ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

📦|第10回「ペットとの共生推進シンポジウム」、オンラインで開催…11月7日


写真 第10回「ペットとの共生推進シンポジウム」オンライン開催

第10回「ペットとの共生推進シンポジウム」、オンラインで開催…11月7日

 
内容をざっくり書くと
様々な分野で活躍する専門家による「ペットがもたらす健康効果」について、パネルディスカッションが実施されるほか、東京都立大学名誉教授の星旦二氏による講演が行われる。
 

ペットとの共生推進協議会は、11月7日、Zoom(ウェビナー)によるオンライン生配信にて、ペットとの… →このまま続きを読む

 REANIMAL

「REANIMAL(リアニマル)」は動物のリアルを伝えるWebメディアです。犬、猫をはじめとした様々な動物、生き物の最新ニュースやコラムを発信しています。ペットに関する便利で役に立つ情報や正しい飼育の知識から、おでかけ情報、イベント取材レポート、動物園&水族館のニュースやカルチャーの話題まで、毎日記事を更新中! 動物たちを取り巻く課題にもフォーカスし、問題解決を目指しています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

東京都立大学名誉教授

パネルディスカッション

パネルディスカッション: panel discussion)とは、討論形式の一つ。掲げられた議題について、精選された有識者たちが異なる意見を表明しながら討論を進める催し物である[1]1990年代頃から盛んに行われるようになった。口語ではパネディスと略されることもある。パネル討論ともいう。

形式

それぞれの討論者が順番に意見を述べ、その後にお互いに議論を行い、会場の観覧者たちからの質問にも応じるといった形式が一般的である。

パネルディスカッションの討論に加わる者をパネリスト(またはパネラー)という(: panel は「識者」の意)。分野によっては、指定討論者とも呼ばれる。

そして討論をまとめる司会役(まとめ役)をコーディネーターファシリテーター[1]、あるいはモデレーターとも呼ぶ[2]

時間配分や話をまとめる都合上、パネリストは5人前後が適切と考えられている。パネリストの人選も重要であり、同じ意見の人物を集めてもあまり意味がなく、互いに別の観点から考察できる人物を選ぶ必要がある。コーディネーター(ファシリテーター)はパネリストたちの意見の共通点を探ったり、彼らから出された問題点や打開策に注目しながら議論を進行する[1]

日本では、新聞社政府自治体学術団体主催のものなどが多く開催されている。近年では学校の授業として行われることもある。

なお、英語でもこれら討論を行う有識者を panel または panelist と表現するが、「パネラー」は和製英語のため日本以外では使われない。

出典

  1. ^ a b c 村松 加王里『会話が続くコツ』すばる舎、2015年、78-79頁。
  2. ^ モデレーター(英語表記)moderatorコトババンク

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close