ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⛳|松山英樹15位、モリカワ4勝目 世界選手権ゴルフ最終日


写真 最終ラウンド、通算8アンダーで15位だった松山英樹=コンセッションGC(共同)

松山英樹15位、モリカワ4勝目 世界選手権ゴルフ最終日

 
内容をざっくり書くと
78をたたいた稲森佑貴は3オーバーで48位。
 

【ブラデントン(米フロリダ州)共同】男子ゴルフの世界選手権シリーズ、ワークデー選手権は2月28日、フ… →このまま続きを読む

 共同通信

国内外、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

稲森佑貴

稲森 佑貴(いなもり ゆうき、1994年10月2日 - )は、日本の男子プロゴルファーである。鹿児島県鹿児島市出身。鹿児島城西高等学校卒業。

2015年から4季にわたりフェアウェイキープ率1位をキープしており、「日本一曲がらない男」と称される[3][4][5][6]

経歴

プロ入り前

鹿児島県日置郡松元町(現在の鹿児島県鹿児島市)出身。稲森家がゴルフ練習場を経営しており[7]、父親がに出場経験があるアマチュアゴルファーでもあったことから自身も幼少時からゴルフに親しむようになりクラブを握っている[8]

小学校1年の時に出た大会で思うようなプレーが出来なかったことから、ゴルフに真剣に取り組むことを決意。父親と二人三脚で練習に励み、『真っ直ぐ打て』という父の教えの下でスイングを作り上げていく[9]

鹿児島市立松元中学校時代、「第14回日本ジュニアゴルフ選手権競技【男子12歳~14歳】」(2008年)に出場した際には時松隆光(時松源蔵)、、など後にプロ入りする選手たちと共に出場している[10]。また2009年の第64回国民体育大会ゴルフ競技では少年男子団体戦にて松山英樹擁する高知県チームに次いで鹿児島県チームのメンバーとして2位となっている[11]

2010年に鹿児島城西高等学校へ進学。高校2年の時に2011年度日本プロゴルフ協会のプロテストに合格[12]、その当時では最年少プロ入り選手となった[13]

プロ入り後

プロ入り後は2014年チャレンジツアーの『seven dreamers challenge in Yonehara GC 2014』で勝利を挙げている[14]。またJGTOツアーでは2014年から2017年までは未勝利であったものの、4年連続で賞金シード権を獲得している[15]

2018年10月11日から14日にかけて横浜カントリークラブにて行われた第83回日本オープンゴルフ選手権競技では、プロ8年目にして国内メジャーで初優勝を飾り[5]、国内メジャーの日本オープンでツアー初優勝となるのは2009年小田龍一以来の史上8人目の快挙となった[16][17][18]。同大会の最終日にはフェアウェイキープ率100%も達成[18][19]、4日間のトータルでも86.7%を記録した[20][21]。この年はフェアウェイキープ率、パーセーブ率、リカバリー率で1位となり賞金ランキングも3位となるなど充実したシーズンとなった[22]

また、2020年10月15日から18日にかけて紫カントリークラブすみれコースにて行われた第85回日本オープンゴルフ選手権競技では2年ぶり2度目となる優勝を果たした[23][24]。また、翌日10月19日に発表された男子ゴルフ世界ランキングでは前週の499位から167位に急浮上した[1]

優勝歴

日本ツアー

No.日時大会優勝スコア打差2位
12018年10月14日日本オープンゴルフ選手権競技-14 (68-67-67-68=270)2打差南アフリカ共和国の旗
22020年10月18日日本オープンゴルフ選手権競技-5 (70-68-68-69=275)1打差日本の旗 谷原秀人

脚注

  1. ^ a b 稲森佑貴、谷原秀人は急上昇 石川遼はトップ100/男子世界ランク”. GDOニュース (2020年10月19日). 2020年10月22日閲覧。
  2. ^ 優勝賞金3150万円の稲森佑貴がトップ 石川遼は4位に浮上【男子賞金ランキング】”. ALBA.net (2020年10月19日). 2020年10月22日閲覧。
  3. ^ 日本OP制覇の稲森佑貴が海外へ!「チャンスあるなら当たり前」月末は世界選手権で中国に出場”. ゴルフ情報ALBA.Net (2018年10月14日). 2018年12月14日閲覧。
  4. ^ 「日本一曲がらない男」稲森100%キープで初V]”. 日刊スポーツ (2018年10月15日). 2018年12月14日閲覧。
  5. ^ a b ドライバーにはつかまりを。アイアンには高さを。Rシャフトで日本オープン制覇、稲森佑貴の見栄を張らないクラブ選び” (2018年12月10日). 2018年12月14日閲覧。
  6. ^ ALBA728号~稲森佑貴「日本一曲がらない男の最強ルーティン~パターグリップでフェース真っすぐ」”. ゴルフ情報ALBA.Net (2017年2月5日). 2018年12月14日閲覧。
  7. ^ 不用品回収ご希望の方へ朗報&鹿児島市内にあるグリーンゴルフ練習場をご紹介致します!”. GOLFセンス (2017年5月25日). 2018年12月14日閲覧。
  8. ^ 今週のプロゴルファー紹介 - 稲森 佑貴(いなもり ゆうき)”. ホームメイトゴルフ (2018年4月30日). 2018年12月14日閲覧。
  9. ^ 高校生プロゴルファー 稲森佑貴選手”. チェスポ! NHK鹿児島放送局 (2012年2月27日). 2018年12月14日閲覧。
  10. ^ 2008年度(第14回)日本ジュニアゴルフ選手権競技 男子12歳~14歳の部 ROUND2 組み合わせ”. 日本ゴルフ協会. 2018年12月14日閲覧。
  11. ^ 2009年度(第64回)国民体育大会・ゴルフ競技 少年男子団体”. 日本ゴルフ協会. 2018年12月14日閲覧。
  12. ^ 稲森佑貴くん(鹿児島城西高校2年)が男子ゴルフプロテストに合格しました”. 日章学園 (2011年9月13日). 2018年12月14日閲覧。
  13. ^ 18歳稲森、あっと驚く首位/男子ゴルフ”. 日刊スポーツ (2013年8月30日). 2018年12月14日閲覧。
  14. ^ seven dreamers challenge in Yonehara GC 2014 日本”. ゴルフツアー機構. 2018年12月14日閲覧。
  15. ^ 稲森佑貴”. ALBA.Net. 2018年12月14日閲覧。
  16. ^ “稲森佑貴、史上8人目の国内メジャーでツアー初V”. 日刊スポーツ. (2018年10月14日). https://www.nikkansports.com/sports/golf/news/201810140000481.html 2018年12月14日閲覧。 
  17. ^ “稲森(鹿児島市出身)日本OP制覇”. 南日本新聞: p. 1面. (2018年10月15日) 
  18. ^ a b “ブレない男”稲森佑貴 丸山茂樹が太鼓判を押すワケ”. AERA dot. (2018年10月28日). 2018年12月14日閲覧。
  19. ^ 驚異のFWキープ率100% 稲森佑貴の初優勝ギア”. Golf Digest Online Inc. (2018年10月15日). 2018年12月14日閲覧。
  20. ^ 稲森佑貴プロ、メジャー制覇で初の栄冠!”. デサント (2018年10月16日). 2018年12月14日閲覧。
  21. ^ 【勝者のギア】曲げない意識はもう卒業 稲森佑貴がたどり着いた境地「叩いて振り抜くだけ」”. ALBA.Net (2018年10月15日). 2018年12月14日閲覧。
  22. ^ 稲森佑貴 2018年度スタッツ/ランキング”. GDOニュース. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2018年12月15日閲覧。
  23. ^ 稲森佑貴が2度目の日本オープン制覇 石川遼3位”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2020年10月18日). 2020年10月18日閲覧。
  24. ^ 男子ゴルフ日本オープン 稲森佑貴が逆転で2年ぶり2回目の優勝”. 日本放送協会 (2020年10月18日). 2020年10月22日閲覧。

外部リンク


3オーバー


 

Back to Top
Close