ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🏀|ウルブズのアンソニー・エドワーズとラプターズのマラカイ・フリンが4月の最優秀新人賞に選出


写真 

ウルブズのアンソニー・エドワーズとラプターズのマラカイ・フリンが4月の最優秀新人賞に選出

 
内容をざっくり書くと
3月までに1度しかなかった2桁得点を4月に11度記録し、11日(同10日)のクリーブランド・キャバリアーズ戦では自身初のダブルダブル(20得点、11アシスト)を達成。
 

日本時間5月5日(現地4日)、NBAは4月の最優秀新人にミネソタ・ティンバーウルブズのアンソニー・エ… →このまま続きを読む

 NBA Rakuten

私たちは、世界最高峰のバスケットボールリーグ『NBA』の今をお伝えするNBA専門のニュースメディアです。

毎日更新で、試合速報の他、現地ライター直接取材による選手やキーマンへの独占インタビュー、練習風景や試合の裏側など、普段は見ることができないアメリカ現地の最新情報をお伝えします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

なかっ2桁得点

ダブル・ダブル

ダブル・ダブル(double-double)は、バスケットボールの用語。

ある試合で1人の選手が、得点、リバウンドアシストスティールブロックショットの5つの項目の中の2つで2桁を記録すると、その試合でダブル・ダブルを記録したことになる。スティールやブロックを1試合に10個以上記録するのは困難であるため、得点、リバウンド、アシストの3つの中の2つの組み合わせで達成する選手がほとんどである。フォワードとセンターが得点とリバウンドが見込めるポジションなので有利であるものの、ガードにも不可能というわけではない。

ダブル・ダブルはNBAの試合では非常に頻繁にあり、ほとんど全ての試合で1人は達成者がいる。シーズン平均記録としての達成は難しいものの不可能ではなく、2005年-2006年シーズンでは10人が、シーズン平均記録でダブル・ダブルを達成している(得点とリバウンドの組み合わせが9人、得点とアシストの組み合わせが1人)。

NBAダブル・ダブル・リーダー

1985–86 シーズン以来のダブル・ダブル達成回数

^現役選手
*殿堂入り選手

レギュラーシーズン

得点 - リバウンド[1]
順位選手トータル数
1ティム・ダンカン830
2カール・マローン *811
3ケビン・ガーネット741
4シャキール・オニール727
5アキーム・オラジュワン *718
6チャールズ・バークレー *677
7パトリック・ユーイング *580
8ドワイト・ハワード ^575
9デビッド・ロビンソン *543
10ケビン・ウィリス480
得点 - アシスト[2]
順位選手トータル数
1ジョン・ストックトン *709
2スティーブ・ナッシュ *436
3ジェイソン・キッド402
4クリス・ポール ^336
5マジック・ジョンソン *329
6ケビン・ジョンソン319
7ティム・ハーダウェイ279
8ロッド・ストリックランド271
9デロン・ウィリアムズ ^268
10アイザイア・トーマス *255

プレーオフ

得点 - リバウンド[3]
順位選手トータル数
1ティム・ダンカン164
2シャキール・オニール142
3カール・マローン *124
4アキーム・オラジュワン *99
5チャールズ・バークレー *92
6ケビン・ガーネット86
7パトリック・ユーイング *78
8ダーク・ノヴィツキー ^75
9デビッド・ロビンソン *69
10ドワイト・ハワード ^66
得点 - アシスト[4]
順位選手トータル数
1マジック・ジョンソン *95
2ジョン・ストックトン *87
3スティーブ・ナッシュ *51
4ケビン・ジョンソン47
5アイザイア・トーマス *38
6ジェイソン・キッド35
7クリス・ポール ^35
8ラジョン・ロンド ^33
9レブロン・ジェームズ ^25
10クライド・ドレクスラー *22

連続記録

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ List of NBA double-doubles since 1985–86 (point-rebound)”. basketball-reference.com. Sports Reference LLC. 2015年4月15日閲覧。
  2. ^ List of NBA double-doubles since 1985–86 (point-assist)”. basketball-reference.com. Sports Reference LLC. 2015年4月15日閲覧。
  3. ^ List of NBA double-doubles since 1985–86 (point-rebound)”. basketball-reference.com. Sports Reference LLC. 2015年11月6日閲覧。
  4. ^ List of NBA double-doubles since 1985–86 (point-assist)”. basketball-reference.com. Sports Reference LLC. 2015年11月6日閲覧。
  5. ^ a b “Elias Says...”. ESPN.com. . (2011年3月10日). オリジナルの2011年3月10日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5x5VROBUL?url=http://espn.go.com/espn/elias?date=20110310 
  6. ^ “Kevin Love's double-double streak ends at 53 in Wolves' loss against Warriors”. ESPN.com. Associated Press. (2011年3月13日). http://sports.espn.go.com/nba/recap?gameId=310313009 

関連項目


 

Back to Top
Close