ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

🏥|日常的身体活動と運動習慣がパーキンソン病の進行を長期的に抑制 京都大学


写真 

日常的身体活動と運動習慣がパーキンソン病の進行を長期的に抑制 京都大学

 
内容をざっくり書くと
1~2時間程度の中等度以上の運動習慣を週に1~2回程度継続することは、主に歩行・姿勢の安定性低下の進行抑制と有意な関連を認め、1日に2~3時間程度の労働に関連した活動を継続することは、主に処理速度低下の進行抑制と有意な関連を認め、家事に関連した活動を継続して行うことは、主に日常生活動作能力低下の進行抑制と有意な関連を認めたとしている。
 

日本でも15~20万人の患者がいるとされるパーキンソン病では、数々の症状を改善するための対症療法は存… →このまま続きを読む

 大学ジャーナルオンライン

日本の大学・教育関連専門のニュースサイトです。研究成果や産学連携の取組みなど大学に関わるニュースや、各大学キーマンへのインタビュー、学生募集状況やブランド力などについての専門家によるコラムを発信しています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

日常生活動作能力低下

2回程度継続


 

Back to Top
Close