ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🏀|スラムダンクコンテストの出場者が発表 初出場の若手3人が選出


写真 

スラムダンクコンテストの出場者が発表 初出場の若手3人が選出

 
内容をざっくり書くと
なお、スラムダンクコンテストはオールスター本戦のハーフタイム中に開催される。
 

日本時間3月3日(現地2日)、NBAは3月8日(同7日)に開催される『NBAオールスター2021』の… →このまま続きを読む

 NBA Rakuten

私たちは、世界最高峰のバスケットボールリーグ『NBA』の今をお伝えするNBA専門のニュースメディアです。

毎日更新で、試合速報の他、現地ライター直接取材による選手やキーマンへの独占インタビュー、練習風景や試合の裏側など、普段は見ることができないアメリカ現地の最新情報をお伝えします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

NBAスラムダンクコンテスト

NBAスラムダンクコンテスト(公式名称はスプライトスラムダンク)はNBAオールスターウィークエンドの土曜日に行われるスラムダンクコンテストである。出場者が独創性などを織り込みながらダンクシュートを競う。

スラムダンクコンテストが初めて開催されたのは1976年ABAオールスターゲームのことだった。初代チャンピオンはジュリアス・アービングだったが、翌年にはABAがNBAに吸収されたため、コンテストは短命に終わっている。その後、1984年にNBAにおいてスラムダンクコンテストが初めて開催された。1997年以降、目新しいパフォーマンスが少なくなったことから2年間開催されなかったが、2000年に復活。近年大物選手の出場は減っており、スターへの登竜門として若手選手の活躍の場となっている。2014年は東西対抗のチーム戦形式となった。

最多優勝記録は2009年まではドミニク・ウィルキンスマイケル・ジョーダンハロルド・マイナージェイソン・リチャードソンの2回であったが、2010年のオールスターでネイト・ロビンソンが優勝したため、ロビンソンの3回となった。またこの優勝でロビンソンは連覇を達成し、ジョーダンとリチャードソン、ロビンソンは2年連続で優勝している。

マイケル・ジョーダン、ブレント・バリーコービー・ブライアントの3人は、スラムダンクコンテストとNBAファイナルの両方で優勝を経験している。

最も身長が低い優勝者は1986年のスパッド・ウェブで168cm。

歴代チャンピオン

*殿堂入り
^現役選手
YearPlayerTeam
1984フェニックス・サンズ
1985ドミニク・ウィルキンス*アトランタ・ホークス
1986スパッド・ウェブアトランタ・ホークス
1987マイケル・ジョーダン*シカゴ・ブルズ
1988マイケル・ジョーダン* (2)シカゴ・ブルズ
1989ニューヨーク・ニックス
1990ドミニク・ウィルキンス* (2)アトランタ・ホークス
1991ディー・ブラウンボストン・セルティックス
1992フェニックス・サンズ
1993ハロルド・マイナーマイアミ・ヒート
1994ミネソタ・ティンバーウルブズ
1995ハロルド・マイナー (2)マイアミ・ヒート
1996ブレント・バリーロサンゼルス・クリッパーズ
1997コービー・ブライアント*ロサンゼルス・レイカーズ
1998未開催
1999ロックアウトによりオールスター中止
2000ヴィンス・カータートロント・ラプターズ
2001デズモンド・メイソンシアトル・スーパーソニックス
2002ジェイソン・リチャードソンゴールデンステート・ウォリアーズ
2003ジェイソン・リチャードソン (2)ゴールデンステート・ウォリアーズ
2004フレッド・ジョーンズインディアナ・ペイサーズ
2005ジョシュ・スミスアトランタ・ホークス
2006ネイト・ロビンソンニューヨーク・ニックス
2007ジェラルド・グリーンボストン・セルティックス
2008ドワイト・ハワード^オーランド・マジック
2009ネイト・ロビンソン (2)ニューヨーク・ニックス
2010ネイト・ロビンソン (3)ニューヨーク・ニックス
2011ブレイク・グリフィン^ロサンゼルス・クリッパーズ
2012ジェレミー・エバンスユタ・ジャズ
2013テレンス・ロス^トロント・ラプターズ
2014ジョン・ウォール^ワシントン・ウィザーズ
2015ザック・ラヴィーン^ミネソタ・ティンバーウルブズ
2016ザック・ラヴィーン^ (2)ミネソタ・ティンバーウルブズ
2017グレン・ロビンソン3世^インディアナ・ペイサーズ
2018ドノバン・ミッチェル^ユタ・ジャズ
2019ハミドゥ・ディアロ^オクラホマシティ・サンダー
2020デリック・ジョーンズ・ジュニア^マイアミ・ヒート
2021アンファニー・シモンズ^ポートランド・トレイルブレイザーズ

最多優勝者

#PlayerTimesYears
1ネイト・ロビンソン32006, 2009-2010
2ザック・ラヴィーン^22015-2016
ジェイソン・リチャードソン2002-2003
ハロルド・マイナー1993, 1995
マイケル・ジョーダン*1987-1988
ドミニク・ウィルキンス*1985, 1990

関連項目

脚註

[脚注の使い方]

外部リンク

ハーフタイム

ハーフタイム英称half time)とは、サッカーバスケットボールラグビーアメリカンフットボールアルティメットなどの時間制競技の一部にある、前半と後半の間にとられる休憩時間のこと。

サッカーなど多くの競技では前半と後半の試合時間が同じ(ただしロスタイムなどのため見かけの時間が変わる。また、ラグビーの場合、プレーが止まらない限り試合は進行するため多少変わる)であるが、アルティメットでは半分の時間を過ぎた後に得点が入るか、もしくは設定された点の半分が決まらない限りハーフタイムにならないので、流動的となる。

ハーフタイムの時間

サッカー

サッカーの場合、大会規定によって定められる。

Jリーグでは、2014年シーズンより、NHK(地上波・BS1)中継がある場合、および民放地上波での中継がある場合において適用される場合を除き、前半終了から約15分のハーフタイムを取るハーフタイム15分確保が導入される[1]

2013年シーズン以前は全試合で、後半開始時刻は前半開始の60分後と規定されていた。通常は「60分-前半45分-前半アディショナルタイム」となる。ただしアディッショナルタイムが5分を上回った場合は、その超過分だけ後半開始時刻を遅らせることができる。2014年シーズン以降も、前述の中継がある条件の場合は、この規定が適用される。

バスケットボール

バスケットボールでは、国際ルール(FIBA)・NBAルールのどちらも15分を採用している。Bリーグでは15分・20分のどちらかとなる[2]

その他

その他の競技では、大体ハーフタイムは10分くらい(アメリカンフットボールでは15分、カーリングでは7分)である。

アメリカンフットボールではハーフタイムの他に、1-2Q、及び、3-4Qの間にサイドを入れ替えるために、5分程度のクォータータイムを取る。

脚注

関連項目


 

Back to Top
Close