ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⚾|13日の公示 ヤクルト高橋、阪神ガンケルを登録 オリックス田嶋を抹消


写真 ヤクルト・高橋奎二【写真:荒川祐史】

13日の公示 ヤクルト高橋、阪神ガンケルを登録 オリックス田嶋を抹消

 
内容をざっくり書くと
【注】阪神タイガースのJ・ガンケル投手は特例2021により登録抹消後10日間を経ずに復帰となる。
 

西武はニールを登録した13日のプロ野球公示で、ヤクルトは高橋奎二投手、阪神はジョー・ガンケル投手を出… →このまま続きを読む

 Full-Count


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

感染拡大防止特例2021

感染拡大防止特例2021(かんせんぼうしとくれい2021、通称:特例2021)は、日本プロ野球機構新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止し、シーズンを最後まで継続することを目的に新設されたルールである。

概要

規定内容

本人や家族の感染疑いや体調不良の症状が発生した場合、選手異動手続き(出場選手登録・登録抹消)に特例を適用することができる。


主な規定は以下の通り。

感染拡大防止特例2021
  1. 「特例2021」を適用する場合、その“代替指名選手”が一軍に昇格する。
  2. 「特例2021」で抹消された選手は、本来の再登録までに必要な10日間を待たずに一軍復帰が可能。ただし、10日間を待たずに一軍昇格する場合は、“代替指名選手”との入れ替えとなる。

適用事例

3月27日に、楽天ゴールデンイーグルス福山博之投手を、近親者が新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者と判断されたため、「感染拡大防止特例2021」を適用して出場選手登録から外した[1]

3月31日に、東京ヤクルトスワローズ西田明央捕手と20代の球団スタッフが新型コロナウイルスの検査で陽性と判定されたと発表した。球団は西田明央捕手に加え、濃厚接触の可能性があったアルバート・スアレス投手、山田哲人西浦直亨内川聖一の3内野手、青木宣親外野手について「感染拡大防止特例2021」を適用し、31日に登録を抹消した[2]

4月30日に、北海道日本ハムファイターズ西川遥輝外野手、中島卓也内野手、清水優心捕手の3選手が札幌市内で受けたPCR検査の結果、新型コロナウイルスの陽性判定を受けたため、「感染拡大防止特例2021」の対象選手として、濃厚接触の可能性がある浅間大基外野手を含めた4人の出場選手登録を抹消した[3]

5月1日に、パ・リーグは新型コロナウイルスの特例2021対象選手として、北海道日本ハムファイターズのドラフト6位、今川優馬外野手の登録抹消を公示した[4]

5月2日に、北海道日本ハムファイターズ郡拓也捕手、ロニー・ロドリゲス内野手、高濱祐仁内野手を新型コロナウイルスの特例2021対象選手として出場選手登録を抹消した[5]

5月4日に、パ・リーグは新型コロナウイルスの特例2021対象選手として、北海道日本ハムファイターズ石川亮捕手、渡邉諒内野手の出場選手登録抹消を公示した[6]

5月4日に、読売ジャイアンツ丸佳浩外野手、中島宏之内野手ら6選手の出場選手登録を抹消した。丸佳浩外野手、中島宏之内野手が新型コロナウイルスの陽性判定を受け、若林晃弘内野手は再検査の必要があるとされた。また、この3選手のほか、陽性判定者との接触頻度が高いと判断した亀井善行外野手、増田大輝内野手、北村拓己内野手の出場選手登録を「感染拡大防止特例2021」の対象選手として抹消[7]

5月18日に、千葉ロッテマリーンズ柿沼友哉捕手を、同選手に近い関係者が5月17日に新型コロナウイルス陽性判定となったことを受け、同選手が保健所から自宅隔離の指示を受けたため、NPBの「感染拡大防止特例2021」により出場選手登録を抹消した[8]

5月18日に、広島東洋カープは新型コロナウイルスの「感染拡大防止特例2021」に基づき、計16選手の入れ替えを行った。5月17日に新型コロナウイルスの陽性判定を受けた菊池涼介内野手、小園海斗内野手、正隨優弥外野手の3名に加えて、磯村嘉孝捕手、石原貴規捕手、松山竜平外野手、大盛穂外野手、西川龍馬外野手の出場選手登録を抹消。磯村嘉孝捕手ら5選手はPCR検査で陰性結果が出ており、管轄保健所の調査で濃厚接触者とされたものはいないものの、球団独自の判断で抹消した[9]

5月21日に、広島東洋カープ鈴木誠也外野手、長野久義外野手、羽月隆太郎内野手が「感染拡大防止特例2021」の対象選手として出場選手登録を抹消された。3人は20日のPCR検査において、新型コロナウイルスの陽性を判定されていた[10]

5月23日に、広島東洋カープは「感染拡大防止特例2021」の対象選手として、森下暢仁投手と高橋昂也投手の出場選手登録を抹消した。両投手は、5月22日に受けたPCR検査で陰性と診断されたが、管轄保健所から5月21日までに判明した陽性者との接触状況から、濃厚接触者と判定された[11]

5月24日に、広島東洋カープ九里亜蓮投手が24日、「感染拡大防止特例2021」の対象選手として出場選手登録を抹消された。5月23日のPCR検査において、新型コロナウイルスの陽性を判定されていた[12]

脚注

  1. ^ “楽天福山が特例2021で抹消、近親者に濃厚接触者”. https://www.nikkansports.com/baseball/news/202103270000471.html 2021年3月27日閲覧。 
  2. ^ “青木、内川は濃厚接触者 西田、スタッフのコロナ陽性で―プロ野球・ヤクルト”. https://www.jiji.com/jc/article?k=2021033101141&g=spo 2021年3月31日閲覧。 
  3. ^ “日本ハム、中島、西川、清水がコロナ陽性 濃厚接触の可能性がある浅間を含めた4人を登録抹消”. https://news.yahoo.co.jp/articles/8e73ee54b909ff3be1d0f11699f0abd21610e0b1 2021年4月30日閲覧。 
  4. ^ “日本ハム、コロナ特例2021対象選手で今川を抹消、代替で万波が登録”. https://www.nikkansports.com/baseball/news/202105010000405.html 2021年5月1日閲覧。 
  5. ^ “【セパ公示】(5月2日)日本ハムが郡拓也、ロドリゲスを特例2021対象で抹消”. https://news.yahoo.co.jp/articles/c0f061861c1026456ba6ed0dd08f0f5de4071fa1 2021年5月2日閲覧。 
  6. ^ “4日の公示 日本ハムが石川亮と渡邉諒の登録を抹消 「特例2021」を適用”. https://news.yahoo.co.jp/articles/28acc26c18ce7d1db6227015713e9e3496fda3ac 2021年5月4日閲覧。 
  7. ^ “4日の公示 巨人がコロナ陽性の丸、中島ら6選手抹消、ドラ5秋広らを登録”. https://news.yahoo.co.jp/articles/4e057494507cc6c59247c6760b0ee89ffd6c4b1a 2021年5月4日閲覧。 
  8. ^ “ロッテ・柿沼 再検査で新型コロナ陽性、登録抹消 17日に家族が感染”. https://news.yahoo.co.jp/articles/bb4ea42f7183b0dd339b1e2c01f1b65248eccaff 2021年5月18日閲覧。 
  9. ^ “広島 一気に計17選手が入れ替え 菊池涼らコロナ陽性で16選手はコロナ特例”. https://news.yahoo.co.jp/articles/742cd7a360e0bf60aad6fe609d84b8cef4787060 2021年5月18日閲覧。 
  10. ^ “広島鈴木誠也、長野久義、羽月隆太郎が登録抹消、20日検査陽性で特例対象”. https://news.yahoo.co.jp/articles/5af6d8a75049e87c972f9eb0fc095018832b0b4b 2021年5月21日閲覧。 
  11. ^ “広島 森下&高橋昂の登録を抹消 22日に濃厚接触者に判定、特例2021の対象選手に”. https://news.yahoo.co.jp/articles/34012ef48990f6e5048aa13d7a4d1bc33b3ebbb3 2021年5月23日閲覧。 
  12. ^ “広島九里が抹消 新型コロナ陽性判定で特例対象”. https://www.nikkansports.com/baseball/news/202105240000620.html 2021年5月24日閲覧。 

ガンケル投手


 

Back to Top
Close