ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🏓|琉球の19歳・戸上隼輔「自分が成長できたシーズンだった」加入1年目でTリーグ制覇


写真 

琉球の19歳・戸上隼輔「自分が成長できたシーズンだった」加入1年目でTリーグ制覇

 
内容をざっくり書くと
この1年間、周りは若い選手や野田学園のOBが多くて、楽しくプレーできていたので、卓球は楽しみながらプレーするべきだと学びました。
 

<卓球・ノジマTリーグ2020-2021シーズン プレーオフファイナル 2月26日 アリーナ立川立飛… →このまま続きを読む

 卓球専門メディア Rallys


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

多く楽しく

野田学園中学校・高等学校

野田学園中学校・高等学校(のだがくえんちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、山口県山口市野田にある私立中学校高等学校学校法人野田学園が設立・運営している。

高等部(野田学園高等学校)と中高一貫部野田学園中学・高等学校)がある。

沿革

(沿革節の主要な出典は公式サイト[1]

  • 1877年明治10年) - 山口市大殿大路に(村尾)裁縫所を設立。
  • 1902年(明治35年) - 私立村尾女子裁縫学校に改称。
  • 1920年大正9年) - 山口市野田に移転、野田女学校に改称。
  • 1927年昭和2年) - 野田高等女学校に改称。
  • 1948年(昭和23年) - 野田学園高等学校に改称。
  • 1952年(昭和27年) - 野田学園幼稚園を設置。
  • 1963年(昭和38年) - 高等学校男子部を設置。
  • 1983年(昭和58年) - 野田学園中学校を設置(再開)。
  • 2007年平成19年) - 中高一貫教育開始、週6日制導入。山口県立大学と「高大連携事業に関する協定」を締結。
  • 2008年(平成20年) - 戸田建設・技工団共同企業体によって新校舎(第一期増築工事)が竣工。
  • 2009年(平成21年) - 山口東京理科大学と「交流協力協定」を締結。第2体育館が竣工。

クラブ活動

以下の部があるが、卓球部、テニス部、バスケットボール部、剣道部、美術部、合唱部、映画部、インターアクト部、ライフル射撃部などは特に活発である。

男子卓球部はスポーツ特待生制度が廃止された仙台育英学園高等学校系列の秀光中等教育学校より監督と共に部員が転校してきたのをきっかけに[2]、2010年の第37回全国高等学校選抜卓球大会(高校選抜)に初出場初優勝、同年の第79回全国高等学校総合体育大会卓球競技大会(高校総体)で団体(学校対抗)が準優勝、ダブルスで・吉村真晴組が優勝(シングルスも別選手2名が3位入賞)等の実績を残す。また第65回国民体育大会卓球競技では男子卓球部が山口県少年男子代表として出場し優勝した。

  • 合唱部
  • 映画部
  • 美術部
  • 書道部
  • 文芸部
  • 茶華道部
  • インターアクトクラブ
  • 家庭科部
  • 英語部
  • クイズ同好会
  • 男子バレーボール部
  • 女子バレーボール部
  • 男子バスケットボール部
  • 女子バスケットボール部
  • バドミントン部
  • ハンドボール部
  • サッカー部
  • 女子ソフトテニス部
  • 男子硬式テニス部
  • 陸上部
  • 弓道部
  • 剣道部
  • ライフル射撃部
  • 卓球部
  • 箏曲部
  • 科学部
  • ダンス部
  • ゴルフ同好会

レノファ山口FCとの関係

2015年よりプロサッカークラブJ2リーグに所属しているレノファ山口FCと提携しており、U-18部門に所属する選手は当校に在籍する事を原則としている。[3]またサッカー部とは別組織にあたる。概要はレノファ山口FC#アカデミー及び、前身組織にあたるレオーネ山口の項目を参照。

著名な出身者

最寄駅

周辺

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 学園概要”. 野田学園高等学校・野田学園中学・高等学校. 2019年1月30日閲覧。
  2. ^ 卓球男子団体・吉村真晴 山口で開いた才能 「楽しんできて」恩師期待 - 毎日新聞、2016年9月10日閲覧
  3. ^ アカデミー概要”. レノファ山口FC. 2020年11月17日閲覧。

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close