ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

📦|ソフトバンク1点差逃げ切り沖縄で西武に連勝 首位楽天と2ゲーム差


写真 

ソフトバンク1点差逃げ切り沖縄で西武に連勝 首位楽天と2ゲーム差

 
内容をざっくり書くと
さらに1死二塁で登板した2番手の藤井が、金子に左前適時打を浴び試合は振り出しに戻った。
 

◆西武2―3ソフトバンク(18日、那覇) ソフトバンクが1点差を制して、連勝を飾った。 打線は初回に… →このまま続きを読む

 西日本スポーツ

西日本スポーツ(西スポ)は、1955年に九州で最初に創刊したスポーツ新聞です。
「西スポ」でしか読めない福岡ソフトバンクホークスの詳細情報が盛りだくさん!
プロ野球や高校野球のほかに、サガン鳥栖やV・ファーレン長崎、アビスパ福岡などの九州チームのJリーグ情報やバスケ、ラグビー、HKT48、競輪、ボート情報のニュースなども随時配信していきます。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

    1死二塁

      リンクを追加

      適時打

      適時打(てきじだ)とは、野球ソフトボールで、上の走者本塁に生還(得点)させた安打のこと[1][2]タイムリーヒットとも呼ばれるが、これは適時打を「ちょうどいいタイミング(ランナーがいる場面)に出たヒット」を「タイムリー」と呼んだ和製英語で、英語ではclutch hitあるいはRBI hitと呼ばれる。適時打を打った打者には、その得点の数だけ打点(RBI)が記録される。

      適時打欠乏症

      日本ではマスコミ、あるいは監督の試合後に行われる談話などによって「タイムリー欠乏症」や、「適時打欠乏症」と表現されることがある。たとえチームが本塁打犠牲フライスクイズプレイなどで点を取っていても、適時打で点を取っていない(打線がつながっていない)場合、上記の言葉の使用が見られる。

      脚注

      1. ^ タイムリーヒット - 大辞泉
      2. ^ タイムリーヒット - 大辞林 第二版

      出典

      • 「2009プロ野球記録集計号」7ページ 週刊ベースボール58
      • プロ野球100人vol.7「栄光の4番打者スラッガー伝説」25ページ 日刊スポーツグラフ
      • 加藤英明+山崎尚志「野球人の錯覚」71ページ 東洋経済新報社 
      • BASEBALLclimax2009日米野球クライマックスシーズン特集号67ページ ROMSPO
      • 山崎武司「野村監督に教わったこと 僕が38歳で二冠王になれた秘密」22ページ 講談社

      関連項目


       

      Back to Top
      Close