ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

🏥| 常温亜鉛めっきローバル、新型コロナウイルスに対する不活性化を発表 抗ウイルス効果としてSIA…


写真 

常温亜鉛めっきローバル、新型コロナウイルスに対する不活性化を発表 抗ウイルス効果としてSIA…

 
内容をざっくり書くと
さらにローバルは、「亜鉛めっき」を扱いやすい1液タイプの塗料で実現。
 

常温亜鉛めっきの塗料メーカー、ローバル株式会社(大阪市中央区、代表取締役:田中 孝篤、以下:ローバル… →このまま続きを読む

 @Press

アットプレスは、プレスリリース配信のパイオニア企業。
観光・グルメからエンタメ、ガジェットなど幅広いジャンルのニュースを扱っています。
テレビ、雑誌、Webメディアなどにプレスリリースを配信していてSNSにも強い@Pressだからこそお届けできる、どこよりも早い最新情報が満載!


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

1液タイプ

亜鉛めっき

亜鉛めっき(あえんめっき)は、めっき工法の1種である。主に鉄の表面に施し、鉄よりもイオン化傾向の大きな亜鉛が優先的に腐食することで、鉄の腐食を抑制する。

種類

電気亜鉛めっき

めっき液に鉄を浸漬して、電気を介して亜鉛をめっきする処理法のこと。めっき液は以下の3種が主に用いられる。

一般に各浴種ともめっき後、以下の化成処理(六価クロムを使用した場合のみクロメート処理)を施す。

  • 光沢クロメート処理(1種)-いわゆるユニクロ
  • 有色クロメート処理(2種)
  • 黒色クロメート処理
  • グリーンクロメート処理
  • 耐蝕型3価クロム化成処理
  • 外観型3価クロム化成処理
  • 黒色3価クロム化成処理

溶融亜鉛めっき

高温で溶かした亜鉛に鋼材を浸し、鋼材の表面に皮膜をつくる処理法のこと。溶かした亜鉛を入れる槽に鋼材をつけるさまから「ドブづけめっき」や「てんぷらめっき」と呼ばれる事がある。

環境汚染

  • 1970年通商産業省が抜き打ちでカドミウムを使用している事業所の排水調査を実施。当時は排水処理を行わない工場が多く、特に電気亜鉛めっきを扱う工場排水から高濃度のカドミウムが検出され問題となった[1]

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ カドミウム野放し状態 違反工場、半数越える 八割が排水処理もせず『朝日新聞』1970年(昭和45年)11月6日 12版 23面

関連項目


 

Back to Top
Close