ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

🏛|名護市長選 自民県連が現職・渡具知氏を推薦


写真 

名護市長選 自民県連が現職・渡具知氏を推薦

 
内容をざっくり書くと
自民党沖縄県連は3日、来年1月23日投開票の名護市長選に向け、現職の渡具知武豊氏(60)の推薦を決めた。
 

 →このまま続きを読む

 琉球新報


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

沖縄県連

渡具知武豊

渡具知 武豊(とぐち たけとよ、1961年8月12日 - )は、日本政治家沖縄県名護市長(1期)。元名護市議会議員(5期)。また、県内9市の保守系市長で構成された市長連合「チーム沖縄」のメンバーである。

来歴

沖縄県名護市許田生まれ[1]。名護市立瀬喜田中学校(現・名護市立東江中学校)、沖縄県立名護高等学校卒業[2]。1980年(昭和55年)3月、第一経済大学卒業。同年、貴金属店に勤め、保険業にも従事[3]

1998年(平成10年)9月13日に行われた名護市議会議員選挙に立候補し初当選。2002年(平成14年)、軍事基地等対策特別委員会委員長に就任。アメリカ国防総省主催研修派遣で6州を訪問。

2014年(平成26年)9月7日、名護市議会議員選挙で5回目の連続当選[4]

2018年名護市長選挙

2017年(平成29年)7月27日、次期市長選に立候補する意向を表明[5]2018年(平成30年)の任期満了に伴う名護市長選挙で、自民党[6][7][8][9][10][11]公明党[7][8][9][10][12]日本維新の会[9][13]の推薦を受けて立候補[14][15]。現職の稲嶺進を破り、初当選した[16][17][18][19]

※当日有権者数:49,372人 最終投票率:76.92%(前回比:+0.21pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
渡具知武豊56無所属20,389票54.63%(推薦)自民公明維新
稲嶺進72無所属16,931票45.37%(推薦)社民共産自由沖縄社大民進
(支持)立憲

2022年名護市長選挙

2021年(令和3年)6月15日、市議会本会議で再選出馬を表明[20]。同年8月17日、元市長の岸本建男の長男で、名護市議の岸本洋平が次期市長選に立候補する意向を表明[21]

人物

  • 中学時代は軟式テニスで2年連続県大会優勝を記録した[22]
  • 高校生の娘の部活動を応援するためにマイクロバスの免許を取得した[22]

政治資金

2017年(平成29年)7月の次期市長選への出馬表明[5]直後から、自由民主党名護市支部は建設業者を中心に約2,000万円を集金し、なかでも辺野古工事の受注業者からの献金額は突出していた[23]

自民党は、2018年(平成30年)2月の名護市長選挙を挟む時期に、渡具知に対し計6,008万円の献金を行った。内訳は以下のとおり。2017年(平成29年)12月、自由民主党名護市支部は「とぐち武豊後援会」に500万円、市長選挙のために設立された政治団体「くらしを豊かにする市民の会」に1,208万円寄付した。同年同月、自由民主党沖縄県連は「くらしを豊かにする市民の会」に1,000万円寄付した。2018年(平成30年)1月4日から3月1日にかけて、自民党名護市支部は5回にわけて「くらしを豊かにする市民の会」に計1,400万円寄付した。同年1月31日、自民党名護市支部は渡具本人に400万円寄付した。同年1月22日、自民党沖縄県連は「くらしを豊かにする市民の会」に1,500万円寄付した[24][25][26]。政府・与党は物量面からも渡具知を支援し、8年ぶりに基地建設反対派から市長の座を奪還した[23]

脚注

  1. ^ “名護市長選、渡具知市長が立候補へ「2期目に向けて挑戦」”. 沖縄タイムス. (2021年6月15日). https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/770445 2021年11月23日閲覧。 
  2. ^ プロフィール | とぐち武豊WEBSITE
  3. ^ 市長プロフィール | 名護市役所
  4. ^ 渡具知武豊 (とぐちたけとよ) | 選挙ドットコム
  5. ^ a b “名護市長選 渡具知武豊氏が立候補表明 市議会自民会派の会長”. 沖縄タイムス. (2017年7月27日). https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/119215 2022年1月14日閲覧。 
  6. ^ “自民、迷走の末に渡具知武豊氏の擁立決定”. 産経新聞. (2017年10月6日). http://www.sankei.com/politics/news/171006/plt1710060047-n1.html 2018年2月5日閲覧。 
  7. ^ a b “名護市長選、国政並み態勢 現職、辺野古反対を訴え 新人、自公が挙党支援”. 日本経済新聞. (2018年1月23日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26059960T20C18A1PP8000/ 2019年3月10日閲覧。 
  8. ^ a b “沖縄・名護市長選へ自民党幹部が大挙 辺野古移設実現へ「勝負の年」 公明党に本気度示す”. 産経新聞. (2018年1月4日). http://www.sankei.com/politics/news/180104/plt1801040025-n1.html 2018年1月25日閲覧。 
  9. ^ a b c “沖縄・名護市長選、あす告示”. 読売新聞. (2018年1月27日). オリジナルの2018年1月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180128024256/http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20180127-OYS1T50011.html 2019年3月10日閲覧。 
  10. ^ a b “名護市長選、自民攻勢 知事選の前哨戦、幹部次々/訴えは沖縄振興”. 朝日新聞. (2018年1月19日). オリジナルの2018年3月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180314184834/https://www.asahi.com/articles/DA3S13319848.html 2018年1月25日閲覧。 
  11. ^ 渡具知武豊氏に推薦状を交付 名護市長選挙 | 自民党沖縄県支部連合会
  12. ^ “沖縄・名護市長選 公明が注力 自民系支援、影響力維持図る”. 毎日新聞. (2018年1月19日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20180119/ddm/005/010/102000c 2018年1月25日閲覧。 
  13. ^ “また本日、日本維新の会沖縄県総支部からも推薦状をいただきました。勝利に向け、これから益々頑張っていきます!”. 渡具知武豊 (@toguchitaketoyo) - Instagram. (2018年1月13日). https://www.instagram.com/p/Bd4P6OwhcZg/?taken-by=toguchitaketoyo 2018年1月25日閲覧。 
  14. ^ “名護市長選、自民が渡具知氏擁立へ 「市民の声、応える」”. 琉球新報. (2017年7月21日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-538987.html 2018年1月22日閲覧。 
  15. ^ “名護市長選:渡具知氏が総決起大会 「子育てしやすい名護に」”. 沖縄タイムス. (2018年1月23日). http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/199389 2018年1月23日閲覧。 
  16. ^ “渡具知氏が初当選 移設反対の現職破る”. 毎日新聞. (2018年2月4日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20180205/k00/00m/010/076000c 2018年2月5日閲覧。 
  17. ^ “名護市長選、辺野古移設容認派の渡具知氏が初当選”. 日本経済新聞. (2018年2月4日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2651641004022018ACYZ00/ 2018年2月5日閲覧。 
  18. ^ “安倍政権支援の渡具知氏が初当選 「名護を変えての思い」”. 産経新聞. (2018年2月4日). http://www.sankei.com/politics/news/180204/plt1802040020-n1.html 2018年2月5日閲覧。 
  19. ^ “名護市長に新人・渡具知氏…移設反対の現職破る”. 読売新聞. (2018年2月4日). http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20180204-OYT1T50148.html 2018年2月5日閲覧。 
  20. ^ “名護市長選、渡具知氏が2期目への出馬表明 市議会本会議”. 琉球新報. (2021年6月15日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1338653.html 2022年1月12日閲覧。 
  21. ^ “名護市長選 市議の岸本洋平氏が出馬表明 来年1月23日投開票”. 琉球新報. (2021年8月17日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1376621.html 2022年1月12日閲覧。 
  22. ^ a b “名護市長選挙 候補者の横顔”. 琉球新報. (2018年2月1日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-658031.html 2022年1月13日閲覧。 
  23. ^ a b “<税を追う>名護市長選でも「フル稼働」 官邸から「頼むぞ」電話”. 東京新聞. (2019年6月25日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/20260 2022年1月14日閲覧。 
  24. ^ 平成29年分政治資金収支報告書の要旨 (PDF)”. 沖縄県選挙管理委員会. 2022年1月13日閲覧。
  25. ^ 政治資金収支報告書 くらしを豊かにする市民の会(平成30年分 定期公表) (PDF)”. 沖縄県選挙管理委員会. 2022年1月13日閲覧。
  26. ^ 政治資金収支報告書 自由民主党名護市支部(平成30年分 定期公表) (PDF)”. 沖縄県選挙管理委員会. 2022年1月13日閲覧。
[脚注の使い方]

外部リンク


 

Back to Top
Close