ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

🏥|男性不妊治療の精子評価にAI支援システム 横浜国立大学、横浜市立大学が開発


写真 

男性不妊治療の精子評価にAI支援システム 横浜国立大学、横浜市立大学が開発

 
内容をざっくり書くと
男性不妊の中で精子数の少ない患者に行う治療法に顕微授精があるが、この方法は限られた短い時間の間に有望な精子を見つけ出す高い細胞識別能力が要求され、胚培養士の負担が大きくなっている。
 

横浜国立大学工学研究院の濱上知樹教授、横浜市立大学付属市民総合医療センターの湯村寧准教授らの研究グル… →このまま続きを読む

 大学ジャーナルオンライン

日本の大学・教育関連専門のニュースサイトです。研究成果や産学連携の取組みなど大学に関わるニュースや、各大学キーマンへのインタビュー、学生募集状況やブランド力などについての専門家によるコラムを発信しています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

高い細胞識別能力

顕微授精

顕微授精(けんびじゅせい)とは、体外受精の1種で(体外受精から独立していると言う考えもある)精子を直接卵子に注入する方法である。

工程

排卵誘発

  • 点鼻薬・注射等により、卵子の成熟を増進させ1ヶ月に数個(自然周期で1個)の卵子を体内で作らせる。これは、卵子が多い方が妊娠率が高いためであり、月経3日目から服用する。

採卵

  • 排卵誘発剤を服用し、36時間後に採卵する。痛みを伴うため麻酔を用い、と針で行う。10分程度かかり、培養液にかける。

精子採取

  • 男性の精子を採取し、遠心分離機にかけると、下に質の良い精子が集まるのでそれを使う。しかし患者などの場合は、これらの方法を用いない。

顕微授精

  • 卵子の周りは顆粒膜細胞で覆われているためヒアルロニターゼで除去する。
  • ガラス管を使い精子を卵子に注入する。
  • 18時間後に受精が確認できた場合、培養液にかけしばらくしてから、母親の子宮に着床させる。


参考文献

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close