ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

🏥|感染報告が相次ぐ「サル痘」は何が怖いのか? 動物ウイルス学者に聞いた


写真 サル痘ウイルス(CDC提供・共同)

感染報告が相次ぐ「サル痘」は何が怖いのか? 動物ウイルス学者に聞いた

 
内容をざっくり書くと
そのウイルス感染症がなぜいま、同時多発的に発見されるのか。
 

新型コロナウイルス感染症も収まらない中、新たなウイルス感染症の感染拡大への懸念が浮上している。その名… →このまま続きを読む

 日刊ゲンダイ ヘルスケア

夕刊紙「日刊ゲンダイ」の医療健康記事をお届けします。日常生活での健康法から最新の医療事情まで、すべての記事が医師や専門家への取材に基づいています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

ウイルス性疾患

ウイルス性疾患(ウイルスせいしっかん、: viral disease)またはウイルス感染症(ウイルスかんせんしょう、: viral infection)は、生物の体内に病原性ウイルスが侵入し、感染性ウイルス粒子(ビリオン)が感受性細胞に付着して侵入したときに発生する感染症である[1]

構造上の特徴

ゲノムの種類、ビリオンの形状、複製部位などの基本的な構造上の特徴は、一般的に、同じ科内のウイルス種間では同じ特徴を共有している[要出典]

  • 二本鎖DNAの科:
3つは非エンベロープ型(アデノウイルス科英語版ポリオーマウイルス科)、2つはエンベロープ型(ヘルペスウイルス科ポックスウイルス科)。非エンベロープ型のすべての科は、すべて正二十面体カプシドを持つ。
  • 部分的に二本鎖のDNAウイルス:
ヘパドナウイルス科。これらのウイルスはエンベロープ型である。
  • ヒトに感染する一本鎖DNAウイルスの科:
パルボウイルス科。これらのウイルスは非エンベロープ型である。
  • 一本鎖プラス鎖RNAウイルスの科:
非エンベロープ型が3種(アストロウイルス科カリシウイルス科ピコルナウイルス科)、エンベロープ型が4種(コロナウイルス科フラビウイルス科レトロウイルス科トガウイルス科)である。非エンベロープ型の科は、すべて正二十面体のヌクレオカプシドを持つ。
  • 一本鎖マイナスRNAウイルスの科:
アレナウイルス科ブニヤウイルス科フィロウイルス科オルトミクソウイルス科パラミクソウイルス科ラブドウイルス科。すべてのウイルスは、らせん状のヌクレオカプシドで覆われている。
  • 二本鎖RNAゲノムのウイルス:
レオウイルス科
まだ科に分類されておらず、ヒトに感染する他の科とは明らかに異なるものである。
  • ヒトに感染することが知られているウイルスで、病気との関連性がないもの:
英語版英語版。これらの分類群はいずれも非エンベロープ型の一本鎖DNAウイルスである。

実用的な規則

ヒトに感染するウイルス科には、医師や医療微生物学者ウイルス学者を助ける規則がある[要出典]

一般的に、DNAウイルスは細胞核内で複製し、RNAウイルスは細胞質内で複製する。この規則には例外が知られており、ポックスウイルスは細胞質内で複製し、オルソミクソウイルスとD型肝炎ウイルス(RNAウイルス)は核内で複製する[要出典]

ボルティモア分類

この研究者のグループは、複数のウイルスカテゴリーを定義した。

臨床的に著名なウイルスの科と種、その特徴
ボルティモア分類著名な種エンベロープ包囲
アデノウイルス科I[3][4]アデノウイルス[3][4]N[3][4]
ヘルペスウイルス科I[3][4]単純ヘルペスウイルス1型, 単純ヘルペスウイルス2型, 水痘・帯状疱疹ウイルス, エプスタイン・バール・ウイルス, ヒトサイトメガロウイルス, 英語版[5][6][7]Y[3][4]
英語版I[3][8]ヒトパピローマウイルス[3][8]N[3][8]
ポリオーマウイルス科I[3][9]BKウイルス, JCウイルス[3][9]N[3][9]
ポックスウイルス科I[3][4]天然痘[3][4]Y[3][4]
パルボウイルス科II[3][4]パルボウイルスB19[3][4]N[3][4]
レオウイルス科III[10]ロタウイルス,[10] 英語版, 英語版, 英語版N[4]
アストロウイルス科IV[11][4]N[4]
カリシウイルス科IV[10]ノロウイルス[4]N[4]
コロナウイルス科IV[12]ヒトコロナウイルス229E, ヒトコロナウイルスNL63, ヒトコロナウイルスOC43, ヒトコロナウイルスHKU1, 中東呼吸器症候群関連コロナウイルス, SARSコロナウイルス,[4] SARSコロナウイルス2Y[4]
フラビウイルス科IV[3][4][13]C型肝炎ウイルス,[3] 黄熱ウイルス,[3] デングウイルス,[3] ウエストナイルウイルス,[3] ダニ媒介性脳炎ウイルス,[4] ジカウイルスY[3][4]
英語版IV[14]E型肝炎ウイルス[4]N[4][14]
英語版IV[3][4][15]風疹ウイルス[3][16]Y[3][4]
ピコルナウイルス科IV[17]コクサッキーウイルス, A型肝炎ウイルス, ポリオウイルス,[4] ライノウイルスN[4]
アレナウイルス科V[18]ラッサウイルス[4][18]Y[4][18]
ブニヤウイルス科V[19]クリミア・コンゴ出血熱ウイルス, 英語版[4]Y[4][19]
フィロウイルス科V[20]エボラウイルス属,[20] マールブルグウイルス[20]Y[4]
オルトミクソウイルス科V[3][21]インフルエンザウイルス[3][21]Y[3][21]
パラミクソウイルス科V[22]麻疹ウイルス,[3] ムンプスウイルス,[3] パラインフルエンザウイルス[3][4]Y[3][22]
ニューモウイルス科V[23]RSウイルス[3]Y[3]
ラブドウイルス科V[24]狂犬病ウイルス[3][4]Y[3][4]
未割り当て[25]V[25]D型肝炎ウイルス[25]Y[25]
レトロウイルス科VI[3][26]HIV[3][4]Y[3][4]
ヘパドナウイルス科VII[3]B型肝炎ウイルス[3][4]Y[3][4]

臨床的特徴

ウィルスの臨床的特徴は、同じ科の中でも種によって大きく異なることがある。

感染経路疾患治療予防
アデノウイルスアデノウイルスなし[3]
  • 英語版
  • 手洗い
  • 咳やくしゃみをするときに口を覆う
  • 病人との濃厚接触を避ける
コクサッキーウイルスピコルナウイルス科なし[3]
  • 手洗い
  • 咳やくしゃみをするときに口を覆う
  • 汚染された食品/水を避ける
  • 衛生状態を改善する
サイトメガロウイルスヘルペスウイルス科
  • 手洗い
  • 他人と食べ物や飲み物を共有しない
  • セーフセックス
エプスタイン・バール・ウイルスヘルペスウイルス科なし[3]
  • 病人との濃厚接触を避ける
A型肝炎ウイルスピコルナウイルス科免疫グロブリン (曝露後予防)[3]
B型肝炎ウイルスヘパドナウイルス科
C型肝炎ウイルスフラビウイルス科
  • 注射針/シリンジの共有を避ける
  • セーフセックス
単純ヘルペスウイルス1型ヘルペスウイルス科
  • 病変部への濃厚接触を避ける
  • セーフセックス
単純ヘルペスウイルス2型ヘルペスウイルス科
  • アシクロビル[3][29]
  • ファムシクロビル[3][29]
  • ホスカルネット[3]
  • ペンシクロビル[3]
  • シドフォビル[3]
  • 病変部への濃厚接触を避ける[3]
  • セーフセックス[3]
HIVレトロウイルス科プロテアーゼ阻害剤[34]逆転写酵素阻害剤[34]などのHAART療法[3]
ヒトコロナウイルス229E (HCoV-229E)コロナウイルス科
ヒトコロナウイルスNL63 (HCoV-NL63)コロナウイルス科
  • 飛沫接触
ヒトコロナウイルスOC43 (HCoV-OC43)コロナウイルス科
  • 普通感冒
  • 肺炎
ヒトコロナウイルスHKU1 (HCoV-HKU1)コロナウイルス科
  • 普通感冒
  • 肺炎
  • 細気管支炎
英語版ヘルペスウイルス科評価段階が多い[3]
  • 病変部への濃厚接触を避ける
  • セーフセックス
ヒトパピローマウイルス英語版
インフルエンザウイルスオルトミクソウイルス科
  • 飛沫接触[3]
  • インフルエンザワクチン[3][21]
  • アマンタジン[3]
  • 英語版[3]
  • 手洗い
  • 咳やくしゃみをするときに口を覆う
  • 病人との濃厚接触を避ける
麻疹ウイルスパラミクソウイルス科なし[3]
中東呼吸器症候群関連コロナウイルス (MERS-CoV)コロナウイルス科
  • ヒト濃厚接触
ムンプスウイルスパラミクソウイルス科なし[3]
  • MMRワクチン[3][22]
  • 病人との濃厚接触を避ける
パラインフルエンザウイルスパラミクソウイルス科なし[3]
  • 手洗い
  • 咳やくしゃみをするときに口を覆う
ポリオウイルスピコルナウイルス科なし[3]
狂犬病ウイルスラブドウイルス科曝露後予防[3]
RSウイルスニューモウイルス科
  • 細気管支炎[3]
  • 肺炎[3]
  • [3]
  • 肺炎を伴う重度の気管支炎[3]
(リバビリン)[3]
  • 手洗い[3]
  • 病人との濃厚接触を避ける[3]
  • 高リスク患者へのパリビズマブ投与[3]
  • 咳やくしゃみをするときに口を覆う
風疹ウイルストガウイルス科なし[3]
  • MMRワクチン[3][36]
  • 病人との濃厚接触を避ける
SARSコロナウイルス (SARS-CoV)コロナウイルス科
  • 飛沫接触
SARSコロナウイルス2 (SARS-CoV-2)コロナウイルス科
  • 飛沫接触
水痘・帯状疱疹ウイルスヘルペスウイルス科
  • 飛沫接触[3]
  • 直接接触

水痘:

帯状疱疹:

  • アシクロビル[3]
  • ファムシクロビル[3]
f

参照項目

脚注

  1. ^ Taylor, M.P.; Kobiler, O.; Enquist, L. W. (2012). “Alphaherpesvirus axon-to-cell spread involves limited virion transmission”. Proceedings of the National Academy of Sciences (PNAS) 106 (42): 17046–17051. doi:10.1073/pnas.1212926109. PMC 3479527. PMID 23027939. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3479527/. 
  2. ^ Arboviruses”. University of South Carolina School of Medicine. 2021年8月9日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj ck cl cm cn co cp cq cr cs ct cu cv cw cx cy cz da db dc dd de df dg dh di dj dk dl dm dn do dp dq dr ds dt du dv dw dx dy dz ea eb ec ed ee ef eg eh ei ej ek el em en eo ep eq er es et eu ev ew ex ey ez fa fb fc fd fe ff fg fh fi fj fk fl fm fn fo fp fq fr fs ft fu fv fw fx fy fz ga gb gc gd ge gf gg Fisher, Bruce; Harvey, Richard P.; Champe, Pamela C. (2007) (PDF). Lippincott's Illustrated Reviews: Microbiology. Lippincott's Illustrated Reviews Series. Hagerstown MD: Lippincott Williams & Wilkins. pp. 354–366. ISBN 978-0-7817-8215-9. http://med-mu.com/wp-content/uploads/2018/06/lippincotts_microbiology.pdf 2020年9月7日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am Table 1 in: Dimitrov, Dimiter S. (2004). “Virus entry: molecular mechanisms and biomedical applications”. Nature Reviews Microbiology 2 (2): 109–22. doi:10.1038/nrmicro817. ISSN 1740-1526. PMC 7097642. PMID 15043007. https://zenodo.org/record/1233550. 
  5. ^ Adams, MJ; Carstens EB (Jul 2012). “Ratification vote on taxonomic proposals to the International Committee on Taxonomy of Viruses (2012)”. Arch. Virol. 157 (7): 1411–22. doi:10.1007/s00705-012-1299-6. PMID 22481600. http://eprints.gla.ac.uk/121363/1/121363.pdf. 
  6. ^ Whitley RJ (1996). Baron S. ed. Herpesviruses. in: Baron's Medical Microbiology (4th ed.). Univ of Texas Medical Branch. ISBN 0-9631172-1-1. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/bv.fcgi?rid=mmed.chapter.3567 
  7. ^ Medical Microbiology (5th ed.). Elsevier Mosby. (2005). ISBN 978-0-323-03303-9 
  8. ^ a b c “Classification of papillomaviruses”. Virology 324 (1): 17–27. (2004). doi:10.1016/j.virol.2004.03.033. PMID 15183049. 
  9. ^ a b c Polyomavirus”. ViralZone. SIB Swiss Institute of Bioinformatics. 2015年10月3日閲覧。
  10. ^ a b c Page 273 in: Lennette's Laboratory Diagnosis of Viral Infections (Fourth ed.). CRC Press. (2010). ISBN 978-1420084962 
  11. ^ “Identification of Host Cell Factors Associated with Astrovirus Replication in Caco-2 Cells”. J. Virol. 89 (20): 10359–70. (2015). doi:10.1128/JVI.01225-15. PMC 4580174. PMID 26246569. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4580174/. 
  12. ^ Stapleford, Kenneth A.; Miller, David J. (2010). “Role of Cellular Lipids in Positive-Sense RNA Virus Replication Complex Assembly and Function”. Viruses 2 (5): 1055–68. doi:10.3390/v2051055. ISSN 1999-4915. PMC 3187604. PMID 21994671. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3187604/. 
  13. ^ Cook, S.; Moureau, G.; Harbach, R. E.; Mukwaya, L.; Goodger, K.; Ssenfuka, F.; Gould, E.; Holmes, E. C. et al. (2009). “Isolation of a novel species of flavivirus and a new strain of Culex flavivirus (Flaviviridae) from a natural mosquito population in Uganda”. Journal of General Virology 90 (11): 2669–78. doi:10.1099/vir.0.014183-0. ISSN 0022-1317. PMC 2885038. PMID 19656970. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2885038/. 
  14. ^ a b Hepeviridae”. ViralZone. SIB Swiss Institute of Bioinformatics. 2015年10月3日閲覧。
  15. ^ Simon-Loriere, Etienne; Holmes, Edward C. (2011). “Why do RNA viruses recombine?”. Nature Reviews Microbiology 9 (8): 617–26. doi:10.1038/nrmicro2614. ISSN 1740-1526. PMC 3324781. PMID 21725337. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3324781/. 
  16. ^ 2018.013S.R.Matonaviridae” (英語). International Committee on Taxonomy of Viruses (ICTV). 2020年5月28日閲覧。
  17. ^ Tuthill, Tobias J.; Groppelli, Elisabetta; Hogle, James M.; Rowlands, David J. (2010). “Picornaviruses”. Current Topics in Microbiology and Immunology 343: 43–89. doi:10.1007/82_2010_37. ISBN 978-3-642-13331-2. ISSN 0070-217X. PMC 3018333. PMID 20397067. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3018333/. 
  18. ^ a b c Arenaviridae”. ViralZone. SIB Swiss Institute of Bioinformatics. 2015年10月3日閲覧。
  19. ^ a b Bunyaviridae”. ViralZone. SIB Swiss Institute of Bioinformatics. 2015年10月3日閲覧。
  20. ^ a b c Filoviridae”. ViralZone. SIB Swiss Institute of Bioinformatics. 2015年10月3日閲覧。
  21. ^ a b c d e f g h Orthomyxoviridae”. ViralZone. SIB Swiss Institute of Bioinformatics. 2015年10月3日閲覧。
  22. ^ a b c d e f g h i j Paramyxoviridae”. ViralZone. SIB Swiss Institute of Bioinformatics. 2015年10月10日閲覧。
  23. ^ Pneumoviridae ~ ViralZone page”. viralzone.expasy.org. 2020年8月17日閲覧。
  24. ^ a b c d Rhabdoviridae”. ViralZone. SIB Swiss Institute of Bioinformatics. 2015年10月3日閲覧。
  25. ^ a b c d Deltavirus”. ViralZone. SIB Swiss Institute of Bioinformatics. 2015年10月3日閲覧。
  26. ^ Retroviridae”. ViralZone. SIB Swiss Institute of Bioinformatics. 2015年10月3日閲覧。
  27. ^ a b c d Enterovirus”. ViralZone. SIB Swiss Institute of Bioinformatics. 2015年10月12日閲覧。
  28. ^ “Hand, foot, and mouth disease: Identifying and managing an acute viral syndrome”. Cleve Clin J Med 81 (9): 537–43. (September 2014). doi:10.3949/ccjm.81a.13132. PMID 25183845. http://www.ccjm.org/content/81/9/537.long. 
  29. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p Herpesviridae”. ViralZone. SIB Swiss Institute of Bioinformatics. 2015年10月10日閲覧。
  30. ^ a b c d e f Babies Born with CMV (Congenital CMV Infection)”. Centers for Disease Control and Prevention (2017年4月13日). 2017年6月17日閲覧。
  31. ^ a b c d Picornaviridae”. ViralZone. SIB Swiss Institute of Bioinformatics. 2015年10月10日閲覧。
  32. ^ a b c d e f g Hepadnaviridae”. ViralZone. SIB Swiss Institute of Bioinformatics. 2015年10月10日閲覧。
  33. ^ a b Flaviviridae”. ViralZone. SIB Swiss Institute of Bioinformatics. 2015年10月10日閲覧。
  34. ^ a b c d e Human immunodeficiency virus 1”. ViralZone. SIB Swiss Institute of Bioinformatics. 2015年10月10日閲覧。
  35. ^ a b c d Papillomaviridae”. ViralZone. SIB Swiss Institute of Bioinformatics. 2015年10月10日閲覧。
  36. ^ a b c Togaviridae”. ViralZone. SIB Swiss Institute of Bioinformatics. 2015年10月10日閲覧。

外部リンク

同時多発的


 

Back to Top
Close