ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

🏛|トンネル工事「因果関係ないとは言えない」 東京・調布市の道路陥没


写真 

トンネル工事「因果関係ないとは言えない」 東京・調布市の道路陥没

 
内容をざっくり書くと
NEXCOなどによると、原因は地下の空洞化か、トンネルを掘る“シールドマシン”が土砂を取り過ぎた可能性も考えられるとしており、原因が判明するまで工事を一時中断するとしている。
 

東京・調布市の住宅街で発生した道路の陥没について、NEXCO東日本は、外環道のトンネル工事との因果関… →このまま続きを読む

 FNNプライムオンライン

FNNプライムオンラインは「テレビとの新しい付き合い方」ができるメディアです。フジテレビ系FNN28局が総力を挙げ、これまでのテレビやニュースの枠を超えた記事・動画・ライブ配信・最新ニュースなどのコンテンツをお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

シールドマシン

シールドマシン(shield machine)は、シールド工法で用いられる掘削機地盤を横に掘り進むことができ、主に地下鉄や下水道トンネルの掘削に利用される。単にシールドとも呼称される。日本国外ではトンネルボーリングマシンの一種として分類されている[1]

概要

シールドマシンは、前方の土砂を削り、後方に土を送り、崩れないように同時にトンネルの壁(セグメント)を組み立てる機械である[2]。円筒状が多く、建設するトンネルの形状に合わせて製造される。また、現場の地質などに合わせて作成される特注の機械であり、工事終了後は、脇に埋め込まれる・解体される・(外殻部分は)トンネルの外壁の一部として利用される、といった扱いが多いが、記念のオブジェ等として展示されたり、稀に再利用されることもある。外殻がトンネルの外壁の一部として利用されたものは、利用者が容易に目にすることができる場所にあることもある。進行方向側がトンネルの切羽(掘削面)であるわけだが、そこに、おろし金のような細かい刃(カッタービットないし単にビットと呼ばれる)が円周状・放射状に設置された、カッターヘッドという回転する面板があり、それを押し付けることでトンネルを一日10m位掘削する。騒音とは無縁の場所では、24時間駆動する。

カッタービットは、常に土を掘り分け硬い石を削る過酷な部品であるため、工具鋼超硬合金や焼結タングステンカーバイドなどの強靭な素材でできている。またマシン本体の外殻は、内部でトンネルが構築されるまでの間、周囲の土圧・地下水圧に耐える役割を果たす。

鉄道総合技術研究所では日本最古のシールドの一部を展示している[3]

シールドマシンの種類

  • 泥水加圧式シールドマシン[4]
  • 泥土圧式シールドマシン[4](土圧バランス式、加泥式、土圧加水式など)

主なメーカー

施工方法

脚注

外部リンク

一時中断


 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close