ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

📦|コチア産組=関係者と青年先亡者慰霊祭=国士舘に全伯から40人=志半ばで眠った仲間悼む


写真 2020年度コチア組合関係者およびコチア青年先亡者合同慰霊祭

コチア産組=関係者と青年先亡者慰霊祭=国士舘に全伯から40人=志半ばで眠った仲間悼む

 
内容をざっくり書くと
お釈迦様は一切皆苦とおっしゃっており、そこから〝四苦八苦〟という言葉が生まれました。
 

2020年度コチア組合関係者およびコチア青年先亡者合同慰霊祭 『2020年度コチア組合関係者およびコ… →このまま続きを読む

 ニッケイ新聞


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

四苦八苦

四苦八苦(しくはっく)とは、仏教における苦(ドゥッカ、dukkha)の分類。

根本的なドゥッカを(しょう・ろう・びょう・し)の四苦とし

  • 生苦(jāti dukkha)[1] - 生まれることに起因する苦しみ。
  • 老苦(jarāpi dukkha)[1] - 老いていくことに起因する苦しみ。体力、気力など全てが衰退していき自由が利かなくなる。
  • 病苦(byādhipi dukkha)[1] - 様々な病気があり、痛みや苦しみに悩まされる仏教問題。
  • 死苦(maraṇampi dukkha)[1] - 死ぬことへの恐怖、その先の不安などの自覚。

根本的な四つの苦に加え、

  • 愛別離苦(あいべつりく、appiyehi dukkha)[1] - 愛する者と別離すること
  • 怨憎会苦(おんぞうえく、piyehi dukkha)[1] - 怨み憎んでいる者に会うこと
  • 求不得苦(ぐふとくく、yampiccha dukkha)[1] - 求める物が得られないこと
  • 五蘊盛苦(ごうんじょうく) - 五蘊(人間の肉体と精神)が思うがままにならないこと

の四つの苦を合わせて八苦と呼ぶ。

抜粋

釈迦初転法輪において四諦を説き、その中では苦諦として四苦八苦を説いた。

比丘等よ、苦聖諦とは、此の如し、
生は苦なり、老は苦なり、病は苦なり、死は苦なり、
怨憎するものに曾ふは苦なり、愛するものと別離するは苦なり、求めて得ざるは苦なり、
略説するに五蘊取蘊は苦なり。

—  南伝大蔵経, 大犍度

脚注

  1. ^ a b c d e f g アルボムッレ・スマナサーラ 『苦の見方』 サンガ (出版社)、2015年、Kindle版、位置No.全2025中 1188 / 59%。ISBN 978-4865640199 

関連項目

一切皆苦

一切皆苦(いっさいかいく、: sabbe saṅkhārā dukkhā)は、仏教における四法印の一つである。正しくは「一切行苦」と漢訳する。

初期の経典に「なり」「も苦なり」としばしば説かれている。これを「一切皆苦」という。

阿毘達磨(アビダルマ)文献によれば、苦は「逼悩」の義と定義される[要出典]。「圧迫して(○○○○○に)悩まされる」という意である。この苦には二つの用法がある。一つは楽や不苦不楽,ウペッカー)に対する苦であり、他は「一切皆苦」といわれるときの苦である。前者は日常的感覚における苦受であり、肉体的な身苦(苦)と精神的な心苦(憂)に分けられることもある。しかしながら、精神的苦痛が苦であることはいうまでもないが、楽もその壊れるときには苦となり、不苦不楽もすべては無常であって生滅変化を免れえないからこそ苦であるとされ、これを苦苦・壊苦・行苦の三苦という。すなわち、どちらの立場にしても、苦ではないものはないわけで、一切皆苦とはこの意であるとされる。

パーリ経典における表現

Sabbe saṅkhārā aniccā'ti yadā paññāya passati
Atha nibbindati dukkhe esa maggo visuddhiyā.
Sabbe saṅkhārā dukkhā'ti yadā paññāya passati
Atha nibbindati dukkhe esa maggo visuddhiyā.
Sabbe dhammā anattā'ti yadā paññāya passati
Atha nibbindati dukkhe esa maggo visuddhiyā.

「一切の形成されたもの(行)は無常である」(諸行無常)と
智慧をもって観るときに、ひとは苦から厭い離れる。これが清浄への道である。
「一切の形成されたもの(行)は苦である」(一切行苦)と
智慧をもって観るときに、ひとは苦から厭い離れる。これが清浄への道である。
「一切の事物無我である」(諸法無我)と
智慧をもって観るときに、ひとは苦から厭い離れる。これが清浄への道である。

— パーリ仏典, ダンマパダ20, Maggavaggo, Sri Lanka Tripitaka Project

様々な解釈

「苦」の原語は、パーリ語ではドゥッカ (dukkha) であり、パーリ語の場合には単に、日本語の「苦しい」という意味だけではなく、「不完全」といったニュアンスも持つという説もある[1][2]

脚注

[脚注の使い方]

関連項目


 

Back to Top
Close