ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

🏛|田崎史郎氏 「論戦で失言した者がふるいにかけられる」、自民党総裁選に


写真  田崎史郎氏

田崎史郎氏 「論戦で失言した者がふるいにかけられる」、自民党総裁選に

 
内容をざっくり書くと
田崎氏は「1回目に過半数を取る可能性があるのは河野太郎さん」「1回目に過半数をとれるかどうかが河野さんにとって大きな勝負。
 

政治ジャーナリストの田崎史郎氏が18日、読売テレビ・日本テレビ系「ウェークアップ」にリモート出演し、… →このまま続きを読む

 デイリースポーツ芸能

最新のニュースをお届けするデイリースポーツのニュースサイト、デイリースポーツonline(DailySportsOnline)の中から、エンタメ系の最新情報(速報)、特集情報をピックアップしてお届けします!エンタメに関するニュースならデイリースポーツonlineにお任せください。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

河野太郎

河野 太郎(こうの たろう、1963年昭和38年〉1月10日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(8期)、自由民主党広報本部長。

行政改革担当大臣国家公務員制度担当大臣新型コロナウイルス感染症ワクチン接種推進担当大臣内閣府特命担当大臣沖縄及び北方対策規制改革[注 1]防衛大臣(第20代)、外務大臣(第145146代)、国家公安委員会委員長第90代)、内閣府特命担当大臣規制改革防災消費者及び食品安全第3次安倍第1次改造内閣〉)、自由民主党行政改革推進本部長自由民主党幹事長代理、法務副大臣第8代)、総務大臣政務官人事行政管理行政評価恩給統計など旧総務庁関係の業務担当[1]第1次小泉内閣〉)、衆議院決算行政監視委員長外務委員長等を歴任。

父は自由民主党総裁副総理兼外務大臣、内閣官房長官科学技術庁長官衆議院議長等を務めた河野洋平。弟は日本端子代表取締役社長の河野二郎。副総理兼東京五輪担当大臣、建設大臣行政管理庁長官農林大臣を務めた河野一郎は祖父、元神奈川県会議長を務めた河野治平は曽祖父、参議院議長を務めた河野謙三は大叔父に当たる。

来歴・人物

生い立ち

1963年河野洋平の長男として生まれる。

学生時代

YWCA幼稚園、平塚市立花水小学校、慶應義塾中等部慶應義塾高等学校を卒業。高校時代は、祖父、大叔父、父と同様、競走部(陸上競技部)に入って主将を務め[2]箱根駅伝を目標にしていた[3]。高校の同級生に公明党所属の参議院議員西田実仁がいる。

1981年(昭和56年)4月に慶應義塾大学経済学部に入学するも2ヶ月で退学[4]。その後渡米。渡米後すぐにマサチューセッツ州アンドーバーでサマースクールに通った[5]。その後、コネチカット州ボーディングスクール、サフィールドアカデミー(Suffield Academy)で1年間過ごし[6]、1982年9月にワシントンD.C.ジョージタウン大学に入学、比較政治学を専攻[2]。1984年にジョージタウン大学を休学し、ポーランド中央計画統計大学(現在のワルシャワ経済大学)に交換留学[7][8]1985年(昭和60年)1月にジョージタウン大学に復学。1985年12月にジョージタウン大学卒業[2]

ジョージタウン大学ではニューヨーク・ニックスにいたパトリック・ユーイングと同級であった。在学中は、後に国務長官となるマデリーン・オルブライトのゼミに参加。米国外交を学ぶ[9]。ワシントンでは政治活動にもかかわり、1983年(昭和58年)にはアメリカの大統領選挙に立候補したアラン・クランストン上院議員(カリフォルニア州選出、民主党)の選対本部の財務部門でボランティアをしたり、リチャード・シェルビー下院議員(アラバマ州選出、民主党。のち共和党)の下でインターンを務めるなどした。

ポーランド中央計画統計大学在学中には、当時自宅軟禁下にあった、後にポーランド大統領になるレフ・ヴァウェンサ連帯」議長宅を訪問し逮捕され、一晩留置所で過ごしたエピソードがある。翌日に保釈された。当時は共産党の独裁政権下で、「大学の寮の食事は、ほとんど毎食、ジャガイモ酢漬けキャベツだけだった」と語っている[10]

社会人時代

帰国後、1986年(昭和61年)に富士ゼロックス(現:富士フイルムビジネスイノベーション)に入社し、調査統計部に配属された。企画部に転じた後に、サテライト・オフィスの実験を担当し、日本初の本格的サテライト・オフィスと称された「志木サテライトオフィス」の立ち上げにも関わった[11]。国際事業部に転じた後、シンガポールの富士ゼロックスアジアパシフィックで勤務した[12]1993年(平成5年)、日本端子に転じた。自動車や電気機器の部品メーカーで開発生産や海外輸出を担当[2]

衆議院議員

小選挙区比例代表並立制の導入に伴い、父・洋平の選挙区が分割されたため、1996年(平成8年)の第41回衆議院議員総選挙神奈川15区から自民党公認で立候補し、当選する(当選同期に菅義偉平沢勝栄渡辺喜美大村秀章河本三郎桜田義孝下地幹郎下村博文新藤義孝棚橋泰文田村憲久谷畑孝戸井田徹など)。

自民党ではしばらく無派閥、その後に麻生太郎の勧めで宮澤喜一が会長を務めていた宮澤派(宏池会)に所属していたが、1999年(平成11年)、父や麻生に従い同派を離脱し、河野グループ(大勇会)に移った。2000年(平成12年)の第42回衆議院議員総選挙で再選、2003年(平成15年)の第43回衆議院議員総選挙で三選。2002年(平成14年)12月には、川口順子外務大臣に対し「国民に対して説明責任を果たしていない」と非難して衆議院外務委員会理事を辞任。第1次小泉内閣総務大臣政務官人事行政管理行政評価恩給統計など旧総務庁関係の業務担当[1])、第3次小泉改造内閣法務副大臣を歴任。2006年自民党政調副会長法務担当)に就任[13]。自民党神奈川県連会長も務めていたが、2007年(平成19年)の神奈川県知事選挙(第16回統一地方選挙)で、河野の主導で県連が擁立した杉野正が惨敗した為、同年4月22日に引責辞任した。 また、法政大学大学院にて客員教授を務めている。

韓国の元ハンナラ党議員で駐神戸総領事の李成権[14]をかつて秘書としていた[15]

2008年(平成20年)9月、衆議院外務委員長に就任。

2009年(平成21年)9月、自由民主党総裁選挙へ出馬した[16]が、谷垣禎一に敗れた。11月11日、新世代保守を確立する会を設立。

2010年(平成22年)4月5日、自民党は離党した前幹事長代理園田博之の後任に河野を充てることを臨時役員会で決定し[17]、翌4月6日に正式就任した[18][19]9月22日自由民主党シャドウ・キャビネットで影の行政改革公務員制度改革担当大臣に就任し[20][21]、党内で規制改革事業レビュー事業仕分けなどを担当した。

国家公安委員長兼行政改革担当大臣

2015年10月7日第3次安倍第1次改造内閣において、国家公安委員会委員長行政改革担当大臣国家公務員制度担当大臣内閣府特命担当大臣規制改革防災消費者及び食品安全)として初入閣[注 2]

消費者庁徳島県への移転を推進したが[24]、国会対応や危機管理などの業務遂行が困難として全面移転を先送りにした[25]。河野が消費者相を退任した後、3年間の検討を経て消費者庁の全面移転見送りが発表された[26]

2016年8月3日、内閣改造に伴い退任。同年の第29回日本メガネベストドレッサー賞・政治部門を受賞[27][28]

外務大臣

2017年8月3日第3次安倍第3次改造内閣において、外務大臣に抜擢された。

同年8月に訪米し、米国で批准に至っていない包括的核実験禁止条約(CTBT)について、その早期批准を求めた[29][30]

2017年11月1日第4次安倍内閣で外相に再任。

2018年10月2日第4次安倍改造内閣で外相を留任[31]

2018年12月11日、記者会見においてロシアのラブロフ外相が「北方領土をロシア領と認めること平和条約の前提である」との認識を示したことに対して記者からの質問を「次の質問をどうぞ」と繰り返し、批判を浴びた(詳細は後述)。

2018年12月20日韓国海軍レーダー照射問題が発生。翌年にかけて韓国外交部筋との対応にあたる。

2019年3月22日、自身が腎盂腎炎であることを公表し、療養[32]。25日に公務復帰[33]

2019年4月26日、外務大臣就任後の延べ100か国目の外遊先としてサウジアラビアを訪問。前任の岸田文雄が約4年8か月間で延べ93か国であったことと比べても異例のハイペースである[34]とともに、これまでの外務大臣以上に中東を重視している点に特色があると評されている(後記「主な活動」の「外交」参照)。

2019年7月9日、1日配信の産経ニュースで河野には北方領土の四島返還の意思がないとする記事をツイッターで捏造、記者団の取材で誤報であると主張した件で産経新聞側の反論を受け言葉足らずであったと謝罪、発言の撤回を行った[35]

退任までの外国訪問回数は59回、のべ123の国・地域を訪問し、歴代最多記録を更新した。在任中、外国出張に費やしたのは実に291日で3日に1日以上のペースで外遊をしていたことになる。一方で「スタンプラリー外遊」とも揶揄された[36][37]

外務大臣として初の訪問となった国は、以下の14カ国[36]

東ティモールブータンモルディブパラオマーシャル諸島ミクロネシアエクアドルアイスランドアルメニアジョージアスロベニアバーレーン南スーダンモザンビーク

防衛大臣

2019年9月11日第4次安倍第2次改造内閣において防衛大臣に就任。

2020年6月15日イージスアショアの配備プロセス停止を発表し、さらに24日開催の国家安全保障会議にて正式な配備断念を決定したことを翌25日に発表した[38]。プロセス停止以前にイージス・アショア断念を報道したNHK読売新聞に対して「フェイクニュース。」だと非難したが、具体的な虚偽内容は指摘せず、結果的に事実であった[39][40]。当時「結果的に報道の通りになったらどうするか」との質問に、「結果的にそうなっていない」などと答え、やりとりがかみ合わない場面もあった[41]

行政改革担当大臣

2020年9月16日菅義偉内閣行政改革担当大臣国家公務員制度担当大臣内閣府特命担当大臣沖縄及び北方対策規制改革[42]に就任。

就任した翌日、行政改革目安箱を自身の公式サイトに開設した[43]。届いたものを「全部読む」と明言していたが、書き込みが殺到したため、翌日に停止[44]。25日に内閣府HPに「規制改革・行政改革ホットライン」として再設して役所のプロセスに乗せるも、書き込みの勢いは止まらず、11月27日に再び受付停止となった。成果として群馬県知事・山本一太からの要望で救急車の高速道路完全無料化がある一方、自身も問題提起していた各省庁の負担増につながる懸念もされる[45][46]

2021年1月18日、菅義偉首相から新型コロナウイルス感染症ワクチン接種推進担当大臣に任命された。厚生労働省など所管官庁のほか、製薬会社、医師会、医薬品卸業者、物流業者など多くの関係者との総合調整を担い、「令和の運び屋」と国会で自称した。同20日にはファイザー製薬とのワクチン供給契約の合意を発表した[47]

同年9月3日、菅義偉首相が次期総裁選への不出馬を表明したことを受け、総裁選へ出馬する意向を固めた[48]。同月10日、国会内で記者会見を開き、立候補を正式に表明した[49](総裁選期間中の言動については後述)。

同月29日の投開票の結果、河野は党員票を最多の169票獲得したものの1回目の投票でいずれの候補者も過半数に届かず、決選投票の末岸田文雄に87票の差で敗れた[50]

同年10月1日、自由民主党広報本部長に起用された[51]

政策・主張

経済・エネルギー

外国人労働者受入れ

  • 外国人労働者の受け入れを一貫して支持しているが従来の研修制度は「現代の奴隷制度」と批判し廃止を主張している[55]
  • 2006年9月22日法務省のプロジェクトチームの主査として、一定の日本語能力や、特定技能、日本企業との雇用契約などを条件に、外国人労働者の受け入れ拡大を提言する報告書をまとめた[62]
  • 2008年自民党「外国人労働者問題プロジェクトチーム」事務局長[注 3]として河野は、技能実習制度を廃止し、代わりに職種や能力を一切問わない単純労働者の就労を最長3年間認める「外国人労働者短期就労制度」を提言した。入国手続きを大幅簡略化し、3年経過後の外国人を帰国させる担保を、受け入れ企業に丸投げする内容という[63]
  • 2015年12月10日、労働力確保のための移民政策が必要であると主張した[64]。自民党は2016年3月に、外国人労働者の拡大と実質的な移民導入議論を開始、[65]2019年に新しい在留資格特定技能が始まった。

行政

  • 科学研究については、アカデミックハラスメントや経費の大学ローカルルール問題解決に取り組んでいる[66]。一方、失策だとされている運営交付金削減と競争資金増加のセットによる「選択と集中」[67][68]については問題視していない。国立大学法人への運営費交付金の減額の事実は認めているが、審査の必要な学改革等推進等補助金などの補助金を加算すれば増額していると述べた[69]。法人化と運営費交付金削減により発生した非正規職員の雇止め問題については[70]、大学側の人事管理計画の問題ではないかと主張している[69]
  • 公務員制度改革をはじめとして行政改革に熱心で、現在の官僚の在り方に対しては厳しい姿勢を取る。特に外務省に対する非常に激しい批判者の一人である[71]。一方で官僚の長時間労働およびそれに伴う人材流出には懸念を示しており、対策として「デジタル化」を掲げている[72]
  • 2008年に自民党の「無駄撲滅プロジェクトチーム」を率い、事業仕分けの手法で通称「アニメの殿堂」の予算凍結などを求めたが、当時の麻生政権では2009年度補正予算に盛り込まれた。河野は民主党政権下で事業仕分けを視察した際、「正直うらやましい。もっと厳しくやって」と仕分け人にエールを送り[73]、「民主党だけでできないなら、ぜひ私を入れてほしい」と自らの参加にも意欲を示した[74]
  • 行政手続きにおける印鑑の廃止に前向きな姿勢を取っている。ハンコ文化に理解を示すと同時に、業務の効率化のためにはハンコは減らすべきではないか、と述べたことがある[75]。2020年4月27日より、防衛省内部部局、統合幕僚監部陸上幕僚監部海上幕僚監部航空幕僚監部防衛装備庁防衛大学校は、内部決裁を全て電子決裁とし、省外からの書類に関しても印鑑証明が要らないものは印鑑を不要とした。印鑑証明に代わる証明については、総務省が検討中のシステムで行う[76][77]

外交・安全保障

  • 外務大臣就任から6か月経った2018年1月の外交所信表明において「人類が近代に創り出してきた自由、民主主義人権法の支配といった価値観は、それを生み出し維持していくために、政府に、国民に様々な努力を要求します。国際社会にそうした価値観を定着させるために、我々は、必要な支援の手を差し伸べていかなければなりません」「日本としては、選挙、議会、法律、司法、治安、徴税、入国管理などの様々な側面における各国の制度構築の取組に対し、積極的に手を差し伸べていきます」と述べた[78]
  • 中東外交に力を入れており[79]、「日本が中東に関与しない方がリスクが大きい」と述べている[79]。2019年4月末までの訪問先延べ100か国のうち20か国が中東であった[80][81]。2017年9月には、「河野四箇条」として、「知的・人的貢献」「『人』への投資」「息の長い取組」「政治的取組の強化」を表明している[82][83]。このような外交姿勢は、資源が不足する日本にとって、エネルギー資源に富む中東との関係が死活的に重要であるというのみならず、欧米各国を含む形で一神教的対立の舞台かつ国際的導火線となっている中東において、宗教的・歴史的な中立性を有する日本だからこそできる役割があるとの認識に基づくものであり、その到達点として、パレスチナ紛争を含めた中東和平促進への日本固有の積極的貢献(その結果としての日本の国益)をも見据えたものと評されている[84]
  • 日韓関係では、外務大臣就任期間中、日韓基本条約を覆す徴用工訴訟問題日韓貿易紛争日韓秘密軍事情報保護協定の破棄などが立て続けに起こり二国間関係の冷却化が進んだが、韓国側のカウンターパートである康京和外相とは、二人で日韓関係を新しい高みに引き上げようと意気投合しており、携帯電話で話ができる関係であった[85]。徴用工訴訟問題では、2019年7月に駐日大韓民国大使南官杓と会談する中で「極めて無礼」という言葉を用いて大使を叱責したが[86]、大臣退任後の同年10月3日、韓国大使館主催の国軍の日のイベントに閣僚級として唯一参加し、大使と挨拶を交わすフォローも行われている[87]
  • 自衛隊イラク派遣を巡っては、特措法の成立には賛成したものの、派遣の基本計画が法律の要件を満たさないことや、日本国民への説明が不十分なことを理由に批判的な立場をとった。日本国憲法や法律の根本に立ち返り、集団的自衛権の行使を認めた上で派遣すべきとした[88]
  • 自らの政権構想では、「日中関係を良好に保ち、中国民主化促進に努める」とした[89]。ロシアとも、共同経済活動が北方領土問題解決に繋がると考えている[53]
  • アメリカのシンクタンクが主催するオンライン形式の講演会で尖閣諸島を巡って中国との戦争の可能性を問われた際には「日米両政府は同盟に基づいて、尖閣諸島のために、武力の行使も辞さない」と述べた[90]

その他

  • 選択的夫婦別姓制度には賛意を示している[92]。自身のサイトにおいても、「一人っ子同士の結婚というのは、現実的にこれからも増え続けていく上、既婚女性が職業上、さらに責任ある地位につくことも増える。別姓が認められないために事実婚(事実上の結婚生活を送っているのに婚姻届を出さない、出せない)が増えていくことは、好ましいことではない」と述べている[93]
  • 2019年11月19日に開かれた同性婚を求める院内集会に「外務省主催行事では法律婚、事実婚、同性、異性にかかわらずパートナーをもてなしている」と紹介し「外務省として、性的指向少数者に対する理解促進への取り組みに引き続き関与していく考えです」とのメッセージを寄せた[94]
  • 受動喫煙問題に積極的に取り組んでいる。
    • 2003年12月12日、自民党の環境部会長として、環境部会を全面禁煙とした[97]
    • 2017年2月15日の厚生労働部会において、「永年、党本部では隣でたばこを吸われて、延々受動喫煙の被害に遭ってきた」[98]「これを契機に受動喫煙をきちんとやめるという決意で東京五輪を誘致したのではないか」[99]「どれだけたばこを吸っている人間が横に座っている人間のことを考えてこなかったか。胸に手を当ててきちんと考えてほしい」[99]と訴えた。
    • 2018年4月20日の記者会見で、「外務省は外国から大勢のお客さまをお招きしている。喫煙ルームでモクモクと煙が充満しているのはよくないし、喫煙ルームから出てきた人はしばらくの間、たばこの影響を周りに及ぼす」[100]として、外務省の庁舎内を全面禁煙のスモークフリーゾーンとする方針を発表した。
  • 皇位継承問題について、男系継承を優先させながらも女性天皇・女系天皇についても議論するべきだとしている[101]旧宮家他に皇別摂家の皇籍復帰も検討すべきだとしているが[102]、国民からの支持が得られていないという立場である[103]
  • 新元号の選定作業における有識者懇談会の後に開かれた全閣僚会議において、当時外相であった河野は真っ先に挙手をして「(由来は)国書から取るのが正しい」と発言した[105]。その発言の後に複数の閣僚が国書由来を求め、最終的に新元号の令和が決まった[105]
  • トランプ前大統領を支持。
  • 「森友学園」や「加計学園」の問題について、安倍晋三前首相の説明は十分だとしている[53]

主な活動

  • 2005年(平成17年)の第44回衆議院議員総選挙の際、自民党神奈川県連会長の立場から小泉純一郎首相(当時)へ比例南関東ブロック重複立候補するよう要請したが、公職選挙法により、ブロック内に張ってある同首相の名前や写真が入った政党ポスターをはがす必要があることが判明。そのため、同首相は重複立候補を断念したという経緯が全国報道された[要出典]
  • 2006年(平成18年)5月11日に自民党本部で会見を開き、同年秋の2006年自由民主党総裁選挙に立候補する考えを示していたが[106]、他の候補に比べて求心力に乏しく、推薦人の確保が困難だったために立候補を断念した。
  • 同年8月21日、役員が選挙区内にいる[107]等密接な関係のある[注 4]社団法人神奈川県エルピーガス協会の講演でオール電化住宅原子力政策に対し「国のプルサーマル計画は60兆円から80兆円掛かり、金食い虫だ!」「原子力政策を家に例えるとトイレのないものだ!」「電力会社や家電メーカーがスポンサーに入っているニュース番組では原子力問題について取り上げてくれない」などと全面的に批判し、「もっとLPガス事業者が主張すべきだ!」「核から新エネルギーに切り替えるまで液化石油ガス天然ガスを積極的に使うべきである」と地元産業であるLPガス事業界への厚い擁護を示した[108]。その後の電気自動車の普及に対しても一貫して否定的な姿勢を示している。
  • 国立メディア芸術総合センター構想について「今までの棚卸し対象の中で最もひどい事業であり、ただちに執行停止すべき」「海外への発信というが、効果などまったく計画・予測が立っていない。とても21世紀への投資とは思えない」「ここにいる国会議員も大いに反省するところであり、このような事業が通ってしまったことで補正予算全体の信憑性も問われかねない。政府与党の統治能力が問われる」と批判した[109]
  • 2010年(平成22年)5月18日に開催された自民党役員会にて、同党の青木幹雄・前参院議員会長(参院島根県選挙区)が夏の参院選への出馬を断念したことをめぐり、「青木さんは(長男に)世襲させるために公募をせず、最後にわざと倒れるという芝居じみたことをやった」といった趣旨の発言をし、他の出席者から「青木さんに失礼だ。取り消せ」と咎められ、河野は発言を撤回したと報じられている[110]
  • 2011年(平成23年)6月22日民主党が出した第177回国会会期を70日間延長する動議に、自民党の方針に反して岩屋毅と共に賛成[111]
  • 2019年(令和元年)10月29日、自身の政治資金パーティーで「私はよく地元で雨男と言われました。私が防衛大臣になってからすでに台風が三つ」と発言し、批判を受けた問題で、河野氏は記者会見と参院外交防衛委員会で「不快な思いをされた方におわびを申し上げたい」と謝罪した。台風19号などで多数の死者が出ており、不謹慎だとの批判がでていた。なお、河野氏は会見で「災害派遣に出動中の隊員の処遇をしっかり改善していかないといけないという趣旨だった」と弁明したが、発言は撤回しなかった[112]

記者会見における質問無視

  • 2018年12月11日、記者会見においてロシアのラブロフ外相が「北方領土をロシア領と認めること平和条約の前提である」との認識を示したことに対して、記者からの質問を「次の質問をどうぞ」と答えずロシア側の主張に反論もしなかった[113]
  • これに対し、多くの批判が集まった。NHKの記者は、「10年に渡り多くの記者会見に出席してきたが、質問を無視する会見は初めてだった」と述べ、「外務大臣に求められる国民に対する説明責任を果たしているかどうか疑問を禁じ得ない。誠実な会見対応を求める」と外務省記者クラブに申し入れた。立憲民主党辻元清美国会対策委員長は、「河野さんがっかりだよね」「記者が質問する後ろには国民がいると思うんですね。国民を無視しているというのに等しい。河野外務大臣は、若いころから『情報公開が何より大事』と、人一倍おっしゃってきた議員の一人なんですね。しかしころっと変わられて、貝のようになってしまうという」と語った。また、政治とマスメディアなどについて研究を行っている駒澤大学の逢坂准教授は、「マスメディアの質問は国民を代表する質問で、ちゃんとした回答を行うことが、国民の知る権利につながる。」「だからこそ、なぜ今回の会見でこうした態度をとったのか理解に苦しむ。今回の対応は、完全な『回答拒否』であると言わざるをえない」と指摘した[114]
  • 河野氏はその後、「せめていつものように『お答えは差し控えます』と答えるべきでした」「おわびして、しっかりと改めます」と自身のブログで謝罪した[115]

沖縄県と那覇市の沖縄振興予算の使用方法批判

2017年7月6日付のブログで6月17日に、沖縄県が『AKB48 49thシングル 選抜総選挙』に『沖縄振興に資する事業を県が自主的な選択に基づいて実施できる一括交付金』から2800万円の国費による振興金を使った。那覇市も国から支給された交付金を市内のAKBのイベントに支出した。そのため、「補助金をもらってイベントをやるだけならば、持続的ではない。一発勝負でAKB48の総選挙をやって、8,000人を呼び込んで、それが次にどうつながるか、はっきりした見通しもない。そもそも今日までにこの8,000人が達成されたどうかもわからない。一括交付金として県に(用途を)任せるのはかまわないが、一事が万事こういう使われ方をされているならば問題は大きい。」と沖縄県と那覇市の振興金の用途に疑問も呈した。「自民党の行政改革推進本部として、このソフト交付金の使われ方、その戦略、目的などを詳しくチェックすることにした」と沖縄振興交付金としてハードに670億円、ソフトに688億円支給されている沖縄県の各自治体への毎年の振興金に対する改革意思を述べた[116]

国籍法関連

  • 自民党法務部会の国籍問題に関するプロジェクトチームの座長を務めている。2008年(平成20年)9月からの第170回国会において、2008年(平成20年)6月5日に下された国籍法第3条1項が日本国憲法違憲となった最高裁婚外子国籍訴訟違憲判決を受けて、国籍法改正案の提出が議論を呼んだが、このチームは多重国籍に関する問題を扱うチームであり、この改正案に関するものではない。改正案は最高裁判決を受けて法務省が作成し、閣議決定を経て閣法として臨時国会に提出されたものである[117]
  • 提出された改正案は国籍要件の緩和を進めるものであるが、同じ国籍法に関するプロジェクトチームの座長を務めていたこともあり、河野に批判が殺到した。プロジェクトチームが取り扱う問題は、現在の国籍法において両親が国際結婚などで重国籍を持つ者が22歳になったときにどちらかの国籍を選択しなければならないという国籍法の規定が有名無実化しているという問題であり、提出された閣法は父母が婚姻をしていない場合において認知された子供であっても届出による日本の国籍の取得を可能とするものであって[118]、直接の関係はない。
  • 寄せられた批判に対し、河野は2008年(平成20年)11月14日付けのブログで反論を行っている。この法案は男性が外国人の子供を自分の子供だと認知すれば日本国籍を与えるという内容であるが、DNA鑑定が義務づけられていないため虚偽の申告をしても発見するのが難しいのではないか、また虚偽の申告が明らかになった場合でも懲役1年以下または罰金20万円以下というのはあまりにも軽い罰則であるということで、問題のある法案だと指摘されていた。これに対し、前者については婚姻の例を挙げながら認知届けが真正なものであるかについては父親と母親を別々に呼んでの審査等がある、として実態がない認知届けによる国籍取得が簡単にできるわけではないと述べ、後者については罰則は併合罪が適用され、より重い罪がありうるとの反論を行っている[119]

2021年自民党総裁選関連

  • 2021年9月10日に実施された自民党総裁選の出馬表明会見においては、「人が人に寄り添うぬくもりのある社会の実現」「みんなが次の一歩を踏み出そうと思えるようなリーダーになる」「重い扉をこじ開け、みんなと一緒になって日本を前に進める」といった理念を掲げた。その上で、自身のこれまでの実績として「ワクチン接種1日百万回の実現」「行政の文書における認印の廃止」「テレワークの推進」を挙げ、具体的な政策としては「PCRの抗原検査の簡易キットの薬局での販売」「年金制度ではなく、若者の将来の年金生活を守る」「デジタル化などの未来に繋がる投資」を挙げた[120]
  • 総裁選中石破茂小泉進次郎と連携し、三人の頭文字をとって「小石河(こいしかわ)」という造語ができて話題になった[121]
  • 総裁選においては、質問への回答を拒否する強気な姿勢が度々見られた。17日放送のnews zero(日本テレビ系)では、国民の負担を増やしても給付水準を維持すべきかとの質問に、「こういう質問は僕、やめた方がいいと正直、思います。あんまり意味がない質問じゃないかな」と回答を拒否した[122]。22日放送のNEWS23(TBS系)では、コロナウイルス感染拡大に伴う酒類提供など制限の緩和時期を問われ「無責任な質問はよくない。科学的データなしに聞くのはおかしい。メディアに反省してもらわないといけない」と回答を拒否した[123]。また、日本ウイグル協会など国内13の民族団体などで構成する「インド太平洋人権問題連絡協議会」が行った候補者アンケート及び日本の尊厳と国益を護る会が行った候補者に対する質問書について、4候補のうち唯一期日までの回答がなかった(当初河野陣営は回答しないとの連絡をしていたが、後日どちらも回答した)[124][125]
  • 選挙期間中、インターネット上の一部で、河野の弟の河野二郎が代表を務め、河野自身も2%の株を保有し大株主となっている日本端子との関係が問題になった。同社は中国に複数の関連会社を保有しており、うち1社は中国共産党から全国優秀党務工作者として表彰された陈炎顺氏が代表を務めるBOEとの合弁企業であった[126]
    • 河野は19日の日曜報道(フジテレビ系列)で米軍の中距離ミサイル配備について、「米軍との役割分担が決まらないうちに議論しても無意味だ。勇ましく『やれやれ』という人が喜ぶだけで、日中関係の安定につながらない」と指摘したこと[127]、20日のプライムニュース(BSフジ系列)にて河野談話について、「安倍・菅内閣で踏襲されてきたことを踏まえ、自身も踏襲する」と述べたこと、24日の政策討論会で「靖国神社への参拝を首相在任中はしない」と表明したこと[128]等から、他の候補と比較し中国に対して融和的であると評されることが多い。
    • また、河野は「いつの日か、再生可能エネルギー100%も絵空事ではない」[129]と発言するように、次の成長産業として再生可能エネルギーへの投資を強く主張している。
    • 以上の経緯から、中国と深い関係を有し太陽光ビジネスも展開している日本端子の影響について懸念する声が広がった。これに対し、河野は「私の政治活動に影響を与えるということは全くない」と明言し、同社株の保有についても「資産報告を毎回しっかりやっており、何の問題もない」と答えた[130]
    • なお、週刊文春の取材によれば、河野は日本端子等のファミリー企業から少なくとも6700万円の献金を受け取っている。親族や関係企業から多額の献金を受けていることへの見解などの週刊文春の質問に対しては、期日までの回答はなかった[131]
  • 選挙期間中、寄せられたインターネット上の一部で批判に対し、河野は2021年9月28日付の自身のブログで「ネット上の誹謗中傷というのは、これまでもいわれなきものを含めたくさんありました」と反論を行っている[132]

評価

  • 小泉純一郎は「あの男は大化けするかもしれないぞ。彼は脱原発だしな」と評価した[133]
  • 2019年9月に河野が外務大臣を退任した際、中国外務省の華春瑩報道局長は「河野太郎先生は外相を担当した2年間、中日関係の改善と発展に多くの努力をされた。中国は積極的に評価している。今後も中日の友好と協力に大きな貢献を希望する」と述べた[134]
  • 所属する志公会の領袖である麻生太郎は「英語はうまいし、間違いなくそれなりの存在はきちんとできあがっている」と評価しつつも「常識に欠けている」と指摘した[135]

役職歴

内閣

菅義偉内閣
第4次安倍第2次改造内閣
第3次安倍第3次改造内閣第4次安倍内閣第4次安倍第1次改造内閣
第3次安倍第1次改造内閣
第3次小泉改造内閣
第1次小泉内閣

衆議院

自民党

議員連盟

その他

  • 日本競走馬協会会長
  • 神奈川県陸上競技協会会長

所属団体・議員連盟

エピソード

  • 小学生時代、ボーイスカウトに所属していた[139]
  • 幼少期よりアトピー性皮膚炎を発症。現在もアトピーに悩まされており、多忙な時期や汗をかくと肌の調子が悪くなってしまうため、塗り薬保湿剤で症状を抑えている[140][141]
    • 金属やプラスチック製のベルトと違って手首のアトピーがひどくならないことから、製の腕時計を愛用している。河野が愛用しているものは2017年8月にマニラで開催されたASEANの創設50周年を祝う式典で記念品として配られたものである[142]
  • 英語で講演やインタビューの受け答えが出来るレベルの英語力がある[143][144]
  • 為公会の懇親会で二次会に行った際、カラオケアリスの『冬の稲妻』を披露したが、合っているのがテンポだけという、余りの唄いっぷりに、岩屋毅は衝撃を受けた[143]山本一太ブログで、河野のカラオケ歌唱について「音符と歌が全く合わない」「並外れた声量」と評し、「東京都と神奈川県の迷惑防止条例(?)により、河野太郎氏が『カラオケで2曲以上歌う』ことを禁止されている」とまで誇張気味に書いている[145]
  • 河野家の4代目ということで当初から注目され、本人も積極的にマスコミに出て発言をし、党を超えて広範な人脈を築いている。
  • インターネットでの活動にも積極的であり、ブログメールマガジンの発信はもちろん、mixiに『河野太郎と語る日本の未来』というコミュニティも自ら開設している。また、法務副大臣時代には、2ちゃんねるの管理人・西村博之とも対談した[153]。自民党でも広報本部のマルチメディア局長として、2007年(平成19年)よりYouTubeに開設された自民党公式チャンネル「LDPChannel[154]」に積極的に登場している。
    • 2009年(平成21年)3月29日ニコニコ動画のニコニコ生放送に出演(マルチメディア局主催・松本純内閣官房副長官の「教えてまつじゅん」の司会を務める)。
    • 2009年(平成21年)11月5日中国の新浪ブログに「河野太郎的博客(河野太郎のブログ)」と題するオフィシャルブログを開設した。ブログは中国語で書かれており、中国人ネットユーザーへ向けてメッセージが掲載されている[155]
    • 他方で、2015年の閣僚入りに際してブログを非公開としたこともあった[156]
    • Twitterに対して否定的であったが、2010年(平成22年)1月、自民党ブロードバンド部会で孫正義に勧められ『宗旨変え』し、Twitterを使用し始める。
    • 2019年以降、時折行うユーモラスな内容のツイート[157]エゴサーチ能力の高さ[158]が話題になることも多くなっている。その一方で批判的な意見をブロックすることもあるが[159]、河野氏とやりとりしたことないのにブロックされたと主張する人もいる[160]。これについて、河野は2021年9月7日の定例会見で「通りすがりに見知らぬ人を罵倒するということはやらないと思うが、SNS上ではそういうことがかなり頻繁に起きている」「ブロック機能を使うことは問題はない」「ブロックされてもツイートを見ることは普通にできる」[注 6]と述べた[160]
  • フジタが撤退し、存続の危機に陥っていたJリーグ湘南ベルマーレ取締役会長を、2000年(平成12年)から2005年(平成17年)まで務めている(政務官と副大臣と国務大臣の時代は除く)。現在でもベルマーレのサポーターであり、Twitterでもベルマーレ関連のコメントを出すことが多い[162][163]
  • 2019年5月21日午前11時26分に、自身のTwitterにて「ああ、ベーコンは、結局、^%£$+*•!%🌀✔️✖️🎶💱」と投稿。意味不明なツイートに対し、様々な反応や憶測が飛び交うようになり、AFP通信世界にニュース配信するほどの話題となった[164]
  • NHKが政府の新型コロナウイルスワクチン接種のスケジュール案を報道したことに対しデタラメだとツイート[165]、この発言に対し原口一博衆議院議員は厚生労働省から提示された資料[166]にスケジュールの想定がされていることを指摘し、反射的な反応と諌めた[167]

著書

  • 『河野太郎の国会攻略本 あなたの政策で日本が変わる!!』英治出版 2003
  • 『私が自民党を立て直す』洋泉社・新書 2010
  • 『原発と日本はこうなる 南に向かうべきか、そこに住み続けるべきか』講談社 2011
  • 『「超日本」宣言 わが政権構想』講談社 2012
  • 『共謀者たち 政治家と新聞記者を繋ぐ暗黒回廊』 河野太郎 (著), 牧野洋 (著) 2012

共著

  • 『決断 河野父子の生体肝移植』河野洋平共著 朝日新聞社 2004
  • 『変われない組織は亡びる』二宮清純共著 2010 祥伝社新書
  • 『「原子力ムラ」を超えて ポスト福島のエネルギー政策』飯田哲也,佐藤栄佐久共著 NHKブックス 2011

論文

家族・親族

系譜

  • 河野氏
 
 
 
 
杉田湛誓
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
石橋湛山
 
 
 
石橋藤左衛門
 
きん
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
石橋湛一
 
久美子
 
 
 
 
 
 
 
 
岩井尊記
 
うめ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
足立正
 
足立龍雄
 
 
足立正晃
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
山梨勝之進
 
泰子
 
 
啓子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
伊藤忠兵衛
 
伊藤恭一
 
 
伊藤勲
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
本郷房太郎
 
周子
 
 
武子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
河野謙三
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
河野治平
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
河野太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
河野一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
河野洋平
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
照子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
田川平三郎
 
 
 
 
 
 
 
田川誠一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
田川誠治
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
田川秀雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
河野一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
河野謙三
 
 
河野鉄雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
園子
 
 
河野剛雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
顕子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岡本良平
 
岡本茂俊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岡本伝之助
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岡本達彬
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岡本経世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
田川誠一
 
伸子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
和子
 
 
 
 
 
 

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 新聞などのメディアでは、河野行政改革相行革相)、河野行政・規制改革相、河野沖縄・北方担当相、河野ワクチン相、河野ワクチン担当大臣と表記される。
  2. ^ 内閣府特命担当大臣ほか、総理大臣からの口頭指示として死因究明等の推進、公文書管理、公正取引委員会特定秘密保護関連なども担当[22][23]
  3. ^ 座長・長勢甚遠 幹事長・塩崎恭久
  4. ^ ただし全国LPガス政治連盟、自由民主党LPG対策議員連盟には名を連ねていない。
  5. ^ 河野太郎は著名なフリーメイソンである医師の高須克弥からこの宣言が賞賛されている[151]。高須は太郎に次期首相になることまで期待している[152]
  6. ^ Twitterは相手のアカウントにブロックされた場合でも、ログアウト状態またはブロックされていない別のアカウントでログインしている場合はその相手のアカウントのツイートを見ることが出来る[161]

出典

  1. ^ a b 河野太郎公式サイト ごまめの歯ぎしり 2002年1月8日号
  2. ^ a b c d 衆議院議員 河野太郎公式サイト プロフィール”. 2018年1月30日閲覧。
  3. ^ 河野太郎 (2010年8月7日). “学生時代は競走部で箱根駅伝を目指してました。最近は....選挙運動ぐらいでしょうか。”. Twitter. 2021年5月18日閲覧。
  4. ^ 衆議院議員河野太郎氏、「予算編成論」にてゲスト講演”. 2017年1月2日閲覧。
  5. ^ 2003年3月31日号”. 2017年1月2日閲覧。
  6. ^ 河野太郎公式サイト ブログ”. 2017年1月2日閲覧。
  7. ^ 日本エネルギー改革論(1)~自民党・河野太郎衆議院議員×環境エネルギー政策研究所所長・飯田哲也氏”. 2017年1月2日閲覧。
  8. ^ 第20号 『異議があります!』”. 2017年1月2日閲覧。
  9. ^ 総務大臣政務官 首相官邸(Archived 2002年8月3日, at the Wayback Machine.)
  10. ^ 第20号 『異議があります!』”. 2017年1月2日閲覧。
  11. ^ 私と情報処理 - 『情報処理』2017年10月号 pp.874 - 875
  12. ^ フェイクウィキ”. ごまめの歯ぎしり. 河野太郎公式サイト (2018年4月14日). 2018年4月15日閲覧。
  13. ^ 河野太郎公式サイト ごまめの歯ぎしり 2006年10月2日号
  14. ^ 駐神戶大韓民國總領事館
  15. ^ 隣国の肖像<4>脱「ロビー」 冷戦後の政治交流は 西日本新聞 2005年1月23日
  16. ^ 2008年自由民主党総裁選挙では当時51歳の石原伸晃石破茂が出馬した。
  17. ^ “逆襲なるか自民 若手の「政権力委員会」、幹事長代理には河野氏 (1/2ページ)”. MSN産経ニュース(産経新聞. (2010年4月5日). http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100405/stt1004052229011-n1.htm 2010年4月13日閲覧。 
  18. ^ “「変わる意思なければサッサと辞める」幹事長代理就任で河野太郎氏”. MSN産経ニュース(産経新聞). (2010年4月6日). http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100406/stt1004061323007-n1.htm 2010年4月13日閲覧。 
  19. ^ 河野太郎公式サイト 自由民主党幹事長代理” (2010年4月6日). 2010年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月13日閲覧。
  20. ^ シャドウ・キャビネット 自民党公式サイト
  21. ^ »ごまめの歯ぎしり » 影の行政刷新・公務員制度改革担当相»
  22. ^ 河野太郎公式サイト ごまめの歯ぎしり 2016年3月26日号
  23. ^ 河野太郎公式サイト ごまめの歯ぎしり 2017年5月25日号
  24. ^ 消費者庁を徳島に? 河野大臣は前向き、職員は抵抗”. テレビ朝日 (2015年12月22日). 2021年1月28日閲覧。
  25. ^ “消費者庁、徳島全面移転は当面見送り 「危機管理困難」”. 朝日新聞. (2016年7月29日). https://www.asahi.com/articles/ASJ7Y3VXRJ7YUTFL003.html 
  26. ^ “消費者庁、徳島の全面移転は見送り 国会対応など東京で”. 朝日新聞. (2019年8月19日). https://www.asahi.com/articles/ASM8M54NQM8MUTFK00D.html 
  27. ^ ちなみに前回は岸田文雄
  28. ^ “『メガネ ベストドレッサー』広末涼子&西内まりやらが受賞”. ORICON STYLE. (2016年10月3日). http://www.oricon.co.jp/news/2079348/full/ 2016年10月4日閲覧。 
  29. ^ “CTBT早期批准を=日米外相会談で河野氏”. 時事通信社. (2017年8月18日). オリジナルの2017年8月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170818045430/https://www.jiji.com/jc/article?k=2017081800325&g=pol 2017年9月9日閲覧。 
  30. ^ 「日本の核武装議論を忌避するな」島田洋一 『産経新聞』2017.9.6
  31. ^ 首相「全員野球内閣」 第4次改造内閣発足、新任は12人”. 日本経済新聞 (2018年10月2日). 2018年10月21日閲覧。
  32. ^ 河野外相が腎盂腎炎 公務取りやめ”. 日本経済新聞 電子版 (2019年3月22日). 2020年8月11日閲覧。
  33. ^ 河野太郎外相が5日ぶり公務復帰 腎盂腎炎で療養:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2020年3月25日). 2020年8月11日閲覧。
  34. ^ 外相、訪問先が延べ100カ国に 批判の声に動じず
  35. ^ 河野氏「真摯に反省」 北方領土返還めぐる発言 本紙が抗議”. 産経新聞. 2021年7月31日閲覧。
  36. ^ a b 河野太郎 (2019年9月24日). “数字で見る河野外交”. BLOGOS. 2020年1月28日閲覧。
  37. ^ 日本放送協会 (2019年9月25日). “3日に1日は、海外にいた…「河野外交」の評価は”. NHK政治マガジン. 2020年1月28日閲覧。
  38. ^ イージス・アショア配備計画を断念、代替地は困難-河野防衛相ブルームバーグ
  39. ^ イージス、新屋配備断念報道 防衛相が否定「フェイクニュースだ」”. 河北新報. 2021年1月20日閲覧。
  40. ^ 政治家の危険な「フェイクニュース」発言 イージス停止もコンビニの外国人労働提言も偽物?”. Yahoo!ニュース 個人. 2021年1月25日閲覧。
  41. ^ 社説:フェイク発言 防衛相の姿勢、無責任だ”. 秋田魁新報社. 2021年1月20日閲覧。
  42. ^ 菅内閣 閣僚等名簿2020年9月16日、首相官邸HP
  43. ^ 「縦割り110番」投稿4000件超で一時停止 河野行革相 日本経済新聞 (2020年9月19日) 2020年9月20日閲覧。
  44. ^ 縦割り110番は内閣府に 河野氏「全部読む」も修正”. 朝日新聞デジタル. 2021年1月20日閲覧。
  45. ^ 河野行革相縦割り110番に提案8400件 調整着手…負担増懸念も”. SankeiBiz. 2021年1月20日閲覧。
  46. ^ 中央省庁“長時間労働”明確「対策必要だ」”. 日テレNEWS24. 2021年1月20日閲覧。
  47. ^ 今日、ファイザー社とワクチンの供給について正式に契約になりました。...”. Twitter. 2020年1月20日閲覧。
  48. ^ 河野行改相 総裁選出馬の意向固める”. TBS. 2021年9月3日閲覧。
  49. ^ 河野氏「コロナ前に戻るのではなく前に進める」 出馬表明会見要旨” (日本語). 毎日新聞. 2021年9月10日閲覧。
  50. ^ 【速報】自民党総裁選 岸田氏 新総裁に選出 決選投票で”. NHK. 2021年9月29日閲覧。
  51. ^ 自民党 広報本部長に河野規制改革相 岸田新総裁が意向固める”. NHK. 2021年9月30日閲覧。
  52. ^ 財政再建計画、高成長依存の「逃げ道」絶つべき=自民・河野氏 Reuters 2015年2月5日
  53. ^ a b c d 2017衆院選,自民,南関東,河野 太郎”. 毎日新聞. 2021年2月8日閲覧。
  54. ^ 軽減税率よりも”. 衆議院議員 河野太郎公式サイト. 2021年2月8日閲覧。
  55. ^ a b c d 中島岳志の「自民党を読む」(4)河野太郎”. 論座. 2021年2月26日閲覧。
  56. ^ 現在の雇用のあり方の改革”. 河野太郎公式ブログ ごまめの歯ぎしり. 2015年9月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年9月4日閲覧。
  57. ^ 河野太郎真のエネルギー政策を語る 11/05/14 - YouTube
  58. ^ 樋渡氏、オスプレイ配備に前向き 玄海原発再稼働も容認”. 共同通信 (2014年12月3日). 2015年2月4日閲覧。
  59. ^ “すさんでいく「公共図書館」武雄市「TSUTAYA」委託が最悪例”, 選択: 105, (2015-02) 
  60. ^ 原告団NEWS
  61. ^ 神奈川県エルピーガス協会のページより
  62. ^ 今後の外国人の受入れに関する基本的な考え方 (PDF)
  63. ^ 『中国人国家ニッポンの誕生 移民栄えて国滅ぶ』西尾幹二編 ビジネス社 2014年 中川秀直1000万人移民受入れ提言と同時期
  64. ^ 日本は移民政策が必要、労働力確保で中国に負ける可能性=河野担当相 ロイター 2015年12月10日
  65. ^ 自民、在留資格の新設を検討/外国人労働受け入れで 四国新聞 2016年3月15日
  66. ^ どれどれ研究者の皆様へ”. 衆議院議員 河野太郎公式サイト. 2021年1月25日閲覧。
  67. ^ 日本の科学研究はなぜ大失速したか 〜今や先進国で最低の論文競争力”. 現代ビジネス. 2021年1月25日閲覧。
  68. ^ “日本の科学研究力 「選択と集中」が招く低迷”. Mainichi Daily News. (2018年7月26日). https://mainichi.jp/articles/20180726/ddm/005/070/035000c 
  69. ^ a b 研究者の皆様へ”. 衆議院議員 河野太郎公式サイト. 2021年1月25日閲覧。
  70. ^ 東大、東北大…国立大学で進む「雇用崩落」の大問題”. 現代ビジネス. 2021年1月25日閲覧。
  71. ^ 公務員制度改革リスタート”. 河野太郎公式ブログ ごまめの歯ぎしり (2013年8月7日). 2013年8月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年9月24日閲覧。
  72. ^ 河野大臣「優秀な官僚が霞が関を去るのは問題」。働き方改革で夜10時以降“閉庁”求めた署名受け取る”. www.businessinsider.jp. 2021年1月20日閲覧。
  73. ^ “自民・河野太郎氏「正直うらやましい」 事業仕分け視察”. 朝日新聞. (2009年11月27日). http://www.asahi.com/seikenkotai2009/TKY200911270411.html 2019年10月20日閲覧。 
  74. ^ “政府の事業仕分け、自民・河野氏が参加意欲”. 日本経済新聞. (2010年11月11日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS11029_R11C10A1PE8000/ 2019年10月20日閲覧。 
  75. ^ 「果たしてハンコが必要なのか」河野防衛相” (2020年4月24日). 2020年6月21日閲覧。
  76. ^ “防衛省政務三役らの内部決裁、印鑑不要に 機密文書除き電子化”. 毎日新聞. (2020年4月27日). https://mainichi.jp/articles/20200427/k00/00m/010/236000c 2020年6月21日閲覧。 
  77. ^ 防衛省 政務三役の「印鑑」決裁を電子化へ 河野防衛相”. 日テレNEWS (2020年4月28日). 2020年6月21日閲覧。
  78. ^ 外務省「第196回国会における河野外務大臣の外交演説」
  79. ^ a b NHK政治マガジン「河野外交 なぜ中東を重視するのか?」
  80. ^ 河野外務大臣臨時会見記録(平成31年4月28日)
  81. ^ 外務省「河野外務大臣:会談・訪問記録」
  82. ^ 外務省「第1回日アラブ政治対話」
  83. ^ 第1回日アラブ政治対話における河野外務大臣スピーチ
  84. ^ 布施広「中東外交に注力する外相:河野太郎という政治家」
  85. ^ 河野太郎防衛相が日韓外交の舞台裏を激白 「康京和外相とは意気投合していたが……」”. 文芸春秋11月号 (2019年10月13日). 2019年10月13日閲覧。
  86. ^ 「極めて無礼だ」 河野外相が韓国大使に激怒! 通訳さえぎり異例の猛抗議のワケ - FNN.jpプライムオンライン
  87. ^ 東京で韓国国慶日行事…茂木外相は出席せず、河野防衛相だけ顔出す”. 中央日報 (2019年10月4日). 2019年10月5日閲覧。
  88. ^ 反対しない与党”. ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第20号 『異議があります!』. 2019年9月4日閲覧。
  89. ^ 河野太郎の特別メニュー(政権構想) (PDF)
  90. ^ 衆院解散「10月中には」尖閣「武力行使も辞さず」”. NHK. 2021年4月8日閲覧。
  91. ^ ニュージャージー州知事”. 河野太郎公式ブログ ごまめの歯ぎしり (2006年5月27日). 2015年9月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年9月4日閲覧。
  92. ^ 同性婚と選択的夫婦別姓「いずれも賛成」河野ワクチン担当相”. 産経ニュース (2021年9月16日). 2021年9月16日閲覧。
  93. ^ 例外的夫婦別姓について”. ごまめの歯ぎしり ハードコピー版 第18号 『国会議員は詐欺師か』. 2019年9月4日閲覧。
  94. ^ 「同性婚は右、左の問題じゃない」同性婚を求める当事者と国会議員。政党や思想を超えて一堂に会した”. ハフポスト. 2021年7月5日閲覧。
  95. ^ 河野氏「腐ったリンゴを樽に戻せば全部腐る」 総裁選 朝日新聞 2009年9月23日
  96. ^ 新党は考えず 河野氏 - MSN産経ニュース
  97. ^ ある二月の一日 - 河野太郎公式サイト” (2017年2月17日). 2018年4月22日閲覧。
  98. ^ 2017年2月15日の受動喫煙対策法の厚生労働部会の各議員の発言に突っ込んでみた”. 2018年4月22日閲覧。
  99. ^ a b “受動喫煙防止対策で自民大もめ 「東京だけでやれ!」「煙吸う人のことも考えろ!」厚労部会は賛否割れる”. 産経新聞ニュース (産業経済新聞社). (2017年2月15日 21時36分). http://www.sankei.com/politics/news/170215/plt1702150027-n2.html 
  100. ^ “外務省、庁舎内を全面禁煙 河野太郎外相が表明「モクモクよくない」”. 産経新聞ニュース (産業経済新聞社). (2018年4月20日11時38分). https://www.sankei.com/politics/news/180420/plt1804200016-n1.html 
  101. ^ 河野氏、女系天皇検討に言及 ポスト安倍で違い明確化”. 朝日新聞. 2020年8月24日閲覧。
  102. ^ 皇別摂家 - 河野太郎公式サイト” (2016年10月22日). 2019年7月28日閲覧。
  103. ^ 皇統の議論”. 河野太郎公式サイト. 2020年8月24日閲覧。
  104. ^ 陵墓を守る - 河野太郎公式サイト” (2016年7月8日). 2019年7月28日閲覧。
  105. ^ a b INC, SANKEI DIGITAL (2019年4月2日). “【新元号】「令和」は政府が追加委嘱した3案の1つ 有識者懇談会で全員賛成は「令和」のみ” (日本語). 産経ニュース. 2021年10月1日閲覧。
  106. ^ [1]麻生外相、総裁選へ出馬表明,2006年6月9日
  107. ^ 参考[2][3]
  108. ^ 神奈川県エルピーガス協会より
  109. ^ 無駄遣い撲滅PT(文教・科学技術等分野)政策棚卸し~文部科学省所管公益法人・独立行政法人~開催 自民党衆議院議員ふくだ峰之の政治活動日記 2009年6月16日閲覧
  110. ^ 河野太郎氏「青木さんわざと倒れた」…すぐ撤回 2010年5月18日読売新聞
  111. ^ “自民、浜田氏を除名処分 河野・岩屋両氏は役職停止1年”. 朝日新聞. (2011年7月5日). https://archive.fo/MqijN 2011年10月16日閲覧。 
  112. ^ “河野防衛相が「雨男」発言を謝罪 「不快な思いを」”. 朝日新聞. (2019年10月29日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASMBY3J8QMBYUTFK003.html 
  113. ^ 河野外相、ロシア外相発言に反論せず 記者会見で回答拒否”. 日本経済新聞. 2021年7月31日閲覧。
  114. ^ 記者が見た「次の質問どうぞ」”. NHK政治マガジン (2018年12月17日). 2019年7月5日閲覧。
  115. ^ 「次の質問どうぞ」を河野外相が謝罪 ブログで「反省」”. 朝日新聞 (2018年12月15日). 2019年7月5日閲覧。
  116. ^ ごまめの歯ぎしり、OKN48
  117. ^ 第170回国会 議案の一覧 閣法の一覧
  118. ^ 理由(法務省サイト)
  119. ^ 国籍法に関するQ&A
  120. ^ 【LIVE】河野氏 出馬表明会見 自民党総裁選 YouTube 2021年9月10日
  121. ^ 一気に広まった「小石河」…功を奏すか、人気とりで終わるか 読売新聞
  122. ^ 河野太郎氏、news zeroで「こういう質問はやめた方がいい」 スポーツ報知 2021年9月18日
  123. ^ 河野氏、テレビ質問を批判 コロナ規制解除で 日経新聞 2021年9月23日
  124. ^ 河野氏、対中非難決議「採択すべき」 ようやく回答 産経新聞 2021年9月24日
  125. ^ 3氏、女系天皇に否定的 河野氏回答せず、護る会 産経新聞 2021年9月23日
  126. ^ 中共中央关于表彰全国优秀共产党员、全国优秀党务工作者和全国先进基层党组织的决定 新华网 2021年6月29日
  127. ^ 高市氏、米ミサイル配備「積極的にお願い」 河野氏ら慎重―自民総裁選 時事通信 2021年9月19日
  128. ^ 首相就任でも靖国参拝、高市氏明言 河野氏は否定、岸田氏含み 時事通信 2021年9月24日
  129. ^ 自民党総裁選、河野氏が所信「実行力任せて」 法人税の減税にも言及 2021年9月17日 朝日新聞
  130. ^ 河野氏、親族企業の中国との関係「政治活動に影響全くない」2021年9月21日 産経新聞
  131. ^ 河野太郎ワクチン相 “ファミリー企業”から6700万円の献金を受けていた 週刊文春 2021年9月21日
  132. ^ 私にお寄せいただいているご指摘・ご質問について
  133. ^ 「あの男は大化けする」河野太郎外相、就任1カ月 異端児から現実派に一変 評価うなぎ上り 産経新聞 2017年9月2日
  134. ^ “河野氏を評価、茂木氏に期待=中国外務省-内閣改造”. 時事ドットコム. (2019年9月11日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019091100951&g=int 2019年10月20日閲覧。 
  135. ^ 河野太郎外相は「常識に欠けている」 “麻生節”でエール産経新聞 2018年10月23日
  136. ^ 青木直人『中国の黒いワナ』宝島、2009年6月19日、83頁。
  137. ^ 「河野談話」主役の長男が外相に 対韓関係への影響に注目”. 聯合ニュース (2017年8月3日). 2021年8月19日閲覧。
  138. ^ ボーイスカウト振興国会議員連盟会員名簿”. 2021年1月21日閲覧。
  139. ^ 公式プロフィール
  140. ^ 当事者たちが語る「アトピー」”. 朝日新聞GLOBE+. 朝日新聞社 (2017年8月14日). 2019年8月23日閲覧。
  141. ^ “河野太郎議員の顔が、最近やけに“土気色”な理由”. 女性自身 (光文社). (2015年12月24日). https://jisin.jp/domestic/1621401/ 2019年8月23日閲覧。 
  142. ^ “河野大臣が的外れな「金時計」批判を軽くいなす”. テレ朝news (テレビ朝日(ウェイバックマシンによるアーカイブ)). (2019年8月23日). https://web.archive.org/web/20190824094822/https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000162675.html 2021年8月25日閲覧。 
  143. ^ a b c 岩屋毅 (2012年4月13日). “河野太郎君の唄”. 衆議院議員 岩屋毅. 2017年8月17日閲覧。
  144. ^ 河野太郎公式ページ
  145. ^ 山本一太 (2015年7月11日). “河野太郎と西田昌司、未知との遭遇で生まれた「共鳴」”. 参議院議員 山本一太. 2017年8月20日閲覧。
  146. ^ ごまめの歯ぎしり
  147. ^ 河野洋平、河野太郎、「決断 河野父子の生体肝移植」朝日新聞社
  148. ^ http://www.taro.org/blog/index.php/archives/598[リンク切れ]
  149. ^ “河野洋平元衆院議長、河野太郎前行革担当相 父子共演も…異なる立ち位置がくっきり”. 産経新聞. (2016年10月5日). http://www.sankei.com/politics/news/161005/plt1610050006-n1.html 2018年10月24日閲覧。 
  150. ^ “河野太郎氏「俺がなにかしたか?」「河野談話」問題で絡まれプッツン”. J-CAST. (2013年8月14日). https://www.j-cast.com/2013/08/14181488.html?p=all 2018年1月17日閲覧。 
  151. ^ “高須院長 新聞社の電話世論調査こそ「フェイクニュース」”. NEWSポストセブン. (2017年8月11日). https://www.news-postseven.com/archives/20170811_603798.html?DETAIL 
  152. ^ “高須院長 次期首相は「河野太郎さんになってほしい」”. 東スポweb. (2018年11月30日). https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/1205476/ 
  153. ^ こまめな歯ぎしり
  154. ^ LDPchannel - YouTubeチャンネル
  155. ^ 【中国ブログ】河野太郎衆議院議員が中国にブログ開設、大きな反響 サーチナ 2009年12月16日
  156. ^ “入閣の河野太郎氏「脱原発」どうする ブログの公開中断”. 朝日新聞. (2015年10月7日). https://www.asahi.com/articles/ASHB777P2HB7UTFK016.html 
  157. ^ 政治家で一番!?河野太郎外相の巧みなTwitter使いに絶賛の声”. 女性自身. 光文社 (2019年6月10日). 2019年6月22日閲覧。
  158. ^ “河野太郎氏の“エゴサ能力”の高さが証明される 画像のみの投稿に「俺はKONOだ」のツッコミ 「圧倒的強者感」「フォースなの」”. BIGLOBEニュース. (2019年10月9日). https://news.biglobe.ne.jp/trend/0902/blnews_190902_0610034835.html 2019年10月9日閲覧。 
  159. ^ 将来の首相候補 進次郎氏、河野太郎氏、橋下氏、細野氏の評価”. 週刊ポスト (2019年5月9日). 2019年6月22日閲覧。
  160. ^ a b ハフポスト日本版編集部 (2021年9月7日). “『#河野さんにブロックされています』トレンド入り。河野太郎氏、ブロック行為は「問題ない」と主張”. ハフポスト日本版. BuzzFeed Japan株式会社. 2021年9月7日閲覧。
  161. ^ Twitterでアカウントをブロックする方法”. Twitter. Twitter, Inc.. 2021年9月7日閲覧。 “重要 ブロックは相手のアカウントがTwitterにログインしているときにだけ機能します。たとえば相手がTwitterにログインせずに、またはブロックされたものとは異なるアカウントでTwitterコンテンツにアクセスした場合は、あなたの公開ツイートを見ることができます。Twitterでコンテンツを共有する場合はこの点にご注意ください。”
  162. ^ 湘南のルヴァン杯初Vに元取締役会長・河野太郎外務大臣も歓喜「ベルマーレ、次は世界だ」”. www.sponichi.co.jp. 2020年6月28日閲覧。
  163. ^ 河野太郎外務大臣が突然の「圧勝」ツイート。自民党の参議院選挙のことかと思いきやじつは……(篠原修司) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. 2020年6月28日閲覧。
  164. ^ “河野外相が謎の「ベーコン」ツイート、ネットで話題に”. AFP. (2019年5月21日). https://www.afpbb.com/articles/-/3226067 2019年6月24日閲覧。 
  165. ^ 河野太郎ワクチン担当相がNHK報道を否定「デタラメだぞ」”. ライブドア. 2021年1月20日閲覧。
  166. ^ 昨日厚労省から説明を受けたワクチン接種のスケジュール。”. 玉木雄一郎. 2021年1月20日閲覧。
  167. ^ 厚労省で進めてきたスケジュールではないの?”. 原口一博. 2021年1月20日閲覧。
  168. ^ a b c 『河野一郎自伝』徳間書店、1965年10月30日、7-11頁。
  169. ^ 河野太郎 近現代・系図ワールド~河野洋平・一郎”. kingendaikeizu.net. 2021年9月29日閲覧。

参考文献

  • 佐藤朝泰 『豪閥 地方豪族のネットワーク』 立風書房 2001年 197-200、334-339頁

外部リンク

公職
先代:
衛藤晟一
日本の旗 特命担当大臣沖縄及び北方対策
第30代:2020年 - 2021年
次代:
西銘恒三郎
先代:
有村治子
北村誠吾
日本の旗 特命担当大臣規制改革
第17代:2015年 - 2016年
第23代:2020年 - 2021年
次代:
山本幸三
牧島かれん
先代:
岩屋毅
日本の旗 防衛大臣
第20代:2019年 - 2020年
次代:
岸信夫
先代:
岸田文雄
日本の旗 外務大臣
第150・151代:2017年 - 2019年
次代:
茂木敏充
先代:
山谷えり子
日本の旗 国家公安委員会委員長
第90代:2015年 - 2016年
次代:
松本純
先代:
山谷えり子
日本の旗 特命担当大臣防災
第26代:2015年 - 2016年
次代:
松本純
先代:
山口俊一
日本の旗 特命担当大臣消費者及び食品安全
第12代:2015年 - 2016年
次代:
松本純
先代:
富田茂之
日本の旗 法務副大臣
第8代:2005年 - 2006年
次代:
水野賢一
先代:
新藤義孝
山名靖英
山内俊夫
日本の旗 総務大臣政務官
滝実
山内俊夫と共同

2002年
次代:
岩永峯一
吉田六左ェ門
岸宏一
議会
先代:
大村秀章
日本の旗 衆議院決算行政監視委員長
2010年 - 2011年(代理)
次代:
新藤義孝
先代:
平沢勝栄
日本の旗 衆議院外務委員長
2008年 - 2009年
次代:
鈴木宗男
党職
先代:
望月義夫
桜田義孝
自由民主党行政改革推進本部長
2014年 - 2015年
2016年 - 2017年
次代:
桜田義孝
細田博之

1回


 

Back to Top
Close