ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🏀|ウォリアーズのステフィン・カリーが30分で36点 3ポイントも90試合連続で成功


写真 

ウォリアーズのステフィン・カリーが30分で36点 3ポイントも90試合連続で成功

 
内容をざっくり書くと
カリーは90試合連続で3ポイントを沈めており、連続成功試合数でデイナ・バロスの記録を抜き史上4位となった。
 

日本時間2月16日(現地15日)、ゴールデンステイト・ウォリアーズはホームのチェイス・センターでクリ… →このまま続きを読む

 NBA Rakuten

私たちは、世界最高峰のバスケットボールリーグ『NBA』の今をお伝えするNBA専門のニュースメディアです。

毎日更新で、試合速報の他、現地ライター直接取材による選手やキーマンへの独占インタビュー、練習風景や試合の裏側など、普段は見ることができないアメリカ現地の最新情報をお伝えします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

連続成功試合数

スリーポイントフィールドゴール

バスケットボール > スリーポイントフィールドゴール

バスケットボールにおけるスリー・ポイント・フィールド・ゴール(3point field goal)とは、スリーポイントラインで区画されたスリーポイントエリア内で放たれたショットのこと。ゴールすると3点が得点される。その際、シューティングファウルがあった場合、ショット成功時は、得点となり、更にフリースロー1投を得る。これをフォー・ポイント・プレーと呼ぶ。失敗の場合は、フリースロー3投を得る。この場合や、通常のフィールド・ゴール成功時のシューティングファウルで、フリースロー一投のアンド・ワンでの、とは区別される。 スリー・ポイント・ショットスリー・ポイント・シュート3ポイントスリー・ポインター、単に、スリー、などと呼ばれる。また、3ポイントを意味する「フロム・ダウン・タウン」は英語圏の放送で使われることがある。

3ポイントルールの歴史

1930年代のアメリカオハイオ州の高校でルールが検討され、当初は大学リーグで試行されるなどしていたが、広く採用されるには至らなかった。 NBAの競合リーグであったABAに於いて、1967-1968年シーズンに採用され、1970年代も継続されていたそのルールを、1979-1980年シーズンからNBAも採用した[1]。ここから広がりを見せ、FIBAルールにも採用され、バスケットボールの標準的ルールとなった。NBAでは一時1994年から1997年までの3シーズンの間、アーチの距離を国際ルールの(6.75m)に近い距離(6.7m)に変更したが、その後1997-1998シーズンから元来の距離(7.239m)に再変更され現在に至っている。 日本では、1985年から採用された。夢の祭典のオールスターゲームでもスリーポイントコンテストとして開催される。ゴールから見て真正面・左右45°・左右真横の90°の5ヶ所から5投ずつ投げてその合計得点を争う。各箇所共に最後の5投目はカラーボールを使い入れば2点で総合計得点は30点満点となる。

NBAスリーポイントの変遷(全チーム1試合平均)

NBAシーズン3PM3PA3P%NBAシーズン3PM3PA3P%
2015-168.323.70.3511995-965.916.00.3676.70m
2014-157.822.40.3501994-955.515.30.3596.70m
2013-147.721.50.3601993-943.39.90.3337.239m
2012-137.220.00.3591992-933.09.00.336
2011-126.418.40.3491991-922.57.60.331
2010-116.518.00.3581990-912.37.10.320
2009-106.418.10.3551989-902.26.60.331
2008-096.618.10.3671988-892.16.60.323
2007-086.618.10.3621987-881.65.00.316
2006-076.116.90.3581986-871.44.70.301
2005-065.716.00.3581985-860.93.30.282
2004-055.615.80.3561984-850.93.10.282
2003-045.214.90.3471983-840.62.40.250
2002-035.114.70.3491982-830.52.30.238
2001-025.214.70.3541981-820.62.30.262
2000-014.813.70.3541980-810.52.00.245
1999-004.813.70.3531979-800.82.80.280
1998-994.513.20.3391978-79未採用
1997-984.412.70.3467.239m
1996-976.016.80.3606.70m1946-47

[2]

3ポイントルールの仕様

国際バスケットボール連盟 (FIBA) ルール[3]NBAルール[4]では、3ポイントラインのバスケットまでの距離が異なり、バスケット中心からの距離は以下の通りである。

アーチ半径 23 フィート 9 インチ (7.24 m)、
両サイドラインから3フィート (0.91 m) 離れた直線[5]
アーチ半径20 フィート 6.25 インチ (6.2547 m)、
両サイドラインから4 フィート 6 インチ (1.37 m) 離れた直線[6]
アーチ半径6.75meters (22.1 ft)、
両サイドラインから0.9meters (3.0 ft) 離れた直線[7]
アーチ半径20 フィート 9 インチ (6.32 m)、
両サイドラインから4 フィート 3 インチ (1.30 m) 離れた直線[8]

3ポイント成立条件

  • 3ポイントラインを踏まずに、あるいは踏まずにジャンプして、ショットを放ち、ゴールした場合。ジャンプした場合、着地は、ライン上または踏み越えた場所でも問題ない。
  • 3ポイントラインに片足でも掛かっていれば、3ポイントは認められず、通常の2ポイントショットとなる。

シューティング・テクニック

クイック・リリース・ショット・テクニック
できる限りノーマークに近い状態でショットするために、パスを受けてからシューティングモーションを短時間で行える技術が必要である。
ステップ・バック・ショット・テクニック
ディフェンダーとの間合いを取るためにペネトレイションと見せて、ドリブルで前に出て終了時に、ステップバックしショットを放てる技術が必要である。
クロスオーバーテクニック
ディフェンダーとの間合いを取るために左右に揺さ振りをかけペネトレイションと見せて、ショットを放てる技術が必要である。

ショット・セレクション、フォーメーション

ワイド・オープンからの3ポイント・ショット
ペイントエリアからのキックアウトパス
ウイングからコーナーへのパッシング
コーナーからウイングへの戻し
ピボット、フェイクからの3ポイント・ショット
ステップ・バック・ショット
クロスオーバーからの3ポイント・ショット
ステップ・バック・ショット

スリーポイントフィールドゴールの成功率

NBAでは、3FG%が、4割を越えた辺りが、3ポインターとして認められる成功率である。5割以上を記録することは、極めて希である。

スリーポイントフィールドゴールに関わる記録

NBA記録

NBA歴代3ポイント成功数ランキング[12][13]   太字は現役選手 
RankプレーヤーPlayer3FGA3FG%3FGM
1レイ・アレンRay Allen7,429.4002,973
2レジー・ミラーReggie Miller6,486.3952,560
3ジェイソン・テリーJason Terry5,895.3802,242
4ポール・ピアースPaul Pierce5,816.3682,143
5カイル・コーバーKyle Korver4,754.4312,049
5ジャマール・クロフォードJamal Crawford5,861.3502,049
5ヴィンス・カーターVince Carter5,485.3742,049
8ジェイソン・キッドJason Kidd5,701.3491,988
9ジョー・ジョンソンJoe Johnson5,186.3741,938
10ステフィン・カリーStephen Curry4,379.4381,917
11チャンシー・ビラップスChauncey Billups4,587.3891,783
12コービー・ブライアントKobe Bryant5,546.3221,827
13ラシャード・ルイスRashard Lewis4,625.3861,787
14ダーク・ノヴィツキーDirk Nowitzki4,668.3811,780
15J・R・スミスJ.R. Smith4,747.3741,774
16ペジャ・ストヤコビッチPeja Stojakovic4,392.4011,760
17Dale Ellis4,266.4031,719
18スティーブ・ナッシュSteve Nash3,785.4281,620
19ジェイソン・リチャードソンJason Richardson4,344.3701,608
18マイク・ミラーMike Miller3,910.4071,590
19グレン・ライスGlen Rice3,896.4001,559
20エディー・ジョーンズEddie Jones4,147.3731,546
23ティム・ハーダウェイTim Hardaway4,345.3551,542
24ニック・バン・エクセルNick Van Exel4,278.3571,528
25マイク・ビビーMike Bibby3,996.3791,516
26レブロン・ジェームズLeBron James4,295.3421,467
27マイケル・フィンリーMichael Finley3,880.3751,454
28マヌ・ジノビリMaanu Ginobili3,863.3701,431
29ブレント・バリーBrent Barry3,442.4051,395
30アントワン・ウォーカーAntoine Walker4,264.3251,386


NBA、3ポイントコンテスト

NBAオールスターゲームの前日に、リーグでその年にロングレンジショットで活躍した選手間で3ポイントショットを競うFOOT LOCKER TREE-POINT CONTEST[14]が行われる。

選手チーム
1986ラリー・バードセルティックス
1987ラリー・バード(2)セルティックス(2)
1988ラリー・バード(3)セルティックス(3)
1989ソニックス
1990ブルズ
1991クレイグ・ホッジス(2)ブルズ(2)
1992クレイグ・ホッジス(3)ブルズ(3)
1993マーク・プライスキャバリアーズ
1994マーク・プライス(2)キャバリアーズ (2)
1995グレン・ライスヒート
1996ブレッツ
1997スティーブ・カーブルズ (4)
1998ジェフ・ホーナセックジャズ
2000ジェフ・ホーナセック(2)ジャズ(2)
2001レイ・アレンバックス
2002ペジャ・ストヤコヴィッチキングス
2003ペジャ・ストヤコヴィッチ(2)キングス(2)
2004ボション・レナードナゲッツ
2005クエンティン・リチャードソンサンズ
2006ダーク・ノヴィツキーマブス
2007ジェイソン・カポノヒート(2)
2008ジェイソン・カポノ(2)ラプターズ
2009デカン・クックヒート (3)
2010ポール・ピアースセルティックス (4)
2011ジェームズ・ジョーンズヒート(4)
2012ケビン・ラブウルブズ
2013カイリー・アービングキャバリアーズ(3)
2014マルコ・ベリネッリスパーズ
2015ステフィン・カリーゴールデンステート・ウォリアーズ
2016クレイ・トンプソンゴールデンステート・ウォリアーズ(2)
2017エリック・ゴードンヒューストン・ロケッツ
2018デビン・ブッカーフェニックス・サンズ(2)
2019ジョー・ハリスブルックリン・ネッツ
2020バディ・ヒールドサクラメント・キングス
2021ステフィン・カリー(2)ゴールデンステート・ウォリアーズ(3)

脚註

[脚注の使い方]
  1. ^ 3点シューターのMVP。~NBA史に残るカリーの受賞~ Number Web 2015年7月14日 小川勝
  2. ^ NBA League Averages”. basketball-reference.com (2016年). 2016年1月閲覧。
  3. ^ Official Basketball Rules”. FIBA.com (2010年4月30日). 2012年3月29日閲覧。
  4. ^ Official Rules of the National Basketball Association”. NBA.com (2008年9月8日). 2012年3月29日閲覧。
  5. ^ Rule No. 1---Court Dimensions--Equipment”. NBA Official Rules. 2010年10月19日閲覧。
  6. ^ 2011 WNBA Official Rule Book”. WNBA Official Rules 2011. 2011年6月8日閲覧。
  7. ^ Official Basketball Rules 2010”. FIBA. 2010年10月19日閲覧。
  8. ^ 2009 Court Diagram”. NCAA. 2010年10月19日閲覧。
  9. ^ BASKETBALL REFFERENCE.COM
  10. ^ BASKETBALL REFFERENCE.COM
  11. ^ BasketBallReference
  12. ^ All Time Statistical Leaders -Total 3Point FG Made
  13. ^ All Time Statistical Leaders -Total 3Point FG Atempt
  14. ^ FOOT LOCKER TREE-POINT CONTEST NBA.com Archived 2012年4月13日, at the Wayback Machine.

関連項目


 

Back to Top
Close