ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

🏥|心の不調は病気やけがと同じ、告白する勇気を メンタルトレーニング指導士の田中ウルヴェ京さんに聞く


写真 田中ウルヴェ京さん(小曽根マネージメントプロ提供)

心の不調は病気やけがと同じ、告白する勇気を メンタルトレーニング指導士の田中ウルヴェ京さんに聞く

 
内容をざっくり書くと
世界メンタルヘルス・デー 1992年10月10日に世界精神保健連盟がメンタルヘルスについて支持を訴える活動として始めた。
 

近年はスポーツ界でも体の健康だけでなく「メンタルヘルス(心の健康)」に注目が高まっている。新型コロナ… →このまま続きを読む

 47NEWS


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

世界精神保健連盟

世界精神保健連盟(World Federation for Mental Health: WFMH)は、ボランティアや元患者のほか様々な専門家によって構成される国際的な非政府組織NGO)。国連(UN)や世界保健機構(WHO)と同じ1948年に設立された[1]。世界90か国以上から精神保健分野の専門家、精神保健サービスの利用者、家族、ボランティアなどが参加している[1]

目的

世界精神保健連盟(WFMH)は、以下を目的として活動している[2]

世界精神保健連盟(WFMH)は、メンタルヘルスの認識の向上、精神障害の予防、アドボカシー、そしてベストプラクティスの回復に焦点を当てた介入を世界中で促進することを使命としている。

国際機関との関係

世界精神保健連盟(WFMH)は、国連(UN)や世界保健機構(WHO)などの国際機関に対する精神保健分野の助言機関としての役割を担い、緊密な協力関係にある。精神科医であった世界保健機構(WHO)の初代局長であるG.ブロックチザムは、世界精神保健連盟(WFMH)の創設メンバーの一人であり、メンタルヘルスの問題について国連と協議できる代表的な組織を設立にすべく取り組んだ。

世界メンタルヘルスデーとの関係

世界精神保健連盟(WFMH)が、1992年にメンタルヘルス問題に関する世間の意識を高め、ネガティブなステレオタイプ化に反論し、人々に体験発表の場を与えることを目的として、10月10日を「世界メンタルヘルスデー」と定めた[3]。その後、国連機関の世界保健機構(WHO)も賛同し、正式に国際デーと認められた[4]

メンタルヘルス問題に関する世間の意識や関心を高め、偏見社会的スティグマを無くし、正しい知識を普及するため、グリーンのアウェアネス・リボンをシンボルに世界中で啓発活動を実施している。グリーンリボンは国際的なメンタルヘルスシンボルであり、ピンバッジなどを身につけることで地域社会への支援や連携を表す。

2020年の世界メンタルヘルスデーには、メンタルヘルスの活動家でもあるマレーシア国王の長女、イマン・アフザン・アル・スルタン・アブドラ王女殿下が国際サポーターに着任した[5]。2020年の世界メンタルヘルスデーでは、マレーシアの国王と王妃もグリーンリボンのピンバッジを着用した[6]

脚注

  1. ^ a b Home” (英語). World Federation for Mental Health. 2021年6月24日閲覧。
  2. ^ About us” (英語). World Federation for Mental Health. 2021年6月24日閲覧。
  3. ^ World Mental Health Day History” (英語). World Federation for Mental Health. 2021年6月24日閲覧。
  4. ^ World Mental Health Day”. WHO. 2020年6月24日閲覧。
  5. ^ Malaysia” (英語). World Federation for Mental Health (2020年9月21日). 2021年6月24日閲覧。
  6. ^ King, Queen wear green ribbon badge in support of World Mental Health Day” (英語). The Star. 2021年6月24日閲覧。

外部リンク

デー1992年10月10


 

Back to Top
Close