ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⛳|笹生優花、史上最年少19歳で全米OP制覇 涙のコメントも話題に「インタビュー・オブ・ザ・イヤー」


写真 悲願のメジャー初優勝を飾った笹生優花(C)Getty Images

笹生優花、史上最年少19歳で全米OP制覇 涙のコメントも話題に「インタビュー・オブ・ザ・イヤー」

 
内容をざっくり書くと
76回目の歴史を数える「全米女子オープン」では、初めて日本人が頂点に立った。
 

海外女子メジャー・全米女子オープンは、6日(日本時間7日)最終ラウンドが行われ、通算4アンダーで並ん… →このまま続きを読む

 SPREAD

「アスリートの素顔を伝える」デジタルメディア「SPREAD」
アスリートの声や各種競技結果だけではなく、様々なデータなどを駆使した分析・予想コンテンツを通して、「スポーツを読む」楽しみをお届けしていきます。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

全米女子オープン

全米女子オープン選手権(ぜんべいじょしオープンせんしゅけん、: U.S. Women's Open Championship)は、アメリカ合衆国で開催される女子ゴルフメジャー選手権の一つ。

概要

全米ゴルフ協会(USGA)が主催で、毎年6月第1日曜日を最終日に設定している。開催する地区は毎年変わる。1946年に第1回大会が行われて以来、現存する最古の女子メジャーでもある。賞金総額は550万ドル、優勝賞金は100万ドル[1]。男子の全米オープンに相当する。しかし男子の全米オープンと違い、世界的に統一されたメジャー選手権ではなく、欧州ツアー日本ツアーに組み込まれていない。

当初は女子プロゴルフ協会(WPGA)が主催し、1950年の全米女子プロゴルフ協会(LPGA)設立以降はLPGA公認大会となり、1953年からはUSGA主催の選手権となった。

72ホールで決着がつかない場合、プレーオフは2ホールで行われる。かつては翌日に18ホールや3ホールのプレーオフで行っていた。

本大会の優勝者には金メダルとハートン・S・センプル・トロフィーが授与される。

本選出場資格

アマチュアでの出場資格は開催初日時点でアマチュアであること[2]

歴代優勝者

開催年優勝者出身国開催コース優勝スコアパー総額
($)
優勝賞金 ($)
1946パティー・バーグアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国スポーケンカントリークラブ5&419,7005,600
1947ベティー・ジェームソンアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国スターマウントフォレストカントリークラブ295–97,5002,000
1948ベーブ・ザハリアスアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国アトランティックシティカントリークラブ300E7,5002,000
1949ルイーズ・サグスアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国プリンスジョージゴルフ&カントリークラブ291–97,5002,000
1950ベーブ・ザハリアスアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ローリングヒルズカントリークラブ291-95,0001,000
1951ベッツィー・ロールズアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ドルイドヒルズゴルフクラブ293+57,5002,000
1952ルイーズ・サグスアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国バラゴルフクラブ284+87,5002,000
1953ベッツィー・ロールズアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カントリークラブオブロチェスター230+10 PO7,5002,000
1954ベーブ・ザハリアスアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国セイラムカントリークラブ291+37,5002,000
1955フェイ・クロッカーウルグアイの旗 ウルグアイウィチタカントリークラブ299+117,5002,000
1956キャシー・コーネリアスアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ノースランドカントリークラブ302+11 PO6,0001,500
1957ベッツィー・ロールズアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ウィングドフットゴルフクラブ(イースト)299+77,2001,800
1958ミッキー・ライトアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フォレストレイクカントリークラブ290-27,2001,710
1959ミッキー・ライトアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国チャーチルバレーカントリークラブ287-17,2001,710
1960ベッツィー・ロールズアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ウォーセスターカントリークラブ292+47,2001,710
1961ミッキー・ライトアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国バルタスロールゴルフクラブ293+58,0001,710
1962ミュール・リンドストロームアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ダンゴルフアンドビーチクラブ301+138,0001,710
1963メアリー・ミルズアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ケンウッドカントリークラブ289-39,0001,900
1964ミッキー・ライトアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国サンディエゴカントリークラブ290-3 PO9,9002,090
1965キャロル・マンアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国アトランティックシティカントリークラブ290+217,7803,800
1966サンドラ・スプジッチアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ヘーゼルティンナショナルゴルフクラブ297+920,0004,000
1967カトリーヌ・ラコスト (a)フランスの旗 フランスバージニアホットスプリングス294+625,0000
1968スージー・バーニングアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国モスレムスプリングスゴルフクラブ289+525,0005,000
1969ドナ・カポニアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国セニックヒルズカントリークラブ294+631,0405,000
1970ドナ・カポニアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マスコギーカントリークラブ287-130,0005,000
1971ジョアン・カーナーアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カーカクラブ288E31,0005,000
1972スージー・バーニングアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ウィングドフットゴルフクラブ(イースト)299+1140,0006,000
1973スージー・バーニングアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カントリークラブオブロチェスター290+240,0006,000
1974サンドラ・ヘイニーアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ラ・グランデカントリークラブ295+740,0006,073
1975サンドラ・ヘイニーアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国アトランティックシティカントリークラブ295+755,0008,044
1976ジョアン・カーナーアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ローリンググリーンゴルフクラブ292+8 PO60,0009,054
1977ホリス・ステーシーアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ヘーゼルティンナショナルゴルフクラブ292+475,00011,040
1978ホリス・ステーシーアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カントリークラブオブインディアナポリス289+5100,00015,000
1979ジェルリン・ブリッツアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ブルックローンカントリークラブ284E125,00019,000
1980エイミー・オルコットアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国リッチランドカントリークラブ280-4140,00020,047
1981パット・ブラッドリーアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ラ・グランデカントリークラブ279-9150,00022,000
1982ジャネット・アンダーソンアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国デル・パソカントリークラブ283-5175,00027,315
1983ジャン・スティーブンソンオーストラリアの旗 オーストラリアシーダリッジカントリークラブ290+6200,00032,780
1984ホリス・ステーシーアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国セイラムカントリークラブ290+2225,00036,000
1985キャシー・グァダニーノアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国バルスタロールゴルフクラブ280-8250,00041,975
1986ジェーン・ゲディーズアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国NCRカントリークラブ287-1 PO300,00050,000
1987ローラ・デービースイングランドの旗 イングランドプレーンフィールドカントリークラブ285-3 PO325,00055,000
1988リサロッテ・ノイマン スウェーデンボルチモアカントリークラブ277-7400,00070,000
1989ベッツィ・キングアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国インディアンウッドゴルフアンドカントリークラブ278-2450,00080,000
1990ベッツィ・キングアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国アトランタアスレチッククラブ284-4500,00085,000
1991メグ・マローンアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国コロニアルカントリークラブ283-1600,000110,000
1992パティ・シーハンアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オークモントカントリークラブ280E PO700,000130,000
1993ローリー・マーテンアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国クルックドスティックゴルフクラブ280-4800,000144,000
1994パティ・シーハンアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国インディアンウッドゴルフ&カントリークラブ277-7850,000155,000
1995アニカ・ソレンスタム スウェーデンブロードモアゴルフクラブ・イーストコース278-21,000,000175,000
1996アニカ・ソレンスタム スウェーデンパインニードルズロッジ&ゴルフクラブ272-81,200,000212,500
1997アリソン・ニコラスイングランドの旗 イングランドパンプキンリッジゴルフクラブ274-101,300,000232,500
1998朴セリ大韓民国の旗 韓国ブラックウルフラン・コンポジットコース290+6 PO1,500,000267,500
1999ジュリ・インクスターアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オールドウェバリーゴルフクラブ272-161,750,000315,000
2000カリー・ウェブオーストラリアの旗 オーストラリアメリットクラブ282-62,750,000500,000
2001カリー・ウェブオーストラリアの旗 オーストラリアパインニードルズロッジ&ゴルフクラブ273-72,900,000520,000
2002ジュリ・インクスターアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国プレイリーデューンズゴルフクラブ276-43,000,000535,000
2003ヒラリー・ランキアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国パンプキンリッジゴルフクラブ283-1 PO3,100,000560,000
2004メグ・マローンアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オーチャーズゴルフクラブ274-103,100,000560,000
2005バーディ・キム大韓民国の旗 韓国チェリーヒルズカントリークラブ287+33,100,000560,000
2006アニカ・ソレンスタム スウェーデンニューポートカントリークラブ284E PO3,100,000560,000
2007クリスティ・カーアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国パインニードルズロッジ&ゴルフクラブ279-53,100,000560,000
2008朴仁妃大韓民国の旗 韓国インターラケンカントリークラブ283-93,250,000585,000
2009ジ・ウンヒ大韓民国の旗 韓国ソーコンバレーカントリークラブ284E3,250,000585,000
2010ポーラ・クリーマーアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オークモントカントリークラブ281-33,250,000585,000
2011柳簫然大韓民国の旗 韓国ブロードモアゴルフクラブ・イーストコース281-3 PO3,250,000585,000
2012チェ・ナヨン大韓民国の旗 韓国ブラックウルフラン・コンポジットコース281-73,250,000585,000
2013朴仁妃大韓民国の旗 韓国セボナックゴルフクラブ280-83,250,000585,000
2014ミシェル・ウィーアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国パインハーストNO.2278-24,000,000720,000
2015田仁智[3]大韓民国の旗 韓国ランカスターCC272-84,500,000810,000
2016英語版アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国コードベールゴルフクラブ282-6 PO4,500,000810,000
2017パク・ソンヒョン大韓民国の旗 韓国トランプ・ナショナルGC277-115,000,000900,000
2018アリヤ・ジュタヌガーンタイ王国の旗 タイショールクリーククラブ277-11PO5,000,000900,000
2019イ・ジョンウン6[4]大韓民国の旗 韓国CCオブチャールストン278-65,500,0001,000,000
2020朝鮮語版大韓民国の旗 韓国チャンピオンズGC281–35,500,0001,000,000
2021笹生優花フィリピンの旗 フィリピンオリンピッククラブ・レイクコース280–4PO5,500,0001,000,000
(a)はアマチュア
PO はプレーオフでの勝利
†第1回はマッチプレー方式で行われ、5&4でベティ・ジェームソンを下した。

今後の開催予定地

コース開催地日程
2022パインニードルズ・ロッジ&GCノースカロライナ州サザンパインズ6月2日–5日
2023ペブルビーチ・ゴルフリンクスカリフォルニア州ペブルビーチ6月1日–4日
20245月30日–6月2日
20255月29日–6月1日

Source:[5][6]

TV放送

アメリカ

アメリカ国内では2020年以降はNBCスポーツが放映権を所有している。初日・2日目は、3日目と最終日はNBCで放送。かつてはABCESPN)やFoxで放送されていた。

日本

日本では2017年までは、全米オープン同様、テレビ朝日系列で放送されていた。過去には、大会4日間を早朝5:00から8:00まで各日3時間、『ANNニュース』を挟む編成とした。最終日、8:00以降も競技が続いている場合は『羽鳥慎一モーニングショー』 (この場合は8:00 - 9:55) を内包して、最終組ホールアウトまで放送していた。このため、テレビ中継時に限り『グッド!モーニング』(『おはよう朝日です』〈朝日放送<現:朝日放送テレビ>〉等地域ローカル情報番組も含む)は日本時間で金曜(初日)・月曜(最終日)の放送分、また、土曜の『週刊ニュースリーダー』(『おはよう朝日土曜日です』〈朝日放送<現:朝日放送テレビ>〉等地域ローカル情報番組を含む)、日曜の『TOKYO応援宣言』、メ〜テレ制作アニメ枠スーパー戦隊シリーズも休止となった。

2003年までは「全米オープンゴルフ」とほぼ同じスポンサーだった。2004年・2005年はネットワークセールスを縮小したが、2006年は全編ネットワークセールスに変更された。

2006年7月1日の大会2日目は早朝3:40から『2006 FIFAワールドカップ・ベスト16』編成のため、6:10に編成。またその後の『朝だ!生です旅サラダ』は8:30の短縮版・イレギュラー編成として放送された。またスポンサー枠は全米オープンは全編22分に対して、全米女子オープンは土曜日の2日目は19分・他の大会期間日は23分に構成された。

2011年の第66回大会では、7月8日の大会第1日が 7:00 - 9:55、7月9日の大会2日目が 6:30 - 9:55、7月10日の大会3日目が 4:00 - 7:00に放送された。荒天による中断・サスペンテッドにより、日程が遅れ遅れとなり、7月11日の大会第4日は当初予定を変更し、3:00 - 7:00(4:00までは関東ローカル)での放送に加え、前枠の『GET SPORTS』(1:05 - 3:00、1:30以降は関東他一部地域のみの放送)・『情報満載ライブショー モーニングバード!』(8:00 - 9:55、日本テレビ系列3局でも放送)の各枠内の一部時間帯でも放送された。4日間で大会が終了できなかったため、大会最終日(5日目)を7月12日に行い、これが4:55 - 6:30に放送された。なお、大会3日目以降は「ANNニュース」を内包して放送した。

2014年の2日目(21日)は早朝6:45から『2014 FIFAワールドカップ・「ホンジュラス×エクアドル」』編成のため、20日深夜3:30から放送。

しかし全米オープン同様、USGAが管轄するため、2016年以降の放映権を巡り、テレビ朝日とUSGAとの契約が難航されており、テレビ朝日の放映ができない場合は、他局で放送の可能性があることもあったが[7]、同年5月24日、テレビ朝日は予定通り放送が決定された。しかし同時期にUEFA EURO 2016があり、テレビ朝日では最終日の10日に決勝が放送されるため、決勝試合終了まではBS朝日で放送。その後は競技終了まで地上波で放送された。

2017年以降は、WOWOWでも放送されている[8]。なお、同年はテレビ朝日系列でも従来通り放送されたが、同年7月15日の大会2日目は早朝4:00から九州朝日放送では、『走れ!山笠』編成のため、ネット返上となった。

2018年から2020年まではテレビ東京系列で放送されていた[9]。このため、テレビ中継時に限り、『ニュースモーニングサテライト』『おはスタ』『きんだーてれび』は日本時間で金曜(初日)・月曜(最終日)の放送分が休止となる。また、土曜朝7時台のアニメ枠日曜朝7時台のアニメ枠も休止となる事がある(なお、2018年は「ディズニー・サンデー」は同日16:00 - 16:30に繰り下げて放送した)。2020年に関しては新型コロナウイルス(COVID-19)の影響から同年12月11日から13日・15日に放送された。なお、同月15日に関しては雨天に伴う順延によるものであり[10]、同日は0:12 - 5:45[注 2]に当初予定していた番組を休止もしくは後日振替とした上で中継を放送した[11]

2021年大会は、BS放送のWOWOWとCS放送のゴルフネットワークのみで放送。地上波については放送が無かった[12]

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ エビアン選手権は2013年からのメジャー大会昇格後が対象
  2. ^ 青春高校3年C組などを始めとする一部の番組など。

出典

  1. ^ 全米女子OPの優勝賞金、過去最高100万ドルに【LPGAツアー 米国女子】”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2019年5月29日). 2019年5月30日閲覧。
  2. ^ 2014 U.S. Women's Open Entry Form”. USGA. 2014年3月25日閲覧。
  3. ^ チョン・インジが逆転でメジャーを制す 大山志保は5位 - ゴルフダイジェスト・オンライン、2015年7月13日
  4. ^ 比嘉真美子は5位タイで終了 イ・ジョンウン6がメジャーで米ツアー初優勝 ALBA 2019年06月03日
  5. ^ Lancaster Country Club to Host 2024 US Womens Open Championship”. LPGA. 2018年11月27日閲覧。
  6. ^ Pine, Julia (2019年4月16日). “Erin Hills to Host 2025 Women’s Open, 2022 Mid-Amateur”. USGA. 2020年9月26日閲覧。
  7. ^ “松山の快挙見られない?「全米オープン中継」消滅危機”. 東京スポーツ. (2016年4月13日). https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/golf/529621/ 2020年9月26日閲覧。 
  8. ^ 世界最高峰LPGA女子ゴルフツアー「メジャー第3戦!全米女子オープン」WOWOWで初放送決定!”. WOWOW (2017年5月18日). 2017年6月5日閲覧。
  9. ^ 第73回全米女子オープンゴルフ”. テレビ東京. 2018年5月20日閲覧。
  10. ^ 渋野3時間半待機も…最終日悪天候影響で明日に延期”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2020年12月14日). 2020年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月15日閲覧。
  11. ^ 緊急生放送!全米女子オープンゴルフ最終日【渋野日向子1打差単独トップ!】”. テレビ東京 (2020年12月15日). 2020年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月15日閲覧。
  12. ^ 笹生が快挙のゴルフ全米女子オープン 地上波放送がなかった背景”. 毎日新聞 (2021年6月7日). 2021年6月8日閲覧。

外部リンク

76回


 

Back to Top
Close