ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

🏥|高度医療人材育成プログラム、熊本大学など3校にS評価


写真 

高度医療人材育成プログラム、熊本大学など3校にS評価

 
内容をざっくり書くと
このうち、2018年度から実施している精神関連領域、医療チームによる災害支援領域が中間年度を迎えたことから、中間評価することになったもので、国立長寿医療研究センターの大島伸一名誉総長、日本大学文理学部の津川律子教授ら学識経験者がこれまでの取り組み内容を審査した。
 

文部科学省は課題解決型高度医療人材養成プログラムに選定した国立7大学の事業内容を中間評価し、熊本大学… →このまま続きを読む

 大学ジャーナルオンライン

日本の大学・教育関連専門のニュースサイトです。研究成果や産学連携の取組みなど大学に関わるニュースや、各大学キーマンへのインタビュー、学生募集状況やブランド力などについての専門家によるコラムを発信しています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

国立長寿医療研究センター

国立研究開発法人国立長寿医療研究センター(こくりつちょうじゅいりょうけんきゅうセンター)は、日本厚生労働省所管の国立研究開発法人国立高度専門医療研究センター)である。愛知県大府市に設置されている。2004年3月1日に、長寿医療を扱う6番目のナショナルセンターとして、旧国立療養所中部病院の地に国立長寿医療センターとして設立された。2010年に独立行政法人に移行した。

高度専門医療に関する研究等を行う独立行政法人に関する法律第3条第6項により、加齢に伴う疾患の調査、研究、技術の開発、医療の提供、技術者の研修などを行うことを目的とする。

愛知県の認知症対策「あいちオレンジタウン構想」に位置づけられる[1]など、地元自治体とも連携している。

沿革

  • 1966年 - 旧国立愛知療養所と旧国立療養所大府荘を統合、国立療養所中部病院として発足。
  • 2004年3月1日 - 国立長寿医療センターとして発足。
  • 2010年
    • 4月1日 - 独立行政法人に移行し、国立長寿医療研究センターとなる。
    • 9月 - 愛知県初の認知症疾患医療センター(もの忘れセンター)を開設[2]
  • 2012年7月29日 - 国立長寿医療研究センター「健康増進・老年病予防センター」をリソラ大府ショッピングテラス内に開設[3]
  • 2015年4月1日 - 国立研究開発法人へ移行し、国立研究開発法人国立長寿医療研究センターに改称。
  • 2018年2月14日 - ロコモフレイルセンターや感覚器センターが入る新外来棟をオープン[4]

組織

病院

  • 外来診療部
  • 先端医療部
  • 機能回復診療部
  • 包括診療部
  • 手術・集中医療部
  • 放射線診療部
  • 臨床検査部
  • 栄養管理部
  • 臨床情報・リスクマネージメント
  • 治験管理室
  • 薬剤部
  • 看護部

研究所

  • 老化機構研究部
  • 老化制御研究部
  • 長寿脳科学研究部
  • アルツハイマー病研究部
  • 血管性認知症研究部
  • 運動器疾患研究部
  • 再生再建医学研究部
  • 疫学研究部
  • 老年病研究部
  • 口腔疾患研究部
  • 生活機能賦活研究部
  • 長寿医療工学研究部
  • 長寿政策・在宅医療研究部
  • 加齢動物育成室
  • 実験動物管理室
  • ラジオアイソトープ管理室
  • 遺伝子蛋白質解析室
  • 研究資源有効利用室

交通アクセス

脚注

[脚注の使い方]

外部リンク

2018年度


 

Back to Top
Close