ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

🏛|衆議院解散、福井県内2選挙区は4人出馬予定 自民党と立憲民主党の一騎打ち


写真 衆院が解散され、万歳三唱する議員=10月14日午後1時3分、衆院本会議場

衆議院解散、福井県内2選挙区は4人出馬予定 自民党と立憲民主党の一騎打ち

 
内容をざっくり書くと
また、共産党福井県書記長の金元幸枝氏(63)が比例北陸信越ブロックから立候補する。
 

衆院は10月14日午後の本会議で解散された。政府は臨時閣議で「19日公示、31日投開票」の衆院選日程… →このまま続きを読む

 福井新聞


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

福井県書記

比例北陸信越ブロック

比例北陸信越ブロック(ひれいほくりくしんえつブロック)は、日本衆議院における比例代表ブロックのひとつ。

地域

新潟県富山県石川県福井県長野県の5県からなる。通常、「北陸」を指す場合、富山・石川・福井の3県のみを指す場合と、新潟県を加えた4県の場合とがあるが、ここでは前者の扱いで、新潟県と長野県は「信越」の扱いとなる。

選出議員

ドント方式による議席割り当て順に表示。

選挙回第41回第42回第43回第44回第45回第46回第47回第48回第49回
1996年2000年2003年2005年2009年2012年2014年2017年2021年
#1白川勝彦
自由民主党
高鳥修
(自由民主党)
萩山教嚴
(自由民主党)
長島忠美
(自由民主党)
糸川正晃
(民主党)
木内均
(自由民主党)
山本拓
(自由民主党)
山本拓
(自由民主党)
#2小沢辰男
新進党
堀込征雄
民主党
篠原孝
(民主党)
笹木竜三
(民主党)
長島忠美
(自由民主党)
中田宏
日本維新の会
鷲尾英一郎
(民主党)
松平浩一
立憲民主党
#3萩山教嚴
(自由民主党)
萩山教嚴
(自由民主党)
橘康太郎
(自由民主党)
瓦力
(自由民主党)
田中美絵子
(民主党)
鷲尾英一郎
(民主党)
斎藤洋明
(自由民主党)
近藤和也
希望の党
#4堀込征雄
(新進党)
桑原豊
(民主党)
堀込征雄
(民主党)
鷲尾英一郎
(民主党)
松宮勲
(民主党)
小松裕
(自由民主党)
吉田豊史
維新の党
斎藤洋明
(自由民主党)
#5桑原豊
民主党
橘康太郎
(自由民主党)
岩崎忠夫
(自由民主党)
高鳥修一
(自由民主党)
北村茂男
(自由民主党)
永山文雄
(自由民主党)
小松裕
(自由民主党)
石崎徹
→小松裕
(自由民主党)
#6橘康太郎
(自由民主党)
一川保夫
自由党
一川保夫
(民主党)
篠原孝
(民主党)
笹木竜三
(民主党)
宮沢隆仁
(日本維新の会)
菊田真紀子
(民主党)
山本和嘉子
(立憲民主党)
#7漆原良夫
(新進党)
山口わか子
(社会民主党)
漆原良夫
(公明党)
吉田六左ェ門
(自由民主党)
馳浩
(自由民主党)
菊田真紀子
(民主党)
藤野保史
(日本共産党)
斉木武志
(希望の党)
#8木島日出夫
日本共産党
漆原良夫
公明党
馳浩
(自由民主党)
漆原良夫
(公明党)
沓掛哲男
(民主党)
漆原良夫
(公明党)
漆原良夫
(公明党)
務台俊介
(自由民主党)
#9村山達雄
(自由民主党)
木島日出夫
(日本共産党)
若泉征三
(民主党)
村井宗明
(民主党)
若泉征三
(民主党)
助田重義
(自由民主党)
木内均
(自由民主党)
太田昌孝
(公明党)
#10一川保夫
(新進党)
岩崎忠夫
(自由民主党)
村井仁
(自由民主党)
萩山教嚴
(自由民主党)
長勢甚遠
(自由民主党)
井出庸生
みんなの党
西村智奈美
(民主党)
藤野保史
(日本共産党)
#11坂本三十次
(自由民主党)
奥田建
(民主党)
村井宗明
(民主党)
糸川正晃
国民新党
漆原良夫
(公明党)
百瀬智之
(日本維新の会)
助田重義
(自由民主党)
細田健一
(自由民主党)
#12坂上富男
(民主党)
#13北沢清功
社会民主党

選挙結果

第48回

政党除数議員名名簿
順位
重複立候補惜敗率
1自由民主党1山本拓1なし
2立憲民主党1松平浩一2なし
3希望の党1近藤和也1石川3区97.3%
4自由民主党2斎藤洋明2新潟3区99.9%
5自由民主党3石崎徹2新潟1区88.2%
小松裕2長野1区64.8%
6立憲民主党2山本和嘉子3なし
7希望の党2斉木武志1福井2区68.6%
8自由民主党4務台俊介2長野2区85.7%
9公明党1太田昌孝1なし
10日本共産党1藤野保史1なし
11自由民主党5細田健一2新潟2区83.5%

第47回

政党除数議員名名簿
順位
重複立候補惜敗率
1自由民主党1山本拓1なし
2民主党1鷲尾英一郎1新潟2区99.85%
3自由民主党2斎藤洋明2新潟3区85.10%
4維新の党1吉田豊史1富山1区56.00%
5自由民主党3小松裕2長野1区76.95%
6民主党2菊田真紀子1新潟4区96.02%
7日本共産党1藤野保史1なし
8公明党1漆原良夫1なし
9自由民主党4木内均2長野3区76.95%
10民主党3西村智奈美1新潟1区91.28%
11自由民主党5助田重義21なし

第46回

政党除数議員名名簿
順位
重複立候補惜敗率
1自由民主党1木内均1長野3区89.54%
2日本維新の会1中田宏1なし
3民主党1鷲尾英一郎1新潟2区85.10%
4自由民主党2小松裕1長野1区89.33%
5自由民主党3永山文雄21なし
6日本維新の会2宮沢隆仁2長野1区53.55%
7民主党2菊田真紀子1新潟4区82.54%
8公明党1漆原良夫1なし
9自由民主党4助田重義22なし
10みんなの党1井出庸生1長野3区97.00%
11日本維新の会3百瀬智之2長野2区53.16%

第45回

政党除数議員名名簿
順位
重複立候補惜敗率
1民主党1糸川正晃1福井2区98.0%
2自由民主党1長島忠美1なし
3民主党2田中美絵子1石川2区96.3%
4民主党3松宮勲1福井3区91.8%
5自由民主党2北村茂男2石川3区97.7%
6民主党4笹木竜三1福井1区91.3%
7自由民主党3馳浩2石川1区93.2%
8民主党5沓掛哲男18なし
9民主党6若泉征三19なし
10自由民主党4長勢甚遠2富山1区90.7%
11公明党1漆原良夫1なし

第44回

政党除数議員名名簿
順位
重複立候補惜敗率
1自由民主党1長島忠美1なし
2民主党1笹木竜三1福井1区99.2%
3自由民主党2瓦力3なし
4民主党2鷲尾英一郎1新潟2区89.2%
5自由民主党3高鳥修一4新潟6区89.5%
6民主党3篠原孝1長野1区86.0%
7自由民主党4吉田六左ェ門4新潟1区86.2%
8公明党1漆原良夫1なし
9民主党4村井宗明1富山1区80.0%
10自由民主党5萩山教嚴4富山3区83.7%
11国民新党1糸川正晃1なし

第43回

政党除数議員名名簿
順位
重複立候補惜敗率
1自由民主党1萩山教嚴1なし
2民主党1篠原孝1長野1区94.7%
3自由民主党2橘康太郎2なし
4民主党2堀込征雄1長野4区71.7%
5自由民主党3岩崎忠夫3長野3区52.1%
6民主党3一川保夫1石川2区71.6%
7公明党1漆原良夫3なし
8自由民主党4馳浩4石川1区97.2%
9民主党4若泉征三1福井2区68.9%
10自由民主党5村井仁4長野2区91.1%
11民主党5村井宗明1富山1区67.3%

第42回

政党除数議員名名簿
順位
重複立候補惜敗率
1自由民主党1高鳥修1なし
2民主党1堀込征雄1なし
3自由民主党2萩山教嚴2なし
4民主党2桑原豊2なし
5自由民主党3橘康太郎3なし
6自由党1一川保夫1石川2区47.5%
7社会民主党1山口わか子1長野2区47.9%
8公明党1漆原良夫1なし
9日本共産党1木島日出夫1長野4区35.2%
10自由民主党4岩崎忠夫4長野3区41.0%
11民主党3奥田建3石川1区93.6%
  • この選挙より定数2名削減。

第41回

政党除数議員名名簿
順位
重複立候補惜敗率
1自由民主党1白川勝彦1なし
2新進党1小沢辰男1なし
3自由民主党2萩山教嚴2なし
4新進党2堀込征雄2なし
5民主党1桑原豊1石川1区81.4%
6自由民主党3橘康太郎3なし
7新進党3漆原良夫3なし
8日本共産党1木島日出夫1長野4区41.6%
9自由民主党4村山達雄4なし
10新進党4一川保夫4石川2区76.2%
11自由民主党5坂本三十次5なし
12民主党2坂上富男1新潟4区49.1%
13社会民主党1北沢清功1長野4区22.8%

政党別当選者数推移

自民党新進党民主党[2]立憲民主党自由党国民新党公明党共産党社民党みんなの党維新[3]希望の党合計
411996年542----11---13
422000年4-3-1-111---11
432003年5-5---100---11
442005年5-4--1100---11
452009年4-6--0100---11
462012年4-2---10013-11
472014年5-3---110-1-11
482017年5--2--110-0211

注:-は立候補しなかった場合(政党等が存在しない場合も含む)、0は立候補したが当選者がいなかった場合をさす。当選者が1度も出ていない政党等は省略。

政党の得票

第41回 - 第43回

自民党新進党民主党[2]共産党社民党新党さきがけ新社会党自由党公明党自由連合
411996年1,407,8281,180,904494,666387,664243,287125,69457,648
422000年1,414,6221,024,328371,247418,752448,526354,55410,987
432003年1,502,8221,424,537278,939267,096390,921

第44回 - 第47回

自民党民主党[2]公明党国民新党共産党社民党新党日本幸福実現党維新[4]みんなの党未来/
生活[5]
次世代の党
442005年1,665,5531,414,392403,203300,140293,045272,649
452009年1,333,0822,007,770333,084240,333274,816225,99273,61432,312
462012年1,162,095682,159307,138210,219128,44315,767707,497275,399178,403
472014年1,122,585690,721293,194315,07199,24219,619432,24975,98158,361

第48回以降

自民党立憲民主党希望の党公明党共産党日本維新の会社民党幸福実現党
482017年1,328,838699,426688,924318,050267,777164,71490,21825,064

その他

NHKにおける開票速報では、衛星回線を使った連携が行われる。

NHKにはこのブロックを統括する拠点局が存在せず、通常このブロックでは長野と新潟は本部直轄の「関東甲信越」ブロック、北陸3県は名古屋管轄の「東海北陸」ブロックと別々でネットワーク回線も繋がっていないからである。こうした事例が発生するのは全国でもこのブロックだけである。

脚注

  1. ^ 本来の次点は金子恵美だが、繰り上げ当選を辞退し比例名簿から抹消、次順位の小松が繰り上げ当選した。
  2. ^ a b c 41回と42-47回の民主党は党名や法規上は同一政党だが厳密には異なる(41回は民主党 (日本 1996-1998)、42-47回は民主党 (日本 1998-2016))。
  3. ^ 46回の維新は日本維新の会 (2012-2014)、47回は維新の党、48回は日本維新の会 (2016-)。代表者が共通するため同列に記載。
  4. ^ 46回の維新は日本維新の会 (2012-2014)、47回は維新の党。代表者が共通するため同列に記載。
  5. ^ 生活の党(現:自由党)は46回の日本未来の党から改称された政党ため同列に記載。

関連項目


 

Back to Top
Close