ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🏀|ブレイザーズとバックス、今季の結果次第でヘッドコーチを解任か


写真 

ブレイザーズとバックス、今季の結果次第でヘッドコーチを解任か

 
内容をざっくり書くと
カンファレンス決勝、またはNBAファイナルで失敗した場合も、関連するすべての要素がバックスの最終的な決定プロセスに影響を及ぼすだろう」と見解を示した。
 

ポートランド・トレイルブレイザーズとミルウォーキー・バックスはシーズン終了後に、それぞれヘッドコーチ… →このまま続きを読む

 NBA Rakuten

私たちは、世界最高峰のバスケットボールリーグ『NBA』の今をお伝えするNBA専門のニュースメディアです。

毎日更新で、試合速報の他、現地ライター直接取材による選手やキーマンへの独占インタビュー、練習風景や試合の裏側など、普段は見ることができないアメリカ現地の最新情報をお伝えします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

NBAカンファレンスファイナル

NBAカンファレンスファイナル (NBA Conference Finals)は、NBAの対戦シリーズの1つであり、NBAファイナルに出場するチームを決定するNBAプレーオフの1シリーズである。東西各カンファレンスの優勝チームを決定する。NBAファイナルを含むプレーオフを、全米チャンピオンを決するトーナメントとして見た場合には準決勝に相当する。NBAカンファレンス決勝と呼ばれることもある。

現在のプレーオフには東西8チームずつが出場できるため、カンファレンスファイナルに進出するためには、2回勝ち上がらないといけないが、過去には4チームずつしかプレーオフに出場できなかったため、Division Finals(ディビジョンファイナル)と呼ばれていた。

東カンファレンス西カンファレンスでそれぞれ行われ、現在の制度では、勝率が上のチームがホームコートアドバンテージを持ち、第1戦、第2戦、第5戦、第7戦を地元で開催する。

NBA所属の30チーム中わずか4チームだけが戦うことができる。新興チーム、有望なスターが加入したチームがカンファレンスファイナルまで進出するのも容易ではなく、一人のスーパースターがいただけではなかなか進出できない。

代表的な例としては、ケビン・ガーネットが所属していた当時のミネソタ・ティンバーウルブズがあげられる。

これまでに最も多くカンファレンスファイナルを制覇しているのはロサンゼルス・レイカーズの30回、続いてボストン・セルティックスの21回である。セルティックスは1957年から1966年の10年連続で制覇している。ウォリアーズピストンズの2チームは東西両方でカンファレンス制覇を果たしている。

NBAファイナルに出場したことのないチーム

関連項目

決定プロセス


 

Back to Top
Close