ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

📦|「デジタル化と小売業の未来」#11 アマゾンで買物する人が失敗を恐れない理由


写真 オンライン購入の普及で、オフラインに不便を感じる人が増えている

「デジタル化と小売業の未来」#11 アマゾンで買物する人が失敗を恐れない理由

 
内容をざっくり書くと
ニッポン放送でナビゲーターをつとめる「望月智之 イノベーターズ・クロス」他、「J-WAVE」「東洋経済オンライン」等メディアへの出演・寄稿やセミナー登壇など多数。
 

前回は「モノを選択する場所としてのオフライン店舗」はほぼ機能しなくなっており、最近ではオンラインで商… →このまま続きを読む

 DCSオンライン

小売・流通業界の経営・販促に関するニュース情報をダイヤモンド・チェーンストアオンラインではいち早く掲載しております。小売・流通業界で働く方、必見の総合情報ニュースサイトをご覧ください。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

セミナー登壇

東洋経済新報社

株式会社東洋経済新報社(とうようけいざいしんぽうしゃ、: TOYO KEIZAI INC.)は、ビジネス書や経済書などの発行を専門とする、日本の出版社である。東洋経済オンラインをはじめとするWEBメディアの運営も行なっている。

出版物

「週刊東洋経済」

沿革

『週刊東洋経済』は経済専門雑誌1895年明治28年)旬刊『東洋経済新報』として創刊[2]。歴代の主幹(社長兼編集長)に、町田忠治天野為之、植松考昭、三浦銕太郎石橋湛山高橋亀吉など。『東洋経済新報』として創刊当初は渋沢栄一豊川良平らの支援を受けた影響で自由経済政党政治を支持していた。

大正期には民本政治・普通選挙を支持し、その後、三浦と後継の石橋によって満州などの放棄による小日本主義を始め、対華21か条要求シベリア出兵金解禁満州事変などを厳しく批判した。特に金解禁では率先して「新平価解禁」、解禁後の「金輸出再禁止と管理通貨制度導入」などの主張をリードしたことは良く知られている。1933年昭和8年)には満州事変を容認する姿勢に転換した。1919年大正8年)の10月4日号より週刊化。1921年(大正10年)11月、株式会社に改組し、三浦銕太郎主幹が代表取締役に就任した。

1961年(昭和36年)に現在の誌名に改称する[3]

現況

現在発行されている週刊誌の中では日本で最古だが、販売面では1位の『日経ビジネス』、2位の『週刊ダイヤモンド』に続く3位。

「会社四季報」

投資家のための企業情報誌。四半期ごとに刊行されるため『四季報』と呼ばれている。全上場企業を網羅し、業績予想などの企業データを掲載。創刊は1936年(昭和11年)6月7日。その後、1979年日本経済新聞社が当誌と類似した内容の「日経会社情報」を発行、当誌の市場を切り崩しにかかったもののその牙城は揺るがず、2017年には逆に「会社情報」を撤退に追い込んだ。証券会社やオンライン証券の利用率も極めて高い。なお、「会社情報」の業績予想は会社予想に基づくものだったが、『四季報』の業績予想は編集部の独自予想である。

なお、2016年10月の安倍内閣諮問機関である「未来投資会議」で決算短信で四半期毎の会社予想がなくなることが議論されており、同誌の業績予測が無くなった場合の売れ行きが懸念されているが、その後の議論が進まなかったこともあり大きな影響は出ていない。

「就職四季報」

学生のための就職情報誌。「四季報」を名乗っているが、発行は年1回である。女性版・優良中堅企業版・インターンシップ版も存在する。

「東洋経済オンライン」

日本最大級のビジネスニュースサイトの1つ。月間ページビューが約2億PV[4]と、日本のビジネス誌系のWEBサイトとしてはPV数・ユニークユーザー数ともに1位である。ビジネス、経済情報、マーケット情報、就職情報など、ビジネスパーソンのための情報を掲載している。iOSとAndroidに対応したスマートフォン向けのアプリ版も提供されている。

その他の出版物・データベース

  • 週刊東洋経済
  • (1956年6月創刊、2012年10月休刊[5]
  • - 季刊
  • 四季報シリーズ
    • 会社四季報(通常版・机上版・CD-ROM版)
    • 会社四季報プロ500
    • 会社四季報 未上場版(通常版・CD-ROM版)
    • 英文会社四季報
    • 米国会社四季報
    • 就職四季報(総合版・女子版・優良中堅企業版・インターンシップ版)
    • 株価チャートCD-ROM
    • 業界地図
    • (休刊)
  • データベース商品
    • 財務データ
    • 業績予想データ
    • セグメントデータ
    • 上場会社基本データ
    • 会社四季報データ
    • ESGオンライン
    • その他データ(外資系企業データ、海外進出企業データ、CSRデータ他)

関連項目

関連ギャラリー

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 会社概要(アクセス) | WHO WE ARE | 東洋経済新報社|コーポレートサイト
  2. ^ 東洋経済新報社公式サイト・沿革
  3. ^ 東洋経済新報社公式サイト・沿革1961-2000
  4. ^ 土本学 (2019年2月7日). “2億PVの国内有数の規模を誇るメディアはこれから何を目指すのか・・・「東洋経済オンライン」武政秀明編集長インタビュー” (日本語). Media Innovation. 2019年5月20日閲覧。
  5. ^ 『オール投資』休刊のお知らせ - 東洋経済オンライン、2012年8月

外部リンク


 

Back to Top
Close