ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

🏛|宮崎特攻基地の史跡 小学校の修学旅行 受け入れ準備 宮崎県


写真 

宮崎特攻基地の史跡 小学校の修学旅行 受け入れ準備 宮崎県

 
内容をざっくり書くと
宮崎空港の近くには、戦時中宮崎基地から出撃した特攻隊員など799人を祀る慰霊碑や、戦闘機をアメリカ軍の攻撃から守るために造られた掩体壕があります。
 

新型コロナウイルスの影響で、宮崎県ではほとんどの小学校が2020年度は県内で修学旅行を行う予定です。… →このまま続きを読む

 テレビ宮崎

「テレビ宮崎」(フジテレビ系列)ニュースのアカウントです。宮崎県の最新ニュースを発信します。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

宮崎基地

慰霊碑

慰霊碑(いれいひ、英語:Cenotaph)とは、事故戦争災害などで亡くなった人や動物のを慰めるために建立された石碑鎮魂(ちんこんひ)などともいう。

霊を慰めるためや、二度とそのようなことがないように戒めることや、警告といった意味をもち、それに沿った文言が碑文(ひぶん、ひもん)として刻まれる。死者発生の原因が災害である場合は、災害記念碑を兼ねることもある。

高さがあり、慰霊の碑文が刻まれないものは霊を慰めるとして慰霊塔(いれいとう)と呼ばれる。いずれも古からとしての材料はが使われたが、コンクリート金属などが石に代わる材料として用いられることもある。

日本の例

日本国内では、原爆のために建立された原爆死没者慰霊碑が有名。「大東亜聖戦大碑」など大東亜戦争のために建立された慰霊碑も多い。

インドインパール近郊のロトパチン村にインパール作戦の慰霊碑が1994年に建立されている。

世界の慰霊碑の例

慰霊碑や慰霊塔の建立は世界各地で行われている。

動物

医歯薬系大学、動物園水族館の多くには「実験動物慰霊碑」、「虫塚」がある。年に一度、慰霊祭が行われ、職員や研究者が集まり感謝と哀悼の祈りをささげる[1]。動物園で、慰霊祭を執り行ったのは、1930年の上野動物園が最初である[1]

戦争のために亡くなった動物、特に軍馬軍犬のための慰霊碑もある[2]

脚注

  1. ^ a b 吉川 寛、堀 寛 「研究をささえるモデル生物―実験室いきものガイド」 出版社:化学同人、2009/9/1 p.257
  2. ^ 戦前の軍用動物慰霊碑・動物慰霊祭と終戦後の発展 2014-10-7閲覧

関連項目


 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close