ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⚽|北海道コンサドーレ札幌加入のナイジェリア代表FWがすでに来日か!契約年数は…


写真 北海道コンサドーレ札幌のホーム 札幌ドーム 写真提供: Gettyimages

北海道コンサドーレ札幌加入のナイジェリア代表FWがすでに来日か!契約年数は…

 
内容をざっくり書くと
ケニア代表FWマイケル・オルンガが柏レイソルで成功を収めたこともあり、日本における今冬のマーケットではアフリカ人選手を獲得するクラブが増加している。
 

明治安田生命J1リーグの北海道コンサドーレ札幌に完全移籍により加入したナイジェリア代表FWガブリエル… →このまま続きを読む

 Football Tribe Japan

アジア11ヶ国に拠点を持つサッカー専門情報サイトの日本語版。欧州サッカー、Jリーグ、海外組、日本代表情報を中心に、豊富なニュースや独占コラム、独自の選手採点と試合分析などのオリジナルコンテンツを展開。楽しみながらサッカーの知識が深まります。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

ケニア代表FWマイケル・オルンガ

柏レイソル

柏レイソル(かしわレイソル、Kashiwa Reysol)は、日本千葉県柏市をホームタウンとする[1]日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

概要

1940年に創部された日立製作所本社サッカー部(1970年に日立製作所サッカー部へ改称[注 1])が前身となり[1]1995年にJリーグへ加盟した[1]。運営会社は株式会社日立柏レイソルである[1]ホームタウン登録は千葉県柏市のみであるが[1]、それに加えて我孫子市鎌ケ谷市流山市野田市松戸市印西市白井市を活動エリア[3] とし、サッカースクールやホームゲームでのホームタウンデーなどを行っている[3]

チーム名はスペイン語の「レイ(Rey)」(王)と「ソル(Sol)」(太陽)を合わせた造語で、「太陽王」を意味する[1]。ホームスタジアムは三協フロンテア柏スタジアムである[1](詳細は#スタジアム・練習場を参照)。マスコットは「太陽の王子」をイメージした「レイくん」である[1]

歴史

Jリーグ昇格前

前身の日立製作所サッカー部は、日本サッカーリーグ(JSL)が創設された1965年から参加した8チーム(オリジナル8)のうちの1つ。JSLリーグ戦で1回、JSLカップで1回、天皇杯で2度、それぞれ優勝した。

1990年にプロリーグ(Jリーグ=1993年創設)参加を表明。1992年4月、運営会社となる株式会社日立スポーツを設立[1]。1993年、日立FC柏レイソルとクラブ名称を変更し[1]フジタ(現:湘南ベルマーレ)、ヤマハ(現:ジュビロ磐田)と共にJリーグ準会員に承認された。

1993年、JFLにおいて2位以内の成績でJリーグ加盟が認められることになっていたが、最終順位は5位。秋に当時ブラジル代表カレッカを獲得。山口芳忠が初代監督として指揮をとった。JFLの成績ではJリーグ昇格はならなかったが、それでもJリーグカップにおいてベスト4入りすれば、Jリーグへの加盟が承認される条件の中、カレッカを加え、リーグカップに挑んだが、チームは得失点差で決勝トーナメント進出を逃したことで、Jリーグへの加盟は認められなかった[4]

1994年戸塚哲也柱谷幸一を獲得。10月23日、JFL最終節、NTT関東サッカー部戦にカレッカのゴールで1-0と勝利したことで2位が確定し、Jリーグ昇格を決めた[4]。カレッカはこの年チーム最多の19得点を挙げた。

1995年 - 2005年(Jリーグ・J1)

1995年、1stステージは最終戦でそれまで10連敗していたホームで勝利をあげたが最下位(14位)。1stステージ終了後のゼ・セルジオを監督から解任し、7月の2ndステージからはアントニーニョが監督に就任。1stステージ優勝の横浜Mに2戦2勝するなど2ndステージは5位(年間成績は12位)。

1996年柏レイソルへクラブ名称を変更[1]。また、ニカノール・デ・カルバーリョが監督に就任。エジウソンや両サイドバックが激しく動く攻撃的なサッカーを展開、12連勝を達成するなど、年間5位の成績。

1997年、二カノール体制2年目。1stステージは,優勝争いに加わり3位であったが、2ndステージは10位に終わった。なお、エジウソンW杯出場を目指し,2ndシーズン途中に退団。また、シーズン終了後にニカノールが金銭面を巡ってクラブと合意に至らず監督を退任。

1998年、監督に西野朗が就任。また、7月にブルガリア代表フリスト・ストイチコフが加入した。

1999年、西野体制2年目。横浜Fから薩川了洋平塚から洪明甫を獲得した一方、2ndステージ前にストイチコフが退団した。リーグ戦は年間3位の成績。また、ナビスコカップで優勝し、クラブ初タイトルを獲得。

2000年、西野体制3年目。1stステージは4位。2ndステージは終盤まで優勝を争い、最終節の勝った方が優勝という鹿島との直接対決でスコアレスドローとなり優勝を逃す。 年間では最多の勝点を獲得したものの、1st/2ndステージ勝者[注 2] が年間1位/2位となるため、総合3位でシーズンを終えた。年間勝ち点1位のチームがチャンピオンシップ出場を逃したのはこれが唯一のケースである。

2001年、1stステージが6位、2ndステージが7位。なお、7月に西野を解任し、スティーブ・ペリマンが後任の監督に就任した。

2002年、1stステージは7連敗を喫するなど14位。8月にペリマンを解任し、マルコ・アウレリオが監督に就任。2ndステージは9位。

2003年、1stステージが9位、2ndステージが11位(年間成績は12位)。シーズン終了後にマルコ・アウレリオが退任した(事実上の解任)。

2004年、日立製作所サッカー部OBの池谷友良がコーチから監督に昇格したが、1stステージは15位の成績。1stステージ終了後に池谷が退任し、早野宏史が後任監督に就任したが、2ndステージも15位。J1年間最下位に終わったが、J1・J2入れ替え戦福岡に勝利し、J1に残留した[注 3]

2005年韓国代表FW崔成国クレーベルらを獲得(崔は7月31日付でレンタル移籍を終了)。低迷打破のため、元ブラジル代表FWフランサを獲得し、元東京Vラモス瑠偉をコーチに起用した。

10月15日、アウェーの浦和戦で、2人の退場者を出すなどし、0-7で大敗。11月26日、ホームの東京V戦に5-1と大勝したが、年間16位の成績。

J1・J2入れ替え戦は甲府に、第1戦はアウェーで1-2、第2戦はホームでバレーダブルハットトリックを決められ2-6と連敗し、Jリーグ ディビジョン2(J2)降格が決まった[注 4]。早野は天皇杯(G大阪戦)を前に監督を辞任し、山形や川崎の元監督の石崎信弘が監督に就任。

2006年(J2)

チームスローガン : 「タフネス

明神智和がG大阪、波戸康広土屋征夫大宮玉田圭司が名古屋、大野敏隆が東京V、矢野貴章永田充新潟へ完全移籍したが、4年ぶりの復帰となった北嶋秀朗を清水から完全移籍で、SEパルメイラスから前年神戸でプレーしていたディエゴを期限付き移籍で獲得した。J2リーグ戦は横浜FC・神戸と自動昇格枠を争い、2位神戸と勝ち点差1の3位で迎えた最終節・湘南戦に勝利し、神戸が仙台に敗れたため、2位での自動昇格を決め、1年でのJリーグ ディビジョン1(J1)復帰を果たした。なお、84得点は2006年シーズンJ2最多得点であった。 合言葉として「一心同体」が使用されたシーズンであった。

2007年 - 2009年(J1)

2007年
チームスローガン : 「挑戦 ~進化しつづけるタフネス

石崎体制2年目。リカルジーニョディエゴが退団した一方、GK水谷雄一、MFアルセウマルシオ・アラウージョ、FW阿部吉朗、DF古賀正紘などが加入。J1復帰1年目の目標を「勝ち点45を取る」と設定した。また、3月末に運営会社の社長が小野寺重之から河西晋二郎に交代した。

リーグ戦は開幕戦で磐田に勝利。その後も苦手にしていたアウェーでも勝ち点を得るようになり、前半戦の台風の目となる。また、中盤戦は、2年前は大敗したアウェーの浦和戦を1-1で乗り切ると、苦戦が予想された8月を3勝2分と無敗で過ごす。特に浦和・横浜FMらとJ1最少失点の座を争い、8月までの23試合中12試合が無失点であった。9月23日の川崎戦で当初の目標の勝ち点45を残り8試合を残して達成したがその後は故障者が相次いだ事もあり、4連敗を含む1勝1分6敗であった。

2008年
チームスローガン : 「UNIAO ~ウニオン~ 団結・結束

石崎体制3年目。GK水谷雄一、MF谷澤達也が移籍したものの、GK菅野孝憲、MFアレックス、FWポポなどを獲得[注 5]。DFの補強は鎌田次郎[注 6] のみと攻撃陣の補強が目立った。

リーグ戦は第15節時点で3位につけたが、中盤以降は低迷して、最終成績は11位。天皇杯は、前身の日立製作所時代以来、33年ぶりに決勝へ進出。決勝はG大阪に敗れたが、準優勝の成績を収めた。シーズン終了後に石崎監督を解任。

2009年
チームスローガン : 「Pra Frente,REYSOL ~共に前に進もう~

監督に高橋真一郎が、コーチに元日本代表DFの井原正巳、元清水シジマール・アントニオ・マルチンスが就任。アレックス千葉へ移籍した一方、2007年に在籍していたアルセウナイジェリアからアデバヨを獲得。また、柏レイソルユースから史上最多の5人の選手が入団した。

シーズン開幕後、アルセウがケガのため登録抹消。フランサ李忠成などが相次いで負傷離脱。大宮から小林慶行クルゼイロECからアンセウモ・ハモン、G大阪からパク・ドンヒョクをレンタル移籍で獲得したが、第17節終了時点でリーグ最多失点の17位と低迷したため、7月15日をもって高橋を監督から解任。東京V名古屋元監督のネルシーニョが後任監督に就任したが、第33節の大宮戦に引き分けて、2006年以来2度目のJ2降格となった。なお、ナビスコ杯はグループリーグ敗退、天皇杯は3回戦で敗退した。

2010年(J2)

チームスローガン : 「Vitoria

ネルシーニョ体制2年目。クルゼイロからレアンドロ・ドミンゲスを獲得した一方、杉山浩太が期限付き移籍満了で清水へ復帰した。また、シーズン途中にフランサが退団、菅沼実古賀正紘が期限付きで磐田に移籍した。J2リーグ戦は、開幕から19試合無敗と年間敗戦数「2」のリーグ敗戦数最少記録を樹立。第33節の岐阜戦で3位以内が確定。第36節の横浜FC戦に勝利してJ2優勝も決めた。天皇杯は4回戦で敗退した。

2011年 - 2018年(J1)

2011年
チームスローガン : 「Vitoria

ネルシーニョ体制3年目。右SBのレギュラーだった小林祐三が横浜FMへ、古賀、菅沼が磐田へそれぞれ完全移籍した一方、大宮から安英学京都から増嶋竜也福岡から中島崇典、清水から兵働昭弘サンパウロFCからジョルジ・ワグネルを獲得。シーズン6位以内を目標に掲げてシーズンに入った[5]。また、3月末に運営会社の社長が河西晋二郎から御手洗尚樹(日立製作所・執行役常務)に交代した[6]

リーグ戦はU-22日本代表酒井宏樹澤昌克、J・ワグネルらの活躍もあり首位戦線で健闘、名古屋G大阪と優勝を争い、第29節で首位に浮上。第34節(最終節)で浦和を破り、Jリーグ初となるJ1昇格1年目でのJ1初優勝を飾った[注 7][注 8][7]。また、J1、J2の両ディビジョンで年間優勝のタイトルを受賞した初のチームとなった[注 9]。ナビスコ杯は初戦敗退、天皇杯は4回戦で敗退した。また、FIFAクラブワールドカップ2011オークランド・シティFCモンテレイに勝利。3位決定戦でアル・サッドに敗退したが4位の成績を残した。

2012年
チームスローガン : 「Vitoria

ネルシーニョ体制4年目。藏川洋平熊本に、パク・ドンヒョク大連実徳足球倶楽部に、仙石廉岡山)、池元友樹北九州)がそれぞれレンタル移籍していたにチームに完全移籍、兵働昭弘千葉に、相馬大士JFLFC琉球に、岡山にレンタル移籍していた山崎正登FC岐阜に、JFL・ブラウブリッツ秋田にレンタル移籍していた比嘉厚平山形に、岐阜にレンタル移籍していたエフライン・リンタロウが秋田にレンタル移籍、武富孝介の熊本への期限付き移籍期間も延長した。

補強は横浜FMから昨シーズン横浜FCに期限付き移籍していた藤田優人栃木SCからリカルド・ロボ磐田から那須大亮東京Vから昨シーズン北九州にレンタル移籍していた福井諒司を完全移籍で獲得、岐阜にレンタル移籍していた川浪吾郎、栃木SCにレンタル移籍していた渡部博文が復帰、ユースから山中亮輔が昇格した。また、リーグ戦の開幕後に三浦雄也が加入した。

シーズン途中に北嶋秀朗が熊本、リカルド・ロボが千葉、林陵平が山形、中島崇典横浜FC、三浦雄也が松本へレンタル移籍、酒井宏樹ブンデスリーガハノーファー96へ完全移籍し、元千葉のネット・バイアーノが加入した。

ゼロックス杯は、FC東京に勝利して初優勝。リーグ戦は6位の成績。AFCチャンピオンズリーグ2012はラウンド16、ナビスコ杯はベスト4の成績。

第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会は、決勝戦でG大阪を下し、日立製作所時代以来37年ぶり3度目の天皇杯優勝を果たした。これにより、Jリーグ7チーム目[注 10]オリジナル10以外のチームでは磐田に次いで2チーム目の国内3大タイトル(J/J1・ナビスコ杯・天皇杯)獲得チームとなった。また、2回戦は柏レイソルU-18との「兄弟対決」となった。

2013年
チームスローガン : 「Vitoria

ネルシーニョ体制5年目。安英学三浦雄也エフライン・リンタロウネット・バイアーノ、GKコーチのシジマールが退団、那須大亮浦和水野晃樹甲府福井諒司東京Vに、北嶋秀朗熊本)、比嘉厚平林陵平(共に山形)、山崎正登FC岐阜)、中島崇典横浜FC)、兵働昭弘(千葉)がレンタル先にそれぞれ完全移籍。ユースから昇格した中川寛斗クォン・ハンジン、熊本にレンタル移籍中だった武富孝介湘南川浪吾郎徳島JFLFC琉球にレンタル移籍中だった相馬大士がJFL・町田にそれぞれレンタル移籍した。

補強面では、アルビレックス新潟から鈴木大輔横浜FMから谷口博之狩野健太、山形から柏ユース出身の太田徹郎Kリーグ釜山アイパークから金昌洙を完全移籍、CSL広州恒大足球倶楽部からクレオを期限付き移籍でそれぞれ獲得。ユースからは秋野央樹木村裕小林祐介中村航輔が加入し、レンタル移籍した中川を含めて5人が昇格した。

FUJI XEROX SUPER CUPは広島に敗退した。

8月31日、アウェー鹿島戦終了後、ネルシーニョが辞意を表明するが、9月5日「感情的に熱くなって間違った態度を取った」と撤回、10月17日にはネルシーニョが2014年度も継続して指揮を執ることが発表された[8]

AFCチャンピオンズリーグ2013では、Jリーグ勢で唯一の決勝トーナメント進出を果たした。決勝ラウンドは準決勝で広州恒大足球倶楽部に2戦合計1-8で敗れた。

リーグ戦は10位の成績。ナビスコカップは決勝で浦和を破り、14年ぶり2回目の優勝を果たした。

天皇杯は4回戦で大分に敗れ、大会2連覇と2014年のACL出場は成らなかった。

2014年
チームスローガン : 「Vitoria

ネルシーニョ体制6年目。前年にJFL・町田にレンタル移籍していた相馬大士が引退、ジョルジ・ワグネル澤昌克が退団、クレオがレンタル移籍満了により退団、前年より湘南にレンタル移籍中だった武富孝介中川寛斗の移籍期間を延長、山中亮輔千葉谷口博之鳥栖にレンタル移籍、前年よりレンタル移籍中だったクォン・ハンジン(湘南⇒群馬)、川浪吾郎徳島)がレンタル先に完全移籍となった。

補強面では、湘南から高山薫ハン・グギョン水戸から柏レイソルU18出身の輪湖直樹アル・サッドから元G大阪レアンドロを完全移籍で獲得。U18から中谷進之介が加入した。

シーズン開幕後、5月にチーム内に負傷者が相次いだこともあり、U18から中山雄太大島康樹手塚康平会津雄生、山本健司の5名を二種登録。8月にカンピオナート・ブラジレイロフィゲイレンセFCからドゥドゥ栃木からエドゥアルドをそれぞれレンタル移籍で獲得。 6月にレアンドロ・ドミンゲス名古屋田中順也プリメイラ・リーガスポルティングCPに、8月にハン・グギョンがカタールSCにそれぞれ完全移籍した。

天皇杯は、3回戦で千葉との千葉ダービーでPK戦の末敗退。

スルガ銀行チャンピオンシップでは、CAラヌースに2-1で勝利し、4年連続となるタイトルを獲得した。

ナビスコカップは、2002年以来となるグループリーグからの決勝トーナメント進出を果たした。準々決勝は当時6年間リーグ戦負けなしの横浜FMに快勝したものの、準決勝は前年の準々決勝で破っていた広島に2戦合計3-2で敗れ、連覇の夢は潰えた。

ネルシーニョが9月17日に今季限りでの退任を発表した。

J1第28節の鹿島戦から第34節の新潟戦まで7連勝の4位でシーズンを終了した。J1優勝のG大阪が天皇杯も優勝したため、繰上げでAFCチャンピオンズリーグ2015の出場権を獲得した。2011シーズンから続いていた3大主要タイトルの連続優勝こそならなかったものの、ホームの日立柏サッカー場では、リーグ戦17試合中11勝5分1敗という好成績を残した。

井原正巳アレックスピメンテウらコーチ陣3人が契約満了により退任。

2015年
チームスローガン : 「MORE(モア)

新監督にダイレクターだった吉田達磨が就任。また、布部陽功(柏コーチ)がヘッドコーチ、杉山弘一アユタヤFC監督)がコーチ、松原直哉(U-18コーチ)がフィジカルコーチ、松本拓也(アカデミーGKコーチ)がGKコーチ、 渡辺毅(U-12監督)がダイレクターに就任した。同年から全カテゴリー同じコンセプトで、ボールを保持するサッカーを目指す。

橋本和浦和高山薫湘南谷口博之鳥栖渡部博文仙台に完全移籍。木村裕長崎中村航輔福岡にレンタル移籍。ドゥドゥがレンタル移籍満了で退団した。

補強面では、VVVフェンローから大津祐樹を完全移籍、甲府からクリスティアーノを期限付き移籍で獲得。湘南にレンタル移籍中だった武富孝介中川寛斗千葉にレンタル移籍中だった山中亮輔が復帰。明治大学から三浦龍輝が新加入。U-18から大島康樹中山雄太が昇格した。 シーズン開幕後、U-18から滝本晴彦熊川翔浮田健誠の3名を二種登録。流通経済大学から湯澤聖人を特別強化選手に登録。6月に大宮から今井智基を完全移籍で獲得。7月にレアンドロ神戸に完全移籍。7月にアトレチコ・パラナエンセからエデルソンを完全移籍で獲得。

AFCチャンピオンズリーグ2015ではプレーオフからのスタートだったが、チョンブリーFCを3-2で下して予選を通過した。グループリーグでは日本勢の中では好調な滑り出しをして、第5節の全北現代モータース戦で勝利をおさめて決勝トーナメントに進出を果たした。

しかし、リーグ戦ファーストステージでは、初戦に前年まで監督だったネルシーニョが率いる神戸に勝利したものの、最終的にわずか4勝しか挙げられず、最終順位は14位と低迷。セカンドステージでは序盤巻き返しを見せ上位に食い込むものの、ACL敗退後はわずか2勝。年間10位、セカンドステージ8位でリーグ戦を終えた。

AFCチャンピオンズリーグ決勝トーナメントでは1回戦で水原三星ブルーウィングス(韓国)と対戦。1stレグはレアンドロの2得点をあげる活躍などで3-2で勝利。2ndレグは0-2と追い込まれていたが小林祐介のプロ初得点で、2戦合計4-4となったがアウェーゴールの差で勝利した。準々決勝では広州恒大淘宝足球倶楽部(中国)と対戦。1stレグはホームの日立での戦いだったが3失点を許して敗戦。2ndレグでもクリスティアーノが得点して反撃を見せるが、1-3で落とし2戦合計2-4でACLの敗退が決まった。

天皇杯では、準決勝で浦和レッズに0-1で敗戦、決勝進出はならなかった。

シーズン終了後、吉田が監督を退任した。

2016年
チームスローガン :「柏から世界へ UNIDOS SOMOS FORTES

新監督にミルトン・メンデスが就任。工藤壮人アメリカMLSバンクーバー・ホワイトキャップス(カナダ)へ、金昌洙韓国Kリーグ全北現代モータースへ、鈴木大輔スペインリーガ・アデランテジムナスティック・タラゴナへ、近藤直也千葉へ、狩野健太川崎へ、菅野孝憲京都へ、三浦龍輝長野へ、藤田優人鳥栖へ移籍。また、期限付き移籍のクリスティアーノ甲府に復帰。長崎へレンタル中の木村裕はレンタル延長となった。

補強面では仙台から鎌田次郎、U-18から手塚康平流通経済大学から湯澤聖人、甲府から伊東純也タイプレミアリーグチョンブリーFCからジュリアーノ・ミネイロブラジルセリエAAAポンチ・プレッタからディエゴ・オリヴェイラを獲得し、福岡に期限付き移籍をしていた中村航輔が復帰した。また、U-18から安西海斗滝本晴彦が昇格。田中順也が一年半ぶりにスポルティングCPから期限付き移籍で復帰した。

リーグ開幕後にはメンデスの構想外となっていたエドゥアルド川崎へ期限付き移籍。アソシアソン・フェロヴィアリア・ジ・エスポルテスからパトリッククルゼイロECからドゥドゥを期限付き移籍で獲得した(ミルトン・メンデス辞任後、パトリックは構想外となり未登録のまま退団)。

キャプテンを8名に任命する、練習と試合での指示が異なるなどチームは混迷し、ちばきんカップはジェフ千葉に0-3と完敗、リーグ戦開幕後も2連敗を喫した。3月12日のリーグ1stステージ3節・磐田戦後に、ミルトン・メンデスは家族の健康上の理由で辞任を表明した。

後任には、ヘッドコーチの下平隆宏が監督に昇格した。監督交代後は、アカデミー出身の中谷進之介中山雄太中村航輔らを中心としたディフェンス陣が貢献し、リーグタイ記録となる5試合連続完封勝利を記録した。1stステージは7位で終了。

5月28日、1997年から2004年まで在籍していた薮崎真哉が代表取締役を務めている ジールホールディングス とユニフォームスポンサー契約をした。これによりユニフォームの背中下部には無償提供のセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンとユニフォームスポンサーのジールホールディングスの2つのロゴが入ることになった。

6月22日にはクリスティアーノが甲府から完全移籍で再加入をした。7月20日にエデルソンCRヴァスコ・ダ・ガマへ期限付き移籍、8月5日には大島康樹富山へ育成型期限付き移籍、9月15日にはジュリアーノ・ミネイロが退団した。

2ndステージでは6節、14節に最高4位をマークするも終盤の失速が響き5位で終了、また年間順位は8位でリーグ戦を終えた。天皇杯は4回戦で湘南に敗れた。

2017年
チームスローガン :「柏から世界へ

下平体制2年目。山中亮輔横浜FM茨田陽生大宮稲田康志新潟太田徹郎鳥栖へ完全移籍。増嶋竜也仙台湯澤聖人京都秋野央樹湘南へ期限付き移籍。長崎へレンタル中の木村裕川崎へレンタル中のエドゥアルドはそのまま完全移籍となった。スポルティングCPからレンタルしていた田中順也神戸へ完全移籍となった。

補強面ではU-18から古賀太陽がトップチームに昇格。山口から小池龍太ブレンビーIFから尹錫榮仙台からハモン・ロペスが完全移籍で加入、流通経済大学から橋口拓哉が新加入した。また、富山へレンタルしていた大島康樹が復帰した。2月には中川創猿田遥己の2名が二種契約として登録された。

ちばぎんカップでは2-0で勝利した。

リーグ開幕後にはVfBシュトゥットガルトから細貝萌を獲得。また、U-18から宮本駿晃が二種契約として登録された。

前半戦は当初4-4-2の形ながらサイドのクリスティアーノ、伊東も攻撃参加する4トップを使用していたが、4月8日の清水戦までで2勝4敗となり、プランの練り直しを余儀なくされた。4月16日の神戸戦から2トップにクリスティアーノ、中川を置く前線のハードワーク型に変えると6月4日の浦和戦まで8連勝、6月25日の札幌戦まで10戦負け無しを記録。暫定首位に浮上したが、序盤の3連敗や上位陣への敗戦などが響き3位で折り返した。

ルヴァンカップはグループステージ敗退となるも、初戦で活躍した手塚康平がリーグ戦でも主力としてプレーするなどの収穫を獲た。

夏の移籍では全北現代モータースからキム・ボギョンを獲得。今季絶望の重症となったドゥドゥは登録抹消、今季リーグ出場ゼロの安西海斗山形へ育成型期限付き移籍となった。

後半戦は8月に手塚が今季絶望の重症を負い、セントラルMFは小林や金のローテーションとなった。また、ロペスが左MFとして定着するなど先発の入れ替わりの多いシーズンとなった。結果で見ると負けは少ないものの、終盤に守り切れない試合が多く勝ち点を取りこぼした結果、33節の鹿島戦をドローで終え3位C大阪と勝ち点4差となり、最終節を残し4位以下が確定となった。最終節は勝利し最終順位を4位で終えた。

天皇杯では準決勝まで進出。試合前に行われた準決勝第1戦でC大阪が勝利し決勝に進出したため、柏が対横浜FM戦で勝てばその時点で最低でもAFCチャンピオンズリーグ2018(ACL)プレーオフ出場権確定となる状況で、11分にロペスのゴールで先制するも、69分伊藤翔のゴールで追い付かれ延長戦に突入、終了間際の118分にウーゴ・ヴィエイラに決勝点を決められ準決勝敗退となったため、自力でのACL出場権獲得はなくなり、C大阪の天皇杯優勝による繰り上げでのACLプレーオフ進出を待つこととなった。

元日に行われた天皇杯決勝はC大阪が制したため、繰り上げによるACLプレーオフ出場権を手にした。

2018年
チームスローガン :「柏から世界へ

下平体制3年目。輪湖直樹福岡へ、大津祐樹横浜FMへ、武富孝介浦和へ完全移籍。橋口拓哉町田へ、小林祐介湘南へ、ディエゴ・オリヴェイラFC東京へ期限付き移籍。湘南にレンタル中の秋野央樹山形にレンタル中の安西海斗はレンタル延長。京都にレンタル中の湯澤聖人甲府に完全移籍。仙台にレンタル中の増嶋竜也千葉にレンタルとなった。

補強面では新潟から小泉慶山崎亮平ペルーデポルティーボ・ムニシパルから澤昌克大宮から江坂任瀬川祐輔福岡から亀川諒史横浜FMから朴正洙を完全移籍で獲得した。

1月24日、三協フロンテアとのスタジアムネーミングライツ及びユニフォームスポンサー契約を締結した(詳細は#ユニフォーム#スタジアム・練習場を参照)。

AFCチャンピオンズリーグ2018ではプレーオフからのスタートだったが、ムアントン・ユナイテッドFCを3-0で下して本選出場を果たした。本選では初戦、過去6戦無敗だった全北現代にハモン・ロペス、江坂のゴールで一時は2-0とリードするも2-3で逆転負け。続くホームの天津権健足球倶楽部戦は1点リードで迎えた終盤にアレシャンドレ・パトにゴールを奪われ1-1と昨年からの課題だった終盤の失点癖[9] がACLでも露呈してしまう。連勝だけでなく大量得点も奪っておきたい傑志体育会との2連戦はホームで1-0で勝利も、アウェイはクリスティアーノ、伊東、キム・ボギョンをベンチスタートで温存も、亀川の前半早々の退場によりゲームプランの立て直しを余儀なくされ終了間際の失点で0-1で香港のチームにまさかの敗北を喫した。守護神の中村を負傷で欠いたホーム全北現代戦は0-2で敗北し、チーム史上初めてグループステージ敗退となった。最終節の天津戦は控えメンバー主体で挑むも2-3で敗北。結果1勝1分4敗、6得点10失点で大会を去った。

リーグ前半戦は、前半に先制し後半終盤に失点するゲームを繰り返し、5月12日の川崎戦ロスタイムにJ1初出場の鈴木雄斗にヘディングシュートで逆転負けした事により下平は解任、後任はヘッドコーチの加藤望が昇格した。加藤体制初戦の名古屋戦は勝利を収めたものの守護神中村が脳震盪で負傷退場。ワールドカップのメンバー登録には間に合ったが、その中断明けのFC東京戦でも脳震盪で負傷離脱し、11月3日川崎戦まで後半戦の試合ほとんどを第2GKの桐畑に任せる事となった。

夏の移籍では中谷進之介名古屋に完全移籍、尹錫榮FCソウルに期限付き移籍と前半戦で先発でプレーしたDFを放出。さらに古賀太陽福岡に期限付き移籍、今井智基松本に完全移籍とサイドバックの控え選手を放出。また、ハモン・ロペスが契約を解除され、古巣の仙台に戻った。補強面では千葉高木利弥フルミネンセFCからカタール国籍を持つナタン・ヒベイロ貴州智誠足球倶楽部から昨季スペイン1部ジローナFCでプレーしたケニア人FWオルンガを獲得し、9月にはジムナスティック・タラゴナを退団しフリーとなっていた鈴木大輔が2015シーズンぶりの復帰を果たした。

天皇杯では2回戦から出場し、VONDS市原FCに6-0で勝利。続く3回戦では山形とクラブの歴史上未だに勝利のないNDソフトスタジアム山形で対戦。後半に先制を許し、アディショナルタイムのPKでなんとか追い付くもさらに後半ATに勝ち越しゴールを決められ3回戦敗退。苦手とするアウェイ山形にまたも勝てなかった。

ルヴァンカップではACLに出場したため決勝トーナメントからの出場となった。初戦の甲府戦はアウェイの1stleg、ホームの2ndleg共に引き分け、合計3-3のアウェイゴール差で準決勝に進出。準決勝の湘南戦はホームで1-1、アウェイも1-1とドローとなり、延長戦でも1点ずつ入れ合いPK戦に突入。結果PK戦を落とし敗退となった。

加藤体制への移行後もチーム状況は改善せず、下平体制のリーグ14戦5勝2分7敗に対して加藤体制ではリーグ18戦5勝1分12敗と悪化。また4連敗・3連敗を喫するなど、サポーターからも解任の声が高まっていった[10]。第32節終了時点、勝点33、17位の状況で11月10日に加藤を監督から解任し、後任にコーチ兼アカデミーヘッドオブコーチの岩瀬健が監督に就任した[11]。岩瀬体制初戦の第33節・C大阪戦は勝点37で並ぶ湘南・鳥栖・名古屋の結果によって自動降格が決定する状況のなか、3-0で4試合振りの勝利を収めるも、同節で湘南・鳥栖・名古屋が揃って勝利したためシーズン17位が確定、2010年以来9シーズン振りのJ2降格が決定した[12]

今季初の連勝を狙った最終節G大阪戦は4-2で勝利し、最終節にして初の連勝となった。最終成績は12勝3分19敗の勝点39、得失点差-7の17位、2012年J1のG大阪を超え、17位チームとしての過去最高勝点、かつ同年16位の神戸の勝点39得失点差-9を上回り、J2自動降格チームの最高成績記録を更新した[13]。攻撃面では、総得点こそ47で前年度に比べ2点減っただけにとどまったが、先述のGK中村の負傷による長期離脱や中谷の放出が致命傷となり、前年度はリーグ3位の33失点だった守備が崩壊、リーグワースト4位タイで前年より1.5倍強の54失点を喫した。

また、今シーズンをもって栗澤僚一が現役引退を表明した。

2019年(J2)

チームスローガン : 「Vitoria

新監督として、ネルシーニョが2014年以来5年振りに就任。福岡監督を退任した井原正巳がヘッドコーチに復帰、現役引退した栗澤はコーチに就任した。

冬の移籍では細貝萌タイブリーラム・ユナイテッドFCへ、鈴木大輔浦和へ、亀川諒史長崎へ、中山雄太オランダPECズウォレへ完全移籍。中川寛斗湘南へ、キム・ボギョン韓国蔚山現代FCへ、伊東純也ベルギーKRCヘンクへ期限付き移籍。ナタン・ヒベイロが期限付き移籍期間満了、澤昌克が契約満了につき退団。山形に育成型期限付き移籍していた安西海斗ポルトガルSCブラガに完全移籍。千葉に期限付き移籍していた増嶋竜也がレンタル延長。町田に期限付き移籍していた橋口拓哉テゲバジャーロ宮崎に、FCソウルに期限付き移籍していた尹錫榮が韓国・江原FCに期限付き移籍。FC東京に期限付き移籍していたディエゴ・オリヴェイラと湘南に期限付き移籍していた秋野央樹がそのまま完全移籍となった。また、2種登録の小久保玲央ブライアンがポルトガル・SLベンフィカへ移籍した。

獲得面では湘南に期限付き移籍していた小林祐介福岡に期限付き移籍していた古賀太陽が復帰。神戸から高橋峻希浦和から菊池大介長崎から田上大地京都から染谷悠太清水から村田和哉セアラーSCからヒシャルジソンを完全移籍で獲得。2019年加入内定の上島拓巳が加入。CRフラメンゴからガブリエル・サンタナを期限付き移籍で獲得した。また、U-18から杉井颯山田雄士が昇格した。

シーズン前半戦は開幕から4連勝を飾るも全て1点差というギリギリの試合となり、18節の福岡戦までで複数得点は3試合のみと得点力に課題が残る結果となった。しかし、フォーメーションを変えた19節の千葉ダービーを2-0で勝利すると、アウェイ山形に初勝利する等その後2連勝。10勝7分4敗の3位で前半を折り返した。

ルヴァンカップでは初戦こそ勝利するも残り5試合勝ち無しの最下位でグループステージ敗退となった。

天皇杯は2回戦から出場。初戦のいわてグルージャ盛岡に4-0で勝利。続く鳥栖戦はスコアレスで延長戦に入り、延長前半にフェルナンド・トーレスの現役ラストゴールを決められ、2年連続の3回戦敗退。

夏の移籍では朴正洙鳥栖村田和哉福岡猿田遥己鹿児島へ期限付き移籍。中川創相模原へ育成型期限付き移籍。小泉慶鹿島高木利弥松本小池龍太ベルギースポルティング・ロケレンへ完全移籍。獲得面ではフォルタレーザECからジュニオール・サントスC大阪から山下達也が完全移籍。CRフラメンゴからマテウス・サヴィオ神戸から三原雅俊新潟から川口尚紀を期限付き移籍で獲得した。

シーズン後半戦は折り返しからの連勝を継続し、25節岡山戦の勝利で今季初の首位浮上、また29節岐阜戦で11連勝を飾り、クラブのJ2連勝記録を更新した(30節新潟戦で連勝はストップ)。連勝ストップ後は首位独走のアドバンテージを利用し、小池退団後固定できなかった右サイドバックに瀬川を起用する等の実験的采配や山形・横浜FC水戸大宮と上位戦に敗北する等で勝ち点を落とし2位との勝ち点差は徐々に縮まっていったが、それでも首位を明け渡さず41節町田戦にて3-0で勝利した事で、最終節を残しJ2優勝とJ1昇格を決めた。また、最終節京都戦では13-1という記録的勝利。この試合でオルンガが挙げた8得点は、Jリーグの公式戦1試合における個人最多得点新記録となった。

2020年 -(J1)

2020年
チームスローガン : 「Vitoria

ネルシーニョ体制2年目。スタッフ人事では2018年にJ1残り2節を監督として指揮したアカデミーヘッドオブコーチの岩瀬健大分のヘッドコーチ就任の為退団した。

冬の移籍では上島拓巳菊池大介福岡へ、田中陸山口へ、手塚康平横浜FCへ、杉井颯金沢へ、宮本駿晃山形へ、田上大地新潟へ期限付き移籍。ガブリエルはレンタルバックとなった。レンタル組では橋口拓哉テゲバジャーロ宮崎)が岐阜中川創相模原)が磐田へ完全移籍。猿田遥己鹿児島)がG大阪村田和哉福岡)が山口へ期限付き移籍。増嶋竜也千葉)と中川寛斗湘南)がレンタル先へ完全移籍。パク・ジョンス鳥栖)はレンタル延長。また、キム・ボギョン蔚山現代FC)は全北現代モータースへ完全移籍、ユン・ソギョン江原FC)は釜山アイパークへ期限付き移籍となった。

獲得面では磐田から大南拓磨、鳥栖から高橋祐治三丸拡、新潟から戸嶋祥郎、湘南(愛媛に期限付き移籍)から神谷優太岡山から仲間隼斗、G大阪(長崎に期限付き移籍)から呉屋大翔、横浜FCから北爪健吾、韓国・蔚山現代からキム・スンギュを完全移籍で獲得。マテウス・サヴィオ三原雅俊川口尚紀のレンタル組を完全移籍で買い取り。東洋大学から松本健太、U-18から細谷真大鵜木郁哉井出敬大が昇格。

シーズン開幕後には昇格した井出が4月に登録抹消され、6月に栃木へ移籍、7月には松本が大宮へ育成型期限付き移籍、8月にはジュニオール・サントス横浜FMへ期限付き移籍した。また、KRCヘンクへ期限付き移籍していた伊東純也がヘンクに買い取られた。

シーズン序盤は開幕戦の札幌戦に4-2で勝利し、新型コロナウイルスによる中断期間に入る。中断期間中は他チームとの練習試合を行わない、クリスティアーノが負傷離脱する等の出来事があった中、再開後初戦の第2節FC東京戦へ。しかし、開幕戦2ゴールのオルンガが沈黙、ヒシャルジソンがイエロー2枚で退場等、チーム全体として不調に陥り、結局再開後3連敗を喫する。しかし、有観客試合となった第5節の湘南戦では怪我から復帰した中村をはじめ古賀以外の守備陣を一新。攻撃陣も新加入選手の活躍や復活したオルンガの2ゴール等で3-2と勝利すると、続く浦和戦では今季初のクリーンシートで4-0の勝利を収めた。

シーズン通じて上位~中位を行き来しており、シーズン終盤まで来季ACL出場の可能性も残されていたが、コロナウイルス感染影響で12月9日に延期となった第27節大分戦を引き分けた事でACL出場権の可能性が消滅した。

ルヴァンカップではグループリーグ3戦全勝、準々決勝も勝利し、準決勝の横浜FM戦では直前のリーグ戦で1-3と敗れるもカップ戦で1-0とリベンジ達成し、決勝に進出した。しかし、決勝直前の11月2日に選手1名に新型コロナウイルスの陽性反応、さらに翌3日にはネルシーニョを含むチームスタッフ2名、その後も4日に選手2名とスタッフ8名が陽性反応を受け、クラブとリーグの協議の結果、11月7日の決勝を延期する事を発表[14]。代替試合は2021年1月4日となる[15] 決勝戦では前半にレアンドロに先制されるも終了間際に瀬川がコーナーキックから同点に持ち込む。が、後半途中に投入されたアダイウトンに決勝点を決められ敗戦。オルンガ、江坂を始めとする攻撃陣は徹底的に対策を取られ沈黙し、守備面では相手ブラジル人選手に好きなようにされるなど試合内容では圧倒される結果となった。

Jリーグアウォーズではオルンガが28ゴールで得点王に輝いたのに加え、ブラジル人以外の外国人選手からは1995年の当時ユーゴスラビア(今のセルビア)人であるドラガン・ストイコビッチ以来2人目となる最優秀選手賞にも輝いた[16]。得点王の選手が最優秀選手賞を同時に受賞したのは史上8人目で2003年に受賞したエメルソンの浦和は年間で6位だったが、チームはJ1を7位で終えている為史上最も年間順位の低いチームからのMVP受賞となった。

2021年
チームスローガン : 「Vitoria

ネルシーニョ体制3年目。スタッフ人事では2012年から2015年まで柏に在籍した藤田優人がU-18コーチに就任した。

冬の移籍では小林祐介千葉へ、オルンガカタールアル・ドゥハイルSCへ、中村航輔ポルトガルポルティモネンセSCへ、山崎亮平長崎へ完全移籍。鎌田次郎相模原へ期限付き移籍。桐畑和繁は一度契約満了になるも再契約し岐阜に期限付き移籍した。レンタル組ではパク・ジョンス鳥栖)が韓国城南FCへ、ジュニオール・サントス横浜FM)が広島へ、ユン・ソギョン釜山アイパーク)は江原FCへ完全移籍。菊池大介福岡)が栃木へ、杉井颯金沢)が鳥取へ、猿田遥己G大阪)が横浜FCへ期限付き移籍。田上大地新潟)が移籍期間延長。田中陸山口)と手塚康平(横浜FC)がレンタル先へ完全移籍。宮本駿晃山形)は退団。村田和哉(山口)は現役を引退した。

獲得面では仙台から椎橋慧也大宮からイッペイ・シノヅカフルミネンセFCよりドッジレッドブル・ブラガンチーノよりアンジェロッティが完全移籍加入。松本健太(大宮)、上島拓巳(福岡)が復帰。佐々木雅士と大嶽拓馬がU-18から昇格した。

成績

ダービーマッチ

千葉ダービー

ちばぎんカップ

タイトル

国内タイトル

国際タイトル

その他受賞

個人別

スタジアム・練習場

  • ホームスタジアムは日立柏サッカー場である。2018年から三協フロンテアとのネーミングライツ契約を締結し、「三協フロンテア柏スタジアム」となった[17]。なお、過去の開催スタジアムは下表を参照のこと。
  • 練習場は日立柏サッカー場に隣接する日立柏総合グラウンドである[1]。過去は柏市内のあけぼの山農業公園芝生広場も使用していた。

本拠地問題

  • 柏の葉公園総合競技場(以下柏の葉)をホームとすることを前提として、日立柏サッカー場(以下便宜上「日立台」)をJリーグ基準の収容人員(15,000人以上)にすることで1993年にJリーグ準会員の承認を受けた。1999年に柏の葉が竣工するまで、日立台の収容人数を15,900人とすることで基準を満たし、柏の葉の完成後に本拠地を移転することとした。
  • 2005年秋になって、一部の報道では日立台の改修を2009年度以後に進める「市民スポーツ文化スタジアム」の基本構想をまとめ、整備する計画であると伝えられた。スタジアムとピッチの距離を保ち、今のアットホームな雰囲気を保つため、25,000人規模のスタジアムを目指しての改修ではなく、現状の規模を維持したままでの改修を望む声もある[注 11]。なお、柏市議会も2012年3月の開幕までに完成することを目指し、座席3,000人分の増築を検討していることを公表した[19]。2011年8月から増築工事が開始された[20]
  • 2012年3月11日に竣工。前述のとおりゴール裏について、「柏熱(はくねつ)地帯ホーム自由席」を西側へ変更すると共に二層式(新設の2階席は座席)とし、ビジター自由席を東側に変更した。また、メインスタンドのホーム側の座席も一部増築し、Jリーグ届出の収容人員が15,349人となった。市民寄付によるホームゴール裏の正門「柏シヴィックプライドゲート」が設置し、大型映像装置を西側から東側へ移設した。
  • なお、柏の葉でのホームゲームは下表の通り、公式戦では2009年以降開催されていない。
年度別・競技場別の試合数[21]
※参考 リーグ戦ホームゲーム数(2006・2010年・2019年はJ2、ほかはJ1<1995-98年のJリーグを含む>)
1995年:26試合
1996年・1999年 - 2004年:15試合
1997年:16試合
1998年・2005年・2007年 - 2009年・2011年 - 2018年・2020年:17試合
2006年:24試合
2010年:18試合
2019年:21試合
年度リーグ戦Jリーグ杯ACL備考
日立台
(三協F)
柏の葉その他
199523-国立3非開催不参加
199612国立2
新潟市陸1
日立台7
199715国立1日立台3
1998国立2日立台2
1999104国立1日立台4Jリーグカップ優勝
この年柏の葉完成
200011なし日立台1
200110国立1日立台1
柏の葉1
2002112国立2柏の葉3
20033国立1日立台2
柏の葉1
2004日立台2
柏の葉1
20054国立2日立台3J2降格
2006213なし不参加J1昇格
200712国立2日立台3
2008150柏の葉3
200915日立台3J2降格
201018なし不参加J1昇格 / J2優勝
201115国立2日立台1J1優勝
2012日立台2日立台3天皇杯優勝
2013日立台6Jリーグカップ優勝
ACLは決勝T3も含む
201417なし日立台5不参加スルガ銀行チャンピオンシップ優勝
2015日立台1[注 12]日立台5ACLは東地区プレーオフ1、決勝トーナメント1を含む[注 13]
リーグ杯はACL本戦出場のため決勝トーナメントのみ
2016日立台3不参加
2017
2018三協F2[注 12]日立台4J2降格
ACLはプレーオフ1を含む[注 13]
リーグ杯はACL本戦出場のためプライムステージのみ
201921三協F3不参加
202017三協F2[注 14]

ユニフォーム

ユニフォームの色
カラーシャツパンツストッキング
FP(1st)
FP(2nd)
GK(1st)グレーグレーグレー
GK(2nd)
GK(3rd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd
GK 3rd

クラブカラー

  •    [1]   

 シャツ:黄、パンツ:黒

ユニフォームスポンサー

掲出箇所スポンサー名表記掲出年備考
日立製作所HITACHI
Inspire the Next
LUMADA[22]
1992年 -1992年 - 2000年は「HITACHI」表記
2001年 - 2020年は「HITACHI Inspire the Next」表記
鎖骨三協フロンテア三協フロンテア2018年 -右側に表記
スタジアムネーミングライツ契約も締結
背中上部アフラック生命保険Aflac2005年 -1999年 - 2001年は袖
1999年 - 2001年は「アメリカンファミリー」表記
2002年 - 2004年は「AFLAC」表記
背中下部日立ビルシステム日立ビルシステム2019年5月[23] -
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンKASHIWA
Reysol×Save the Children
2019年 -無償提供
2012年はパンツ
2014年 - 2016年は背中下部
2016年 - 2018年は背中下部上
2012年は「Save the Children JAPAN」表記
2014年 - 2016年は「KASHIWA Reysol×Save the Children JAPAN」表記
パンツ前面ローソンLAWSON TICKET
ローチケ
2017年 -2017年 - 2020年は「LAWSON」表記
ローソンエンタテインメント
パンツ背面なし--
  • 基本的に2年に1度のペース、奇数年にユニフォームデザインを変更している。また、2014年まで背中の選手名が無かったが、2015年から選手名が追加された。
  • 国際試合用のユニフォームは胸スポンサーのHITACHIのみで背中に選手名が入る。国際試合用ユニフォームはFIFAクラブワールドカップ2011から使用されており、デザイン変更はACL2015ACL2018の2回。
  • 2014年から各アカデミーチームの胸部分にマブチモーター(表記:MABUCHI MOTOR)のロゴが入っている。背中は「HITACHI」。
    • また、2012年にトップチームのパンツスポンサーだったセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは、2013年以降はアカデミーチームのパンツスポンサーとなった。2014年7月12日からトップチームのユニフォーム背中下部のロゴとなった[注 15]
  • 左胸のエンブレム上の星(★)4つは1999年のJリーグカップ2011年のJ1リーグ戦および第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会(2012年)、2013年のJリーグカップの優勝を表している[25]。国際試合用ユニフォームには星は入っていない。2021シーズンはエンブレム上ではなく左袖のセーブ・ザ・チルドレンロゴ下に入る。
  • 2012年シーズンは、2011年のJ1リーグ年間優勝クラブであるため、日本サッカー協会のシンボルである八咫烏の付いたチャンピオンマークが右袖についていた。

ユニフォームサプライの遍歴

歴代ユニフォーム

歴代ユニフォームスポンサー年表

年度箇所サプライヤー
鎖骨左鎖骨右背中上部背中下部パンツ前面パンツ背面
1992HITACHI解禁前-解禁前-解禁前解禁前adidas
1993
1994
1995maxellMizuno /
adidas
1996
1997UMBRO
1998
1999アメリカンファミリー(1st)
アメリカン
ファミリー(2nd)
2000
2001HITACHI
Inspire the Next
アメリカン
ファミリー
2002AFLAC-maxell
2003
2004
2005Aflac
2006Wooo
2007uVΛLUE
2008
2009麗澤大学
2010
2011YONEX
2012Harmonious CloudSave tha Children
JAPAN
2013Human Dreams.
Make IT Real.
日立アーバン
インベストメント
2014KASHIWA
Reysol×Save the Children
JAPAN
日立アーバン
インベストメント
- /
SOCIAL INNOVATION
IT'S OUR
FUTURE
2015SOCIAL INNOVATION
IT'S OUR
FUTURE
2016KASHIWA
Reysol×Save the Children
JAPAN
(上部)
- /
Zeal Holdings(下部・J1第14節 - )
2017KASHIWA
Reysol×Save the Children
(上部)
Zeal Holdings(下部)
LAWSON
2018-三協フロンテア
2019- /
日立ビルシステム(J2第14節 - )
KASHIWA
Reysol×Save the Children
2020日立ビルシステム-
2021HITACHI
Inspire the Next
LUMADA
LAWSON TICKET
ローチケ

アカデミー

チケット

2014年現在J1・J2の40クラブで唯一[注 16]Jリーグのオフィシャルチケッティングパートナーであるチケットぴあでのチケット販売を行っておらず、ローソンチケットとJリーグの公式販売サイトであるJリーグチケットでのみ販売している(かつてはチケットぴあでの販売を行っていた時期があり、Pコード「592-120」が割り当てられていた)。

決算

柏レイソルの決算は、つぎのとおり。

損益

年度収入広告料入場料配分その他費用事業費人件費管理費利益純利益
20053,8741,7825292501,3133,8583,398N.A.460161
20063,2442,5022841393193,4623,0482,188414-218-197
20073,1431,9304112585443,1052,6411,6934643837
20082,9971,8744602364273,0482,5371,694511-51-67
20092,8591,7634742094132,9302,4121,580518-71-55
20102,7431,9982911173372,6982,2091,4854894528

出典: 各年度のJクラブ決算一覧。 200520062007200820092010

金額の単位: 百万円

人件費は事業費に含まれる。

年度収益広告料入場料配分育成その他費用人件費試合トップ育成女子販売利益純利益
20113,5431,878496230748653,3911,9191532683601,015152164
20123,5511,989576234746783,5272,0471742253801,0432410
20133,4121,947646204715443,3802,118198266400758323
20143,1651,943466201664893,1952,059138209390750-300
20153,0191,928518186343533,0831,888167232400756-64-38

出典: 各年度のJクラブ決算一覧。 20112012201320142015

金額の単位: 百万円

年度収益広告料入場料配分育成物販その他費用人件費試合トップ育成女子物販販売利益純利益
20162,8741,92943518530612342,8301,753132180390486784457

出典: 各年度のJクラブ決算一覧。 2016

金額の単位: 百万円

資産

年度総資産総負債純資産資本金
20051,3361,2726322
2006756890-13422
2007758855-9622
2008553717-16322
2009466685-21922
20101,819999819100
20112,0941,110984100
20122,4561,462994100
20132,2381,241997100
20142,0381,041997100
20152,2151,256959100
20162,2251,2091,016100

出典: 各年度のJクラブ決算一覧。 200520062007200820092010201120122013201420152016

金額の単位: 百万円

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 1970年シーズンまでは日立製作所本社サッカー部の名称で競技に参加。1971年シーズンから日立製作所サッカー部と改めた。
  2. ^ 1stステージは横浜FM、2ndステージは鹿島で、年間優勝はチャンピオンシップ勝者の鹿島。
  3. ^ この年は、翌シーズンからのJ1リーグの所属クラブを16から18に拡大するのに伴い、J2リーグへの自動降格は無く、J1リーグ最下位(16位)の柏とJ2リーグ3位の福岡が入れ替え戦を行った。
  4. ^ なお、両クラブはそれぞれ前身(JSL)時代に、柏は日立製作所として甲府は甲府サッカークラブとして、入れ替え戦を戦ったことがあり、その際は日立が2戦2勝だった。
  5. ^ 同シーズンは過去に柏在籍経験があるMF茂原岳人も再加入したが、神戸在籍時(当時未成年)の不祥事により逮捕され、2008年5月16日付で解雇。
  6. ^ 2006年に特別指定選手として在籍。
  7. ^ 現J1相当のみの時代の2部組織であるジャパンフットボールリーグからの昇格組も1年目での優勝を果たしたチームはなく、これまでJ1昇格1年目での最高順位は2010年のC大阪の3位であった。
  8. ^ 前身の日立製作所サッカー部時代には1972年の日本サッカーリーグで優勝しており、トップリーグ優勝は39年ぶりであった。またオリジナル10以外のチームが優勝するのは磐田に続き2チーム目。
  9. ^ 翌2012年に広島、2013年にG大阪、2017年に川崎が達成し、現在は柏と広島とG大阪と川崎の4クラブのみ。
  10. ^ 東京V鹿島横浜FM磐田浦和、G大阪に次ぐ。
  11. ^ 2010年11月には「日立柏サッカー場のアウェー席を増築し、消防法の収容人員が18,000人に拡張される」と報じられたが[18]、クラブから正式な改修の発表はこの当時はなされていなかった。
  12. ^ a b ACL東地区プレーオフを敗退した場合はJリーグ杯に出場し、同大会3試合を主催予定だった。
  13. ^ a b POを勝利したためグループステージ3を追加。決勝トーナメント進出時はさらに追加有り。
  14. ^ 本来ならば4チームによる2回戦総当たりで行われるため、三協Fで5試合が行われる予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大に伴うレギュレーション変更に伴い第4節 - 第6節が中止となったため、2試合のみとなった。
  15. ^ Jリーグは2016年より背中下部へのスポンサー広告が解禁[24] となったが、柏はそれ以前の2014年より支援ロゴを掲載している。2016年以前に下部にロゴを提出していた例としてFC東京ガンバ大阪がある。(FC東京の場合は2009年から下部にスポンサーのロゴ(LIFEVAL(2009年)、TEPCO(2010年-2011年4月)、Mitsubishi Corporation(2012年以降))を提出している。その代わり上部にはスポンサーではなくほかのチームでは下部に入る選手名を表記。2016年の解禁後も上部には選手名を表記、下部にスポンサーを掲出の形を継続していたが2017年よりMitsubishi Corporationが上部に移動した。G大阪は1992年から1996年の間、背中スポンサーであった松下電器産業(表記:「National/Panasonic」または「Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. 」)を下部に入れていた。1997年以降は上部に移動している。背中下部スポンサーが解禁された2016年はスポンサーを掲出しなかったが2017年からはSHIP HEALTHCAREがスポンサーとして掲出している。)
  16. ^ J3を含めるとAC長野パルセイロ藤枝MYFCもチケットぴあでの販売はしていない。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w クラブガイド:柏レイソル”. 日本プロサッカーリーグ. 2014年4月18日閲覧。
  2. ^ 2015年度(平成27年度)Jクラブ個別情報開示資料”. 日本プロサッカーリーグ. 2016年8月20日閲覧。
  3. ^ a b ホームタウン”. 柏レイソル. 2013年4月28日閲覧。
  4. ^ a b DECADE 柏レイソル10年史 文化工房 星雲社、2004年、p68-71 ISBN 4-434-04119-3
  5. ^ 魅惑の攻撃サッカーで柏がJ1を面白くする。~レイソル躍進の理由と展望~ -NumberWeb: 2011年7月27日
  6. ^ “社長交代のお知らせ” (プレスリリース), 柏レイソル, (2011年2月18日), http://blog.reysol.co.jp/news/2011/011658.html 2013年4月28日閲覧。 
  7. ^ 本物の強さを証明した柏がJ1初制覇! 名古屋、G大阪の戦い方と徹底比較。 - NumberWEB: 2011年12月5日
  8. ^ “柏 ネルシーニョ監督が来季も指揮”. SponichiAnnex. (2013年10月17日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/10/17/kiji/K20131017006827380.html 2013年10月23日閲覧。 
  9. ^ 2017年は33失点だったものの、後半30分から試合終了までの失点数がその前の15分間と同様9である。
  10. ^ “柏GK中村復帰も悪夢3失点 指揮官へ「辞めてくれ!」の怒号”. スポニチ. (2018年11月4日). https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/11/04/kiji/20181104s00002179083000c.html 2018年11月26日閲覧。 
  11. ^ “監督交代のお知らせ”. 柏レイソルオフィシャルサイト. (2018年11月10日). https://www.reysol.co.jp/news/topteam/001476.html 2018年11月10日閲覧。 
  12. ^ “柏、C大阪に快勝もJ2降格が決定。神戸は残留。PO圏は最後まで大混戦”. フットボールチャンネル. (2018年11月24日). https://www.footballchannel.jp/2018/11/24/post298504/ 2018年11月24日閲覧。 
  13. ^ 降格決定済の柏は2連勝。勝点39で“自動降格チーム史上最高成績”に”. フットボールチャンネル. カンゼン (2018年12月1日). 2018年12月8日閲覧。
  14. ^ “2020JリーグYBCルヴァンカップ決勝 11月7日(土)開催中止のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年11月4日), https://www.jleague.jp/release/post-64987/ 2020年11月22日閲覧。 
  15. ^ “2020JリーグYBCルヴァンカップ決勝 開催日・試合会場・テレビ放送決定のお知らせ 2021年1月4日(月)/国立競技場で開催 フジテレビ系列にて全国生中継(予定)” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年11月12日), https://www.jleague.jp/release/post-65064/ 2020年11月22日閲覧。 
  16. ^ クラブから最優秀選手賞に輝いたのは2011年のドミンゲス以来2人目である。
  17. ^ 三協フロンテア株式会社スタジアムネーミングライツ及びユニフォームスポンサー契約締結
  18. ^ 日刊スポーツ西日本版(大阪・名古屋・西部本社発行)2010年11月30日
  19. ^ 2010年12月10日・朝日新聞
  20. ^ スタジアム増築に伴うホームゲーム開催時の運営方法変更について
  21. ^ フットボールガイスト、レイソル公式サイト
  22. ^ 「Inspire the Next」は日立グループのコーポレート・ステートメント、「LUMADA」は日立の先進的なデジタル技術を活用したソリューション/サービス/テクノロジーの総称である。Inspire the Next”. 日立製作所. 2013年4月28日閲覧。
  23. ^ “『株式会社日立ビルシステム』ユニフォームスポンサー契約締結のお知らせ” (プレスリリース), 柏レイソル, (2019年4月26日), https://www.reysol.co.jp/news/sponsor/031990.html 2019年5月31日閲覧。 
  24. ^ “『スポンサー募集!Jリーグユニ背面下部の広告解禁”. 日刊スポーツ. (2015年12月15日). http://www.nikkansports.com/soccer/news/1579754.html 
  25. ^ “『2013年モデルレプリカユニフォーム』を注文されたお客様へ” (プレスリリース), 柏レイソル, (2013年1月30日), http://blog.reysol.co.jp/news/2013/014754.html 2013年4月28日閲覧。 

関連項目

参考文献

外部リンク


 

Back to Top
Close