ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

📦|【店舗スタッフとユーザーがオンラインでつながる】“カシオ”のウェブサイトで” G-SHOCK …


写真 

【店舗スタッフとユーザーがオンラインでつながる】“カシオ”のウェブサイトで” G-SHOCK …

 
内容をざっくり書くと
店舗スタッフが製品を着用したスナップ写真や製品の特長などを“G-SNAP”としてwebサイト上に投稿し、ユーザーに提案する。
 

カシオはこのほど、オムニチャネルツール“”スタッフスタートを導入した。ユーザーは、webサイトで店舗… →このまま続きを読む

 ウオッチライフニュース


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

ウェブサイト

ウェブサイト()は、World Wide Web (WWW) (ワールドワイドウェブ)上にあり、一般に特定のドメイン名の下にある複数のウェブページの集まりのこと。サイトと呼ばれることもある。企業などの団体が自身を紹介するため自ら構築したサイトを、その団体の公式サイトなどと呼ぶ。

ホームページと呼ばれることもあるが、この用法は誤用とされる場合もある。また、ウェブサイトのトップページのみをさしてホームページと呼ぶ場合もある。

歴史

1990年代WWWは実験運用の時代にあった。この時代には、WWW提案よりも前の集中型の思想を参考にして、組織の総合的な情報を掲載した、静的コンテンツによるウェブサイトを立ち上げ、手動で管理されるポータルサイトに登録を依頼する例が多かった。しかし、2000年代からロボット型検索エンジンによるウェブサイトの自動登録に移行し、 組織が複数のドメインを取得してサービス別にサイトを切り分けるなど、WWWの本来の思想である分散型のシステムに移行して行った。

イギリス英語版の調査によると、1995年8月にはインターネット上のサイト数は約1万8000件だった。2006年11月2日の時点でサイト数は1億件を突破した[1]。また、インターネット統計サイトのインターネット・ライブ・スタッツのリアルタイム統計では、2014年9月16日に世界のサイト数が10億件を突破した。WWWの考察者とされるティム・バーナーズリーは、ミニブログツイッターでこの様子を喜んでいる[2]


ウェブサイト構成の例

ここでは美術館の公式サイトを例示する。

  • ホームページ、メインページ、フロントページ、トップページまたはインデックスページ:そのウェブサイトの「顔」になる部分
  • 概要:画家の紹介や、入場料金と開館時間、美術館の沿革など。
  • 施設案内:施設の平面図、交通アクセスなど。
  • 催し案内:企画展のお知らせなど。
  • 作品紹介:作品のデータベースが公開されていることもある。
  • 電子掲示板:ウェブサイトを閲覧した人が感想などを書けるようにしていることがある。
  • リンク集:関連する外部団体などのリンク集。

管理者を失ったウェブサイトの扱い

個人が製作したウェブサイトやブログなどが、その個人の没後、どのように管理・保存されるべきかという問題がある。この問題を「関心空間」では「ネット墓守(ネットはかもり)」というキーワードとして登録した。インターネット上の個人の墓標といった、慰霊や追憶といったものとは別物である。あくまで、これは個人が生前活動していたかたちをそのままに残すというものである。

現在まだ日本国内では、直接個人のウェブサイトを本人の没後維持していくサービスのようなものは商品サービス化されていないが、難病で闘病生活をおくって亡くなった個人のウェブサイトを担当医、もしくはボランティアが故人の意図を尊重しつつ管理、維持しているものがいくつか存在する。

こうした動きの中で、例えば山形浩生のサイトにおける『遺言状』や、「まろまろ記」におけるWeb遺書など、管理者自身が急死にそなえて没後の方針をサイト上で意思表明する活動もおこなわれている[3][4]ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のmixi内でのWeb 遺書コミュニティでも情報交換がおこなわれている[5]

この問題に対する社会的関心は徐々に高まっており、日本経済新聞2006年4月21日付の夕刊「ホームページよ永遠に」でも取り上げられている[6]

もっとも管理者が死去する以前に、管理者が自身のウェブサイトの管理・運営に飽きてしまい、[7]途中で放置してしまう事例、若しくはサーバ管理会社が管理システムへのアクセス方法を変更[注 1]し、管理者が切り替えに対応しなかったために管理不能となった例などは数多くある。大韓民国では2006年に韓国政府情報通信部と韓国情報保護振興院(KISA)(現:韓国インターネット振興院)により、放置されたサイトが悪用されるのを防ぐ為、長い間更新されていないサイトの大掃除[注 2]が行われた。

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ ジオシティーズジャパンとYahoo! JAPANが統合しYahoo!ジオシティーズとなった際など。
  2. ^ 管理者に閉鎖を促したりホスティング業者が復旧可能な閉鎖状態にするキャンペーン。

出典

  1. ^ November 2006 Web Server Survey” (英語). Netcrft (2006年11月1日). 2014年9月19日閲覧。
  2. ^ “世界のウェブサイト数、10億件を突破”. AFP. AFPBB News. (2014年9月17日). http://www.afpbb.com/articles/-/3026121 2014年9月19日閲覧。 
  3. ^ 山形浩生 (1999年3月31日). “山形浩生の遺言状”. 2014年9月19日閲覧。
  4. ^ まろまろ遺書-万が一のときのために意思を表明してみます-” (2004年4月25日). 2014年9月19日閲覧。
  5. ^ Web遺書(ネット遺言)”. mixi. 2014年9月19日閲覧。
  6. ^ 2006 年 4 月 (PDF)”. 専修大学 (2006年4月). 2014年9月19日閲覧。
  7. ^ How to Start a Blog (Easy Beginner's Guide)” (英語). sites.google.com. 2020年11月27日閲覧。

関連項目

スナップ写真

スナップ写真(スナップしゃしん)は、下準備その他特にせず、日常のできごとあるいは出会った光景を一瞬の下に撮影する写真

概要

日本では、撮影される人物が身構えている写真スタジオでの撮影や記念撮影などに対し、日常の緊張が取れた姿(カメラを意識しない姿)から撮影される人物の自然さ(による魅力)を引き出し、記録するものを一般的にスナップ写真と呼んでいる。

スナップ写真と肖像権

日本

人にはみだりに肖像を撮影されない権利[1]、勝手に肖像を公開されない権利[2]があり肖像の利用について財産権があると認められているので、勝手に他人を写してはいけないというのが肖像権の考え方である。いっぽう、スナップ写真の魅力・命は撮影される人物の自然な様子であることから、許可を取って撮影するのではその魅力・命が失われてしまう。撮影してから許諾を取るという方法もあるが、容易ではないためスナップ写真の撮影は(2010年からみて)ここ10年ほどの間に困難をともなうものになってきている[3]。この趨勢のなかで写真家のなかには「見ていいものは撮ってもいい」旨の主張を提示してみる動きが起こっている[3]。しかし一方でデジタルカメラ携帯電話スマートフォンに付いているカメラ、インターネットの普及により、誰でも簡単に撮影でき誰でも簡単に広く公開できるようになったことから、撮影・公開が出来る人が限られていた時代にくらべて道徳を欠いた者が心ない行為も行えるようになり、マナーが問われるケースが増えているという事実もあると日本写真家協会専務理事 松本徳彦は言及した[3]2010年頭時点では、人物を撮影するにあたって「どこまでがみだりな撮影か」について定着した解釈はない。写真家のが歩行者とすれ違いざま、あるいは進路を妨害し嫌がる人に向けて撮影する方法が動画になり、鈴木は「テンションていうか、瞬間的に刹那的に撮ってダイナミックな感じで残したい。そうするとああいう撮り方に自然となっていった」と話したが、「不快である」「盗撮だ」と批判の対象となった[4][5]

米国

表現の自由および言論の自由」は、個人の肖像権よりも何よりも民主主義絶対的な条件として最優先されるという、権利章典 (アメリカ)の修正第1条[6]により、撮影者および写真加工者の権利が優先されている。 フィリップ=ロルカ・ディコルシアによる公道を歩く一般人に遠方からフラッシュを当て、さらに望遠で撮影した写真を発表したHeadsシリーズの場合では、販売を伴っていても芸術作品であることから勝訴した[7]

脚注

  1. ^ 「何人も、その承諾なしに、みだりにその容ぼう・姿態を撮影されない自由を有し、警察官が、正当な理由もないのに、個人の容ぼう等を撮影することは、憲法一三条の趣旨に反し許されない。」最高裁昭和44年12月24日大法廷判決・最高裁判所刑事判例集23巻12号1625頁 ただし刑事事件かつ警察官による私人撮影についての言及。
  2. ^ 「人はみだりに自己の容ぼう,姿態を撮影されないということについて法律上保護されるべき人格的利益を有し,ある者の容ぼう,姿態をその承諾なく撮影することが不法行為法上違法となるかどうかは,被撮影者の社会的地位,撮影された被撮影者の活動内容,撮影の場所,撮影の目的,撮影の態様,撮影の必要性等を総合考慮して,被撮影者の上記人格的利益の侵害が社会生活上受忍すべき限度を超えるものといえるかどうかを判断して決すべきである。」 損害賠償請求事件 平成15(受)281 平成17年11月10日判決
  3. ^ a b c 朝日新聞 2010年2月13日 文化欄
  4. ^ 富士フイルム、新製品カメラのPR動画めぐり謝罪 「盗撮を推奨するような内容」と批判で削除
  5. ^ 富士フイルム、炎上動画について謝罪「不快感を与えた」 視聴者から「盗撮推奨しているように見える」と指摘
  6. ^ 合衆国議会は、国教を樹立、または宗教上の行為を自由に行なうことを禁止する法律、言論または報道の自由を制限する法律、ならびに、市民が平穏に集会しまた苦情の処理を求めて政府に対し請願する権利を侵害する法律を制定してはならない。
  7. ^ ニューヨーク近代美術館よりフィリップ=ロルカ・ディコルシアによる作品と訴訟の事例(英文)

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close