ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🥋| 【空手】パワハラ騒動が影響か 植草歩はまさかの3回戦敗退


写真 植草歩

【空手】パワハラ騒動が影響か 植草歩はまさかの3回戦敗退

 
内容をざっくり書くと
一方、男子組手で東京五輪代表に確定している荒賀龍太郎(30=荒賀道場)は、男子84キロ級に出場。
 

まさかの結果に終わった…。空手のプレミアリーグ(PL)・リスボン大会第2日が1日に行われ、女子組手で… →このまま続きを読む

 東スポWeb

東スポ(東京スポーツ)のWebニュースでは、野球やサッカーなどのスポーツをはじめ、芸能・プロレス・競馬など豊富なジャンルのニュースを提供しています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

男子84キロ

荒賀龍太郎

荒賀 龍太郎(あらが りゅうたろう、1990年10月16日 - )は、日本空手家である[1]京都府亀岡市出身。

略歴・人物

京都外大西高京都産業大学経営学部卒業。所属は荒賀道場(剛柔流)。平成30年度全日本強化選手(-84kg級)[2]。ニックネームはスピードドラゴン。京都産業大学空手道部コーチ。

空手一家に生まれ、両親が道場経営、姉・知子は世界2連覇、弟の慎太郎は学生日本一。 また、自身は高校生ながら世界選手権の代表に選ばれ、全日本選手権を史上最年少(19歳)で優勝。以後、5度の日本一は現役選手最多[3]

組手スタイル

構えた前の手(左手を前に構えているので、荒賀の場合は左手)から繰り出される刻み突きをベースに戦う。本人曰く、この技はその時の調子のバロメーターである[4]第43回全日本空手道選手権大会では右肩を故障しつつも、刻み突きと蹴りを駆使して優勝まで上り詰めた。

主な戦績

出典: 世界空手道選手権大会 栄光の記録(メダリスト一覧) - 公益財団法人全日本空手道連盟

年月大会成績
2009年12月全日本空手道選手権大会1位
2011年12月全日本空手道選手権大会1位
2014年12月全日本空手道選手権大会1位
2015年12月全日本空手道選手権大会1位
2016年11月世界選手権オーストリア大会1位
2016年12月天皇盃全日本空手道選手権大会1位
2018年8月アジア大会1位

脚注

[脚注の使い方]

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close