ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

🏛|激戦の静岡3区 自民・宮沢氏「日本を守る戦い」 安倍氏・高市氏ら応援


写真 

激戦の静岡3区 自民・宮沢氏「日本を守る戦い」 安倍氏・高市氏ら応援

 
内容をざっくり書くと
宮沢博行氏:「(Q今回は初めての一騎打ちで注目されていますが?
 

全国的に見ても、大激戦区のひとつとされる静岡3区。27日、自民党・宮沢博行氏の応援に安倍元総理が入り… →このまま続きを読む

 静岡朝日テレビ

LOOKは静岡朝日テレビが発信するトータルwebメディアです。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

一騎討ち

一騎討ち(いっきうち)とは、戦争状態にある戦場において戦士同士が一対一を原則として決着をつける戦闘手法である。一騎打ち(いっきうち)とも表記される。

概要

決闘とも類似の面があるが、決闘には戦場で行うことを前提とはしない私闘も含まれるため必ずしも同意ではない。また、一対一の戦いは騎乗の場合以外にも起こりうるので、騎乗の状態であることを条件とはしない。

一騎討ちが発生する条件としては二つが考えられる。一つは乱戦の中で偶然に一対一の状況が作り出された場合、もう一つは戦場で示し合わせて一対一で戦う場合である。前者は川中島の戦いにおける武田信玄上杉謙信の一騎討ち、後者は『今昔物語集』に見える源宛平良文の一騎討ちが有名である。日本では平安時代後期から鎌倉期にかけての武士の戦いが、騎射による一騎討ちを主体としていたと考えられていた。だが、『平家物語』など主要な軍記物語を精査した結果、現在ではそうした例がむしろ少数であることが明らかになっている[1]

近代に入ると大規模な兵力動員や集団戦術の採用、戦闘集団の組織化が進んだため一騎討ちは廃れた。しかし、一騎討ちは偶発的なものにせよ示し合わせたものにせよ条件が整えば起こりうるものであり、平安時代後期から戦国時代にかけて多くの一騎討ちが行われた。

現在では本来の意味から派生して、選挙スポーツにおいて一対一(事実上も含め)の個人集団で勝敗を競う場合に「一騎討ち」と表現されることがある[2]。また実力が伯仲する者同士が張り合うことも「一騎討ち」と表現される[3]

理想的な状況では、戦闘員の消耗は味方の人数と敵の人数の一次式になるとされる(ランチェスターの法則

日本における「一騎討ち」

一騎討ちの始まり

日本各地で同士の小競り合いが行われるようになった弥生時代から、ヤマト王権が確立・発展した奈良時代までの戦争は、歩兵主体の集団戦闘であり一騎討ちという概念は発達しなかった。ヤマト王権と争った蝦夷も軽装の騎馬部隊による騎射を主体としていた。

平安時代に入ると国内外の軍事的緊張は緩和したことから、朝廷が直接持つ軍事力は縮小されていき、代わって、各地に血縁的・地縁的なつながりを持つ源姓平姓藤姓などに代表される大小の武士団が台頭した。武士団は指揮官である武士(例えば惣領)に、騎乗の家の子(指揮官の子弟など近親者)や郎党、徒歩の郎党や従卒が付き従うという構成だった。徒歩の従卒などは専業の兵士とは限らず戦闘能力も低かったが、主要戦闘員である武士は日常的に馬術弓術さらに騎射の訓練を行い、名誉を重んじた。この時代の一騎打ちは、騎射により矢を打ち合う「矢戦(やいくさ)」から始まり、矢が尽きると接近して太刀薙刀などの打物で戦う馬上戦に移行、最後は相手の首を取るために馬を下りて戦う「歩戦(かちいくさ)」で勝敗を決した。

戦闘(合戦)時には、敵の指揮官である武士を討ち取ることで、敵の士気を喪失、命令系統を混乱させ、統制の取れた戦闘活動を不可能にすることができた。また、戦闘の決着がついた最終段階において敵の指揮官を討ち取ることで勝利を決定づけることができるため、合戦手法として一騎討ちが誕生したと言われている。

「一騎討ち」という言葉は、源平合戦から生まれたとされる[4]

身分の低い者同士が戦う場合、また一対一で戦う場合でも、両者の身分や実力に明白な差がある場合は、「一騎討ち」とは呼ばれない。「一騎討ち」の言葉が生じた源平合戦においては、位の高い武士同士の一対一での戦いのみを、「一騎討ち」と呼称していた[5]

海外における「一騎討ち」

地中海

旧約聖書の「サムエル記」にはペリシテ人巨人兵士ゴリアテイスラエル兵を挑発し一騎討ちを要求するが、ゴリアテに恐れをなし受け入れる者がいなかった。そこを通りかかったダビデが申し出を受け入れ投石で打ち倒すと、ペリシテ最強の兵士が倒れたことで軍は動揺し遁走、勢いづいたイスラエル兵はそのまま追撃して勝利したという記述がある。

古代ローマ

古代ローマでは、神話的建国者ロームルスが人の王アクロンを一騎討ちで破り、その鎧を主神ユーピテルに捧げたという伝説にならって、敵の将軍を一対一で倒した将軍にはスポリア・オピーマ(「貴重な戦利品」)という最高の栄誉・勲章(敵の将軍の鎧を樫の木に取り付けたもの)が与えられる慣例になっていた[6][7]

ロームルスの後に公式にこの栄誉を受けたのはたったの2人で、紀元前5世紀にウェイイ王ラルス・トルムニウスを破ったアウルス・コルネリウス・コッススと、紀元前222年ガリア人のガエサティ族の王ブリトマルトゥス(ウィリドマルス)を破った「ローマの剣」マルクス・クラウディウス・マルケッルスである[7]。コッススは半ば伝説的人物であるので、歴史的に実在が確実なのはマルケッルスただ一人ということになる。なお、戦争当時、ローマ軍の最高指揮官ではなかったために公式な栄誉は受けられなかったが、紀元前29年マルクス・リキニウス・クラッスス同名の大政治家の孫)も、スキタイ人の一派英語版の王デルドを一騎討ちで倒している[8]

中東

中東での戦争は槍を装備した騎士による一騎討ちから開始されるのが伝統とされた。強力なアラブ騎兵の突撃は脅威であり、対抗するには騎兵が一騎打ちに応じるか弓部隊による攻撃しかなかった。

624年バドルの戦いにおいて、ムハンマド率いるイスラム軍は騎兵の一騎討ちによりメッカ軍の名だたる武将を倒し、騎兵に続いていた歩兵部隊が動揺している隙に弓部隊で遠距離から攻撃、残存兵力を歩兵の突撃で壊滅させるという戦法で勝利を収め、アラブ地域に名声をとどろかせた。しかし負傷者が多発する一騎討ちは危険性が高いと判断したムハンマドは自軍からの一騎討ちを禁止し、最初に弓部隊で騎兵にダメージを与え、連携できなくなった敵部隊を騎兵と歩兵で攻撃するという、少ない被害で確実な戦果を上げる戦法に切り替えた。しかし、伝統的な戦いに拘る騎士達からは反対意見があり従わない者もいた。

625年のウフドの戦いにおいて、ウフド山に布陣したイスラム軍は弓部隊による攻撃でメッカ軍騎兵の突撃を防ぎ戦いを優位に進めていたが、弓部隊が潰走する歩兵を追撃したことで出来た隙を騎兵に突かれ本陣での一騎打ちに発展、ムハンマドが混乱の中負傷したことでイスラム軍に動揺が広がり最終的に敗退した。

627年ハンダクの戦いにおいてムハンマドは騎兵の攻撃を教訓にして一騎打ちを改めて禁止、騎兵の突撃を防ぐためペルシャ人の技術者サルマーン・アル=ファーリスィーに命じて本陣のあるメディナの周囲に塹壕(ハンダク خندق Ḫandaq/Khandaq)を掘らせ、徹底した防衛線を敷くことによりメッカ軍の攻撃に備えた。当時の中東には攻城戦という概念はなく、本格的な塹壕戦もこの戦いが世界初とされるなど、対処に苦慮したメッカ軍は大規模な攻撃が出来ず、突破口を探して砂漠に野営し続けた。その後メッカ軍の騎士アムルは塹壕の幅が狭くなっている箇所を発見し、数名の従者と共に塹壕内に飛び込んだが、ムハンマドの養子であるアリー・イブン・アビー・ターリブとの一騎打ちに敗れてしまった。この敗北が本隊に伝わるとメッカ軍の志気は低下し、砂漠で長期間野営を強いられたことで消耗していたことも重なり、メッカ軍はメディナ攻略を諦めて撤退した。

このように騎士による一騎討ちは精神的な側面が大きく、弓騎兵であるマムルークの登場で弓が戦いの中心になると、一騎打ちは行われなくなった。

中国

伝説や三国志演義などの物語では一騎打ちが描かれるが、古代中国では複数人が乗り込んだ戦車による戦車戦、歩兵部隊による戦闘、騎馬隊の騎射など集団戦が一般的であり、史実ではないことが多い。しかし一騎打ちが行われた例もある。

有名なもので太史慈孫策呂布郭汜馬超閻行関羽顔良が史実の一騎討ちとされている。

武田信玄・上杉謙信の一騎討ち

戦国期に越後国上杉謙信甲斐国武田信玄信濃国北部の領有を巡り川中島の戦いを繰り広げているが、近世初頭に原本が成立した『甲陽軍鑑』や『北越軍談』などの軍学書によれば、第四次川中島の戦いにおいては信玄・謙信が一騎討ちを繰り広げたという。

第四次川中島の戦いの実態については残存文書が少なく、一騎討ちが実際に行われたかは不明。『甲陽軍鑑』に拠れば、白手拭で頭を包み、萌黄の胴肩衣姿で月毛に乗った武者が床几の信玄に三太刀切りつけ、信玄は床几から立ち上がるとこれを軍配で受け止め、御中間頭・原大隅守(原虎吉)がで馬を突き、騎馬武者は走り去った。後にこの騎馬武者が上杉謙信であると判明し、信玄の軍配には八太刀の傷があったという。

一方、上杉側の『』(『北越軍談』)では信玄と謙信の一騎討ちは御幣川において行われ、両者は太刀を交え、信玄が手に傷を負い退いたとしている。また、異説として信玄は軍配で太刀を受けたとする説を記す。さらに、『北越太平記』では大僧正・天海の目撃談も記している。

信玄・謙信の一騎討ちは文学や浄瑠璃などにおいても好んで描かれ、浮世絵の画題にもなった。

人物

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 『弓矢と刀剣 中世合戦の実像』 p.94。
  2. ^ 昭島市長選告示 現新一騎打ち - 東京新聞
  3. ^ 『語源に隠された日本史』 p.80。
  4. ^ 『語源に隠された日本史』 p.79。
  5. ^ 『語源に隠された日本史』 p.80。
  6. ^ ティトゥス・リウィウスローマ建国史』第1巻第10章
  7. ^ a b プルタルコス対比列伝』ロームルス伝
  8. ^ カッシウス・ディオ『ローマ史』第51巻第23-24章

参考文献

関連項目

宮澤博行

宮澤 博行(みやざわ ひろゆき、1975年1月10日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(4期)。報道等においては宮沢 博行[3]、選挙運動等においては宮沢 ひろゆき[4]と表記されることもある。

防衛大臣政務官内閣府大臣政務官第3次安倍第2次改造内閣)、静岡県磐田市議会議員(3期)、静岡県磐田市議会総務委員長、自民党静岡県連青年部長などを歴任した。衆議院では原子力問題調査特別委員会理事、国土交通委員会法務委員会各委員に、自由民主党では政務調査会経済産業部会・国防部会各副部会長、運輸・交通関係団体委員会副委員長、国家戦略本部主査[5]青年局次長[6](国際部長を経て地方部長[7])に就任している。

来歴

静岡県磐田郡龍山村(現・静岡県浜松市)に生まれる(現住所は磐田市見付)[8][9]。龍山村立龍山北小学校(現・浜松市立横山小学校)、龍山村立龍山中学校(現・浜松市立光が丘中学校)を経て、1993年、静岡県立磐田南高等学校卒業。東京大学に進学し[10]1997年、同大学法学部卒業[5]。その後は、レストランの厨房[11]、貿易会社の営業、塾講師、工場の派遣社員等、多様な職種を経験した[1]

少年時代

小学校では、山道を徒歩で1時間かけて通学していた[10]。中学生の時に、自宅に保管されていた戦没者の遺品を見て、「国を守りたい」と思ったのがきっかけで、政治の道を志したとされている[12]。高校では、創立70周年記念式典を挙行するにあたり、生徒会長を務めた[10]。中学校在学時から剣道を習い始め[10]、のちに五段を取得。2013年度から磐田剣道連盟副会長を務めている。他に居合道水鴎流)四段を取得している[5]

政治家として

2003年磐田市議会議員選挙に立候補し、初当選を果たした[2]。以降は、2008年度に磐田市議会総務委員長、同年度および2009年度に自由民主党静岡県連青年部長を歴任し[5]、連続3期務め上げたが、2012年2月に磐田市議会議員を辞職した。同年12月の第46回衆議院議員総選挙にて静岡県第3区自由民主党から出馬、民主党前職の小山展弘らを破り初当選を果たした[2]。当選後は、自民党の頭髪の薄い新人議員を集めて「日本を明るくする会」を結成し[13]幹事長に就任した[14]

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙で民主党・維新の党との連携・一本化候補として擁立された元職の小山を破り再選(小山も比例復活)[15][16]

2015年5月21日、衆議院「我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会」委員に選任されている[17]

2016年8月5日第3次安倍第2次改造内閣で、防衛大臣政務官内閣府大臣政務官に就任[18]2017年8月まで務めた。

2017年の第48回衆議院議員総選挙で無所属の小山、希望の党公認の鈴木望らを破り3選[19]

2021年(令和3年)10月31日に行われた第49回衆議院議員総選挙では、立憲民主党日本共産党を中心とした野党統一候補となった立憲民主党の小山との一騎打ちの構図となり、小選挙区では小山に敗れたものの比例復活で4選を果たした[20][21]

政策・主張

憲法問題

ジェンダー問題

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2014年、2017年のアンケートでは「反対」と回答[26][22]。2021年のアンケートでは「どちらかといえば反対」と回答[23]
  • 2021年1月30日、宮澤ら自民党国会議員有志50人は、47都道府県議会議長のうち同党所属の約40人に、選択的夫婦別姓の導入に賛同する意見書を採択しないよう求める文書を郵送した。地方議員や市民団体は、地方議会の独立性を脅かす行為だとして宮澤らを批判した[27][28][29][30][31]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2021年のアンケートで「どちらかといえば反対」と回答[32]
  • クオータ制の導入について、2021年のアンケートで「どちらかといえば反対」と回答[32]

その他

活動・発言

「選挙無効」は大歓迎
2011年3月、第45回衆議院議員総選挙一票の格差に関する判決において、最高裁判所は選挙区の区割が違憲状態だとする判断を示した[35]。この判決を受け、衆議院議員選挙の区割を見直す機運が高まったものの、是正が間に合わないまま、2012年12月に第46回衆議院議員総選挙が行われることになった[35]。その結果、第46回衆議院議員総選挙の一票の格差について、各地の高等裁判所で違憲状態や違憲とする判決が相次ぎ、広島高等裁判所では違憲と判断したうえで選挙無効とする判決が下された[35]。これについて宮澤は「判決に納得はいかないが、個人的には『選挙無効』は大歓迎」とコメントしている[36]。その理由について「いまはものすごい支持率でしょ。この流れでもう1回選挙をやって、もう1度勝ちたい。政治家は常に戦い。2回連続の落選が政治生命に与える影響は大きいですからね」と述べた[36]

所属団体・議員連盟

寄稿

  • 自民党国家戦略本部(編)、2014年12月、「24人の政治家達の真摯な思い(2030年の日本)」、『日本未来図2030』、日経BP社 ISBN 978-4-8222-2519-3

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 宮澤 博行”. 自由民主党. 2016年9月18日閲覧。
  2. ^ a b c 平成24年(2012年)12月18日 静岡県選挙管理委員会告示第66号。
  3. ^ “国会議員情報:宮沢 博行(みやざわ ひろゆき)”. 時事通信社. http://www.jiji.com/jc/giin?d=33b56993d1140e844478061f6ac76082&c=syu&rel=ja 2016年9月18日閲覧。 
  4. ^ 事務所・選挙区”. 自民党 衆議院議員 宮沢ひろゆき official website. 2016年9月18日閲覧。
  5. ^ a b c d プロフィール”. 自民党 衆議院議員 宮沢ひろゆき official website. 2016年9月18日閲覧。
  6. ^ 会員紹介”. 清和政策研究会. 2016年9月18日閲覧。
  7. ^ 防衛大臣政務官  宮澤 博行 (みやざわ ひろゆき) - 第3次安倍第2次改造内閣 大臣政務官名簿”. 総理大臣 首相官邸ホームページ. 2016年9月18日閲覧。
  8. ^ 宮澤博行君”. 衆議院 (2016年8月5日). 2016年9月18日閲覧。
  9. ^ 自由民主党静岡県第三選挙区支部 政治資金収支報告書(平成29年分定期公表) (PDF)”. 静岡県選挙管理委員会 (2018年11月21日). 2019年10月31日閲覧。
  10. ^ a b c d 生い立ち”. 自民党 衆議院議員 宮沢ひろゆき official website. 2016年9月18日閲覧。
  11. ^ プロフィール”. 宮沢ひろゆき. 2012年3月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年9月18日閲覧。
  12. ^ 政治理念”. 自民党 衆議院議員 宮沢ひろゆき official website. 2016年9月18日閲覧。
  13. ^ a b “【松本浩史の政界走り書き】(番外編) 頭髪が気になり出した議員親ぼく会って? 日本を明るくするらしいけど…(1/2ページ)”. 産経新聞. (2013年11月23日). http://www.sankei.com/politics/news/131123/plt1311230014-n1.html 2016年9月18日閲覧。 
  14. ^ 【動画】日本を明るくする会 北海道余市町街頭演説会 H26.7.30(No288)”. 中村裕之オフィシャルWEBサイト (2014年7月30日). 2016年9月18日閲覧。
  15. ^ 「先手自民手堅く 野党連携も後手 ― 3区・宮沢さん 古里に若者を戻す」 『中日新聞』(中日新聞東海本社) 2014年12月15日朝刊 第12版 pp.18-19
  16. ^ 平成26年(2014年)12月16日静岡県選挙管理委員会告示第66号。
  17. ^ 第189回国会 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 第1号(平成27年5月22日(金曜日))”. 衆議院 (2015年5月22日). 2016年9月18日閲覧。
  18. ^ “副大臣:20人交代 閣議決定”. 毎日新聞. (2015年8月5日). http://mainichi.jp/articles/20160805/k00/00e/010/220000c 2016年9月18日閲覧。 
  19. ^ 平成29年(2017年)10月24日静岡県選挙管理委員会告示第67号
  20. ^ “立民・小山氏、一騎打ちで自民から議席奪取 静岡3区”. (2021年11月1日). https://www.sankei.com/article/20211101-NPJMLWXRORMSLNNERKNRIPV55E/ 2021年11月3日閲覧。 
  21. ^ “静岡3区 宮沢氏、選挙区敗北も復活「感謝しかない」【衆院選】”. 静岡新聞. (2021年11月1日). https://www.at-s.com/news/article/shizuoka/980167.html 2021年11月3日閲覧。 
  22. ^ a b 宮沢博行”. 2017衆院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査). 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  23. ^ a b 宮沢博行”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  24. ^ a b c d “2014衆院選 静岡3区 宮沢 博行”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/47shu/meikan.html?mid=A22003003003&st=tk 2016年9月18日閲覧。 
  25. ^ 憲法改正 改正すべき項目”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  26. ^ “朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2014衆院選”. 朝日新聞2. http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo47/asahitodai/ 2015年9月29日閲覧。 
  27. ^ 【全文】夫婦別姓反対を求める丸川大臣ら自民議員の文書、議員50人の一覧” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web (2021年2月25日). 2021年2月25日閲覧。
  28. ^ “全国40議長に別姓反対文書 自民・丸川氏、高市氏ら閣僚経験者も連名”. 東京新聞. (2021年2月25日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/88139 2021年3月2日閲覧。 
  29. ^ 飯田樹与 (2021年2月25日). “夫婦別姓反対を求める丸川担当相らの文書 「地方の意思決定を無視、失礼だ」埼玉県議長が不快感”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/88152 2021年3月2日閲覧。 
  30. ^ “丸川大臣「残念すぎる」選択的夫婦別姓、反対議員50人へ質問状 市民団体”. 東京新聞. (2021年2月27日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/88547 2021年3月2日閲覧。 
  31. ^ 奥野斐 (2021年4月1日). “選択的夫婦別姓 自民議員が反対派に思うこと「理解不足と差別思想を感じた」”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/94526 2021年4月7日閲覧。 
  32. ^ a b 静岡3区”. NHK 衆議院選挙2021 候補者アンケート. 2021年10月21日閲覧。
  33. ^ “2012衆院選 静岡3区 宮沢 博行”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kouji_area_meikan.html?mid=A22003001001 2016年9月18日閲覧。 
  34. ^ 自民たばこ議連3/7臨時総会がどんな痴呆議論で盛り上がったか、みなさん読んでみます?”. 2018年4月22日閲覧。
  35. ^ a b c 【選挙無効判決】猶予なしの立法府 判断は「違憲状態」「有効だが違憲」…+(1/2ページ)”. 産経新聞 (2013年3月26日). 2013年3月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年9月18日閲覧。
  36. ^ a b 【選挙無効判決】衝撃走る永田町 「僕らのせいじゃない」「大歓迎。もう1度勝ちたい」+(2/2ページ)”. 産経新聞 (2013年3月26日). 2013年3月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年9月18日閲覧。
  37. ^ 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 2018年4月11日閲覧。
  38. ^ 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  39. ^ みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会 昇殿参拝”. 宮沢ひろゆき活動ブログ. 2016年9月18日閲覧。
  40. ^ 『創生「日本」』は新たな政治の実現に全力を持って取り組みます。”. 創生「日本」. 2016年9月18日閲覧。
  41. ^ 応援しています!”. 神道政治連盟. 2016年9月18日閲覧。
  42. ^ “改訂版「TPP参加の即時撤回を求める会」の会員と未会員”. 農業協同組合新聞. (2013年2月19日). http://www.jacom.or.jp/column/2013/02/130219-19828.php 2016年9月18日閲覧。 
  43. ^ 会員名簿”. TPP参加の即時撤回を求める会 公式ブログ (2013年2月22日). 2016年9月18日閲覧。
  44. ^ 「自民勉強会発言――安保国会新たな火種」『毎日新聞』50135号、14新版、毎日新聞東京本社2015年6月27日、3面。
  45. ^ 自民党オートバイ議連総会報告”. 東京オートバイ協同組合 (2013年7月1日). 2016年9月18日閲覧。

外部リンク

公職
先代:
牧島かれん
酒井庸行
高木宏壽
古賀篤
田所嘉徳
豊田真由子
星野剛士
津島淳
白石徹
藤丸敏
日本の旗 内閣府大臣政務官
武村展英
豊田俊郎
務台俊介長坂康正
島田三郎
井野俊郎
田野瀬太道
井原巧
根本幸典
井林辰憲と共同

2016年 -2017年
次代:
舞立昇治
安藤裕
古賀友一郎
白須賀貴樹
石川昭政
菅家一郎
阿達雅志
山田宏と共同
先代:
熊田裕通
藤丸敏
日本の旗 防衛大臣政務官
小林鷹之と共同

2016年 -2017年
次代:
福田達夫
大野敬太郎

 

Back to Top
Close