ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

📦|慶大SFC、活動制限レベル3に引き上げ 授業や課外活動等は「オンライン」に


写真 

慶大SFC、活動制限レベル3に引き上げ 授業や課外活動等は「オンライン」に

 
内容をざっくり書くと
なお、秋学期末定期試験については既に対面で実施しない旨が発表されている。
 

土屋大洋総合政策学部長、脇田玲環境情報学部長、加藤文俊政策・メディア研究科委員長、廣田とし子湘南藤沢… →このまま続きを読む

 SFC CLIP

Shonan Fujisawa Campus Communication & Life Information Provider

SFC CLIPは慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスで活動する、学生によるニュースサイトです。現在は正規の研究会カリキュラムから独立し、サークルの形態で活動しており、有志の学生が自主的に取材・編集・制作活動を行っています。大学広報・事務室などは運営に関わっておりません。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

定期考査

定期考査(ていきこうさ)、定期試験(ていきしけん)、定期テスト(ていきテスト)は、学校で、各々の教科科目学習成果教育効果を通して、成績評価するために定期的に実施される試験のことである。

日本の定期考査

が単元の学習を終えるごとに実施されることに対して、定期考査はあらかじめ、実施する時期が決まっているためにこう呼ぶ。小学校などでは単元別試験、中学校以降は定期考査が行われることが多い。

一般に学期ごとに中間考査(ちゅうかんこうさ)・中間試験(ちゅうかんしけん)・中間テスト(ちゅうかんテスト)と期末考査(きまつこうさ)・期末試験(きまつしけん)・期末テスト(きまつテスト)がある。最終学期は、期末考査を兼ねて学年末考査(がくねんまつこうさ)・学年末試験(がくねんまつしけん)・学年末テスト(がくねんまつテスト)が実施される場合が多いが、学期ごとに単位を認定する学校では行われない。大学短期大学などでは、中間試験をせず期末試験だけを行うことが多い。

数日から1週間といった特定期間に集中的に行われることも多く、個々のテストそのものだけでなく、この試験期間のことも定期考査、定期試験と呼ぶこともある。

中等教育段階の定期考査

中学校では、一般に中間考査で国語社会数学理科英語の5教科[1]を行い、期末考査ではそれに実技4教科音楽美術保健体育技術・家庭を加えた9教科の試験を実施するところが多い(特別の教科「道徳」は行われない) 。また、高等学校では教科が細分化されるため、教科毎ではなく科目別に試験が実施される。

一般的に、3学期制の学校では1学期中間試験は5月中下旬、1学期期末試験は6月下旬から7月上旬ごろ、2学期中間試験は10月中旬ごろ、2学期期末試験は11月下旬から12月上旬ごろ、学年末試験は2月中下旬ごろに行われる。2学期制の学校では前期中間試験は6月下旬から7月上旬ごろ、前期期末試験は10月上中旬ごろ、後期中間試験は11月下旬から12月上旬ごろ、学年末試験は2月中下旬ごろに行われる。

ただし、学校学年教科等の状況によっては、一部の教科・科目の試験を実施しない場合もある。この場合、定期考査前に統一した課題を実施し、その成績を定期考査の成績として扱うこともある。

高等教育段階の定期試験

大学などでは、試験の上、単位を認定することが大学設置基準に定められており、実習教科目やレポートを課す教科目を除けば、一般的に定期試験が行われる。成績評定には、普段の出欠状況、提出課題授業での様子、学習に対する関心意欲態度などが加味されることがあるが、定期試験の比重がかなりを占める場合がほとんどである。

実力考査、実力試験

実力考査(じつりょくこうさ)、実力試験(じつりょくしけん)、実力テスト(じつりょくテスト)は、本来は学期ごとの学習評価を行うのに関係ないものであり、定期考査とは別の概念であるが、しばしば定期的に実施される。学校によっては、学期末の学習評価に組み入れるところもあるが、この場合、厳密に学期で行った学習のみを評価することには当たらなくなる。ただし、学校によっては中学校3年生で8回も実力考査があることがある。

アメリカの定期考査

アメリカの大学では、一般的に定期試験として、学期ごとに中間試験(midterm examination)と期末試験(final examination)が実施される[2]

期末試験の内容は、中間試験実施以降に学習した内容が試験の範囲となる場合と、学期の全体を通して学習した内容が試験の範囲となる場合(comprehensive examination)がある[2]

定期試験の形式には4種類がある[2]

  • 教科書を参照せずに閉じた状態で課す試験(closed-book examination)[2]
  • 教科書やノート等の資料を参照することを認めて行う試験(open-book examination)[2]
  • 問題を持ち帰らせ指定日までに提出させる試験(take-home examination)[2]
  • 卒業時に実施されるもので口頭で問題を問う試験(oral examination)[2]

脚注

  1. ^ いわゆる主要5科目
  2. ^ a b c d e f g 永野真司『アメリカホームスティ&留学の英会話』三修社、2010年、43頁

関連項目

外部リンク


 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close