ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

📦|観光情報誌『うみとやま』創刊、リアルとオンラインで発信 [富山県]


写真 

観光情報誌『うみとやま』創刊、リアルとオンラインで発信 [富山県]

 
内容をざっくり書くと
新湊・内川エリアでは、どこを切り取っても絵になるノスタルジックな風景が広がり、9月に解禁となったベニズワイガニが新湊漁港でずらりと並び、赤い絨毯を広げたようなさまも圧巻の光景です。
 

観光情報誌『うみとやま』創刊、リアルとオンラインで発信 富山県の旬の情報を発信する観光情報誌『うみと… →このまま続きを読む

 ふるさと発信


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

新湊漁港

新湊漁港(しんみなとぎょこう)は、富山県射水市(旧・新湊市)にある第3種漁港である。

からにかけて、西地区と東地区で構成されている。

概要

かつては内川を漁船の係留地としていたが、漁船の動力化、大型化に対応するために漁港を整備することになった。最初に農山漁村の時局匡救事業として1932年10月から1934年にかけて、現在の西地区に東西防波堤の構築と内川の護岸の改修が実施された[1]。最終的には1940年3月に竣工し、1952年12月29日に富山県から第3種漁港に指定された。

一方の東地区は、さらなる漁船の大型化、近代化に対応するため、1974年度から整備に着手しし、1987年7月に開港した。

その後も両地区では、2002年以降も広域漁港整備事業を進めて、規模を順次拡大している。

出典

[脚注の使い方]
  1. ^ 『しんみなとの歴史』(1997年10月31日、新湊市発行)158 - 159、219頁。

参考リンク

関連項目

赤い絨毯


 

Back to Top
Close