ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

🏥|なぜ紫外線は年々強烈になるのか、どんなリスクが潜んでいるのか?


写真 (日刊ゲンダイ)

なぜ紫外線は年々強烈になるのか、どんなリスクが潜んでいるのか?

 
内容をざっくり書くと
発生学的に脳と関係が深い皮膚や目に直接紫外線を浴びると、脳内で分泌される神経伝達物資であるアセチルコリンやアドレナリン、脳内麻薬といわれるドーパミン、エンドルフィン、オキシトシンなどの分泌量が変化します。
 

【盛夏に気をつけたい紫外線を徹底攻略】#1 このところ熱中症ばかりが注目されているが、強烈な紫外線に… →このまま続きを読む

 日刊ゲンダイ ヘルスケア

夕刊紙「日刊ゲンダイ」の医療健康記事をお届けします。日常生活での健康法から最新の医療事情まで、すべての記事が医師や専門家への取材に基づいています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

脳内麻薬

脳内麻薬(のうないまやく)とは、モルヒネなどの麻薬と似た作用を示す物質で、内に自然状態で分布しているものを指す。脳内モルヒネ[1][2]脳内麻薬様物質とも呼ばれ、これまでに約20種類の物質が見つかっており、β-エンドルフィン[3][4]ドーパミン[5]などが代表的とされる。

また、鎮痛剤として使われるモルヒネを代表とするオピオイド製剤とも密接に関係しており[3]、肉体的苦痛に際して脳内で生成されるβ-エンドルフィンの鎮痛効果はモルヒネの6.5倍と言われており、また脳内麻薬の呼称は多幸感をもたらすことから来ている[3]

脳内麻薬の例

脚注

  1. ^ 特集 痛みとストレス III.ストレスと内因性オピオイド、上智大学理工学振興会会報『ソフィア サイテック』No.9、1998年4月。
  2. ^ 中高生の1割が「自傷経験有」という日本の実情、東洋経済ON LINE、2019年9月17日。
  3. ^ a b c 星薬科大学 他 (2013年). “基礎から学ぶ麻酔科学ノート 疼痛下のモルヒネ依存・耐性不形成機構 (PDF)”. 丸石製薬(季刊誌). 2014年6月1日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ β-エンドルフィン”. e-ヘルスネット 情報提供. 厚生労働省. 2021年6月13日閲覧。
  5. ^ 中野信子 (2014年1月30日). 脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体. 幻冬舎. ISBN 978-4344983359 

関連項目

神経伝達物資


 

Back to Top
Close