ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

🏛|久万高原町長選 現職・河野氏が一騎打ち制し再選【愛媛】


写真 

久万高原町長選 現職・河野氏が一騎打ち制し再選【愛媛】

 
内容をざっくり書くと
投票率は79.78%と前回を2.6ポイント下回り過去最低で、コロナ禍で選挙ムードが高まらない中、有権者は町政の継続を選びました。
 

現職と新人の一騎打ちとなった久万高原町長選挙は、30日投票が行われ、現職の河野忠康氏が再選を果たしま… →このまま続きを読む

 テレビ愛媛

「テレビ愛媛」(フジテレビ系列)ニュースのアカウントです。愛媛県の最新ニュースを発信します。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

投票率

投票率(とうひょうりつ)とは有権者総数に対する投票者の割合[1]

解説

投票率はその地域における投票参加の度合いを表すものとして使用されている。

投票率が低いほど、組織票の割合が大きくなり浮動票の割合が少なくなる傾向があると言われているが、組織票を動かしていた組織が解散または自主投票とすることで投票率が下がることもありうる。 海外では組織的なボイコットにより投票率を下げて選挙自体の権威を下げる戦術も行われている。

日本では組織的ボイコットは見られないが投票率が高いとは言えない為、組織票依りの勢力が有利になる現象は生じている。

先進国・民主主義国ではオーストラリアが投票率90%を超えている。これは、棄権者に罰金を課する義務投票制を採用していることが影響しているとされる。義務投票制度を採用していない先進・民主主義国では、近年北欧諸国であるスウェーデンなどの高投票率が注目されている[2]

日本における投票率に関する記録

衆議院議員総選挙

参議院議員通常選挙

参議院議員補欠選挙

  • 最低 1991年参議院議員埼玉県選挙区補欠選挙 17.80%

都道府県知事選挙

  • 最高 1951年島根県知事選挙 95.10%
  • 最低 2011年埼玉県知事選挙 24.89%

五大都市市長選挙

  • 最高 1951年名古屋市長選挙 78.08%
  • 最低 1979年京都市長選挙 16.13% ※政令指定都市市長選挙としても最低

政令指定都市市長選挙

  • 最高 2009年横浜市長選挙 68.76%
  • 最低 1979年京都市長選挙 16.13%

その他

  • 最高 1951年群馬県総社村長選挙・1951年群馬県明治村議会選挙ほか多数[4] 100.00%
  • 最低 2010年東広島市議会議員補欠選挙[5] 8.82%

最低投票率

選挙によっては最低投票率が規定されており、投票率が一定を超えない場合は投票を無効とする場合がある。ただし白票や他事記載による無効票も投票率に含まれる。

日本では最高裁判所裁判官国民審査法(第32条)や地方自治体の住民投票条例で、最高裁判所裁判官国民審査や地方自治体の住民投票で最低投票率を設定している。最低投票率は最高裁判所裁判官国民審査では1%、地方自治体の住民投票では最低投票率が存在する自治体では概ね50%である。

韓国ロシアなどでは憲法改正の国民投票を実施する場合、最低投票率を超えることを憲法で要件としている[6]

一方で、最低投票率の導入はボイコット運動で投票を無効にすることが可能であるため、投票反対派のボイコット運動を誘発するとして反対意見もある[6]

日本で憲法改正国民投票法を制定する際、憲法改正反対派を中心に最低投票率の導入が主張されたが、最低投票率は導入されずに制定された。

投票率は、その選挙自体に対する関心を表すものの1つであり、投票率が著しく低い場合には選挙の正当性に疑問を投げかけられる場合がある。国・政府の正当性に争いが生じている場面では、投票に対するボイコットが有効な闘争手段となる。

脚注

関連項目

外部リンク

コロナ禍

コロナ禍(コロナか)とは、2019年末からの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行による災難や危機的状況を指す言葉である[1]

コロナ禍」のうち、「コロナ」は「新型コロナウイルス[2]、「」は「災い」や「災難」「不幸なできごと」を意味することば[3]で、さまざまな名詞に後置されて「○○禍(か)」という複合語[4]を形成する(他の例:水禍、戦禍など)。

新型コロナウイルス感染症の流行が拡大するとともに、2020年(令和2年)3月半ば頃から新聞やネット上において広く用いられるようになった[5][注釈 1][注釈 2]

大辞泉が選ぶ新語大賞2020

小学館による「大辞泉が選ぶ新語大賞 2020」では、次点として「コロナ禍」が選出され、大辞泉編集部による語釈が発表サイト上に掲載された。

選出理由について、特別選考委員を務めた明治大学国際日本学部教授・田中牧郎は「今の世界の状況を言い表す言葉で、これを克復しよう、新しい生活様式を見出して、なんとか切り抜けていこうという願いを共有するのに、大事な言葉になっています。その思いへの応援も込めて次点としました」と説明している。

また田中は、日本語学の観点からは「○○禍」が造語成分として今後派生するかどうかも注目に値するとしている[6]

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 行政によるネット上の発信では、 など。
  2. ^ 新聞報道では、全国紙5紙すべてに登場。 など。ブロック紙では、 など。県紙では、ブロック紙に準ずると評価されるものでは、 など。一般の県紙では、など。

出典

  1. ^ 滝島,2020,ll.1-2.
  2. ^ 滝島,2020,l.2.
  3. ^ 滝島,2020,l.1.
  4. ^ 滝島,2020,ll.24-25.
  5. ^ 滝島,2020,ll2-4.
  6. ^ “国語辞典『大辞泉』が選ぶ今年の新語大賞は【三密】に決定! 次点は【コロナ禍】 最多投稿数は【経年美化】” (プレスリリース), 小学館, (2020年12月1日), https://kyodonewsprwire.jp/release/202011287823 2020年12月1日閲覧。 

参考文献

関連項目


 

Back to Top
Close