ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

🏛|完熟マンゴー「太陽のタマゴ」 河野知事に贈呈 宮崎県


写真 

完熟マンゴー「太陽のタマゴ」 河野知事に贈呈 宮崎県

 
内容をざっくり書くと
今年も新型コロナの影響で試食販売はできないため、消費者向けのキャンペーンなどで販路を拡大し、全国へ発信していきたいとしています。
 

完熟マンゴー「太陽のタマゴ」の販売が本格化するのを前に、生産者が県庁を訪れ、今年の出来をPRしました… →このまま続きを読む

 テレビ宮崎

「テレビ宮崎」(フジテレビ系列)ニュースのアカウントです。宮崎県の最新ニュースを発信します。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

試供品

試供品(しきょうひん)とは、その商品の性質を消費者が試すために企業無料(無償)で提供するものである。「お試し」ないし「サンプル」とも称され、主に日用品のうち消費物を主体とする。

概要

これらは、企業が提供する商品の良し悪しを消費者に知ってもらい、その製品を利用してもらうようにするための宣伝活動の一種である。提供される物品は一般的に商品そのものではあるが、大抵は数回で使い切ってしまう小容量のパッケージとなっており、消費者はその使用感や効能などが自分のニーズに合うかどうかを試すことが出来るようになっている。

提供される商品は日常的に使用する消耗品が主体であり、これらは後述するように様々な流通ルートを経由して消費者に届けられる。場合によっては消費者から使用感などをアンケートなどで情報を得るモニター用に配付される場合もあるが、試供品自体は消費者が実際に使用してその感想を持たせることが目的であり、必ずしもモニターによる情報収集は意図しない。

企業としては、試供品を利用してもらって所定商品の愛用者が増えるのを期待しているのであり、また新商品発売前に試供品を大量配布して、口コミで商品宣伝をしてもらう効果も期待される。

配布方法

基本的な配布方法は、街頭ないし店頭での配布(サンプリング)や、所定のコミュニティに一定数提供してその内部で手渡しにより広めてもらったり、あるいは販売している関連ジャンルの既存商品に首掛け景品のような形で添付するなどがある。

また、何らかの景品などの形で利用される場合もあり、店舗や施設への来場者へのプレゼントの形で配付される場合もあるなど、要は個々の消費者の手にさえ渡ればその流通ルートは問われない。商店で買物をした際に、レジでサービスと称して手渡されたり袋に一緒に入れられたりする他、場合によってはザルに山と積まれ、持ち帰り自由ということもある。

配布の問題

既存製品に試供品の入ったパックを添付して商品を販売している場合に、試供品のパックだけを抜き取る者もいる。しかしこの場合の試供品パックは、商品に添付された景品(商品付加価値の一部)であるため、これを抜き取る行為は商品の一部を勝手に持ち去る行為(万引き)にも位置付けられ、犯罪となりうる。

また、公共の場で試供品だけを山と積んで任意に持ち去るのを許している場合、基本的には自由に持ち去って構わないが、これだけを大量に持ち去る者もいないではない。これは特に犯罪という訳ではなく、受け取る側の道徳ないし羞恥心上の問題である。ただし、試供品を提供した側である企業としては、宣伝という目的が果たせず、試供品が宣伝費を使って配付・提供されることから費用対効果の面で芳しくない。このため試供品提供企業側が配付方法を指定する傾向も見られる[要出典]

種類

21世紀初頭の現在では、さまざまな試供品が配布されている。小さな袋に入った化粧品シャンプーなどがある。また、洗剤を購入すればスポンジ、化粧品を購入すれば保水液など、現品を購入する際に便利なグッズが付いてくることもある。

単品で配付される場合には、菓子たばこのような嗜好性のある物品などもある。デパ地下の試食コーナーなども、ある意味では食品の試供品だが、こちらはもっぱらその場で消費される性質のものである。この形態は「試食販売」と呼ばれ、日本でスーパーマーケットやデパ地下で行われる試食販売でセールスを行っている販売員は業界用語マネキンと呼ばれる、食品会社などと派遣会社の契約の形を取っている人材派遣業の一形態である。

なお、試食販売は通例、一口程度の食品を提供、その場で食べてもらい気に入ったら商品を買ってもらうというものである。特に大量生産の加工食品などでは、試しにと買ってもらった食品を家で食べてもらい、継続的に消費するリピーター的な顧客になってもらうことも目的ともなっている。このため、家族連れの買い物客では本来の顧客ではないが、好物である場合に買い物の内容に対して一定の発言権を持つ子供にまず商品を勧め、子供が喜んで食べることでその親の購買意欲をかきたてる例も見られる[要出典]

関連項目

新型コロナウイルス

新型コロナウイルス(しんがたコロナウイルス、英語: Novel coronavirus, nCoV)とは、コロナウイルス科オルトコロナウイルス亜科に属するウイルスのうち、医学上、公衆衛生上重要なものについて名付けられる暫定的名称である[1][2][3][4]

特にヒトコロナウイルスにおいて多用される。

(ヒト)コロナウイルスは人類に対する風土病と考えられており、風邪(普通感冒)様症状を引き起こすが、英語版により、しばしば肺炎を伴う重篤な感染症として流行する[1][2][3][4]

ウイルスの種類

以下のウイルスは正式名称が命名されるより以前に新型コロナウイルスと呼ばれていたものである。

ヒトに病原性を持つ新型コロナウイルスの種類
正式名称他の呼称感受性宿主[† 1]初発見場所(発見年)感染症
SARSコロナウイルス2 (SARS-CoV-2)[† 2][5][6]2019-nCoV

SARSウイルス2 (SARS virus 2)

ヒトコロナウイルス2019 (HCoV-19)

コウモリ鱗甲目中国武漢(2019年)新型コロナウイルス感染症 (2019年) (COVID-19)[† 3][4][7]
MERSコロナウイルス (MERS-CoV)[† 4]中東ウイルス

MERSウイルス

ラクダインフルエンザウイルス

ラクダ、コウモリサウジアラビアジッダ(2012年)中東呼吸器症候群 (MERS)[8]
ヒトコロナウイルスHKU1 (HCoV-HKU1)ニューヘブンウイルス[9]ネズミ香港 (2005年)軽度の気道感染症、まれに重篤な肺炎症状
SARSコロナウイルス (SARS-CoV, SARS-CoV-1)[† 2]SARSウイルスハクビシン、コウモリ中国仏山(2002年)重症急性呼吸器症候群 (SARS)
  1. ^ 英語版が継代しない場合がある。
  2. ^ a b このウイルスは別種ではなく、SARS関連コロナウイルスの株の一つと考えられている。
  3. ^ 同義語には2019コロナウイルス肺炎、武漢肺炎症候群などがある。
  4. ^ 英語版英語版の株を含む。

以上の4ウイルスはいずれもベータコロナウイルス属(Betacoronavirus)に属する。

語源

新型コロナウイルスの「新型」には、既知のウイルス科分類に属する新しい病原体という意味がある。すなわち、新型コロナウイルスは、コロナウイルス科(またはその下位分類)に属する新しい病原体という意味である。全く未知の新しい病原体という意図はない。「新型○○」という単語の使用は、2015年にWHOが決めた新しい感染症命名スキームに準拠している。[10] [11] [12]

歴史的に、病原体は場所、個人、または特定の種にちなんで名付けられる慣行が多くあったが、その慣行は現在WHOによって支持されていない。[10] [11] [12]

ウイルスと病気の恒久的な正式名称は、それぞれICTVWHO国際疾病分類 (ICD)によって決定される。

詳説

脚注

  1. ^ a b Murray and Nadel (2010). Chapter 31.
  2. ^ a b Cunha (2010). pp. 6–18.
  3. ^ a b Melmed (2011). p. 636
  4. ^ a b c The 2019–2020 Novel Coronavirus (Severe Acute Respiratory Syndrome Coronavirus 2) Pandemic: A Joint American College of Academic International Medicine‑World Academic Council of Emergency Medicine Multidisciplinary COVID‑19 Working Group Consensus Paper”. ResearchGate. 2020年5月16日閲覧。
  5. ^ The 2019–2020 Novel Coronavirus (Severe Acute Respiratory Syndrome Coronavirus 2) Pandemic: A Joint American College of Academic International Medicine‑World Academic Council of Emergency Medicine Multidisciplinary COVID‑19 Working Group Consensus Paper”. ResearchGate. 2020年5月16日閲覧。
  6. ^ “Coronavirus disease named Covid-19”. BBC News. https://www.bbc.com/news/world-asia-china-51466362 .
  7. ^ According to ICD-10 the disease is referred to as "2019-new coronavirus acute respiratory disease [temporary name]". It is not listed in ICD-11.
  8. ^ a b Synonyms include 2019 coronavirus pneumonia and Wuhan respiratory syndrome
  9. ^ ヒトコロナウイルスNL63 (HCoV-NL63)の一部の株をニューヘブンコロナウイルス (HCoV-NH)と呼ぶため、混同に注意。
  10. ^ a b Ghosh R, Das S. A Brief Review of the Novel Coronavirus (2019-Ncov) Outbreak. Global Journal for Research Analysis. 2020; 9 (2).
  11. ^ a b World Health Organization Best Practices for the Naming of New Human Infectious Diseases. World Health Organization. May 2015.
  12. ^ a b Budhwani, Henna; Sun, Ruoyan (2020). “Creating COVID-19 Stigma by Referencing the Novel Coronavirus as the "Chinese virus" on Twitter: Quantitative Analysis of Social Media Data” (英語). Journal of Medical Internet Research 22 (5): e19301. doi:10.2196/19301. https://www.jmir.org/2020/5/e19301/. 
  13. ^ Host jump capability may not persist
  14. ^ a b 水谷哲也,「新種のコロナウイルス」『ウイルス』 63巻 1号,p.1-6, 2013年, 日本ウイルス学会, doi:10.2222/jsv.63.1
  15. ^ Middle East Respiratory Syndrome Coronavirus (MERS-CoV); Announcement of the Coronavirus Study Group Journal of Virology, Published ahead of print 15 May 2013, doi: 10.1128/JVI.01244-13
  16. ^ Naming of the Novel Coronavirus WHO, 28 May 2013

関連項目


 

Back to Top
Close