ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

🏛|10月4日に臨時国会召集、国会に伝達=官房長官


写真 

10月4日に臨時国会召集、国会に伝達=官房長官

 
内容をざっくり書くと
自民党総裁選に立候補した河野太郎行革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行の4氏は17日の共同会見で、総裁に選出され首相に就任した場合には、召集される臨時国会で所信表明演説を行い、その上で、衆院を解散して総選挙を実施するとの見解を示した。
 

[東京 17日 ロイター] – 加藤勝信官房長官は17日午後の会見で、10月4日に臨時国会を召集する… →このまま続きを読む

 ロイター


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

岸田文雄前政調会長

所信表明演説

所信表明演説(しょしんひょうめいえんぜつ)とは、政府の長が自分の考え(所信)を述べる演説である。

以降は日本国会におけるものについて説明する。議会を持つ自治体は、概ねこれに似たような形式で行われる事が多い。

日本の国会における所信表明演説

日本の国会の場合は内閣総理大臣本会議場で行う演説や、国務大臣が委員会の冒頭で演説するものを指すが、前者のほうがよく知られている。内閣総理大臣の演説は以下の場合に衆議院参議院の本会議場で行われる。

  • 通常国会の冒頭
  • 特別国会で内閣総理大臣が指名・任命された後
  • 国会の会期途中で内閣総理大臣が交代した場合

所信表明演説では、内閣総理大臣個人の所信として、国政についての方針や重点課題を説明する。議席を持つ各会派は所信表明演説に対して後日代表者1名が代表質問(一般質問)を行う。

なお、通常国会の冒頭に内閣総理大臣が内閣全体の方針や重点課題を説明する演説は、施政方針演説と呼ばれる。1953年(昭和28年)6月以前では臨時国会の冒頭など現在では所信表明演説として扱われる演説でも施政方針演説とされていた。

所信表明演説は通常20~30分程度で終わるのが通例だが、2009年(平成21年)10月26日に衆議院で行なわれた鳩山由紀夫首相の所信表明演説は52分間と、ここ10年では最長の記録となっている。

また2012年(平成24年)10月29日に召集された第181回国会(臨時国会)では、直前の第180回国会にて内閣総理大臣野田佳彦に対する問責決議が参議院で可決されていたことを理由に、野党側が参議院での所信表明演説を拒否した(当時の参議院は野党が多数派を占めるねじれ国会であった)ため、史上初めて衆議院でのみ演説が行われている[1]

通常国会の冒頭では所信表明演説ではなく施政方針演説が行われるのが通例であるが、第183回国会(通常国会)冒頭で内閣総理大臣安倍晋三は所信表明演説を行った。これは第182回国会(特別国会)首班指名後に所信表明演説と代表質問を行わずに閉幕したことに伴うものであり、第183回国会では平成25年度予算を提出した際に改めて施政方針演説も行った[2]

過去の首相の所信表明演説

過去の首相の所信表明演説
年月日国会首相
1953年(昭和28年)11月30日第18回国会吉田茂
1954年(昭和29年)11月30日第20回国会
1955年(昭和30年)12月2日第23回国会鳩山一郎
1956年(昭和31年)11月16日第25回国会
1957年(昭和32年)2月27日第26回国会岸信介
1959年(昭和34年)6月25日第32回国会
1960年(昭和35年)12月12日第37回国会池田勇人
1962年(昭和37年)8月10日第41回国会
1962年(昭和37年)12月10日第42回国会
1963年(昭和38年)10月18日第44回国会
1963年(昭和38年)12月10日第45回国会
1964年(昭和39年から)11月21日第47回国会佐藤栄作
1965年(昭和40年)7月30日第49回国会
1965年(昭和40年)10月13日第50回国会
1966年(昭和41年)7月12日第52回国会
1966年(昭和41年)12月15日第53回国会
1967年(昭和42年)7月28日第56回国会
1967年(昭和42年)12月5日第57回国会
1968年(昭和43年)8月3日第59回国会
1968年(昭和43年)12月11日第60回国会
1969年(昭和44年)12月1日第62回国会
1970年(昭和45年)11月25日第64回国会
1971年(昭和46年)7月17日第66回国会
1971年(昭和46年)10月19日第67回国会
1972年(昭和47年)10月28日第70回国会田中角栄
1973年(昭和48年)12月1日第72回国会
1974年(昭和49年)12月14日第74回国会三木武夫
1975年(昭和50年)9月16日第76回国会
1976年(昭和51年)9月24日第78回国会
1977年(昭和52年)7月30日第81回国会福田赳夫
1977年(昭和52年)10月3日第82回国会
1978年(昭和53年)9月20日第85回国会
1979年(昭和54年)9月3日第88回国会大平正芳
1979年(昭和54年)11月27日第90回国会
1980年(昭和55年)10月3日第93回国会鈴木善幸
1981年(昭和56年)9月28日第95回国会
1982年(昭和57年)12月3日第97回国会中曽根康弘
1983年(昭和58年)9月10日第100回国会
1985年(昭和60年)10月14日第103回国会
1986年(昭和61年)9月12日第107回国会
1987年(昭和62年)7月6日第109回国会
1987年(昭和62年)11月27日第111回国会竹下登
1988年(昭和63年)7月29日第113回国会
1989年(平成元年)6月5日第114回国会宇野宗佑
1989年(平成元年)10月2日第116回国会海部俊樹
1990年(平成2年)10月12日第119回国会
1991年(平成3年)8月5日第121回国会
1991年(平成3年)11月8日第122回国会宮沢喜一
1992年(平成4年)10月30日第125回国会
1993年(平成5年)8月23日第127回国会細川護煕
1993年(平成5年)9月21日第128回国会
1994年(平成6年)5月10日第129回国会羽田孜
1994年(平成6年)7月18日第130回国会村山富市
1994年(平成6年)9月30日第131回国会
1995年(平成7年)9月29日第134回国会
1996年(平成8年)11月29日第139回国会橋本龍太郎
1997年(平成9年)9月29日第141回国会
1998年(平成10年)8月7日第143回国会小渕恵三
1998年(平成10年)11月27日第144回国会
1999年(平成11年)10月29日第146回国会
2000年(平成12年)4月7日第147回国会森喜朗
2000年(平成12年)7月28日第149回国会
2000年(平成12年)9月21日第150回国会
2001年(平成13年)5月7日第151回国会小泉純一郎
2001年(平成13年)9月27日第153回国会
2002年(平成14年)10月18日第155回国会
2003年(平成15年)9月26日第157回国会
2004年(平成16年)10月12日第161回国会
2005年(平成17年)9月26日第163回国会
2006年(平成18年)9月29日第165回国会安倍晋三
2007年(平成19年)9月10日第168回国会
2007年(平成19年)10月1日第168回国会福田康夫
2008年(平成20年)9月29日第170回国会麻生太郎
2009年(平成21年)10月26日第173回国会鳩山由紀夫
2010年(平成22年)6月11日第174回国会菅直人
2010年(平成22年)10月1日第176回国会
2011年(平成23年)9月13日第178回国会野田佳彦
2011年(平成23年)10月28日第179回国会
2012年(平成24年)10月29日第181回国会
2013年(平成25年)1月28日第183回国会安倍晋三
2013年(平成25年)10月15日第185回国会
2014年(平成26年)9月29日第187回国会
2016年(平成28年)9月26日第192回国会
2017年(平成29年)11月17日第195回国会
2018年(平成30年)10月24日第197回国会
2019年(令和元年)10月4日第200回国会
2020年(令和2年)10月26日第203回国会菅義偉
2021年(令和3年)10月8日第205回国会岸田文雄

出典

関連項目


 

Back to Top
Close