in

🏛|厚労白書が「医療・福祉100万人不足」


写真 

厚労白書が「医療・福祉100万人不足」

 
内容をざっくり書くと
医療・福祉の就業者が40年に1070万人必要となる一方で、確保が見込まれるのは974万人にとどまり約100万人が不足すると推計。
 

厚生労働省はこのほど、「社会保障を支える人材の確保」をテーマにまとめた2022年版厚労白書を公表した… →このまま続きを読む

 労基旬報

「労働」について時代のニーズをとらえた情報を提供。人事・労務の身近な問題に加えて、労働法制や労働行政、全国の仕事を訪ねるライター、労務や賃金、心理学等の専門家に執筆いただき、実務に役立つ紙面を心がけております。先進企業事例、コラム、第一線で働く人を取材するとともに、法改正に対応した就業規則例を掲載。読めて、役立つ労務の専門紙です。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

[rdp-wiki-embed url=”https://ja.wikipedia.org/wiki/1070万人必要”][rdp-wiki-embed url=”https://ja.wikipedia.org/wiki/974万人”]