ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

🏛|「面倒」「関心がない」でも若者が投票しないと…? あるマンガが伝える、若者に“不都合な真実”


写真 明るい選挙推進協会 / Via akaruisenkyo.or.jp

「面倒」「関心がない」でも若者が投票しないと…? あるマンガが伝える、若者に“不都合な真実”

 
内容をざっくり書くと
「明るい選挙推進協会」が2019年の参院選で投票しなかった若者に理由を聞くと、以下のような答えがありました。
 

「面倒」「選挙に関心がない」 そのような理由で、選挙に行かない若者は多くいます。 2017年の衆院選… →このまま続きを読む

 BuzzFeed Japan

BuzzFeed Japanは、社会にポジティブなインパクトをもたらすため、ニュース、カルチャー、エンターテインメントの情報を発信しています。思わず友達にシェアしたくなるユニークな動画や番組もお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

明るい選挙推進協会

公益財団法人明るい選挙推進協会(あかるいせんきょすいしんきょうかい)は、各種公職の選挙が公明且つ適正に行われるための普及啓発事業を実施する公益法人。略称は明推協。元総務省自治行政局(旧自治省)所管。

概要

ボランティアとともに、総務省、各自治体の選挙管理委員会と連携し、選挙違反のない選挙を目指す「明るい選挙推進運動」、投票参加及び国民の政治意識の向上等を図るための事業を行っている。

1951年第2回統一地方選挙で6万人を超す選挙違反による検挙者が出た。また、次期(第25回)衆院選に向けての事前運動も盛んに行われていた。これをきっかけに、前田多門などの有志によって「明るくきれいな選挙」の呼びかけが行われた。その結果、1952年に、言論、実業、経済、婦人等各界の全面的な支持を受けて「公明選挙連盟」が結成された。

しかし、1961年公明政治連盟(のちの公明党)が結党された[1]ことから、1965年に新しい名称を公募。7千通を超える応募の中から「明るく正しい選挙」が選ばれ、公明選挙連盟とは別に、「明るく正しい選挙推進全国協議会(略称:全推協)」が発足した。1974年、「明るい選挙推進協議会」 へと名称を簡素化。1976年、公明選挙連盟と明るい選挙推進協議会が合併し、現在の「明るい選挙推進協会」が発足した[2][3][4]

2000年4月にはイメージキャラクターの「選挙のめいすいくん」が作られた。

2009年5月にはうるまでるびの選挙啓発アニメーション「うるまでるびのGO!GO!選挙」が制作され、YouTubeで公開された。2010年の成人式では、DVDが新成人を対象に配布された。

脚注

  1. ^ 沿革 - 公明党
  2. ^ 明るい選挙推進協会とは | 財団法人 明るい選挙推進協会
  3. ^ 明るい選挙推進運動のあゆみ | 財団法人 明るい選挙推進協会
  4. ^ 明るい選挙推進協会 11月26日 0:00 - Facebook 明るい選挙推進協会

関連項目

外部リンク

選挙推進協会


 

Back to Top
Close