ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🥋|柔道女子78キロ級で浜田が2位 五輪代表、原沢と向は敗退


写真 浜田尚里

柔道女子78キロ級で浜田が2位 五輪代表、原沢と向は敗退

 
内容をざっくり書くと
東京五輪男子90キロ級代表の向翔一郎(ALSOK)は2回戦で一本負けして敗退が決まった。
 

柔道の世界ランキング上位者で争うマスターズ大会最終日は13日、ドーハで男女計5階級が行われ、東京五輪… →このまま続きを読む

 共同通信

国内外、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

東京五輪男子90キロ

向翔一郎

向 翔一郎(むかい しょういちろう、1996年2月10日 - )は、富山県高岡市出身の、日本柔道選手である。階級は90kg級。身長178cm。組み手は左組み。得意技は内股[1][2]メイプル超合金カズレーザー似とも言われている[3]。愛車はBMW。

経歴

父親が柔道の指導者だったこともあり、4歳の時に姉の向奈津美に続いて柔道を始めた[1][4][5]。小学校1年の時に新潟県へ移ると、白根柔道連盟凰雛塾の所属となった[2]。小学校4年から本格的に取り組み始めると、この時期が一番強かったのではないかと思えるほど試合で勝ち続けていたという[4]

中学は上京して講道学舎の所属となった。講道学舎では非常にきつい練習を課せられたが、要領よく立ち回り先輩からも好意的に接せられたこともあって体重も10kgほど増えた。これだけ太った生徒は講道学舎始まって以来だという[4]。その後富山県の雄山中学へ移ったが、講道学舎出身というプライドが邪魔して伸び悩むことになった[2]高岡第一高校へ入学しても、講道学舎出身だということで周囲からちやほやされて、熱心に練習することはあまりなかった。しかし、中学まで圧勝していた同級生に敗れた際に、これまでの無作法な態度を父親に諭されたことなどもあって、以降は真剣に練習に取り組むことになった[4]。3年の時にはインターハイの81kg級で5位となった[1]。大学では柔道をやめてアメリカンフットボールに取り組む予定だったが、日本大学の柔道部にスカウトされて柔道を続けることに決めた[4]

2014年に日本大学へ進学すると、1年の時には9月の全日本ジュニア決勝で天理大学の具志堅一弘を破って優勝した[6]。10月の世界ジュニアでは2回戦でジョージアのベカ・グビニアシビリに合技で敗れた。団体戦では決勝のジョージア戦で再びグビニアシビリに敗れるも、大将戦で小川雄勢が勝利したことでチームは優勝を飾った[7]

2年の時には6月の優勝大会で3位となった[8]。9月の全日本ジュニア決勝では筑波大学の大橋賢人を破って2連覇を達成した[6]。10月の世界ジュニアでは初戦でロシアのミハイル・イゴルニコフに敗れた。団体戦では決勝のジョージア戦で勝利を収めてチームは昨年に続いて優勝を飾った[1]

3年の時には6月の優勝大会決勝で東海大学に敗れて2位だった[8]。10月の学生体重別では決勝で大橋を破って優勝を飾った。試合後には、「(リオデジャネイロオリンピック金メダリストの)ベイカー茉秋を倒します」と宣言するに至った[9][10]。10月の体重別団体では3位だった[11]。11月の講道館杯では3位となった[12]。12月のグランドスラム・東京では7位に終わった[13]

4年の時には4月の体重別の決勝で千葉県警加藤博剛を指導2で破って今大会初優勝を飾った。この際に、「ベイカーさんにスタイルでは勝っていると思う。最終的な目標は東京五輪で優勝すること」とコメントした[3][14]アジア選手権では準決勝でタジキスタンのコムロンショフ・ウストピリヨンに技ありで敗れて3位だった[15]。8月のユニバーシアードでは準決勝で韓国の郭同韓GSに入ってから技ありを取られて3位だった。団体戦では決勝のロシア戦で一本勝ちするなどしてチームの優勝に貢献した[16][17][18]

大会後、日大柔道部の集合日に遅刻したことで、柔道部監督で全柔連強化委員長も務める金野潤に咎められた。過去にも度々遅刻を繰り返していたことから、柔道部の出入り禁止を喰らい退寮も余儀なくされた。そのため、警視庁国士舘大学へ出稽古に赴く日々が続いた[19]。そんななか、11月の講道館杯では準決勝まで全て一本勝ちすると、決勝ではセンコーの釘丸太一を背負投の技ありで破って優勝した[20]。大会後、金野に詫びを入れると、再び柔道部に受け入れられた[19]

12月のグランドスラム・東京では準々決勝でブラジルの選手に敗れるも、敗者復活戦を勝ち上がって3位になった[21]。2018年2月のグランドスラム・パリでは準決勝で郭に棄権勝ちすると、決勝ではグビニアシビリを開始早々の背負投で破るなどオール一本勝ちしてIJFワールド柔道ツアー初優勝を飾った。なお、決勝で投げられた際に左膝を負傷したグビニアシビリの肩をかけて退場を手伝ったことにより、観衆からスタンディングオベーションを受けることになった[22][23]。また、以前は90kg級の選手ながら僅か83kgしかなかったが、これではベイカーに対抗できないと悟ってウェイトトレーニングと食事改善に取り組んだ結果、普段の体重が99kgまで増えることになった[19]

2018年4月からは綜合警備保障の所属となった[1]。体重別では準決勝でJRAのベイカーに技ありで敗れて3位だった。この際に、「自信はあったけど、五輪チャンピオンはでかかった。純粋にベイカーさんに勝ちたかった。(自分の)今の力はこの程度。成長しなきゃいけない」とコメントした[24][25]世界選手権代表にはなれなかったが、世界団体の代表には選出された[26]。8月のグランプリ・ブダペストでは準々決勝でスペインのニコロス・シェラザディシビリに反則負けするなどして7位に終わった[27]。9月の世界団体では準々決勝のアゼルバイジャン戦で敗れるも、決勝のフランス戦で個人戦3位のアクセル・クレルジュ裏投げで破ってチームの優勝を決定付けた。試合後には、「みんなの足を引っ張りたくない一心だった」「ここで負けたら日本に帰れないと思った。これで何とか帰国できます」とコメントした[28][29][30]。11月の講道館杯では3位だった[31]。続くグランドスラム・大阪では準決勝でジョージアのウシャンギ・マルギアニを技ありで破ると、決勝ではオランダのノエル・ファントエンドに反則勝ちして優勝した[32]

2019年2月のグランドスラム・パリでは準々決勝でカザフスタンのイスラーム・ボズバエフに敗れると、その後の3位決定戦でもパーク24長澤憲大に横四方固で敗れて5位に終わった[33]。4月の体重別では準決勝で東海大学1年の村尾三四郎腕挫腋固で破ると、決勝では長澤にGSに入ってから反則勝ちして優勝を飾り、世界選手権代表に選出された[34][35][36]。なお、頭を左右に振る独特の間合いは、キックボクシングの体験を活かしたものだという[5][37]。5月のグランドスラム・バクーでは2回戦でトルコのメルト・シスマンラルに合技で敗れた[38][39]。7月のグランプリ・ブダペストでは準決勝で便意を催しながらも世界2位であるキューバのイバン・フェリペ・シルバ・モラレス小外刈の技ありで破るも、決勝では世界チャンピオンとなったシェラザディシビリに隅落で敗れて2位だった。この際に、「まだ我慢が必要。最後(決勝)は我慢することができなかった」「日本人たるもの、世界一は使命」と語った。なお、今大会の初戦で左中足骨を骨折するも、「普通の人なら全治1カ月でも、1週間で治します!」と自らに気合を入れた[40][41][42]。8月に東京で開催された世界選手権では準々決勝でシルバ・モラレスを小内刈、準決勝でスウェーデンのマルクス・ニマンに反則勝ちするなど全て一本勝ちして決勝まで進むも、ファントエンドに技ありで敗れて2位にとどまった[43][44]。この際に、「まだまだ我慢が足りない。自分にムカつく。2位は1回戦負けと同じだし、これだけ悔しいのは初めて」と号泣しならがらコメントした[45]。11月のグランドスラム・大阪では準々決勝で郭に体落で敗れるも、敗者復活戦で村尾に反則勝ちすると、3位決定戦では長澤がケガで棄権したため3位となった[46][47]

2020年2月のグランドスラム・デュッセルドルフでは準々決勝でアゼルバイジャンのママダリ・メフディエフと対戦すると、指導2を取られた後に主審の指示なしに帯を解いて結び直したことで指導3の反則負けを喫したが、その後の3位決定戦でシルバ・モラレスを払巻込で破り3位になった[48][49][50]。その後に開かれた強化委員会で、1名の強化委員が白票を投じたのを除いて賛成票が得られたため、東京オリンピック代表が内定した。2番手選手とのこれまでの成績差が歴然だと強化委員の3分の2以上によって判断された場合は東京オリンピック代表が内定することになっていた[51][52][53]。代表内定となった向は、「90キロ級(の代表争い)は横一線だと思っていたが、五輪で結果を残すには自分ぐらいのメンタルじゃないと駄目だと思っていた。優勝して恩返しする。」と決意を語った[54]。5月に全柔連は常務理事会と強化委員会を開いて、新型コロナウイルスの影響で1年延期になった東京オリンピックでは、2月に決まっていた代表内定選手の権利を維持する方針を確認した。内定選手は激越な代表選考をすでに経ているとしたうえで、国際大会の再開が今だ不透明で再選考が容易でないことを最大の理由に挙げている[55]。一方で強化委員長の金野潤は、「現場の監督、コーチが現内定選手で闘う自信をしっかり持っていることが一番の決め手」だと説明した[56]。その後、全柔連の全理事と監事の承認を得て、代表内定選手の維持が正式に決まった[57]。この際に、「新型コロナウイルスの影響で予断を許さない状況が続いているが、東京五輪に向けて、しっかりと準備していく。金メダルを獲得し、恩返しをしたい」とコメントした[58]。12月に延期された全日本柔道選手権には東京オリンピック代表選手で唯一出場するも、3回戦で旭化成太田彪雅払腰で敗れた[59]

2021年1月のワールドマスターズでは2回戦でグビニアシビリに横四方固で敗れた[60]

IJF世界ランキングは3721ポイント獲得で11位(20/12/21現在)[61]

戦績

(出典[1]、)。

他選手の父親に対する中傷動画のアップロード

2020年5月には、60㎏級オリンピック代表の高藤直寿Youtubeチャンネルで電子タバコを吸いながら対談したことを東京オリンピック66㎏級代表候補の丸山城志郎の父親である丸山顕志Facebookで咎められた。その後、自身のYoutubeチャンネルにて「f××k ○ MOUNTAIN」と題するラップを作曲して動画を公開し、「おいカス お前引きずり回すラップ」「アンチの先頭 子が笑われる 親の在り方 今 問われる」「五輪出場 値しないとか アラばかり探してても無駄」と攻撃する動画をアップロードしたことが、6月になって問題視されることになった。この件を丸山が向に問い合わせると、「柔道を普及させるためにやっていることに対して、誹謗中傷をやられたので、面白くありませんでした」との返答があったという[62]

一連の経緯は週刊文春(6月25日号)の記事となり、全柔連の金野潤強化委員長は6月22日に向に口頭で厳重注意をしたことを明かした。全柔連はこれまで強化合宿に外部の専門家を招いてSNSの使い方について講習会をしてきたという。しかし、これを機に、SNSの使い方に関するガイドラインを作成するという[63][64]。「これを機にしっかりとした明確なガイドラインを考えていきたい。(例えば)差別的な発言、誹謗(ひぼう)中傷、または喫煙、飲酒、ギャンブルが映像に映り込むことも含めて、明確なSNSの使い方を提示していく必要がある」「見て不快に思う方が多数いることは、代表としてするべきではない。選手たちがいろんなことを発信していくことを全て締め付ける気はないが、自分の観点でしかものを見れないのは軽率」と金野強化委員長は語っている[65][66]

金野強化委員長は「大変不快な思いをたくさんの方にさせてしまったことは、心からおわびを申し上げたい」と陳謝しており、当事者の丸山顕志も「お騒がせする事となってしまい大変申し訳なく思っております。向選手に対し、まずは直接本人に意見を述べなかった点は、配慮を欠いていたと深く反省いたしております」と陳謝する投稿をしているが、作曲した向本人からは謝罪のコメントは一切なかった[67]

なおその後、両者による乱取り対決を向のYoutubeチャンネルにアップロードする予定もあったが、関係各所から制止されることになったという[68]

脚注

  1. ^ a b c d e f 「柔道全日本強化選手名鑑 2020」近代柔道 ベースボールマガジン社、2020年4月号
  2. ^ a b c ユニバ柔道・銅の向、古巣で指導 新潟南区 鳳雛塾生に技披露 47NEWS 2017年9月3日
  3. ^ a b カズレーザー似の21歳・向が90キロ級で初V! スポーツ報知 2017年4月3日
  4. ^ a b c d e 向翔一郎 著名な柔道選手インタビュー
  5. ^ a b 異能の柔道家・向翔一郎 東京五輪「金」の向こう側に見えるカズレーザーとの合体 東京スポーツ
  6. ^ a b 全日本ジュニア柔道体重別選手権大会
  7. ^ 「全国高等学校柔道大会」近代柔道 ベースボールマガジン社、2014年12月号 48頁
  8. ^ a b 全日本学生柔道優勝大会
  9. ^ 全日本学生柔道体重別選手権大会
  10. ^ 「全日本学生柔道体重別選手権大会」近代柔道 ベースボールマガジン社、2016年11月号 14頁
  11. ^ 全日本学生柔道体重別団体優勝大会
  12. ^ 平成28年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
  13. ^ Judo Grand-Slam Tokyo 2016[リンク切れ]
  14. ^ 平成29年全日本選抜柔道体重別選手権大会
  15. ^ 稲森、藤原らが優勝 アジア選手権/柔道 サンケイスポーツ 2017年5月27日
  16. ^ 向、3位決定戦は危なげない快勝「今の自分の力は出せた」/夏季ユニバ
  17. ^ 柔道団体、男女とも金 時事通信 2017年8月24日
  18. ^ Daily Competition Schedule Judo
  19. ^ a b c 「柔道界の異端児」向翔一郎、東京五輪へ人生懸ける 日刊スポーツ 2018年2月28日
  20. ^ 小川、男子100キロ超級制す=女子52キロ級は高校生阿部-講道館杯柔道 時事通信 2017年11月12日
  21. ^ Grand Slam Tokyo 2017
  22. ^ 影浦、向、藤原がV 新井2位 柔道グランドスラム - 柔道 日刊スポーツ 2018年2月12日
  23. ^ Gold Medals, Good Judo and Fairplay
  24. ^ 平成30年全日本選抜柔道体重別選手権大会
  25. ^ 小川Jrが初V!注目の阿部詩は準決勝敗退 ベイカーは決勝で敗れる/柔道 サンケイスポーツ 2018年4月8日
  26. ^ 柔道・小川ジュニア初の世界切符、世界選手権&アジア大会代表発表 デイリースポーツ 2018年4月29日
  27. ^ Grand-Prix Budapest 2018
  28. ^ 日本、混合団体で連覇=世界柔道 時事通信 2018年9月27日
  29. ^ 男女混合団体『金』 喜びの声 サンケイスポーツ 2018年9月28日
  30. ^ 向翔一郎「僕は年上!」男女壁なく柔道混合団体V2 日刊スポーツ 2018年9月28日
  31. ^ 平成30年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
  32. ^ ウルフが男子100キロ級優勝=女子78キロ級は佐藤が制す-柔道GS大阪 時事通信 2018年11月25日
  33. ^ Grand Slam Paris 2019
  34. ^ 原沢久喜が2度目の優勝 柔道体重別、18歳素根輝V3 産経新聞 2019年4月6日
  35. ^ 「異端児」向翔一郎が90キロ級V、素行猛省し成長 - 柔道 日刊スポーツ 2019年4月6日
  36. ^ 世界選手権の代表に大野将、阿部一ら/柔道 サンケイスポーツ 2019年4月7日
  37. ^ 柔道向翔一郎 世界王者の「赤ゼッケン取りいく」 - 柔道 東京スポーツ 2019年4月18日
  38. ^ 浜田は3位=柔道グランドスラム 時事通信 2019年5月13日
  39. ^ Grand-Slam Baku 2019
  40. ^ 向翔一郎、世界選手権へ意気込み「世界一は使命」/柔道 サンケイスポーツ 2019年7月15日
  41. ^ 世界柔道代表の向翔一郎が中足骨折「1週間で治す」 - 柔道 スポーツニッポン 2019年7月18日
  42. ^ Budapest Grand-Prix 2019
  43. ^ 柔道男子90キロ 新星・向翔一郎、初出場で銀メダル スポーツニッポン 2019年8月29日
  44. ^ World Judo Championships 2019
  45. ^ 天才向翔一郎が涙の銀「これだけ悔しいの初めて」 - 柔道 日刊スポーツ 2019年8月30日
  46. ^ 男子90キロ級 14階級で唯一決勝進出逃す 銅メダルの向が反省「甘さが出た」 スポーツニッポン 2019年11月25日
  47. ^ 柔道グランドスラム大阪2019
  48. ^ 浜田V、向3位で五輪濃厚 朝比奈も優勝 時事通信 2020年2月24日
  49. ^ 「切れた気持ち」切り替え3位 柔道男子90キロ級の向翔一郎 産経新聞 2020年2月24日
  50. ^ Judo Grand-Slam Duesseldorf 2020
  51. ^ 柔道東京五輪代表、新たに12選手 全柔連強化委で決定 産経新聞 2020年2月27日
  52. ^ 東京五輪 柔道 大野や阿部詩など男女合わせて12人代表内定 NHK 2020年2月27日
  53. ^ 高藤、永山との直接対決制し評価…3分の2以上で内定 スポーツ報知 2020年2月27日
  54. ^ 柔道五輪代表・談話 時事通信 2020年2月27日
  55. ^ 大野将平、阿部詩ら男女13人の東京五輪代表権維持/柔道 サンケイスポーツ 2020年5月15日
  56. ^ 「監督、コーチが闘う自信持っている」柔道五輪代表維持へ 産経新聞 2020年5月15日
  57. ^ 全柔連、五輪代表13選手の維持を正式決定 全理事&監事の承認得る スポーツニッポン 2020年5月26日
  58. ^ 東京五輪代表権維持に高藤「気合入れる」向「恩返ししたい」/柔道 サンケイスポーツ 2020年5月26日
  59. ^ 90キロ級五輪代表・向翔一郎、3回戦で最重量級に敗れる「技が効かなかった」 スポーツ報知 2020年12月26日
  60. ^ 五輪代表の原沢と向が2回戦敗退 柔道マスターズ 47NEWS 2021年1月13日
  61. ^ World ranking list
  62. ^ 候補選手の父に「おいカス」 東京五輪柔道代表・向翔一郎が「喫煙」「暴言」動画を公開していた 文藝春秋 2020年6月17日
  63. ^ 柔道・五輪代表の向に厳重注意 中傷動画の投稿を問題視:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル(2020年6月22日). 2020年6月23日閲覧。
  64. ^ 五輪代表の向を厳重注意 柔道 時事通信 2020年6月22日
  65. ^ “暴言動画”の柔道・向に厳重注意…金野強化委員長「軽率」「反省して」/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online(2020年6月22日). 2020年6月24日閲覧。
  66. ^ 柔道五輪代表、暴言動画で厳重注意 アスリート情報発信のあり方は?” (日本語). NEWSポストセブン(2020年7月1日). 2020年7月1日閲覧。
  67. ^ <柔道>90キロ級代表・向 中傷動画騒動で厳重注意 (2020年6月24日)” (日本語). エキサイトニュース. 2020年6月24日閲覧。
  68. ^ 丸山城志郎の父・顕志氏が明かす ユーチューブ中傷騒動・向翔一郎と“幻の対決” 東京スポーツ 2021年1月14日

外部リンク


 

Back to Top
Close