ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

💼|「子連れOK 普段着OK」 宇都宮でママ向け就職ガイダンス


写真 

「子連れOK 普段着OK」 宇都宮でママ向け就職ガイダンス

 
内容をざっくり書くと
ビジュアルによりますと、多くの企業で労働力の確保が課題となる中、女性を積極的に採用したい企業は年々増えてきているということです。
 

子育て中の母親向けに女性が働きやすい企業を集めた就職ガイダンスが24日、宇都宮市内で開かれました。 … →このまま続きを読む

 とちぎテレビ

2019年4月に開局20周年を迎えた栃木の県域テレビ局「とちぎテレビ」。栃木県内の最新ニュースをお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

    積極的

    労働力

    労働力(ろうどうりょく)とは、サービスという生産物を作るために投入される人間の能力。肉体的なもののみならず、知的なものも含む。

    日本語においては、以下二つの異なる外来語が労働力と訳されるため、区別が必要である。

    また労働参加率(labor force participation rate, LFPR もしくは economic activity rate, EAR)とは、人口におけるLabor forceの割合を指す。

    マルクス経済学における労働力

    マルクス経済学においては、労働力(Labor power)は人間の労働能力の要素の総和、生産力の主体を指す。労働力によって生み出される行為を労働と呼び、マルクス経済学において両者は厳密に区別される。

    資本主義社会では、労働力は商品となり、資本家によって市場で売買されるものとなる。労働者は資本家に労働力を売って賃金を受け取る。労働時間(労働力が生み出す価値)が労働力の価値より大きい場合、剰余価値が発生し、資本家は搾取した剰余価値を資本として蓄積する。

    労働力も他の商品と同様に価値と使用価値がある。労働力の使用価値は新たな価値の創造であり、価値は労働力の維持・再生産に必要な生活手段の価値である。ただし、労働力は人間と切り離せないところに他の商品との違いがある。

    関連項目

    外部リンク


     

    Back to Top
    Close