ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⛳|<速報>“大会実行委員長”池田勇太が前半「31」 首位と2打差で折り返し


写真 大会実行委員長がプレーヤーとしても大活躍!(撮影:米山聡明)

<速報>“大会実行委員長”池田勇太が前半「31」 首位と2打差で折り返し

 
内容をざっくり書くと
1打差・4位タイに高山忠洋、杉本エリック、H・W・リュー(韓国)が続いている。
 

<ジャパンプレイヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品 2日目◇7日◇西那須野CC(栃木県)◇7… →このまま続きを読む

 ゴルフ情報ALBA.Net


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

高山忠洋

高山 忠洋(たかやま ただひろ、1978年2月12日 - )は和歌山県出身のプロゴルファー

経歴

18歳からゴルフを始め、3年後の1999年に21歳でプロ入り。2000年中日クラウンズで日本ゴルフツアーにデビューする。2005年のシーズン開幕戦、東建ホームメイトカップでプロ初優勝。この年は全英オープンにも初出場し、4 アンダーパー(-4, 284ストローク)で23位タイに入った。2005年末の「アジア・ジャパン沖縄オープンゴルフトーナメント」では、プレーオフで宮里聖志を破ってツアー2勝目を獲得する。(この大会は、2006年シーズンの開幕戦に位置している。)2006年のメジャーゴルフ大会では全米オープンに出場したが、予選落ちに終わった。2008年は腱鞘炎が原因で一時ツアーを離脱したが、2009年にTr()とトレーナー契約、フィジカルトレーニングを強化し復活。2010年にはサン・クロレラクラシックで2005年以来の優勝でツアー3勝目を挙げた。2011年には開幕戦の東建ホームメイトカップで2度目の優勝を果たしツアー4勝目を挙げた。

エピソード

優勝歴

日本ツアー (5)

勝数
メジャー (0)
ツアー (5)
No.日時大会優勝スコア打差2位
12005年3月27日東建ホームメイトカップ-8 (67-72-66=205)プレーオフ日本の旗
22005年12月18日アジア・ジャパン沖縄オープンゴルフトーナメント-8 (70-68-68-70=276)プレーオフ日本の旗 宮里聖志
32010年8月1日サン・クロレラクラシック-17 (66-71-64-70=271)3打差フィジーの旗 ディネッシュ・チャンド 
42011年4月17日東建ホームメイトカップ-8 (70-68-68-70=276)2打差日本の旗 片山晋呉
52011年11月27日カシオワールドオープンゴルフトーナメント-15 (67-68-70-68=273)2打差日本の旗 宮里優作

プレーオフ記録 (2-1)

※太字はメジャー大会

No.大会対戦相手内容
12005年東建ホームメイトカップ日本の旗プレーオフ3ホール目、高山がバーディ、川原がバーディパットを外す。高山の優勝。
22005年全英への道 ミズノオープンゴルフトーナメントオーストラリアの旗ニュージーランドの旗 デビッド・スメイルプレーオフ2ホール目、高山、スメイル、パー。キャンベルがバーディパットを決め、キャンベルの優勝。
32005年アジア・ジャパン沖縄オープンゴルフトーナメント日本の旗 宮里聖志 プレーオフ2ホール目、宮里がパー、高山がバーディパットを決め、高山の優勝。

脚注

外部リンク

杉本エリック


 

Back to Top
Close