンの旗タシュケントパフタコール・マルカジイ・スタジアムウズベキスタンの旗 ウズベキスタン△1-1ザッケローニ2014 FIFAワールドカップ・アジア3次予選
8.2011年10月7日日本の旗神戸ホームズスタジアム神戸ベトナムの旗 ベトナム○1-0ザッケローニキリンチャレンジカップ2011
9.2012年2月24日日本の旗大阪大阪長居スタジアムアイスランドの旗 アイスランド○3-1ザッケローニキリンチャレンジカップ2012
10.2012年5月23日日本の旗袋井エコパスタジアムアゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン○2-0ザッケローニキリンチャレンジカップ2012
11.2012年8月15日日本の旗札幌札幌ドームベネズエラの旗 ベネズエラ△1-1ザッケローニキリンチャレンジカップ2012
12.2013年7月21日大韓民国の旗ソウルソウルワールドカップスタジアム中華人民共和国の旗 中国△3-3ザッケローニEAFF東アジアカップ2013
13.2013年7月28日大韓民国の旗ソウル蚕室総合運動場大韓民国の旗 韓国○2-1ザッケローニEAFF東アジアカップ2013
14.2013年9月10日日本の旗横浜横浜国際総合競技場ガーナの旗 ガーナ○3-1ザッケローニキリンチャレンジカップ2013
15.2015年3月27日日本の旗大分大分スポーツ公園総合競技場チュニジアの旗 チュニジア○2-0ハリルホジッチキリンチャレンジカップ2015
16.2015年6月11日日本の旗横浜日産スタジアムイラクの旗 イラク○4-0ハリルホジッチキリンチャレンジカップ2015
17.2015年6月16日日本の旗さいたま埼玉スタジアム2002シンガポールの旗 シンガポール△0-0ハリルホジッチ2018 FIFAワールドカップ・アジア2次予選AFCアジアカップUAE予選
18.2015年8月2日中華人民共和国の旗武漢武漢体育中心朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国●1-2ハリルホジッチEAFF東アジアカップ2015
19.2015年8月5日中華人民共和国の旗武漢武漢体育中心大韓民国の旗 韓国△1-1ハリルホジッチEAFF東アジアカップ2015
20.2015年8月9日中華人民共和国の旗武漢武漢体育中心中華人民共和国の旗 中国△1-1ハリルホジッチEAFF東アジアカップ2015
21.2015年10月8日オマーンの旗マスカットシーブ・スタジアムシリアの旗 シリア○3-0ハリルホジッチ2018 FIFAワールドカップ・アジア2次予選AFCアジアカップUAE予選
22.2015年11月17日カンボジアの旗プノンペンプノンペンナショナルスタジアムカンボジアの旗 カンボジア○2-0ハリルホジッチ2018 FIFAワールドカップ・アジア2次予選AFCアジアカップUAE予選
23.2016年6月7日日本の旗大阪市立吹田サッカースタジアムボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ●1-2ハリルホジッチキリンカップサッカー2016
24.2016年10月11日オーストラリアの旗メルボルンドックランズ・スタジアムオーストラリアの旗 オーストラリア△1-1ハリルホジッチ2018 FIFAワールドカップ・アジア最終予選
25.2017年10月6日日本の旗豊田豊田スタジアムニュージーランドの旗 ニュージーランド○2-1ハリルホジッチキリンチャレンジカップ2017
26.2017年10月10日日本の旗横浜日産スタジアムハイチの旗 ハイチ△3-3ハリルホジッチキリンチャレンジカップ2017
27.2017年11月10日ベルギーの旗リールスタッド・ピエールモーロワブラジルの旗 ブラジル●1-3ハリルホジッチ国際親善試合
28.2017年11月14日ベルギーの旗ブルッヘヤン・ブレイデルスタディオンベルギーの旗 ベルギー●0-1ハリルホジッチ国際親善試合
29.2018年3月23日ベルギーの旗リエージュスタッド・モーリス・デュフランマリ共和国の旗 マリ△1-1ハリルホジッチ国際親善試合
30.2018年3月27日ベルギーの旗リエージュスタッド・モーリス・デュフランウクライナの旗 ウクライナ●1-2ハリルホジッチキリンチャレンジカップ2018
31.2018年5月30日日本の旗横浜日産スタジアムガーナの旗 ガーナ●0-2西野朗キリンチャレンジカップ2018
32.2018年6月8日スイスの旗ルガーノスイスの旗スイス●0-2西野朗国際親善試合
33.2018年6月28日ロシアの旗ヴォルゴグラードヴォルゴグラード・アリーナポーランドの旗 ポーランド●0-1西野朗2018 FIFAワールドカップ
34.2018年9月11日日本の旗大阪パナソニックスタジアム吹田コスタリカの旗 コスタリカ○3-0森保一キリンチャレンジカップ2018
35.2018年10月12日日本の旗新潟デンカビックスワンスタジアムパナマの旗 パナマ○3-0森保一キリンチャレンジカップ2018
36.2018年11月20日日本の旗豊田豊田スタジアムキルギスの旗 キルギス○4-0森保一キリンチャレンジカップ2018
37.2019年1月9日アラブ首長国連邦の旗ドバイアルナヒヤーン・スタジアムトルクメニスタンの旗 トルクメニスタン○3-2森保一AFCアジアカップ2019
38.2019年1月17日アラブ首長国連邦の旗アル・アインハリファインターナショナルスタジアムウズベキスタンの旗 ウズベキスタン○2-1森保一AFCアジアカップ2019

ゴール

#開催年月日開催地対戦国勝敗試合概要
1.2012年2月24日日本大阪アイスランドの旗 アイスランド○3-1キリンチャレンジカップ2012
2.2015年6月11日日本、横浜イラクの旗 イラク○4-0キリンチャレンジカップ2015
3.2017年11月10日フランスリールブラジルの旗 ブラジル●1-3国際親善試合
4.2018年3月27日ベルギーリエージュウクライナの旗 ウクライナ●1-2キリンチャレンジカップ2018 in EUROPE

関連出演

テレビアニメ

2014年

ラジオ

  • 槙野智章のユメシャベルラジオNIKKEI、2021年10月5日 - 2022年3月29日)
  • 浦和レッズ槙野智章 マキスタ〜頑張る時はいつも今!(NACK5、2021年12月)
  • GOGO!ヴィッセル神戸(ラジオ関西、2022年4月4日 -)※毎月第1週目に出演
  • キャリアシェアサービス shabell presents 槙野智章の夢しゃべるっ!(Kiss FM KOBE、2022年4月7日 -)

CM

  • AS進学セミナー(2010、広島限定)
  • 「守ろうよ広島」広島県消費生活相談窓口周知キャンペーン(2010-2011、広島限定)
  • SIXPAD(2016年 - )
  • クオリティファースト(QUALITY 1st) オールインワンシートマスク(2017年)
  • DAZN(2018年)
  • 明治安田生命「Jリーグ2018シーズン」篇(2018年2月24日 - 3月11日)
  • アルペン スポーツデポ 試着フェス『休日コーデに』篇(2018年4月)

著書

脚注

注釈

[脚注の使い方]
  1. ^ 兄の一人は2011年時点富士ゼロックス広島SCに所属するGK・DF登録の選手。2003年・2004年の全広島サッカー選手権大会決勝でチームとして対戦が実現、兄は2試合ともGKとして試合に出場したが弟は出場していない。
  2. ^ 代理人を通じサンフレッチェ広島にも打診をしたが、獲得オファーは無かった[10][11]
  3. ^ 「得点王を狙います」(入団会見のコメント)、「シーズン10得点が目標」(2008年の個人目標を聞かれた際のコメント)といったコメントをしばしば発し、目標の選手には田中マルクス闘莉王を挙げるなど。

出典

  1. ^ “[http://number.bunshun.jp/articles/amp/843187?page=1 槙野智章にとっての「運命の一発」。 宇賀神の祝福と「浦和の漢」の歌詞。]”. Number (2020年4月16日). 2020年4月18日閲覧。
  2. ^ サッカー日本代表槙野智章、世界の舞台へ 小柄な点取り屋”. 47NEWS(中国新聞) (2018年6月2日). 2018年6月21日閲覧。
  3. ^ 河上清、澤田優子『サッカースターの少年時代 プロになった16人の成長物語』株式会社学研マーケティング、2013年、82ページ、ISBN 978-4-05-800104-2
  4. ^ a b c d 紫熊倶楽部2006年2月号
  5. ^ a b 中国新聞 (2006年2月9日). “2006新戦力 DF槙野智章 U-19随一の守備力”. 2010年1月23日閲覧。
  6. ^ a b c d サンフレッチェ広島公式 (2008年12月25日). “言葉の力 DF 5 槙野智章”. 2010年1月23日閲覧。
  7. ^ 槙野智章選手、1.FCケルンへの完全移籍合意のお知らせ サンフレッチェ広島公式サイト サンフレNews2010/12/30
  8. ^ 槙野智章 コリサカ
  9. ^ 槙野智章選手、加入内定のお知らせ”. 浦和レッズ (2012年1月11日). 2012年1月11日閲覧。
  10. ^ 槙野智章 (2012年3月13日). 浦和レッズ・槙野智章「広島サポーターからすれば『クソ食らえ』でしょう」. インタビュアー:吉崎エイジーニョ. 週プレNEWS(集英社).. http://wpb.shueisha.co.jp/2012/03/13/10227/ 2011年11月24日閲覧。 
  11. ^ 田邊伸明 (2013年5月14日). “なぜ槙野智章は広島に戻らなかったのか? 代理人が語る移籍市場の見方”. フットボールチャンネル (カンゼン): p. 2. http://www.footballchannel.jp/2013/05/14/post4511/2/ 2016年11月24日閲覧。 
  12. ^ 槙野智章 完全移籍加入のお知らせ”. 浦和レッズ (2012年12月4日). 2012年12月4日閲覧。
  13. ^ 浦和槙野に年俸5億円 サウジ強豪が破格の評価 日刊スポーツ 2015年9月8日
  14. ^ 埼スタの悲劇…浦和、槙野の痛恨決勝PK献上で10年ぶりVスルリ”. サンケイスポーツ (2016年12月4日). 2016年12月17日閲覧。
  15. ^ 槙野 来季も浦和残留へ!広州恒大からの破格オファーに断り スポニチ 2016年12月8日
  16. ^ 浦和DF槙野、史上100人目のJ1通算300試合出場達成「これからも全力で」”. サッカーキング. 2021年1月22日閲覧。
  17. ^ 浦和DF槙野がアジア年間MVP候補入り! 若手MVPは“リーガ日韓対決”…AFCが各賞のノミネート選手を発表 ゲキサカ 2019年11月16日
  18. ^ 槙野 来季も浦和残留!興梠、武藤に続き決定的、来季加入10年目の「クラブの顔」 スポニチ 2020年12月25日
  19. ^ 槙野智章 浦和退団は「まさか自分が。毎日泣いています」/一問一答2”. 日刊スポーツ (2021年11月17日). 2021年11月17日閲覧。
  20. ^ 今季限り退団の浦和槙野が土壇場V弾「お祭り男。全部持っていった」天皇杯”. 日刊スポーツ (2021年12月19日). 2021年12月19日閲覧。
  21. ^ 神戸が浦和DF槙野智章の獲得発表「新しい挑戦が出来る事にワクワク」”. 日刊スポーツ (2021年12月24日). 2021年12月24日閲覧。
  22. ^ J1通算400試合節目出場の新戦力DF槙野ら先発も…名古屋に完敗の神戸「選手の組み合わせも考えていく」”. ゲキサカ (2022年2月19日). 2022年2月19日閲覧。
  23. ^ J'sGOALフォトニュース、2007年6月29日付
  24. ^ J'sGOALフォトニュース、2009年5月26日付
  25. ^ J'sGOALフォトニュース、2010年1月7日
  26. ^ 槙野、ブラジルから意地の11年ぶりゴール…ハリル監督「後半勝った」 スポーツ報知 2017年11月11日
  27. ^ 「え? 槙野、、、なんで、、、 」 浦和の同僚もスタメン落ちに驚き隠せず football-zone 2018年6月19日
  28. ^ 金髪スタイル話題の長友佑都を支えた槙野智章の名アシスト 女性自身 2018年7月3日
  29. ^ W杯初出場を飾った槙野智章…ポーランド戦は「忘れられない一戦」 サッカーキング 2018年6月29日
  30. ^ サンフレッチェ・ラジオ・サポーターズクラブ “GOA〜L” (2006年1月31日). “ゲストギャラリー1月31日放送 サンフレッチェ広島ユース 森山佳郎監督”. 2010年1月23日閲覧。
  31. ^ “槙野智章はなぜ友達が多い?実は、あの先輩の"助言“があった”. Qoly. (2017年11月23日). http://qoly.jp/2017/11/23/tomoaki-makino-on-his-personality-kwm-1 2018年5月11日閲覧。 
  32. ^ 『週刊サッカーダイジェストNo.1181(2012/7/31号) 槙野智章「DFWの原点」塚越始』p.43
  33. ^ 槙野ホリプロ契約「親しみやすいスター」- 2011年3月25日閲覧
  34. ^ “J1浦和・槙野智章と女優・高梨臨が結婚発表 槙野「幸せだと感じています」”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2018年1月20日). http://www.daily.co.jp/gossip/2018/01/20/0010913616.shtml 2018年1月20日閲覧。 
  35. ^ “高梨臨&槙野が入籍 都内の区役所に婚姻届を提出”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2018年2月10日). http://www.daily.co.jp/gossip/2018/02/10/0010972907.shtml 2018年2月10日閲覧。 
  36. ^ 「昨夜、コンビニで…」 村上主審、槙野智章へ最後のイエローカード&粋なサプライズの舞台裏告白「公式記録に載せないで」” (日本語). Football ZONE web. 2021年12月5日閲覧。
  37. ^ 小森純が第3子妊娠を発表 今秋出産予定 今井諒と抱き合う写真で喜び表現”. デイリースポーツ online (2022年5月13日). 2022年5月13日閲覧。
  38. ^ 広島寿人のトリックPK反則だった! 日刊スポーツ 2010年3月10日付、2010年12月15日閲覧
  39. ^ 槙野パフォーマンス制され欲求不満 日刊スポーツ 2010年11月1日付、2010年12月15日閲覧
  40. ^ 【2010Jリーグアウォーズ】フェアプレー個人賞/槙野智章選手(広島)コメント J's GOAL 2010年12月6日付、2010年12月15日閲覧
  41. ^ 途中出場の槙野が日本の被災地にメッセージ「被災者のみんなへ、ガンバレ!!」 サッカーキング 2011年3月12日、同日閲覧

関連項目

外部リンク

鋭い刀さばき披露


 

Back to Top
Close