ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

🏛|俳優リウ・ハオラン起用の英香水ブランド、「人種差別」で中国向け広告のトラブルが尾を引く


写真 

俳優リウ・ハオラン起用の英香水ブランド、「人種差別」で中国向け広告のトラブルが尾を引く

 
内容をざっくり書くと
また、中国でもリウ・ハオランのファンから、国際社会で特に敏感になっているこの問題に彼を巻き込んだとして怒りの声が上がっている。
 

中国の俳優リウ・ハオラン(劉昊然)をアンバサダーに起用した英香水ブランドのジョー・マローンと、英俳優… →このまま続きを読む

 レコードチャイナ

中国、韓国、東アジアのニュースならレコードチャイナ。各国の情報を日本語でお伝えします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

ハオラン

国際社会

国際社会(こくさいしゃかい、英語: International community)は、世界政府および人々のおおまかなグループのことであり、国際関係について使われるフレーズである。概して、特定の人権問題などについての共通の視点の存在を、暗に意味するために、使われる。活動家、政治家、コメンテーターはしばしば、この言葉を使って、必要なアクションを求める。例えば、対象国での政治的抑圧であるとされている事に対して使われる。

この言葉は一般に、論争点についての一致した視点(コンセンサス)を暗示するために使われる。例えば、国際連合総会での多数票の信用性を高めるために使われる。

解釈の例

ノーム・チョムスキーはこの言葉の用途について、アメリカ合衆国とその従属国と同盟国を意味すると、記した[1][2][3]

学者であるMartin Jacquesは、「我々は皆『国際社会』という言葉が意味するものを知っているはずだ。それは当然、西洋のことで、それ以上でも、それ以下でもない。『国際社会』という言葉を使うのは、西洋に威厳を付け、世界的なものとし、より立派に聞こえるようにし、より中立で、他より優越しているとする、方法だ。」と言っている[4]

関連項目

出典

  1. ^ The Crimes of ‘Intcom’”. 2016年7月16日閲覧。
  2. ^ Israel, US violators of international law, says Noam Chomsky”. The News Tribe. 2016年7月16日閲覧。
  3. ^ Noam Chomsky on Iran”. 2016年7月16日閲覧。
  4. ^ Martin Jacques. “What the hell is the international community?”. the Guardian. 2016年7月16日閲覧。

 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close