ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

🏛|新型コロナ大規模集団接種始まる 伊勢会場、知事ら状況視察


写真 【新型コロナワクチン集団接種会場を視察する(右奥から)鈴木知事、鈴木伊勢市長、中村度会町長=伊勢市の県営サンアリーナで】

新型コロナ大規模集団接種始まる 伊勢会場、知事ら状況視察

 
内容をざっくり書くと
鈴木知事は「伊勢市と度会町、医療スタッフの協力で順調に接種できている状況が確認できた」とし、「ワクチンが感染防止や命を守る決め手となっている。
 

【伊勢】三重県を主体とする新型コロナウイルスワクチンの大規模集団接種が19日、三重県伊勢市朝熊町の県… →このまま続きを読む

 伊勢新聞


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

伊勢市

伊勢市(いせし)は、三重県南東部に位置する都市である。

伊勢神宮鳥居前町として発達した都市で「神都」の異名を持つ。かつては宇治山田市を名乗っていた[1]

三重県を代表する観光都市の1つであり、名古屋関西といった大都市圏からのアクセスに優れることから年間を通じて大勢の観光客で賑わう。

江戸時代には「お伊勢まいり」の街として全国から多くの人が訪れ、現在も伊勢志摩の中心都市となっている。伊勢神宮では20年に一度社殿を建て替え神座を移す「神宮式年遷宮」が催行され、街に活気をもたらすことから「伊勢の町は遷宮のたびに新しくなる。20年ごとに活性化する」と言われている[2]。直近の式年遷宮は2013年(平成25年)に開催された。

1906年明治39年)までは度会郡に属しており、一部に旧多気郡域を含む。明治維新直後の慶応4年7月6日から明治2年7月17日まで度会府府庁が置かれた。廃藩置県により度会府は度会県となり、三重県に編入される1876年(明治9年)4月18日まで県庁所在地であった。

地理

志摩半島の北東部に位置する。市の北部は平地伊勢平野の南端)であり、伊勢湾に面している。南部は標高100m - 500mの丘陵山地が広がる。

中心市街地は伊勢神宮 外宮(豊受大神宮)の周辺に形成されている。市街地を外れた森の中に、伊勢神宮 内宮(皇大神宮)が位置する。

「伊勢市」と称する以前は「宇治山田市」と称しており、内宮周辺が宇治、外宮周辺が山田に当たる。

地形

気候

小俣(1981 - 2010)の気候
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
平均最高気温 °C°F9.2
(48.6)
9.9
(49.8)
13.2
(55.8)
19.2
(66.6)
23.5
(74.3)
26.6
(79.9)
30.5
(86.9)
31.8
(89.2)
28.1
(82.6)
22.3
(72.1)
16.9
(62.4)
11.9
(53.4)
20.26
(68.47)
平均最低気温 °C°F0.0
(32)
0.3
(32.5)
3.1
(37.6)
8.4
(47.1)
13.6
(56.5)
18.1
(64.6)
22.2
(72)
23.0
(73.4)
19.6
(67.3)
13.0
(55.4)
6.9
(44.4)
1.9
(35.4)
10.84
(51.52)
降水量 mm (inch)56.9
(2.24)
69.9
(2.752)
126.9
(4.996)
137.3
(5.406)
194.2
(7.646)
217.3
(8.555)
175.9
(6.925)
180.9
(7.122)
315.0
(12.402)
196.0
(7.717)
112.1
(4.413)
55.3
(2.177)
1,837.7
(72.351)
平均月間日照時間164.5157.5177.1191.2181.1140.9174.1209.7157.0158.0159.1175.52,045.7
出典:気象庁[3] ※日照時間は1987 - 2010年の平年値

伊勢と宇治山田

宇治山田という地名は、翌年に市制町村制の施行を控えた1888年(明治21年)に紛糾の末[4]、「宇治山田共ニ往古ヨリ稱スル著名ノ冠名ニ付、兩稱ヲ合セテ宇治山田ト撰定ス」[5]すなわち、「宇治と山田は古来から全国民に親しまれている」という理由から内宮鳥居前町の宇治と外宮鳥居前町の山田の両方の名を合わせて決定した[6]。町名には神都または伊勢の名を冠するべき[6]、宇治を外して山田と単称するべきという意見のほか[5]、そもそも市とするか町とするか、宇治と山田は別個に町制を敷くべき、といった議論もあった[7]1887年(明治20年)時点の人口は26,546人で、市制の標準人口の25,000人は満たしていた[8]が、「宇治山田町」として出発することになった[6]

その後、1906年(明治39年)9月1日に市制を施行することになったが、また名称をめぐる問題が起きた[6]。結局、この時点では町名と同じ宇治山田を市名とすることで決着したが、これ以降、折に触れて市名問題が発生することになる[9]。具体的には1935年(昭和10年)頃、1941年(昭和16年)の神社町編入時、1943年(昭和18年)の大湊町・浜郷村・宮本村編入時である[9]1948年(昭和23年)1月には戦災復興都市計画の中で市名改称の是非を問う公聴会が開かれたが、賛成3人、反対15人、不明1人で否決された[10]

大きな流れとなったのは1955年(昭和30年)1月1日の豊浜村・北浜村・四郷村・城田村との合併であり、前年の1954年(昭和29年)11月13日に市名改称公聴会の賛成、11月29日の臨時市議会での議決を経て合併と同時に「伊勢市」に改称された[10]。このようにして自治体名としての宇治山田の名は消滅したが、現在でも駅名・学校名・店名などに残っている。

(例)近鉄宇治山田駅三重県立宇治山田高等学校三重県立宇治山田商業高等学校auショップ宇治山田店、ソフトバンク宇治山田店、宇治山田港

また、宇治山田神社という伊勢神宮皇大神宮(内宮)の摂社がある。ただし、読み方は「うじようだじんじゃ」である[11]

歴史

伊勢神宮鳥居前町として古代から発展し、江戸時代には江戸幕府が伊勢神宮の管理を目的とする山田奉行所を設置した。山田奉行所は大岡越前として知られる大岡忠相奉行を務めたことがあり、このころ紀州藩にいた徳川吉宗により、のちに抜擢されることになった。

明治から昭和にかけて参宮鉄道線(現在のJR東海参宮線)・参宮急行電鉄本線(現在の近鉄山田線)・伊勢電気鉄道本線(後の参宮急行電鉄伊勢線。1942年廃止)など鉄道が次々と開通したことにより参詣客が増加した。

さらに、国家神道の下で、第二次大戦までは「神都」として国威発揚の場ともなった。伊勢神宮は、江戸時代には「お伊勢さん」として民衆に親しまれたが、明治初年には、市内の寺院の数は300以上から15にまで減らされ、1871年には御師が廃止、神域にあった民家も破壊されるなど、民衆から隔絶した、天皇・皇室のための神社として改変された。「皇紀2600年」にあたる1940年(昭和15年)には、約800万人が参宮のために当地を訪れた(当時の市名は宇治山田市)。大戦末期には、6回の大規模な空襲を繰り返し受けた(宇治山田空襲[12]

1946年(昭和21年)11月20日には伊勢志摩国立公園に指定された。

1974年(昭和49年)1月14日、船江2丁目で火災が発生。付近に延焼し36棟が焼失、1人死亡[13]

1974年(昭和49年)7月7日には梅雨前線による集中豪雨。市内で1000戸以上が床上浸水、交通機関が停止したため、同日行われていた第10回参議院議員通常選挙に混乱も生じた[14]

市名の由来

宇治山田市からの市名の変更は、当地が伊勢神宮の門前町で、江戸時代から「お伊勢まいり」と呼ばれてきたことが要因とされる。

沿革

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、度会郡宇治町(宇治館町・宇治今在家町・宇治中ノ切町・宇治浦田町・宇治桜木町・宇治中ノ町・宇治古市町・宇治久世戸町)・山田町(山田倭町・山田尾上町・山田岡本町・山田岩淵町・山田吹上町・山田河崎町・山田船江町・山田一ノ木町・山田豊川町・山田田中中世古町・山田宮後町・山田一志久保町・山田大世古町・山田曽祢町・山田八日市場町・山田下中ノ郷町・山田常磐町・山田浦口町・山田二俣町・山田辻久留町・山田中島町・山田宮川町)の区域をもって宇治山田町が発足。
  • 1906年(明治39年)9月1日 - 宇治山田町が市制施行して宇治山田市となる。
  • 1941年昭和16年)5月5日 - 宇治山田市が度会郡神社町を編入。
  • 1943年(昭和18年)12月1日 - 宇治山田市が度会郡大湊町宮本村浜郷村を編入。
  • 1955年(昭和30年)1月1日 - 宇治山田市が度会郡豊浜村北浜村城田村四郷村を編入、即日改称して伊勢市となる。
  • 1955年(昭和30年)4月1日 - 度会郡沼木村を編入。
  • 1957年(昭和32年)4月1日 - 度会郡玉城町の一部(大字粟野)を編入。
  • 2001年平成13年)11月1日 - 柏町の一部を多気郡明和町に編入。明和町の一部(大字上野・明星・平尾の各一部)を編入。
  • 2005年(平成17年)11月1日 - (旧)伊勢市、度会郡二見町小俣町御薗村と合併し、改めて伊勢市が発足。
  • 2006年(平成18年)4月1日 - 度会郡玉城町の一部(大字長更の一部)を編入。

人口

Population distribution of Ise, Mie, Japan.svg
伊勢市と全国の年齢別人口分布(2005年)伊勢市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 伊勢市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

伊勢市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


行政・議会

市長

氏名就任日退任日備考
初代加藤光徳2005年11月27日2006年3月26日
2代2006年4月16日2009年10月7日中部国際空港海上アクセス事業不振の責任をとり辞職[15]
3代鈴木健一2009年11月15日現職

議会

議員定数:28名
任期:2017年(平成29年)11月27日から2021年(令和3年)11月26日

  • 議長:中山裕司(2015年12月10日現在)
  • 副議長:上田修一(2015年12月10日現在)
  • 監査委員:鈴木豊司(2015年12月10日現在)

構成 2015年12月8日現在[16]

会派議席数
市勢塾7
新風いせ6
新政いせ4
政友会3
公明党2
日本共産党2
自由民主党2
共同1
祥山会1
無会派0
欠員0

※なお、衆議院議員選挙の選挙区は「三重県第4区[17]、三重県議会議員選挙の選挙区は「伊勢市選挙区」(定数:4)[18]となっている。

合併に伴う地名表記

  • 旧伊勢市 → 変更なし
  • 旧御薗村 → 伊勢市御薗町
  • 旧小俣町 → 伊勢市小俣町
  • 旧二見町 → 伊勢市二見町

いずれの旧市町村域も大字以下の変更はない (例外として、二見町 茶屋、光の街の2地区が、二見町の中で独立した町名になった)。

公共施設

地区

旧伊勢市
  • 宇治山田地区
    • 明倫地区 - 吹上1~2丁目、岩渕1~3丁目、岩渕町、尾上町、岡本1~3丁目、岡本町、豊川町
    • 厚生地区 - 宮後1~3丁目、一之木1~5丁目、大世古1~4丁目、曽祢1~2丁目、本町、一志町、八日市場町
    • 有緝地区 - 船江1~4丁目、河崎1~3丁目
    • 早修地区 - 宮町1~2丁目、常盤1~3丁目、常磐町、浦口1~4丁目、浦口町
    • 中島地区 - 二俣1~4丁目、二俣町、辻久留1~3丁目、辻久留町、宮川1~2丁目、中島1~2丁目
    • 修道地区 - 倭町、古市町、久世戸町、中之町、桜木町、中村町桜が丘
    • 進修地区 - 宇治浦田1~3丁目、宇治浦田町、宇治中之切町、宇治今在家町、宇治館町
  • 神社地区 - 小木町、竹ケ鼻町、神社港、下野町、馬瀬町
  • 大湊地区 - 大湊町
  • 浜郷地区 - 神久1~6丁目、神田久志本町、黒瀬町、通町、一色町、田尻町
  • 宮本地区 - 勢田町、藤里町、旭町、前山町、大倉町、佐八町、津村町
  • 豊浜地区 - 磯町、西豊浜町、東豊浜町、樫原町、植山町
  • 北浜地区 - 有滝町、村松町、東大淀町、柏町
  • 城田地区 - 川端町、中須町、粟野町、上地町
  • 四郷地区 - 中村町、楠部町、一宇田町、朝熊町、鹿海町
  • 沼木地区 - 円座町、神薗町、上野町、横輪町、矢持町
二見町
  • 二見町今一色、二見町西、二見町溝口、二見町山田原、二見町光の街、二見町荘、二見町茶屋、二見町三津、二見町江、二見町松下
小俣町
  • 小俣町元町、小俣町宮前、小俣町本町、小俣町相合、小俣町湯田、小俣町明野、小俣町新村
御薗村
  • 御薗町高向、御薗町長屋、御薗町王中島、御薗町新開、御薗町上條、御薗町小林

姉妹都市・提携都市

海外

提携都市

日本国内

提携都市
その他
  • 日本の旗全国門前町サミット
    全国の神社仏閣を中心に発展してきた門前町を有する自治体・観光協会・商業関係者などが集まり地域活性、街作り推進のため開催する会議。
  • 御食国サミット

経済

名産

企業

本社を置く企業

工場を置く企業

商業

市内各地にぎゅーとらマックスバリュ中部とよはたオークワなどがスーパーマーケットを、ジップドラッグスギ薬局などがドラッグストアを展開している。中心市街地には、伊勢銀座新道商店街伊勢高柳商店街を始め、多くの商店街が存在する。

大型商業施設

日本郵政グループ

(2012年12月現在)

  • 伊勢郵便局岩渕二丁目) - 集配局。★
  • 伊勢大世古(おおぜこ)郵便局(大世古)
  • 伊勢神社(かみやしろ)郵便局(神社港
  • 伊勢辻久留(つじくる)郵便局(辻久留)
  • 伊勢古市郵便局(古市町)
  • 伊勢筋向橋(すじかいばし)郵便局(常盤) ★
  • 宮本郵便局(佐八町=そうちちょう)
  • 五十鈴川郵便局(宇治中之切町) ★
  • 伊勢外宮前郵便局(本町)
  • 伊勢船江郵便局(船江
  • 伊勢御木本通(みきもとどおり)郵便局(勢田町=せいたちょう)
  • 伊勢朝熊(あさま)郵便局(朝熊町)
  • 豊浜郵便局(東豊浜町)
  • 伊勢浜郷(はまごう)郵便局(黒瀬町)
  • 伊勢大湊郵便局(大湊町)
  • 伊勢河崎郵便局(河崎)
  • 伊勢北浜郵便局(村松町)
  • 伊勢一之木郵便局(一之木)
  • 沼木郵便局(上野町)
  • 伊勢城田(きだ)郵便局(上地町)
  • 小俣郵便局(小俣町元町) ★
  • 御薗郵便局(御薗町高向(たかぶく)) ★
  • 二見郵便局(二見町荘) ★
  • 明野簡易郵便局(小俣町明野)
  • 御薗長屋簡易郵便局(御薗町長屋)
  • 今一色(いまいしき)簡易郵便局(二見町今一色)
  • 名古屋支店 イオンタウン伊勢ララパーク内出張所(小木町=こうぎちょう)(ATMのみ/ホリデーサービス実施)
  • 名古屋支店 イオン伊勢店内出張所(楠部町)(ATMのみ/ホリデーサービス実施)
その他簡易郵便局を除く各郵便局にATMが設置されており、★印の郵便局ではホリデーサービスも実施。

※伊勢市内の郵便番号は以下のとおり(特記無しは伊勢郵便局の集配担当)。

  • 515-05xx」「516-00xx」「516-11xx」=合併前からの伊勢市域(朝熊町の一部を除く)、御薗町上條の一部
  • 516-08xx」=旧御薗村域(御薗町上條の一部を除く)
  • 519-05xx」=旧小俣町域
  • 519-06xx」=旧二見町域
  • 517-0081」=朝熊町の一部(鳥羽郵便局の集配担当)

地域

  • 伊勢志摩地方の行政・経済の中枢となっている。
  • 「伊勢っこ正直」といわれるように、気候風土のためか、伊勢神宮があるためか、伊勢市民は性格が穏やかで明るいといわれる。
  • 伊勢商人
    • 江戸時代、東海道の始点であった日本橋周辺で呉服屋など堅実に商売をしていた。

学校

伊勢市は三重県南部では最大の都市であり、三重県南部ほぼすべてを周辺人口に含むため、文化施設と高等学校が多い。

大学

私立

高等学校

公立
私立

中学校

全ての市立中学校でエアコンが設置されている[23]

伊勢市立
私立

小学校

全ての学校にエアコンが設置されている[23]

すべて伊勢市立

交通

鉄道

中心となる駅は近鉄とJR東海の両社が接続し、外宮最寄りの中心市街地に位置する伊勢市駅であるが、近鉄に限れば、列車運行上の拠点(一部終点)となっている宇治山田駅の方が利用者は多くなっている。

JR logo (central).svg 東海旅客鉄道(JR東海)
近畿日本鉄道 近畿日本鉄道(近鉄)

かつては伊勢電気鉄道本線(後の参宮急行電鉄伊勢線。1930年 - 1942年。大神宮前駅など)、路面電車神都線(1903年 - 1961年)、ケーブルカー朝熊線(1925年 - 1944年)も存在した。

路線バス

高速バス

一般路線バス

道路

高速道路

有料道路

地域高規格道路

一般国道

主要地方道

一般県道

観光

2003年度には、伊勢神宮を中心として年間約550万人の観光客が訪れた。式年遷宮が催行された2013年には26,412,049人が来訪[25]、伊勢神宮には14,204,816人が参拝した[26]

また、近畿地方内の多くの小学校が修学旅行先としており、JR近鉄の臨時列車も運行される。観光ガイドでは、「伊勢・奈良京都」が「3点セット」とされる事がある。

2012年6月1日より、それまで市の緑化推進キャラクターだった「花照ちゃん」(2009年開催の「全日本花いっぱい伊勢大会」のマスコットとして公募)が市の観光PRキャラクターに任命され、名前もひらがな表記の「はなてらすちゃん」に改められた[27]

名所・旧跡

観光スポット

祭事・催事

博覧会

伊勢ではこれまでに数多くの博覧会が開催されている。既に1873年(明治6年)には、文明開化を意図して神宮司庁と度会県庁の共催で実施されている[34]。観光的な意図をもって博覧会が開催されるようになったのは、昭和以降である[34]。以下に挙げる博覧会のうち、平成に入ってから開催された世界祝祭博覧会以外は、「伊勢の博覧会男」の異名を持ち、宇治山田市長を務めた北岡善之助が開催に関与している[35]

  • 御遷宮奉祝神都博覧会[36] - 1930年(昭和5年)3月10日〜同年5月31日に開催。「国体に関する資料」と「優良産品」の展示が行われた。来場者数は55万人。会場跡地は宇治山田駅となった[37]
  • 平和博覧会[38] - 1948年(昭和23年)3月31日~同年5月31日に開催。倉田山を主会場とし、大神宮前駅跡地と近鉄宇治山田駅前を分会場としていた。北海道から熊本県まで日本中から特産物が出品され、観光・勧業両面で成果を挙げた。来場者数は443,115人。
  • 御遷宮記念お伊勢博覧会[39] - 1954年(昭和29年)3月31日〜同年5月31日に開催。宇治山田市と宇治山田商工会議所が主催し、倉田山と宇治山田駅前で開かれた。開幕は伊勢会館(現在の伊勢市観光文化会館)で、各界の代表者千数百人を招待して盛大に行われた。神宮神宝館・百万ドル真珠館・サーカスなどがあった。大々的に宣伝を行った割には入場者は45万人と低調で、一般には失敗だったと受け止められている[40]
  • 伊勢参宮博覧会[41] - 1958年(昭和33年)3月19日〜同年5月7日に開催。神宮式年遷宮と伊勢商工会議所の発足30周年を記念し、伊勢商工会議所の主催、神宮司庁・三重県庁・伊勢市教育委員会の協賛で行われた。会場は倉田山公園。この年には日本国内9か所で博覧会が予定されていたことから県庁は開催に反対したが、北岡善之助は「全国各地で博覧会があるからこそ、伊勢でも実施するのだ」として押し切り、商工会議所単独で主催した[42]倭姫命御一代館、南極昭和基地、全国商工会議所関係展示、テレビジョン電波実演、伊勢音頭などがあった。45万人が来場し、規模の割には予想外の集客を達成した[43]
  • 世界祝祭博覧会 - 1994年(平成6年)7月22日〜同年11月6日に開催。愛称は「まつり博・三重’94」で、テーマは「新たな“であい”を求めて」。来場者は351万人。会場跡地には三重県営サンアリーナがある。

伝統工芸

※すべて三重県指定伝統工芸品

関連有名人

伊勢市ゆかりの著名人

歴史上の人物

映画

作家

芸能

政治

スポーツ

その他

伊勢市を舞台とした作品

  • 鉄道唱歌 第五集 関西・参宮・南海篇』(作詞:大和田建樹、作曲:多梅稚
    大和田建樹は鉄道唱歌を作詞するに当たって、国家や歴史において重要な意義を持った場所には多く歌詞を割り当てる傾向があり、ここの場合も伊勢神宮と二見興玉神社の夫婦岩を舞台にして、5番を割いている。
25.伊勢の外宮のおわします 山田に汽車は着きにけり 参詣いそげ吾(わが)友よ 五十鈴(いすず)の川に御禊(みそぎ)して
26.五十鈴の川の宇治橋を わたればここぞ天照 皇大神(すめおおかみ)の宮どころ 千木たかしりて立ち給う
27.神路の山の木々あおく 御裳濯川(みもすそがわ)の水きよし 御威(みいつ)は尽きじ千代かけて いずる朝日ともろともに
28.伊勢と志摩とにまたがりて 雲井に立てる朝熊山(あさまやま) のぼれば富士の高嶺まで 語り答うるばかりにて
29.下りは道を踏みかえて 見るや二見の二つ岩 画(え)に見しままの姿にて 立つもなつかし海原に
  • 半分の月がのぼる空』(橋本紡)
    前述の通り、作者が伊勢市出身である事が大きく関係している。(ドラマ版のロケ地は栃木県佐野市であるが、2010年4月3日公開の映画版は伊勢市での撮影となる。)
  • 砂の器』(松本清張
    原作では伊勢市駅前付近、映画・ドラマ版では二見浦駅前付近が一場面として登場。

その他

参考文献

  • 伊勢市『伊勢市史』伊勢市役所、昭和43年
  • 宇治山田市役所『宇治山田市史 上巻』宇治山田市役所、昭和4年
  • 外山秀一「現代に回生する鳥居前町 伊勢市」『近畿 I 地図で読む百年 京都・滋賀・奈良・三重』(平岡昭利野間晴雄 編、古今書院、2006年、ISBN 4-7722-3053-X)121-124頁
  • 橋爪紳也『人生は博覧会 日本ランカイ屋列伝』晶文社、2001年5月30日、284pp. ISBN 4-7949-6489-7

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 三重県宇治山田市 (24B0010001)”. 歴史的行政区域データセットβ版. 2020年3月19日閲覧。
  2. ^ 外山(2006)124ページ
  3. ^ 気象庁|過去の気象データ検索”. 2014年12月26日閲覧。
  4. ^ 伊勢市(1968)92ページ
  5. ^ a b 宇治山田市役所(1929)234ページ
  6. ^ a b c d 伊勢市(1968)93ページ。
  7. ^ 伊勢市(1968)92 - 93ページ
  8. ^ なお三重県でほかにこの基準を満たしていたのは津市のみ
  9. ^ a b 伊勢市(1968)94ページ
  10. ^ a b 伊勢市(1968)95ページ
  11. ^ 財団法人伊勢神宮崇敬会"宇治山田神社(うじようだじんじゃ)"(2010年11月23日閲覧。)
  12. ^ 山口千代己 (1988年7月). “悲惨だった三重県の空襲”. 三重の文化 - 歴史の情報蔵. 三重県環境生活部文化振興課県史編さん班. 2014年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月29日閲覧。
  13. ^ 伊勢で36棟焼ける 火勢増した備蓄の油『朝日新聞』昭和44年(1974年)1月14日朝刊、13版、19面
  14. ^ 「土石流、家をなぎ倒す 瀬戸内3島 逃げる背に迫る岩」『朝日新聞』昭和44年(1974年)7月8日朝刊、15版、11面
  15. ^ 伊勢新聞 (2009年10月8日). “伊勢市 森下市長、思い語る 幹部職員に辞任あいさつ”. 47ニュース. オリジナルの2013年9月6日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2013-0906-1417-14/www.47news.jp/localnews/mie/2009/10/post_20091008105017.html 2013年9月6日閲覧。 
  16. ^ 会派・委員等名簿”. 伊勢市議会事務局. 2016年10月9日閲覧。
  17. ^ 衆議院小選挙区図 (PDF) 三重県選挙管理委員会
  18. ^ 県議会議員の選挙区と定数 Archived 2011年4月21日, at the Wayback Machine. 三重県選挙管理委員会
  19. ^ 「友好提携の歴史」(友好提携の歴史)
  20. ^ 「友好関係さらに深く 災害時に相互応援 伊勢市と長野県飯田市 協定書に調印」中日新聞 1996年3月2日付 朝刊 22面 伊勢志摩版
  21. ^ さわ餅”. 名物 へんば餅. へんばや商店. 2018年3月5日閲覧。
  22. ^ 小俣・宮川周辺エリア”. 伊勢市. 2018年3月5日閲覧。
  23. ^ a b 小川尭洋「津市立全小学校もエアコンを設置へ 20年度までに完了目指す」朝日新聞2017年1月19日付朝刊、三重版27ページ
  24. ^ 沼木バス”. 沼木まちづくり協議会. 2016年10月9日閲覧。
  25. ^ 平成25年市町別及び地域入込客数延数”. 三重県雇用経済部 観光・国際局 観光政策課. 2015年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月25日閲覧。
  26. ^ 観光地点等分類ごとの入込客数”. 三重県雇用経済部 観光・国際局 観光政策課. 2015年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月25日閲覧。
  27. ^ 伊勢市の観光PRキャラクター任命式(伊勢市公式サイト「はなてらすちゃんのにっき」、2012年6月1日)
  28. ^ 村松町は例年7月第3土曜だが参院選の年は1週遅れる事がある。東大淀町は隣接する多気郡明和町大淀の祇園祭と同日に行われるため年によっては8月上旬になる。
  29. ^ 円座のかんこ踊 
  30. ^ 佐八(そうち)町のかんこ踊り
  31. ^ 御頭神事 伊勢市。2021年6月24日閲覧。
  32. ^ 御頭神事 三重県教育委員会事務局 社会教育・文化財保護課。2021年6月24日閲覧。
  33. ^ a b 川原田喜子 (2016年2月14日). “七起こしの舞 疫病払う 伊勢 「高向の御頭神事」 800年以上歴史「国重文」 地元若者 勇壮に”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 朝刊 三重総合版 27 
  34. ^ a b 伊勢市(1968)630ページ
  35. ^ 橋爪(2001)249 - 278ページ。
  36. ^ 伊勢市(1968)631ページ
  37. ^ 伊勢市立伊勢図書館: “ふるさとの風 睦月”. 図書館だより1月号 No.155増刊. 伊勢市立伊勢図書館. 2015年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月24日閲覧。
  38. ^ 伊勢市(1968)632 - 633ページ
  39. ^ 伊勢市(1968)633 - 634ページ
  40. ^ 橋爪(2001)273ページ
  41. ^ 伊勢市(1968)634 - 635ページ
  42. ^ 橋爪(2001)274 - 275ページ
  43. ^ 橋爪(2001)275ページ
  44. ^ 宇治山田市役所 編『宇治山田市史 下巻』宇治山田市役所、昭和4年3月5日、1690p.(1350ページより)
  45. ^ サンライズ出版 » 石田三成の青春”. サンライズ出版. 2016年7月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年7月16日閲覧。
  46. ^ 三重映画フェスティバル実行委員会 (2013年3月18日). “三重映画フェスティバル実行委員会”. 2013年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月4日閲覧。
  47. ^ 中日新聞社 (2017年2月1日). “伊勢進富座で出演作初上映 伊勢出身の岡明子さん”. 47NEWS. 2017年3月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年3月17日閲覧。
  48. ^ 第8回伊勢市民功労賞、伊勢市民スポーツ賞表彰式”. 伊勢市秘書課 (2013年11月2日). 2015年11月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年11月29日閲覧。
  49. ^ 力士・協会員紹介 - 東関部屋公式ホームページ”. 東関部屋. 2015年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月7日閲覧。
  50. ^ 明和町出身の音楽家・長岡成貢さんプロデュースのアーティストが伊勢でライブ”. 伊勢志摩経済新聞. 2019年1月11日閲覧。
  51. ^ 負け組法律事務所 〜沈黙する証人”. 水曜ミステリー9. テレビ東京 (2015年1月28日). 2015年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月4日閲覧。
  52. ^ 中日新聞 2007年9月12日朝刊 三重版、同年9月22日朝刊 三重版
  53. ^ 『広報いせ』平成20年9月号 18ページ

関連項目

外部リンク

行政
福祉
立法
観光
その他

感染管理

感染管理(かんせんかんり)、あるいは医療疫学とは、医療施設内での感染流行の予防を目的とした取り組みを指し、実践を重視した疫学の一分野である。公衆衛生活動と感染管理・医療疫学には共通点が多く、前者が社会全体に向けられたものであるのに対して後者は一般に特定の医療機関(群)の中に限られた問題を扱う。「感染対策活動」「感染予防管理活動」「感染制御活動」とも呼ばれ、感染制御チームを中心に施設内の多くの職種が共同して取り組む活動として病院の基本的な医療安全管理体制の一つに数えられる。

感染管理は大きく2つに分けられる。

  • 予防活動
  • 流行対策
    • 特定の医療機関内で発生した、もしくは発生が疑われる感染流行を対象に行う調査活動や対策(例:集団発生対策)。

医療機関における感染管理

発生状況の監視

感染監視(surveillance)とは、日常的に施設内での感染症の発生状況を把握することを指す。施設間・地域間の比較を容易にするために、血流感染症尿路感染症院内肺炎・・といった主な院内感染症の定義には米国院内感染サーベイランスシステム(National Nosocomial Infections Surveillance System, NNIS)の基準が用いられる。

実際には、感染制御チームの要員が患者カルテを調査したり、患者を直接診察して感染症に特有の症状や兆候の有無を判断したりしてデータを収集する。細菌検査室からの細菌検査室のデータも重要な情報源である。近年では細菌検査室データの自動化や電子カルテ化によりデータ抽出の自動化が進みつつあり、スタッフは臨床的なデータ収集により多くの時間を費やすことが可能となった。 院内感染の約1/3は予防可能であるとされ[1]、感染監視と予防活動は病院職員によっても次第に重要事項になりつつある。CDCによる院内感染管理プロジェクト(SENIC)によれば、感染監視活動と予防活動を重点的に行うことにより、院内感染の発症率を約32%減少させることができたと報告している。

感染拡大の予防

院内感染の伝播を防ぎ、医療従事者自身を感染から守るために、各病原体の感染経路に応じた対策をたて、手順をする必要がある。

手洗いを中心とした標準予防策

ウィーンゼンメルワイス(1847年)やボストンオリバー・W・ホームズ(1843年)により発表された独自研究により、医療従事者の手と院内感染との関連が示された[2]アメリカ疾病予防管理センター(CDC)はこれを受けて、「病原体の拡散を防ぐのに最も重要な方法は有効な手洗いであることが示された」と報告している[3]

手洗いはほとんどの医療機関で義務付けられており、米国では単に常識として守られるだけではなく様々な自治体や地方自治体によっても義務付けられている。 米国では労働安全衛生庁(OSHA)の基準[4]は、いつでも使える手洗い設備の設置を雇用者に義務付け、従業員が血液やその他の感染の恐れのある物質に触れた場合に、手やその他の皮膚を石鹸と水で洗ったり、粘膜を流水で洗えることを保証するように求めている。

日本では国立大学付属病院感染対策協議会による「国立大学病院院内感染対策ガイドライン」[5]をはじめとする指針が2002年に策定された。

  • 既知の感染の有無にかかわらず患者の血液・体液・分泌物・排泄物・損傷皮膚・粘膜に触れる前後に手洗いと手袋着用を推奨。手技に応じてマスク・ゴーグル・フェイスシールド・ガウンも使用。
  • 注射針、メス、その他の鋭利な器具による刺傷・切傷を避けるためにリキャップの禁止、使用直後の安全な廃棄のために医療廃棄物容器の適切な配置、さらに安全装置付き注射針の採用を呼びかけ。
  • 床・壁など環境表面の汚染時には手袋を着用し、ペーパータオルと消毒薬により清拭消毒。汚染されたリネンは洗浄まで周囲への汚染を防ぐために適切に保管する。
  • 血液で身辺を汚染する可能性のある患者は個室に収容する。

隔離予防策

さらに、原因となる病原体が分かっている場合はそれぞれに特有な感染経路に応じて適切な隔離予防策をとる。

空気(飛沫核)感染隔離

  • 医療従事者はN95マスクを着用。
  • 患者の個室環境・手術室・気管支鏡検査室・呼吸機能検査室では1時間に6回以上の強制換気により陰圧を保つ。院外へはHEPAフィルターを介して排気。構造上不可能な場合にはポータブルのHEPAフィルター内蔵空気清浄機を代用し、12回換気を行う。
  • 患者移送のため公共エリアを通過する際には外科用マスクを着用、または気管内挿管の際には呼気フィルタを装着。

飛沫感染隔離

  • 患者から半径1m以内での活動には外科用マスクを装着。
  • 個室隔離・集団隔離の際にはベッドを2mずつ離して配置。
  • 患者移送のため公共エリアを通過する際には外科用マスクを着用。

接触感染隔離

  • 患者や汚染表面への接触前後に手洗い・手袋着用。
  • 全身で患者や汚染表面に接触する可能性がある場合はガウン着用。
  • 個室内で使用する医療器具はなるべく専用とする。

清掃・消毒・滅菌

患者の手が触れる病室や共用エリアの接触表面は日常的な清拭により清掃。手が触れない壁や床は1日1回の清掃。 MRSAやVRE、クロストリジウム・ディフィシレ保菌者の接触する領域では4級アンモニウム塩やアルコールを用いた清拭により日常的に消毒を行う。 再利用可能な医療器具の消毒滅菌には、それぞれ想定される病原体に応じた方法が選択されなければならない。

個人用保護具

(Personal protective equipment, PPE)は医療従事者が危険から身を守るために身につける衣類や器具を言う。医療現場での危険とは、ウイルス性肝炎HIVなどの病原体を含む可能性のある血液・唾液・その他の体液やエアロゾルへの曝露を指す。個人用保護具はそれらの感染性物質と医療従事者の間に物理的なバリアを作ることにより曝露を防ぐことを目的とする。

米国ではOSHAの基準により、血液その他の感染性物質への曝露が十分に予想される場合、血液感染の病原体から身を守るため医療従事者に防護具の着用を求めている。[6]

防護具には・・帽子・靴カバー・顔面シールド・(口対口呼吸用の)マスクゴーグル・などの種類がある。どれを組み合わせてどのように使うかは、通常医療機関ごとに定められた規則によって決定される。ほとんどの器具は、完全に消毒滅菌するための高コストを考慮して、使い捨てするようにできている。OSHAの基準では、感染性物質に曝露した現場を去るときに、直ちに防護具を外して消毒または廃棄するように求めている。[7]

医療従事者への予防接種

作業中に感染症に曝露される可能性のある医療従事者には、ワクチンを活用して感染から身を守ることができる。通常用いられるのはB型肝炎インフルエンザ三種混合(麻疹/水痘/風疹)・新三種混合(ジフテリア/破傷風/百日咳)・髄膜炎菌帯状疱疹ウイルスなどのワクチンで、施設の規則や勧奨・職種・個人の希望などに応じて医療従事者や救急隊員などが接種を受けている。一般的にワクチンの予防効果は完全とは言えず、一方で副作用も見られるため、十分な情報を元に接種の判断を行うべきである。[8]

感染症流行時の調査

感染監視により感染症の発症率が通常よりも高いことに気づくと、感染管理チームは調査によって、(1)それが本当の感染流行なのか、(2)細菌検査プロセスの汚染による偽の流行なのか、(3)通常の発症率がたまたまランダムに上昇しただけなのか、を判断する。もし(1)であれば流行の引き金となった要因を追究し、流行を食い止めるためにその要因を排除にかかる。通常は正しい手順が守られていないことが原因であることが多いが、時には建設工事など他の要因が関与していることもある。

感染管理と医療疫学の研修制度

感染管理を身に付けるにはいくつかの教育制度がある。職業的背景として、多くは看護師、時に臨床検査技師(特に臨床微生物検査)、そして医師(通常は感染症科医)が多い。感染管理と医療疫学に特化された研修コースは下記の職能団体によって提供されている。医師として感染管理に関わろうと考える者は感染症科の臨床研修を経ることが多い。

米国では、米国感染管理疫学認定機関(CBIC)は、医療従事者の職業的背景と実務経験を審査し、標準化された学科試験により知識のレベルをチェックした上で、感染管理担当者に免許を与えている。出願には2年間の活動経験が求められ、5年ごとに資格更新の必要がある。

また米国では、CDCと米国医療疫学会(SHEA)の合同で、病院疫学(病院における感染管理)のコース が毎年開催されている他、感染制御実践者協会(APIC)のコースもある。

感染制御チームと感染制御委員会

  • 感染制御チームは医療機関における実働部隊であり、感染制御委員会は感染制御チームを管理する立場にある(図1)。

感染管理専門職

脚注

  1. ^ Weinstein et al
  2. ^ CDC Guideline for Hand Hygiene in Health-Care Settings
  3. ^ CDC General information on Hand Hygiene
  4. ^ OSHA Bloodborne Pathogens Regulations 1910.1030
  5. ^ 国立大学病院院内感染対策ガイドライン(pdf 5.2MB)
  6. ^ OSHA Bloodborne Pathogens Regulations 1910.1030(d)(2)(i)
  7. ^ OSHA 1910.1030(d)(3)(vii)
  8. ^ CDC Vaccine Site
  9. ^ 佐藤法仁、渡辺朱理、苔口進、福井一博「歯科臨床実習生における感染制御専門資格および組織に関する認知度調査」INFECTION CONTROL(メディカ出版),Vol.16(6),p.97,2007.

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close