ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

🏥|新しい医療の未来を動画・ゲーム・クイズなどで紹介 神戸医療産業都市、オンラインイベント開催


写真 

新しい医療の未来を動画・ゲーム・クイズなどで紹介 神戸医療産業都市、オンラインイベント開催

 
内容をざっくり書くと
そして、神戸医療産業都市は新型コロナウイルスへの対応でも力を発揮。
 

神戸医療産業都市の世界最先端の科学と医療に触れることができるオンラインイベント「神戸医療産業都市 一… →このまま続きを読む

 ラジオ関西

ラジオ関西および地元・兵庫県のトピックスを配信。
ラジオ番組、パーソナリティー、ゲスト出演者の様子や、ラジオ関西および地元・兵庫県のイベント、ニュース、スポーツ、様々なトピックスを配信しています。エンタメ、スポーツ、地域情報をお探しのキュレーター様におすすめです。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

新型コロナウイルス

新型コロナウイルス(しんがたコロナウイルス、英語: Novel coronavirus, nCoV)とは、コロナウイルス科オルトコロナウイルス亜科に属するウイルスのうち、医学上、公衆衛生上重要なものについて名付けられる暫定的名称である[1][2][3][4]

特にヒトコロナウイルスにおいて多用される。(ヒト)コロナウイルスは人類に対する風土病と考えられており、風邪(普通感冒)様症状を引き起こすが、英語版により、しばしば肺炎を伴う重篤な感染症として流行する[1][2][3][4]

ウイルスの種類

以下のウイルスは正式名称が命名されるより以前に新型コロナウイルスとして位置づけられていたものである。

ヒトに病原性を持つ新型コロナウイルスの種類
正式名称他の呼称感受性宿主[† 1]初発見場所(発見年)感染症
SARSコロナウイルス2 (SARS-CoV-2)[† 2][5][6]2019-nCoV

SARSウイルス2 (SARS virus 2)

ヒトコロナウイルス2019 (HCoV-19)

コウモリ鱗甲目中国武漢(2019年)新型コロナウイルス感染症 (2019年) (COVID-19)[† 3][4][7]
MERSコロナウイルス (MERS-CoV)[† 4]中東ウイルス

MERSウイルス

ラクダインフルエンザウイルス

ラクダ、コウモリサウジアラビアジッダ(2012年)中東呼吸器症候群 (MERS)[8][9]
ヒトコロナウイルスHKU1 (HCoV-HKU1)ニューヘブンウイルス[注釈 1]ネズミ香港 (2005年)軽度の気道感染症、まれに重篤な肺炎症状
SARSコロナウイルス (SARS-CoV, SARS-CoV-1)[† 2]SARSウイルスハクビシン、コウモリ中国仏山(2002年)重症急性呼吸器症候群 (SARS)[9]
  1. ^ 英語版が継代しない場合がある。
  2. ^ a b このウイルスは別種ではなく、SARS関連コロナウイルスの株の一つと考えられている。
  3. ^ 同義語には2019コロナウイルス肺炎、武漢肺炎症候群などがある。
  4. ^ 英語版英語版の株を含む。

以上の4ウイルスはいずれもベータコロナウイルス属(Betacoronavirus)に属する。

語源

新型コロナウイルスの「新型」には、既知のウイルス科分類に属する新しい病原体という意味がある。すなわち、新型コロナウイルスは、コロナウイルス科(またはその下位分類)に属する新しい病原体という意味である。全く未知の新しい病原体という意図はない。「新型○○」という単語の使用は、2015年にWHOが決めた新しい感染症命名スキームに準拠している[10][11][12]

歴史的に病原体は場所・個人・特定の種にちなんで名付けられる慣行が多くあったが、その慣行は現在WHOによって支持されていない[10][11][12]

ウイルスと病気の恒久的な正式名称は、それぞれICTVWHO国際疾病分類 (ICD)によって決定される。

詳説

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ ヒトコロナウイルスNL63 (HCoV-NL63)の一部の株をニューヘブンコロナウイルス (HCoV-NH)と呼ぶため、混同に注意。
  2. ^ 報道機関によるSARSコロナウイルスに対する「新型コロナウイルス」という呼称の使用例[15][16][17][18]
  3. ^ 報道機関によるMERSコロナウイルスに対する「新型コロナウイルス」という呼称の使用例[20][21][22][23][24][25][26][27][28]

出典

  1. ^ a b Murray and Nadel (2010). Chapter 31.
  2. ^ a b Cunha (2010). pp. 6–18.
  3. ^ a b Melmed (2011). p. 636
  4. ^ a b c The 2019–2020 Novel Coronavirus (Severe Acute Respiratory Syndrome Coronavirus 2) Pandemic: A Joint American College of Academic International Medicine‑World Academic Council of Emergency Medicine Multidisciplinary COVID‑19 Working Group Consensus Paper”. ResearchGate. 2020年5月16日閲覧。
  5. ^ The 2019–2020 Novel Coronavirus (Severe Acute Respiratory Syndrome Coronavirus 2) Pandemic: A Joint American College of Academic International Medicine‑World Academic Council of Emergency Medicine Multidisciplinary COVID‑19 Working Group Consensus Paper”. ResearchGate. 2020年5月16日閲覧。
  6. ^ “Coronavirus disease named Covid-19”. BBC News. https://www.bbc.com/news/world-asia-china-51466362 .
  7. ^ According to ICD-10 the disease is referred to as "2019-new coronavirus acute respiratory disease [temporary name]". It is not listed in ICD-11.
  8. ^ a b Synonyms include 2019 coronavirus pneumonia and Wuhan respiratory syndrome
  9. ^ a b 新型コロナウイルスとは?”. 上越地域医療センター病院. 2021年5月21日閲覧。
  10. ^ a b Ghosh R, Das S. A Brief Review of the Novel Coronavirus (2019-Ncov) Outbreak. Global Journal for Research Analysis. 2020; 9 (2).
  11. ^ a b World Health Organization Best Practices for the Naming of New Human Infectious Diseases. World Health Organization. May 2015.
  12. ^ a b Budhwani, Henna; Sun, Ruoyan (2020). “Creating COVID-19 Stigma by Referencing the Novel Coronavirus as the "Chinese virus" on Twitter: Quantitative Analysis of Social Media Data” (英語). Journal of Medical Internet Research 22 (5): e19301. doi:10.2196/19301. https://www.jmir.org/2020/5/e19301/. 
  13. ^ Host jump capability may not persist
  14. ^ 『衛研ニュース』No.128山形県衛生研究所、2003年6月10日発行、1頁。
  15. ^ 「SARSウイルス 1時間弱で検出 栄研化学 長崎大と試薬開発へ」『日経産業新聞』2003年6月20日付、9頁。「SARSを引き起こす新型コロナウイルスの遺伝子を特定できる試薬と患者の血液などの検体を反応させると、(以下略)」
  16. ^ 「社説 SARS根絶へ研究に力を」『日本経済新聞』2003年6月29日付朝刊、2頁。「こうした第二次SARS禍を事前に回避し、SARSそのものを根絶するために、新型コロナウイルスの発生源の特定と、(以下略)」
  17. ^ 「Memories of Eighteen 1996-2014 国内外のニュース」『朝日新聞』2015年2月12日付朝刊、6頁(名古屋本社版)。2003年のトピックスに「この年、新型コロナウイルスによる重症急性呼吸器症候群 (SARS)が世界各地で流行」とある。
  18. ^ 「新型肺炎ウイルス治療法開発へ ゲノム解読完了で」『読売新聞』2003年6月4日付大阪朝刊、28頁。「中国本土、台湾を中心に猛威を振るう新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)は病原体のSARSウイルス(新型コロナウイルス)のゲノム(全遺伝情報)解読が完了し、(以下略)」
  19. ^ a b 水谷哲也,「新種のコロナウイルス」『ウイルス』 63巻 1号,p.1-6, 2013年, 日本ウイルス学会, doi:10.2222/jsv.63.1
  20. ^ 仏で新型コロナウイルス感染者 拡大の懸念強まる(13/05/11) - YouTubeANNニュース
  21. ^ 新型ウイルス、サウジアラビアの医療従事者感染日本経済新聞、2013年5月16日。
  22. ^ 新型コロナウイルス感染者、サウジで31人に 世界では40人感染 20人死亡AFPBB News、2013年5月18日。
  23. ^ 「新型コロナウイルス『MERS』 欧州にも感染広がる WHO 世界的流行を警戒」『日本経済新聞』2013年5月29日付朝刊、2頁。「新型コロナウイルス」の表現は見出しのみで、本文では「新型ウイルス」「中東呼吸器症候群(MERS=マーズ)コロナウイルス」と表記している。
  24. ^ 「風邪ウイルスの仲間、MERS、世界が警戒──予防は手洗いやマスク(元気ナビ)」『日本経済新聞』2013年6月28日付夕刊、7頁。本文に「新型コロナウイルス『中東呼吸器症候群(MERS=マーズ)』」という表現がみられる。
  25. ^ 「『新型コロナ』警戒強化 感染6か国・死者20人 サウジ 2位両者発症」『読売新聞』2013年5月16日付夕刊、1頁。「世界保健機関(WHO)は15日、新型コロナウイルスに関して、(以下略)」。
  26. ^ 「新型コロナウイルス 『SARSの再来』警戒」『読売新聞』2013年5月22日付朝刊、11頁。「新型コロナウイルスの感染が中東、欧州で広がっている。(以下略)」
  27. ^ 「新型コロナ 検査強化 厚労省 世界で感染急増受け」『読売新聞』2014年5月26日付夕刊、1頁。「中東を中心に感染が広がる新型コロナウイルス「マーズ(MERS)コロナウイルス」の患者数が(以下略)」
  28. ^ 「新型コロナウイルス 中東で流行 国内も警戒を」『読売新聞』2014年6月26日付朝刊、13頁。「中東を中心に感染が広がる新型コロナウイルス「マーズ(MERS)コロナウイルス」の患者の報告が(以下略)」
  29. ^ Middle East Respiratory Syndrome Coronavirus (MERS-CoV); Announcement of the Coronavirus Study Group Journal of Virology, Published ahead of print 15 May 2013, doi: 10.1128/JVI.01244-13
  30. ^ Naming of the Novel Coronavirus WHO, 28 May 2013
  31. ^ アングル:終息遠いMERS、ワクチンはなぜないか、ロイター、2015年6月16日。
  32. ^ 「緊急事態に該当せず 韓国MERS『渡航規制は不要』 WHO」『日本経済新聞』2015年6月18日付朝刊、6頁。「MERSは2012年に確認された新型コロナウイルスが引き起こす呼吸器系の病気で、(以下略)」。
  33. ^ 「今こそ知りたい! 感染症の予防と治療 弘前大学企画連載 (46) MERS騒動の教訓」『朝日新聞』2018年1月26日付朝刊(青森全県版)、20頁。

関連項目

神戸医療産業都市

ポートアイランド > 神戸医療産業都市

神戸医療産業都市(こうべいりょうさんぎょうとし、KBIC : KOBE Biomedical Innovation Cluster)は、神戸市ポートアイランドを中心とした先端医療技術の国際的な研究開発拠点。研究機関病院・医療関連企業などが集積する、日本最大のバイオメディカルクラスター(BMC、生命工学医療都市)である。

概要

1995年平成7年)に発生した阪神・淡路大震災で大きな被害を受けた神戸を立て直すため、1998年(平成10年)に「神戸医療産業都市構想」として推進母体が発足。市民福祉の向上や神戸経済の活性化、国際社会への貢献を目的にスタートした。産学官連携により、21世紀の成長産業である医療関連産業を集積し、基礎研究から臨床応用、産業化までの一体的な仕組みづくりを図る。2001年には国から都市再生プロジェクトに、2002年には知的クラスター創成事業に選定、2003年には構造改革特別区域である先端医療産業特区に認定されている。2006年(平成18年)の神戸空港開港に伴い企業集積がさらに加速し、2016年(平成28年)4月末時点で市予測を上回る316社[1]、同年7月末時点で322社の医療関連企業・団体が進出し、国内最大の医療産業クラスターとして成長している。

神戸新交通ポートアイランド線(ポートライナー)の医療センター駅計算科学センター駅[2]を中心に施設が点在し、再生医療細胞培養バイオメディカルトランスレーショナルリサーチ、医薬品の開発及び臨床研究、医療・健康機器開発、医療ファンドによる企業化研究、医療関連の人材育成、生命倫理の研究など、先端医療に関して様々な研究や取り組みが行われている。周辺には「神戸コンベンションコンプレックス」や「神戸ファッションタウン」が位置し、イベントシンポジウムの開催や、医療ウェアの共同開発[3]など多様に連携がとられている。また、神戸複合産業団地からも近く国際物流の拠点となる神戸港直近に位置することや、ポートライナーで神戸中心部の三宮から12分、神戸空港から4分でアクセスできる「日本一都心・空港に近い」立地の良さが注目されている。

ポートアイランド内には、厚生労働省が発表する「全国救命救急センター評価」において2年連続で第1位[4]となった「神戸市立医療センター中央市民病院」や、世界初のiPS細胞を用いる網膜細胞シートの移植手術[5][6]を行った「先端医療センター病院」など日本最先端の医療技術を提供する施設が多く立地し、その医療技術を活用すべく多くの製造工場や研究開発施設が進出する。2007年(平成19年)には神戸学院大学兵庫医療大学などの医療系学部を持つ大学が開設され始め、「大学都市KOBE」の一端を担う学園都市としての成長も著しい。また、理化学研究所が主体となり国家プロジェクトとして文部科学省が推進する世界最速の次世代スーパーコンピュータの建設地に決定し、2012年(平成24年)にスーパーコンピュータ「」が完成、供用を開始した。2014年(平成26年)には「京」よりさらに100倍高速なエクサスケールスーパーコンピュータの建設地にも決定、シミュレーション分野でも多くの活用が期待されている。

主な施設

「メディカル・クラスター」「バイオ・クラスター」「シミュレーション・クラスター」の3つから形成される。

メディカル・クラスター

高度専門医療機関が集積・連携し、市民への高度な医療サービスの提供や事業者等の新たな事業機会の創出、国際貢献を行う。医療センター駅周辺のほか、南公園駅周辺にも広がっている。

バイオ・クラスター

再生医療の実用化や超高齢化に対応する先制医療に取り組み、基礎研究から臨床への橋渡しを担っている。医療センター駅周辺に集積する。

  • 理化学研究所
    • 多細胞システム形成研究センター (CDB)
    • ライフサイエンス技術基盤研究センター (CLST)
    • 分子イメージング科学研究センター (CMIS)
    • 融合連携イノベーション推進棟 (IIB)
  • 神戸医療産業都市推進機構(旧・先端医療振興財団)
    • 先端医療研究センター (IBRI)
  • 日本麻酔科学会本部
  • 神戸大学先端融合研究環 統合研究拠点
    • 計算科学教育センター
    • アネックス棟
  • 神戸大学大学院
    • 神戸バイオテクノロジー研究・人材育成センター (BTセンター)
    • 神戸大学インキュベーションセンター
  • 甲南大学 先端生命工学研究所 (FIBER)

シミュレーション・クラスター

計算科学分野の研究機関、企業等が集積し、世界最先端のシミュレーション技術を創出する。計算科学センター駅周辺のほか佐用郡佐用町にも集積する。

レンタルラボ・インキュベーション施設

再生医療の実用化や創薬ベンチャーなどの研究開発企業の進出ニーズを満たすために構想開始以来より設置を推進。ポートアイランド内に広く点在し、さらなる整備が進められている。

  • 神戸バイオメディカル創造センター (BMA)
  • 神戸国際ビジネスセンター (KIBC)
  • 神戸健康産業開発センター (HI-DEC)
  • 神戸医療機器開発センター (MEDDEC)
  • 神戸臨床研究情報センター (TRI)
  • 神戸ハイブリッドビジネスセンター (KHBC)
  • 国際医療開発センター (IMDA)
  • 神戸キメックセンタービル (KIMEC)
  • ポートアイランドビル
  • 神戸インベキューションオフィス (KIO)
  • 市民病院前ビル
  • 神戸医療イノベーションセンター (KCMI)

アカデミックゾーン

医療技術や計算科学技術機関と連携し、高度な研究が行われている。計算科学センター駅周辺のほか、みなとじま駅周辺のキャンパスエリアにも多く集積する。

このほか、医療関係企業の本社や製造工場など多くの施設が集積している。

交通

歴史

  • 1994年平成6年)
    • 6月:「神戸国際マルチメディア文化都市構想 (KIFMEC)」が策定される。
  • 1998年(平成10年)
    • 10月:「神戸医療産業都市構想懇談会」設置。
  • 1999年(平成11年)
    • 3月:KIFMEC構想を具体化する「神戸国際マルチメディア文化都市構想 (KIFMEC 2010計画)」が策定される[7]
    • 8月2日:第1回「神戸医療産業都市構想研究会」開催。
  • 2000年(平成12年)
    • 3月:財団法人先端医療振興財団(現・神戸医療産業都市推進機構)設立。
    • 7月:「先端医療センター(IBRI)」着工。
    • 10月:「先端医療センター(IBRI)」、中央市民病院6階に診療所を開設、治験事業開始。
  • 2001年(平成13年)
    • 4月:先端医療センター、医療機器棟を開設。
  • 2002年(平成14年)
  • 2003年(平成15年)
  • 2004年(平成16年)
    • 3月:「神戸バイオテクノロジー研究・人材育成センター(BTセンター)」「神戸大学インキュベーションセンター」開所。
    • 6月:「神戸バイオメディカル創造センター(BMA)」開所。
  • 2005年(平成17年)
    • ポートアイランド進出医療関連企業 79社。
  • 2006年(平成18年)
  • 2007年(平成19年)
  • 2010年(平成22年)
    • 6月:「神戸ハイブリッドビジネスセンター(KHBC)」着工。
    • 10月1日:計算科学研究機構設立式典の開催。
  • 2011年(平成23年)
  • 2012年(平成24年)
    • 9月28日:理科学研究所計算科学研究機構 次世代スーパーコンピュータ「」本格供用開始。
  • 2013年(平成25年)
    • 7月:世界初のiPS臨床研究実施決定。
  • 2014年(平成26年)
  • 2015年(平成27年)
    • 7月16日:ポートアイランド進出医療関連企業 300社達成[12]
    • 11月27日:「関西イノベーション国際戦略総合特区」認定[13]
  • 2016年(平成28年)
  • 2017年(平成29年)
    • 4月1日:「神戸医療イノベーションセンター(KCMI)」開設 [17]
    • 4月2日:「神戸大学医学部附属国際がん医療・研究センター」開院式[18]
    • 12月1日:「神戸市立神戸アイセンター」[19]、小児癌に重点を置いた「兵庫県立粒子線医療センター附属神戸陽子線センター」[20]開設。

脚注

[脚注の使い方]

出典

  1. ^ “昨年度316社進出 市予測上回る勢い 神戸のポーアイ /兵庫”. 毎日新聞 (毎日新聞). (2016年4月20日). http://mainichi.jp/articles/20160420/ddl/k28/020/459000c 2016年6月16日閲覧。 
  2. ^ 2021年6月19日に京コンピュータ前駅より駅名が変更された。出典;神戸新交通「神戸新交通ポートアイランド線の駅名変更」https://www.knt-liner.co.jp/news/5819/ 2021年6月19日閲覧。
  3. ^ “いいね!な医療ウエア ワールドが産学連携で開発”. 神戸新聞NEXT (神戸新聞). (2016年8月19日). http://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201608/0009402054.shtml 2016年8月22日閲覧。 
  4. ^ “精神科身体合併症病棟(MPU)の供用開始-中央市民病院・日本一の救命救急センターの充実強化について-” (プレスリリース), 神戸市, (2016年7月19日), http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2016/07/20160719136501.html 2016年8月20日閲覧。 
  5. ^ a b “iPSから網膜細胞 世界初の移植手術実施 神戸”. 神戸新聞NEXT (神戸新聞). (2014年9月12日). http://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201409/0007324118.shtml 2016年8月11日閲覧。 
  6. ^ a b “世界初iPS手術 再生医療大きな一歩  高橋氏「結果は大満足」”. 神戸新聞NEXT (神戸新聞). (2014年9月12日). http://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201409/0007325692.shtml 2016年8月11日閲覧。 
  7. ^ 神戸国際マルチメディア文化都市(KIMEC)構想”. 神戸市. 2016年6月16日閲覧。
  8. ^ “次世代スーパーコンピュータ施設の立地地点を神戸に決定” (PDF) (プレスリリース), 理化学研究所, (2007年3月28日), http://www.riken.jp/~/media/riken/pr/topics/2007/20070328_1/20070328_1.pdf 2016年6月28日閲覧。 
  9. ^ “神戸市立医療センター中央市民病院の移転・開院日の決定について” (プレスリリース), 神戸市, (2010年11月25日), http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2010/11/20101125130701.html 2016年6月16日閲覧。 
  10. ^ “ポスト「京」(エクサスケール・スーパーコンピュータ)の神戸設置決定について” (プレスリリース), 神戸市, (2014年3月28日), http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2014/03/20140328041602.html 2015年12月12日閲覧。 
  11. ^ 国家戦略特区について神戸市の取り組みを紹介します”. 神戸市. 2016年6月16日閲覧。
  12. ^ “神戸医療産業都市 進出企業節目の300社、経済効果1251億円”. 神戸新聞NEXT (神戸新聞). (2015年7月16日). http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201507/0008214745.shtml 2016年8月11日閲覧。 
  13. ^ “神戸医療産業都市 実験用施設の事業特区認定”. 神戸新聞NEXT (神戸新聞). (2015年12月4日). http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201512/0008619033.shtml 2016年8月11日閲覧。 
  14. ^ “理化学研究所 新設本部の「関西拠点」を神戸に”. 神戸新聞NEXT (神戸新聞). (2016年3月17日). http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201603/0008899144.shtml 2016年6月16日閲覧。 
  15. ^ “マクド・ハウス神戸開設へ 小児患者の家族を支援”. 神戸新聞NEXT (神戸新聞). (2016年2月29日). http://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201602/0008849017.shtml 2016年6月16日閲覧。 
  16. ^ G7神戸保健大臣会合厚生労働省ホームページ(2017年12月10日閲覧)
  17. ^ 神戸医療イノベーションセンター竣工式の開催―神戸医療産業都市における新たな中核施設の供用開始―神戸市ホームページ(2017年3月24日)2017年12月10日閲覧
  18. ^ 神戸大学医学部附属国際がん医療・研究センター開院式を開催しました神戸大学ホームページ(2017年4月12日)2017年12月10日閲覧
  19. ^ 神戸市立神戸アイセンター病院の開院及び院長の就任について神戸市ホームページ(2017年11月29日)2017年12月10日閲覧
  20. ^ 神戸陽子線センター公式サイト(2017年12月10日閲覧)

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close